結婚式のNG服装とは?男性ゲストが参考にすべき正しいスーツの着こなし術

冠婚葬祭を担う1つの柱『結婚式』。大切な儀式では服装・マナーなど招待客が注意すべき点が存在します。今回は、男性ゲストが気をつけるべき結婚式の服装を解説。NGから正しい礼服の着こなし方、ブラックスーツ・ダークスーツのコーディネート例までお教えします。

結婚式の服装には守るべき『決まり』がある。

結婚式の正しい男性の服装とは

青春を過ごしてきた親友、部活などでお世話になった先輩、尊敬している上司。貴方が生きて行く中で誰かの結婚式には参列することはごく自然なことでしょう。そんな大切な儀式に参加する上で【失礼の無い服装で参加すること】は必ず守らなければなりません。今回はNG服装から正しいスーツの着こなし例まで結婚式の男性コーディネート術を解説していきます。“おめでとう”の気持ちを正しい服装で届けてください。


結婚式でNGな男性の服装とは?

結婚式のNG服装

まずは結婚式ではNGの服装について解説していきます。結婚式は大切な儀式です。「破っちゃった。」では済みません。しっかりと各パーツのNGポイントをおさらいしてください。


【結婚式でNGな男性の服装】スーツ編

結婚式のNGスーツ

結婚式は基本的にスーツで参列することがマナーですが、スーツの中にも結婚式ではNGのスーツが存在しています。結婚式でNGの服装は以下。

  • 新郎より目立ちすぎる白や黄色など明るいスーツ
  • 普段から使っていることが分かる使用済みスーツ
  • 派手なストライプやチェック柄のスーツ

以上のスーツは、結婚式で着用することは避けるべきでしょう。普段から仕事で使用しているビジネススーツなどで参列するのではなく、結婚式用に1セットスーツを購入しておくことをおすすめします。


【結婚式でNGな男性の服装】シャツ編

結婚式のNGシャツ

結婚式では黒のシャツは弔辞を連想させるとして禁止されています。また、光沢感の強い素材で作られたシャツもNG。結婚式で使うシャツはホワイト単色のアイテムを選びましょう。

二次会パーティー(カジュアルパーティー)ではホワイト以外も認められているケースがありますが、許されるカラーと許されないカラーの線引きが難しいため、無難に白で参列することをおすすめします。


【結婚式でNGな男性の服装】ネクタイ編

結婚式では黒ネクタイはNG

黒シャツと同様に、日本では黒のネクタイは弔辞を連想させるため、結婚式での着用はNG。また、ネクタイに限った話ではありませんが、結婚式ではアニマル柄のアイテムも禁止です。理由は、殺生(生き物を殺すこと)を連想させてしまうから。

結婚式でのネクタイはグレーや水色、白などの明るいカラーを選びましょう。特にこだわりがなければ白またはシルバーのネクタイがおすすめ。


【結婚式でNGな男性の服装】靴下編

結婚式で白の靴下はNG

『コーディネートは足元から』と言われる通り、結婚式では靴下にも制限があります。基本的に結婚式では黒の靴下のみとされています。二次会でのカジュアルパーティーでは許されることもありますが、格式の高い結婚式ではNGです。

結婚式に参加する際は、ふくらはぎまで隠せる黒い靴下を使用しましょう。


【結婚式でNGな男性の服装】シューズ編

結婚式でメダリオンシューズはNG

結婚式では、メダリオンシューズは禁止されています。メダリオンとは、革靴などに施されている小さい穴をプラスした装飾のこと。革靴を華やかな印象に仕上がるために行われた加工ですが、結婚式ではNGです。また、ローファーやスニーカー、ブーツなどのカジュアルめなアイテムも避けておきましょう

結婚式では靴紐タイプのプレーントゥまたはストレートチップの黒革靴を使用しましょう。


結婚式の正しい男性衣装とは?

結婚式で着るべき男性の正しい服装

結婚式のNG衣装をご紹介した後は、結婚式の正しい男性衣装を解説していきます。押さえてほしいポイントまで細かくお教えしますので、この機会にしっかりと勉強していってください。


結婚式の正礼装・準礼装・略礼装とは?

結婚式の正しい服装をまとめた図

結婚式で着るべき服装は上の図の通りになります。自分の立場や夜間・昼夜のタイミングを把握して着るべき服装を決めてください。正礼装・準礼装・略礼装の違いは以下を参照。


正礼装とは?

一番格式の高い装いのことを指し、新郎、新郎と同格にある両家の父親、媒酌人、主賓が着用する服装です。


準礼装とは?

正礼装の次に位が高い服装。準礼装には大きく分けて2種類あり、招待客の主流と呼ばれるブラックスーツとブラックスーツよりも位の高いディレクターズスーツ・ファンシータキシード・ファンシースーツがあります。ディレクターズスーツなどはスピーチを担当する人などが主に着用されてきましたが、最近ではブラックスーツを使用する男性が多いそう。結婚式に参加する際は、無難にブラックスーツでも問題ないでしょう。


略礼装とは?

形式こだわりのないカジュアルな披露宴や、「平服で」と断りのある場合は略礼装で参加します。平服と書いていますが、私服とは違うということを覚えておいてください。


モーニングコートを着用する際のポイント

モーニングコートの正しい着用方法とは

モーニングコートは昼間に行われる結婚式では最高位の礼装になります。モーニングコートで重要なポイントは以下。

  • シャツ:ウイングカラーでダブルカフスの白シャツ
  • ネクタイ:白黒の縞柄、シルバーグレーの縞柄、アスコットタイ(黒はNG)
  • チーフ:ホワイト麻チーフをスリーピークスタイルに
  • カマーバンド:黒のカマーバンド
  • 靴:黒のプレーントゥまたは、ストレートチップ

アスコットタイはモーニングコート用として作られたネクタイですが、黒色だと遠くから見た時に一般的な黒ネクタイと見分けがつきにくいため、避けておくのが無難でしょう。


タキシードを着用する際のポイント

タキシードで注意すべきポイントとは

タキシードは燕尾服(えんびふく)に次ぐスタンダードな夜の服装になります。タキシードの着用で覚えておきたいポイントは以下。

  • ドレスシャツ:白のレギュラーシャツ、またはウイングカラー
  • 蝶ネクタイ:黒のネクタイ
  • カマーバンド:黒のカマーバンド
  • チーフ:ホワイトシルクチーフをクラッシュドスタイルに
  • 靴:黒のプレーントゥまたは、オペラパンプス

以上を抑えながら服装を見直すと良いでしょう。普段使うことのないオペラパンプスは、結婚式という特別な日にピッタリなアイテムですよ。


ディレクターズスーツを着用する際のポイント

ディレクターズスーツを着る時に注意するポイント

準礼装の中でも、ブラックスーツよりもやや位の高いスーツ。ディレクターズスーツのポイントは以下。

  • ジャケット:黒またはダークグレーのジャケット
  • ボトムス:縞柄スラックスのコールパンツ
  • シャツ:ウイングカラー、またはレギュラーカラーの白シャツ
  • ネクタイ:白黒の縞柄、シルバーグレーの縞柄、アスコットタイ(黒はNG)
  • チーフ:シルクまたは麻のチーフで、白かシルバーグレー
  • 靴:黒のプレーントゥまたは、ストレートチップ

モーニングコートと同様に、アスコットタイは黒ではなく、シルバーグレーや白黒のアイテムを選びましょう。


ブラックスーツを着用する際のポイント

ブラックスーツの正しい服装とは

結婚式で最もオーソドックスな礼装。ブラックスーツを着る上で重要なポイントは以下になります。

  • ジャケット:黒のジャケット
  • ボトムス:ジャケットと同じ素材・色のズボン
  • シャツ:ウイングカラー、またはレギュラーカラーのシャツ
  • ネクタイ:淡色、シルバーグレー、白黒の縞柄、クロスタイなど
  • チーフ:シルクチーフで、白・シルバーグレーなど
  • 靴:黒のプレーントゥまたは、ストレートチップ

ブラックスーツはディレクターズスーツやモーニングコートと比べるとさほど厳しくありません。チーフの挿し方はスリーピークスがおすすめ。


ダークスーツを着用する際のポイント

ダークスーツの正しい着用方法とは

結婚式・披露宴の服装で最もカジュアルなスタイル。上の礼装と比べて、出席する回数も多くなるため、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

  • ジャケット:ダークグレー、濃紺の無地など
  • ボトムス:ジャケットと同じ素材・カラーのズボン
  • シャツ:白シャツ
  • ネクタイ:シルバーグレー、縞柄など
  • チーフ:白の他に、淡色、柄物も可
  • 靴:黒のプレーントゥ、ストレートチップ、ユーチップ、モンクストラップ

ダークスーツを着る時に守るべきポイントは、準礼装よりも派手になりすぎないこと。シューズは、様々な種類OKですが、カラーは黒にしておきましょう。


【準礼装】ブラックスーツのおすすめコーディネート5選

結婚式のおすすめブラックスーツコーディネート

各礼服の正しい着こなし方を解説したところで、ここからはおすすめコーディネートをご紹介していきます。タキシードやモーニングコート、ディレクターズスーツに関しては縛りがきつく着こなしに幅がほとんど出ないため、今回はブラックスーツとダークスーツのコーディネートをお教えします。


おすすめブラックスーツコーデ1. TVホールド × 縞柄ネクタイ

チーフの挿し方をTVホールドで抑えめにすることで、胸元の縞柄ネクタイを強調させられるブラックスーツコーディネート。結婚式コーディネートで最も無難な着こなしといえるでしょう。


おすすめブラックスーツコーデ2. クラッシュドスタイル × 縞柄麻ネクタイ

光沢感を抑えた麻ネクタイは、結婚式の定番コーディネートアイテム。全体が少し暗い印象に仕上がるため、胸元はクラッシュドスタイルで少しだけ遊びを効かせてみて。


おすすめブラックスーツコーデ3. シルバーグレーネクタイ

ブラックスーツの定番ネクタイ『シルバーグレーカラー』を合わせたコーディネート。絶妙な光沢感がブラックスーツに適度な輝きとメリハリを与えてくれますよ。チーフはネクタイとカラーを合わせるのがベスト。


おすすめブラックスーツコーデ4. シルバーグレーネクタイ × スリーピーク

シルバーピークスタイルで胸元をおしゃれに仕上げたブラックスーツ。チーフをシルバーグレーネクタイと同系色に合わせてブラックスーツに高級感ある彩りを与えましょう。


おすすめブラックスーツコーデ5. 淡色ネクタイ

ブラックスーツに淡色ネクタイを組み合わせた結婚式コーディネート。ブラックスーツだからこそ使える赤ネクタイは、目立ちすぎず地味すぎない絶妙なラインです。新郎が盛り上がり好きなら赤ネクタイでも問題ないですが、少し地味な人だったらシルバーグレーが無難かも。


【平服・二次会】ダークスーツのおすすめコーディネート8選

結婚式のおすすめダークスーツコーディネート

「平服で」と書かれた場合に参考にしてほしいおすすめダークスーツコーディネートをご紹介します。ブラックスーツよりも自由度の高いダークスーツはネクタイで遊びを効かせるのがポイントです。


おすすめダークスーツコーデ1. 濃紺スーツスタイル

ダークスーツの定番である濃紺スーツに明るいネクタイを組み合わせた礼装。平服のコーディネートはネクタイで個別化を図りましょう。ただ、シャツなどのルールは守ってくださいね。


おすすめダークスーツコーデ2. 小紋柄ネクタイ

ネイビースーツに小紋柄ネクタイを組み合わせたおすすめ結婚式コーディネート。小紋柄はネクタイの中でも合わせやすいデザインですので、ビジネススーツとしても大活躍しますよ。


おすすめダークスーツコーデ3. ブルー系統ネクタイ

濃紺スーツにブルー系統ネクタイを合わせれば、スタイリッシュな印象に仕上がります。また、水色は涼しげなイメージを強めてくれるため、夏場でも無理を感じさせないコーディネートになりますよ。


おすすめダークスーツコーデ4. チェック柄スーツスタイル

最近では二次会の服装も少しずつカジュアルになってきているため、チェックシャツのスーツでも問題ないでしょう。ネクタイやジャケットのカラーは少し派手めにしても、シャツのカラーは白ベースで構成してください。


おすすめダークスーツコーデ5. ペイズリーネクタイ

ネイビースーツとペイズリー柄ネクタイの着こなしコーディネート。白シャツで若々しい清潔感を出しながら、ペイズリーで大人のオトコを作り上げましょう。ただ、少し攻めたコーディネートになるため、ホテルでやる二次会は避けておいたほうがいいかも。


おすすめダークスーツコーデ6. ブラウンスーツ

カジュアルめなライトブルーネクタイとブラウンスーツを組み合わせた結婚式コーディネート。最近主流になりつつある、カジュアルウェディングではブラウンスーツでも問題なし。ただ、新郎・新婦の立場や状況によってはNGになる可能性もあることを覚えておいて。


おすすめダークスーツコーデ7. グレースーツ × ペイズリーネクタイ

大人の雰囲気を醸し出すグレースーツとペイズリーシャツを組み合わせた結婚式コーディネート。やや遊び心強めの服装ですが、30代以上の男性であれば無理なく着こなせるでしょう。


おすすめダークスーツコーデ8. 赤レジメンタルタイ × ネイビースーツ

20代でネイビースーツを着こなすなら、ネクタイはカラー多めのアイテムをチョイスしてみて。地味な印象のスーツも明るく若々しいビジュアルになりますよ。遊びを効かせすぎないために、シャツはあえて真っ白に。


【3,000円以下】ダークスーツのおすすめネクタイ

結婚式二次会でおすすめのネクタイ

ここからダークスーツを着用する際におすすめの3,000円以下ネクタイを5つご紹介します。結婚式用にリーズナブルな価格で1つ持っておくのもよし、普段使いに変更するもよし、のコスパ最強アイテムをご覧ください。


おしゃれネクタイ1. ネイビー × ストライプ

結婚式に最適なおしゃれネクタイ

価格:2,900円

結婚式の定番ネクタイ。少し暗めのネイビーカラーはストライプやチェックで明るい印象に仕上げましょう。大人らしい落ち着いた雰囲気に仕上げるネクタイですので、20代の若い男性におすすめ

販売サイトで購入


おしゃれネクタイ2. ライトブルー × チェック

結婚式のスーツ姿におすすめのネクタイ

価格:2,900円

ネイビースーツに映えるライトブルーネクタイ。Vゾーンを明るく彩ってくれるチェックネクタイは、結婚式の定番アイテムです。ライトブルーは若いビジュアルになるため、20代前半の男性におすすめ。

販売サイトで購入


おしゃれネクタイ3. インディゴブルー × ペイズリー

30代男性におすすめのネクタイ

価格:2,900円

ビジネス・フォーマルどちらにも使えるペイズリーネクタイ。派手に見えがちなペイズリー柄は、ネクタイは意外と王道のアイテムです。大人の雰囲気を醸し出すインディゴブルーは20代男性よりも、30代の男性に最適。結婚式用として持っておいて損のないアイテムですよ。

販売サイトで購入


おしゃれネクタイ4. イエロー × ストライプ

結婚式の二次会でおすすめのネクタイ

価格:2,900円

スーツを明るく装飾してくれるイエローネクタイ。ネイビースーツやブラックスーツのワンアクセントとして使い回せるアイテムです。夏向きのシアサッカーと呼ばれる素材で作られているため、夏の暑い時期に開かれる結婚式におすすめ。

販売サイトで購入


おしゃれネクタイ5. ネイビー × チェック

結婚式におすすめのおしゃれネクタイ

価格:2,900円

スーツのVゾーンをおしゃれに見せてくれるチェックネクタイ。高級感溢れるネイビーカラーに、ブルー・ホワイト・レッドのトリコロールカラーが合わさり、ワンランク上の仕上がりに。3,000円以下なら結婚式用でなくても手に入るべきアイテムです。

販売サイトで購入


デキる男は結婚式の服装も完璧に着こなせる。

結婚式の服装は正しく着こなす

男性が結婚式で着るべきスーツについて解説していきました。最近では結婚式もカジュアルになってきているため、昔のしきたりとは少しずつ形を変化させています。結婚する新郎・新婦についての情報を自分なりに整理した上で、正しい服装を選びましょう。

【参考記事】結婚式の二次会はこちらのコーデを参考に

【参考記事】ネクタイのおすすめブランドとは▽

【参考記事】買っておきたいネクタイピンとは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事