ディープキスの気持ちいいやり方|最高に感じさせるキスのコツを解説!

ディープキスの気持ちいいやり方を知りたい人へ。本記事では、ディープキスの気持ちいいやり方から、気持ちいいディープキスができる人の特徴まで大公開!ディープキスの練習方法と注意点も解説していきます!

ディープキスの気持ちいいやり方|思わず感じてしまうキスの方法を紹介!

ディープキスの気持ちいいやり方

「恋人とイチャイチャしたいけど、ディープキスに自信がない…。」

「エロいキスをして、体の相性が良いって思われたい。」

ディープキスが上手ければ雰囲気が盛り上がりますし、相手をメロメロにできます。

とはいえ、キスする時のコツがわからず、自信が持てない人もいるのではないでしょうか。

ここからはディープキスの気持ちいいやり方について解説します。


やり方1. 相手の唇の位置をしっかり確認する

いくら情熱的なキスをしても、唇の位置がずれてしまったら相手は集中できません

間違えて別の所にキスをしてしまわないように、まずは唇の位置や距離感を確認しましょう。

自信がない人は、

  • 相手の唇の位置を確認したら、鼻がぶつからないように首を傾けながらゆっくり近づく
  • キスした後にそっと目を開け、唇の位置を確認する
  • 「唇の位置がずれた」と感じた時は、いったん唇を離してもう1度キスする

などを試してみてくださいね。


やり方2. ボディタッチをしながら普通のキスをする

いきなりディープキスをするのは、相手をびっくりさせてしまう可能性があるのでNG

まずは相手の肩に優しく触れ、普通のキスを繰り返し行いましょう。

ボディタッチをしながらキスすることで、二人のムードが徐々に盛り上がっていきますよ。

ボディタッチは肩の他にも、

  • 両手で髪の毛を触る
  • 指先で耳や首、鎖骨をなぞる
  • 腕を相手の腰に回して密着度を高める

などもおすすめです。

相手の体に触れながらキスすることで、ドキドキ感が高まります。


やり方3. 少し口を開けて、舌で相手の唇に触れる

相手がディープキスを望んでいるかどうかは、普通のキスをしている時点ではわかりません。

そのため、雰囲気が出来上がってきたら舌で相手の唇に触れてみましょう。

相手の反応で、ディープキスに進んでいいのかがわかります

相手が、

  • 舌で唇に触れ返してきた
  • ボディタッチが積極的になった

などであれば、相手もディープキスを望んでいるでしょう。

しかし、

  • 唇を固く閉じた
  • 顔をしかめた

などの反応だった場合、舌を入れられるのを嫌がっている可能性があります


やり方4. 相手との呼吸を合わせながら舌を絡める

自分だけ盛り上がっていては、本当に気持ちいいキスはできません

鼻呼吸をしながらゆっくりと心地よく感じるように舌を絡め、相手と呼吸を合わせましょう。

ポイントは、

  • 相手と時々目線を合わせる
  • ボディタッチをしながら、相手の呼吸を感じる
  • 激しいキスの後には優しいキスで強弱をつけ、相手の反応を見る

です。途中で息苦しさを感じた時には相手の唇を甘噛みし、そのタイミングで呼吸を整えると良いですよ。


やり方5. 相手を焦らしてみる

ディープキスをするとどんどん激しくなりがちですが、いったん我慢して優しく控えめな動きをしてみましょう。

相手は「もっとしたい」「我慢できない」という気持ちから積極的になり、あなたをもっと強く求めるようになります。

相手を焦らす方法は、

  • 唇を甘噛みしたり、咥えたりと優しい動きを多めにする
  • 盛り上がってきたところで唇を離し、目が合ったら微笑む
  • 耳や首、鎖骨周辺にもゆっくり吸うようにキスをする

などがおすすめです。焦らした後のキスの快感で相手がメロメロになり、エッチな雰囲気になるかもしれませんよ。


やり方6. 顔を離して見つめ合う

相手とのキスが良ければ笑顔で見つめ合ってみましょう。さらにロマンティックなムードになりドキドキ感も増していきます。

また、見つめ合う時には次のことをするとより効果的でしょう。

  • 相手の髪を指先でなでる
  • 「好きだよ」「気持ち良かった」と声に出して伝える
  • 目線を合わせた後、相手をぎゅっと抱きしめる

ディープキスの後にスキンシップをとることで、お互いの愛情を確認でき、雰囲気がさらに盛り上がります。


気持ちいいディープキスができる人の特徴|エロいキスをする人に共通することは?

「自分のディープキスって気持ちいいのかな?」

「エロいキスをする人の特徴を知りたい。」

キスがうまい人についてなんとなく想像できるものの、はっきりとした特徴を知らない人もいるのではないでしょうか。

ここからは、気持ちいいディープキスができる人の特徴を紹介します。

当てはまるものが多ければ、あなたのキスは相手をメロメロにしているかもしれませんよ。


特徴1. たくさんの異性と経験を重ねている

恋愛経験が豊富な人にとって、異性の扱いはお手のもの。自分の経験から相手が気持ち良くなる方法を知り尽くしている人も多いです。

例えば、

  • 「耳や首筋が弱い人が多いから、まずはそこにキスしてみよう。」
  • 「ガツガツしてる人だから、あえて焦らした方が気持ちよくなってくれそう。」

など、過去の経験から相手が喜ぶことを判断できます。

ディープキスの経験も豊富なため、舌の動かし方やボディタッチのテクニックで、「キスの相性が最高」と思ってもらえるでしょう。


特徴2. 自然な雰囲気作りに慣れている

自然な雰囲気をさりげなく作れる人は、相手に楽しんでもらいたいという気持ちがあります。

そのため、キスする時も相手をよく観察し、何をすれば恋人が喜ぶのかを考えています。

例えば、

「相手が緊張してるから、頭をなでたり、ハグなどをしてからキスしよう」

「目がとろんとして気持ちよさそうだから、もうちょっと攻めてみようかな」

など、自分主体ではなく相手に合わせて動くため、相手が気持ちいいと感じるディープキスをしてくれるでしょう。


特徴3. キスに強弱を付けている

単調な動きしかないキスは飽きてしまったりマンネリ化してしまいます。

変化を付けることが上手い人はそれを分かっているため、気持ちいいディープキスをしてくれるでしょう。

例えば、

  • 唇以外にもおでこや鼻の先、首などにキスをする
  • 相手の舌を優しく吸ったり、甘噛みしたりする

など強弱をつけます。

変化があると相手が受ける刺激も異なるので、恋人をメロメロにするキスができるでしょう。


特徴4. 唇のケアをしっかりしていてうるうる

キスは相手の唇を重ねてするものなので、ガサガサした唇では不快感があります。

ディープキスが上手い人は、唇の状態でキスの気持ち良さが変わることを知っているため、ケアを欠かしません。

  • リップクリームをこまめに塗る
  • 寝る前に唇のケアをする

などを行っている人は、唇が保湿されてうるうるです。

キスした時に柔らかな感触を残せるため、相手に「気持ちいいな」と思ってもらえます。


特徴5. 相手を興奮させるボディタッチができる

ボディタッチがうまい人は、相手をよく観察しています。

自分の行動で相手がどう反応するかがわかるため、雰囲気を盛り上げるのも得意です。

ディープキスの時も、

「今日はあんまり乗り気じゃないみたいだから、徐々に雰囲気を作っていこう」

「舌を吸われるのが好きみたいだから、ちょっと焦らしてみようかな」

など、相手の反応を伺いながら行動するため、「相性がいいな」と感じるキスをしてくれる人が多いです。


特徴6. 相手を焦らすのが上手い

焦らすのが上手い人は、待たせることで相手の興奮度が高まり、その後の行為が気持ちよくなることを知っています。

  • 相手が求めてきても、すぐには応じない
  • ディープキスが激しくなってきたら、いったん唇を離す

など、盛り上がったところで中断します。

おあずけされた相手は「もっとしたい」と欲求が高まるため、その後のキスはとろけるような快感が味わえるでしょう。


特徴7. 普段からよく気遣いをしてくれる

気遣いがうまい人は、いつも相手の気持ちを考えて行動しています。

ディープキスの時も恋人の仕草や表情を観察し、相手がどう感じているのかを考えています。

例えば、

「仕事で疲れて眠そうだから、今日は乗り気じゃないみたいだな」

「吐息が漏れているから、もっと攻めてみようかな」

など、状況に合わせて恋人が求めていることができるため、自分本位になることがありません。


特徴8. 相手を褒めるのがナチュラルにできる

相手を自然と褒められる人は、恋人の良い所を見つけるのが得意。

「相手が幸せだと自分も幸せ」と感じるため、尽くすタイプの人が多いです。

いちゃいちゃする時にも相手に気持ちよくなってもらいたいと考えているので、

  • どんなことをされるのが好きなのか
  • 気持ちよくなると、どんな行動をとるのか

を常に観察しています。

相手が喜ぶことを把握しているため、キスのテクニックも上手い人が多いです。


気持ちいいディープキスの練習方法|うまいと思われるキステクニックを身につけるには?

「うまいと思われるキスをしたい。」

「ディープキスの練習方法ってあるのかな?」

ディープキスのテクニックを上げたいと思っても、練習するのは難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。

ここからは、気持ちいいディープキスの練習方法を解説します。

スポーツやゲームと同じく、キスのテクニックを上げるには練習が必要。

ぜひ実践して、身も心もとろけるようなキスを習得してくださいね。


練習方法1. 恋愛映画や海外ドラマから学ぶ

恋愛映画や海外ドラマでは、キスをする一連の流れが描かれているため、実際に自分がする時のイメージも掴みやすくなるでしょう。

恋愛映画では、二人の出会いから恋人として過ごすまでを描いている作品が多いです。

  • どんなシチュエーションの時に雰囲気を作りやすいか
  • どんな流れでディープキスをするのか

などを見てみましょう。

また、海外ドラマでは情熱的なキスシーンが描かれることがあります。

  • ディープキスの具体的な方法
  • 息をするタイミングやキスする時の手の位置

などを参考にすると良いですよ。


練習方法2. 氷を口に含んでシミュレーションしてみる

気持ちいいキスをするためには、実際に練習してみることも大切。

相手の舌に見立てた尖っている氷で練習すれば、キスのクオリティも上がるでしょう。

尖った氷は、ホームセンターや100円ショップで売っているスティック型のアイストレーやプラスチック容器で作れますよ。

氷でシミュレーションする時には、

  • 氷の先端を舌先でつついたり、くるくると舐める
  • 氷を舌全体で上下に大きく舐める
  • 氷を吸って口の中に含んでみる
  • 口の中に含んだ氷を、舌で優しく舐める

などを行ってみると良いでしょう。


練習方法3. 飴を舐めて舌の動きを練習する

気持ちいいディープキスに必要なのは細かな舌の動き。ディープキスが上手い人は、舌を指先のように器用に動かします

舌先で転がすように飴を舐めることで、舌の動きを滑らかにする練習ができますよ。

舐める時は、棒のついた飴を持ちながら飴の周りを舐めて舌を動かす練習をしたり、飴玉を転がすように舐めたりしてみましょう

細かい舌の動きができるようになるから、舌先で相手を魅了する気持ちいいディープキスができるようになりますよ。


練習方法4. イメトレをしてみる

いきなりディープキスをしようと思っても、タイミングが分からなかったり、動きがぎこちなくなったりするものです。

そんな時には、脳内でディープキスをするイメージをしてみましょう。

具体的には、

  • 家のどこで、どんな流れでキスするか
  • 普通のキスからディープキスをするタイミング
  • ディープキスする時の手の位置かどこか
  • 舌を入れた時の相手の表情はどんなものか
  • 舌を入れた後の動き

などを想像してみましょう。

具体的にイメージしていると、実際する時にもスムーズにいきやすくなりますよ。


練習方法5. とにかく対人で実践する

キスのテクニックを上げるコツは、経験を積むこと。たくさんキスすることで、唇や舌の動きに慣れてきます。

動きがなめらかになると、「以前より上手くなったな」と相手もその変化に気づいてくれるでしょう。

気持ちよさそうにキスする恋人を見れば、

「次はもう少し舌を動かしてみよう」

「キスに強弱をつけてみよう」

など、色々なやり方を試すことができます。

対人で実践し、相手の反応を見ることで、だんだんと上達していくはずです。


気持ちいいディープキスをする時の注意点|相手を感じさせるキスをする際に気をつけることは?

ディープキスは二人の気持ちを近づけるものですが、気をつけないと知らない間に相手の気持ちが冷めてしまうことも。

ここからは、気持ちいいディープキスをする時の注意点を7つ紹介します。

ディープキスで相手との関係を深めるため、気をつけることをしっかり頭に入れておきましょう。


注意点1. 口臭ケアを忘れない

気持ちいいディープキスはテクニックだけではありません。

雰囲気作りも大切なので、口臭がきついと相手に嫌な思いをさせてしまいます

普段から煙草を吸ったりコーヒーを飲んだりする人や、においの強い物を食べた時には口臭がきつくなりやすいので、念入りにケアしましょう。

  • 歯磨きの時にはフロスや歯間ブラシを使ってから歯ブラシで磨く
  • デートの前にはガムやタブレットを使用する
  • 定期的に歯医者へ通い、歯のクリーニングをしてもらう

などを行うのがおすすめです。


注意点2. 無精髭を残したままにしない

ディープキスでは、自分の肌と相手の肌が触れ合います。無精髭を残したままキスすると、女性の肌に髭が突き刺さってしまう恐れがあります。

髭は痛いだけでなく、ジョリジョリした感触が女性に不快感を与えてしまう可能性もあるため、剃っておいた方が良いでしょう。

女性と会う前には必ず髭を剃り、保湿をしっかりすることで相手に喜ばれる肌質になれますよ。


注意点3. 鼻毛処理も忘れない

ディープキスをする時は、お互いの顔を近いところに長い時間近づけますよね。

そんな時に、鼻毛が出ているとせっかく作れたいい感じの雰囲気も台無しに。そればかりか、「だらしない人」というイメージを与えてしまいます。

鼻毛は意識して処理してないと出ていることに気がつかないので、

  • 鼻毛カッターや鼻毛専用のはさみで切る
  • 鏡を使い、正面と下から見て鼻毛が出ていないか確認する

など行ってみましょう。

デート前は確認することはもちろん、普段から鼻毛が出ているとだらしないので、出掛ける前は必ず確認してもいいですよ。


注意点4. 相手の舌を吸いすぎない

舌はとてもデリケートなもの。あまり吸いすぎると相手は痛みを感じ、高揚していた気分が一気に下がる可能性があります。

気をつけることは、

  • 舌は壊れ物を扱うように優しく吸う
  • 相手の表情を見て、力加減を考える

などです。

盛り上がってくると激しく吸いたくなりますが、相手のことを考え優しく吸いましょう。


注意点5. いきなりディープキスはしない

ディープキスはエッチと同じくらい大事な意味を持つと考える人もいます。

そのため、いきなりディープキスをすると雰囲気が台無しになり、相手が引いてしまう可能性もあります。

「もしかして体目的で付き合っている?」

「相手のことを考えられない人なのかも…。」

と一気に信頼をなくしてしまうことも。

ディープキスをする時には普通のキスから始め、徐々に気分を高めていくのが上手くいくコツです。


注意点6. 口を大きく開けすぎない

ディープキスが盛り上がってくると、口を大きく開きがちです。しかし、自分が口を大きく開けると、相手もそれに合わせなければなりません。

最初のうちは良いですが、時間が経つにつれてあごが辛くなり、キスに集中できなくなります

気持ちいいディープキスを長く続けるには、

  • 口は軽く開ける程度にしておく
  • 定期的に唇を離して口を閉じる

を意識してみてくださいね。


注意点7. 相手が乗ってこなければ無理にしない

ディープキスは雰囲気が大切です。舌を舐めた時に相手が嫌がるようであれば、「今はしたくない」というサイン。

強引にディープキスを続けると、相手を傷つけてしまう可能性があります。

相手が乗り気でない時は、そっと終わるほうが良いでしょう。

そのかわり、

  • 頭をなでたり、ぎゅっと抱きしめたりする
  • おでこや頬、唇に優しいキスをする

など、相手がリラックスできるようなスキンシップをするのがおすすめです。


最高にエロいディープキスを身につけて、”気持ちいい”と思わせよう。

上手いディープキスをするには、やり方や上手い人の特徴、注意点を把握することが大切です。

さらに練習して実践すれば、だんだんとキスのテクニックが上達するでしょう。

恋人の仕草や表情を読み取り、相手の求めていることをすれば「この人上手いな」と思ってもらえるでしょう。

テクニックを磨き、最高にエロいディープキスで二人の濃密な時間を楽しんでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事