告白して振られた男性があっさり引く8つの心理|振ってから後悔した時の対処法とは?

告白してきた男性が意外とあっさり引いていって戸惑っている女性へ。この記事では、振られた男性があっさりと引く心理から、後悔した時に関係を発展させる方法まで詳しく解説します!

告白して振られたらあっさり引く男性の8つの心理|諦めが早い理由とは?

告白して振られたらあっさり引く男性心理

「告白されたけど断った瞬間、すぐに納得した男性は本当に付き合いたいと思っていたの?」

「断られたらあっさり引く男性心理が分からない」

好きで付き合いたいから告白したのだろうけど、意外とあっさり引く男性にびっくりしますよね。

この温度差はどんな理由が隠されているのでしょうか。

振られた時にあっさり引く異性を理解するためにも、ここからは振られて意外と潔く引き下がる男性の心理を解説していきます。


男性心理1. 押してダメなら引いてみよう

1回告白して断られたとしてもまだ諦めていないので、今までアタックしていた分いったん引いて相手の様子を見ようと思っている男性も。   「あれ?急に大人しくなったな、どうしちゃったんだろ?」と逆に女性に自分の事を気にさせたい心理が働いているのです。

直球から心理戦に変更して、こちらの出方を見ているといえますよ。


男性心理2. もともとそんなに好きじゃなかった

男性の中には、ちょっといいかなと思った時点で告白している人もいます。

上手くいけばラッキーと思って告白してきただけなので、振られてもノーダメージです。

このような男性は、女性が「断って申し訳なかったな」と気にしている間に、また別の好意を持てる異性を見つけようとしています。


男性心理3. 振られたことで急に冷めてしまった

プライドが高い男性は、相手に振られたことがショックというよりも、許せない気持ちの方が上回ります。

「俺が告白してやったのに」

そんな上から目線で物事を見ているため、振られてどうでもよくなった可能性が高いです。


男性心理4. クヨクヨせず前に進みたい

振られたら「これ以上どうしたって付き合うのは無理」だからと、潔く諦めようとする男性も少なくありません。

「いつまでも気持ちを引きずっていても良い事はない」

など、断られた現実を受け入れ、気持ちを切り替えて前に進もうとしている状態です。


男性心理5. どうせ振られると思っていた

振られる覚悟をして告白していれば、実際に振られてもすぐに受け入れられる状態にあります。

「女性に他に好きな人がいるのを知っていたけど、好きな気持ちをどうしても伝えたかった」

など、自分の気持ちを整理したいという理由で告白している男性は諦めるのも早いです。


男性心理6. 告白したらスッキリした

本来は告白して付き合うのが目的であるはずなのに、告白することがゴールになっている可能性大。

緊張を乗り越えて言いたいことが言えたという事実に満足しています。

なので、断られた事実は、そこまでショックにはなっていないパターンと言えますよ。


男性心理7. しつこくしてダサいと思われたくない

振られたのに「そこをなんとか」「じゃあどうすれば付き合ってもらえるの?」などと、粘ることはカッコ悪いと思う男性は多いです。

「結果は振られたけど最後は潔いかっこいい自分で終わりにしたい」

と思っているので、あっさり引くのです。


男性心理8. プライドを傷つけられてむしろ嫌いになった

告白前に女性側も好意的な素振りをしていたのに、結果的に振られてしまった瞬間、好きから一気に嫌いになってしまうこともあります。

この場合、現実逃避して顔も見たくないと感じてしまうことも。

告白後にばったり会っても、顔も合わせず声もかけない状態になってしまいます。


振った男性のことが気になった時の6つの対処法|改めて関係を発展させるには?

「振ったけどやっぱり好きかも」

「告白を断ったのに相手が気になる時にはどうしたらいいの?」

告白された時にはびっくりして思わず断ってしまったけど、後から「やっぱり好きかも」と思い直す女子も少なくありません。

しかし、一旦断った男性とその後関係を進展させることは可能なのでしょうか。

そこでここからは、一度振った男性と関係を戻し、進展させる方法を解説していきます。


対処法1. どこが好きなのかもう一度振り返る

振ってしまって申し訳ない気持ちから、去る男性と付き合ってあげたいと思ってしまう女性も少なくありません。

しかし一度振ったという事実がある以上、本当に相手のことが好きなのか、振り返って考えてみる必要はあるでしょう。

  • 付き合ってもいいと思える好きなところがあるか考えてみる
  • 冷静な状態で男性のことを考えてみる
  • 少し距離を置いて、会いたいと思うかどうか確かめる

といったことをすると冷静に判断しやすくなりますよ。

客観的に見て自分に必要な人かどうかを考えてみるのがポイント。

友達になるよりも恋人になるのはハードルが高いものです。適当に結果を出さずしっかりと考えて判断しましょう。


対処法2. 振ってしまって後悔していることを伝える

人の気持ちは好き、嫌いとはっきり分けられないこともあります。

無理に付き合ってすぐに別れてしまうより、正直な気持ちを伝えてその後どうするかを見直すのも良い伝え方。

振った後にそのままにしていると、男性は自分に気持ちがないと思ったまま去ることになります。

気持ちが少しでもあり、後悔しているなら以下のように想いを正直に伝えましょう。

「びっくりして思わず振ってしまったけど、告白されたのは嬉しかった。振ったことを後悔しているんだよね」

と、相手が諦めて新しい恋に進む前に伝えるのがポイントです。


対処法3. 友人を含めた数人で遊んでみる

振った後に相手が「もう気持ちが冷めた」と切り替えている可能性もあります。

そんな時には相手と直接会うのが良いでしょう。気持ちを確かめられる他、相手を見極めることも可能です。

しかし、二人が会おうとすると、関係がこじれるだけ。

相手の気持ちが分からないなら、仲の良い友達も一緒に遊んでみましょう。

  • 相手の様子は、少し距離をおいて観察する
  • 友達に事情を説明しておく

といったことを気にすれば、より相手の気持ちが分かりやすくなるでしょう。

相手が顔も見てくれない、そもそも誘いに乗ってくれない状態なら告白を断られて嫌いになっているかもしれません。

そんな時には、無理に誘わず諦めることも大切です。


対処法4. 二人きりで遊ぶ機会を作ってみる

友達を含めた複数人で遊んでみて、相手の好きな気持ちが確認できたら「今度2人で遊ばない?」と誘ってみましょう。

まだ男性に好きな気持ちがあり、諦めきれていなければもう一度告白してくれるかもしれません。

相手にもう一度告白してもらいたいなら、

「おしゃれなカフェを見つけたんだけど、2人で一緒に行かない?」

と誘ってみて。

告白しやすい環境を作って相手の様子を見てみるのが良いでしょう。


対処法5. 好きという気持ちをストレートに伝えてみる

男性は一回告白して振られているので、2回目の告白をしてまた振られるリスクを取りたくないと思っている可能性は大いにあります。

そのため、いくら待っても告白されないことも。

例えば

  • 告白される前と変わらない関係性
  • デートに誘えば来てくれる

など、好意が伝わるならこちらから思いを伝えてみましょう。

「好きです。付き合ってください」

だけの伝え方ではなく、なぜ1回告白を断ったのかもきちんと説明すれば誠実な気持ちが伝わり相手も安心するでしょう。


対処法6. 諦めて新しい恋愛を始める

男性をまた振り向かせるのが難しいと思ったら、諦めて潔くあたらしい恋にすすむのも一つの手です。

「そうはいっても考えちゃうんだよな」という人は、このようなルールを決めて当てはまるなら諦めることを考えましょう。

  • LINEが来なくてそっけなければ、こちらからはLINEをしない
  • 他に仲の良い女友達と一緒にいれば、自分には興味がなくなったのだと考えて追いかけない

など、以前と態度が違って避けられている態度なら、男性はもう好きではない可能性が高いので諦めた方が無難ですよ。


告白して振られたらあっさり引く男性の気持ちも理解してあげましょう。

振られてびっくりするほどあっさり引く男性に、女性側もびっくりすることもあるでしょう。

その理由は潔い引き方に酔っていたり、ダラダラと引きずりたくなかったり、そもそもそんなに好きではなかったなど人それぞれです。

あっさり引くという行動だけを見るのではなく、振られた後の男性の言動や行動を観察することで理由が分かることも。

振った後に「やっぱり好きかも」と気になり出したらまずは男性をよくチェックすることから初めてみてはいかがでしょうか。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事