【まとめ】最高の映画デートの秘訣|気になる異性と楽しく過ごすコツを徹底解説

気になる異性との映画デートが控えている方々へ。この記事では、デートに映画を選ぶメリットやデメリットから、成功の秘訣やおすすめのジャンルまで詳しく解説します!

映画デートのメリット|初デートやカップルに人気な理由とは?

映画デートのメリット

「定番のデートっていろいろあるけど、なんで映画も定番なの?」

「初デートは映画がいいって聞いたことがあるけど、なんでだろう?」

数あるデート方法の中で、なぜ映画デートが人気を集めているのか、不思議に思っている方もいるでしょう。

そこでここからは、映画デートのメリットについて紹介していきます。


メリット1. 会話が少なくても気にならない

そもそも、映画館は映画鑑賞のための場所。

上映中は私語厳禁な上に、映画の音でまともに会話もできないため、無理に会話をする必要がありません。

例えば、こんな人・場面でメリットを発揮します。

  • 初デートで強く緊張してしまい、何を話したらいいのか分からない
  • 口下手な性格で、自分から会話を振るのが苦手

「何か喋らなければ!」と頑張らなくていい分、気楽にデートに臨めます。


メリット2. 共通の話題で盛り上がれる

お互いに共有できる話題がないと、相手は「ふーん。」「そうなんだ。」くらいの相槌しか打てず、会話が盛り上がりにくいでしょう。

しかし、映画デートであれば作品の情報等を共有できるため、相手も会話に参加できて盛り上がりやすくなります

例えば、映画デートが終わってから、

「最後のシーン感動したー!◯◯くんはどうだった?」

「このシリーズ何作目が一番好き?」

など、いろんな会話に発展させられるので、ネタ切れの心配も少なくなります。


メリット3. 季節や天候に左右されない

遊園地やキャンプなど、外で楽しむデートは必ず天気が影響します。

当日雨になってしまった場合、デートをキャンセルしたり、他の行き先に変更したりなどの対処が必要となるため、何かと面倒でしょう。

その点、映画館は室内なので、天候を気にせずデートを楽しめます。

  • 晴れのち雨という微妙な天気でも、デートを決行できる
  • 外は炎天下であっても、映画館であれば涼しく快適に過ごせる

など、季節や天候を問わず安心してデートができます。


メリット4. 気軽に誘いやすい

好きな人と2人きりになりたいからといって、まだ彼氏彼女ではない状態でお家デートなどを提案すると、相手が警戒してしまいます。

一方、映画は子どもからお年寄りまで幅広い年代の人が集まるため、相手に不安感を与えることなく誘えます。

「今度『◯◯』の最新作が公開になるから行こうよ!」

「映画のチケットをもらったから、一緒に行かない?」

など、友達を誘うように気軽に声をかけられるから、片思い中や付き合い始めたばかりのカップルなどにおすすめです。


メリット5. 自然と距離を縮められる

「観覧車で並んで座りたいけど、恥ずかしくて向かい側に座ってしまう。」

「遊園地は、人が多すぎて並んで歩くのが難しい。」

など、デート方法によっては相手と距離を縮めにくい場合があります。

その点、映画館は2人並んで席に座れるため、物理的距離を縮めやすいです。

また、感動して泣いている、怖がって顔を逸らしているなど、相手の様子を感じ取れるくらいの距離感なので、自然と心理的な距離も縮まるでしょう。


メリット6. お互いの価値観を知れる

映画は、ストーリー、音楽、俳優など、いろんなポイントがあるので、相手の趣味嗜好が分かり、お互いの価値観が伝わりやすいです。

例えば、

  • 同じところで泣くなんて、感動のツボが一緒なんだな
  • 好きな作品が大体同じだから、気が合いそう
  • 私は面白かったけど、彼氏は微妙そうだから、価値観はちょっと違うのかも…

など、価値観が同じと思えば距離をグッと縮められるし、違うと分かれば歩み寄っていくヒントになります。

どちらに転んでも、2人の距離を進展させる材料となり得るでしょう。


メリット7. 次のデートに繋げやすい

映画デートは、相手と近い距離に座れたり、共通の会話で盛り上がれるようになったりするため、関係を深めやすいです。

お互いが「この人と過ごす時間が楽しい。」という気持ちになり、自然と次を意識するようになります。

「来月に◯◯シリーズの最新作が出るみたいだから、また一緒に見に行かない?」

「◯◯くんって動物系の映画が好きだったんだね!じゃぁ動物園も好き?」

このように、映画をきっかけに次の約束もできるでしょう。


メリット8. ゆっくりと過ごせて疲れない

キャンプや遊園地といったアクティブなデートは、楽しいけど体力的に疲れやすいものです。

一方で、映画デートはずっと座ったままでいられるため、リラックスして過ごせます。

「仕事が忙しそうな彼氏も、ゆっくりできる映画デートなら楽しんでくれるかも!」

「彼氏がインドア派だから、遊園地より映画館の方が好きそう!」

このように疲れにくいデートをすることで、相手も今後のデートに前向きな反応を見せてくれるでしょう。


映画デートのデメリット|注意しなければいけない点とは?

これまでの内容から、映画デートのメリットがたっぷり伝わったでしょう。

しかし、映画デートには注意しなければならないポイントもいくつかあります

映画デートを失敗させないためにも、事前にデメリットを理解しておきましょう。


デメリット1. 趣味や価値観のズレが出やすい

映画には、アクション、恋愛、ホラーなど、様々なジャンルがあるので、2人が楽しめるジャンル選びをしなければなりません

どちらか一方だけが楽しめるジャンルを選んでしまうと、相手は退屈な時間を過ごす羽目になってしまいます。

映画選びは、趣味や価値観のズレが顕著に出てしまうため、相手の好みを考えてジャンル選びをしなければ、楽しいデートはできないでしょう。


デメリット2. 会話できる時間が限られる

映画上映中は、基本的に私語厳禁なので、満足に会話ができません。

ゆっくりデートできる時間がない時に映画を選んでしまうと、映画を見て解散という味気ないデートになってしまう恐れがあります。

それでは、十分に映画の感想を言い合ったり、次の約束をしたりなど、相手と関係を深める時間もとれないでしょう。


デメリット3. 映画の評価がデートの印象に影響する

映画を見た後、「面白かった」と思えばデートは大成功です。

「面白くなかった」となればデート自体が楽しくないと感じられてしまい、印象が悪く残ります。

つまり、映画選びがデートの成功・失敗を大きく左右するのです。

映画選びはセンスが問われるため、プランを練る段階から少々ハードルが高いといえます。


デメリット4. 観る映画によっては気まずい空気になることも

映画の中には、予期せぬベッドシーンなどが盛り込まれていることがあります。

長く付き合っているラブラブカップルであれば、気にせず見られるかもしれません。

しかし、気になる異性とのデートや付き合い始めのカップルなど、深い関係まで進んでいない2人だと、いたたまれない空気になってしまいます。

映画を見た後、お互いが意識してしまい、会話がしづらくなったり態度がぎこちなくなったりする恐れもあります。


デメリット5. 寝てしまった時の印象が最悪

リラックスして映画を楽しめるよう、映画館内は非常に快適な空間となっています。

照明は薄暗く、シートはふかふかで、つい眠くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、デート中に寝てしまうと、相手に

「デート中なのに寝ちゃうんだ…。」

「一緒にいて楽しくないのかな?」

といったマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

デートを大切にしてもらえていないような気持ちになるから、印象も最悪です。


【準備編】映画デートを成功させるコツ|服装や誘い方のポイント

「映画デートってどんな服装で行ったらいいの?」

「映画デートのプランを立てる時のポイントは?」

数あるデートプランの中でも、映画は定番と言われるため、誰でも簡単にデートを成功させられると思っている方もいるでしょう。

しかし、映画デートの成功にはしっかりとした準備が必要です。

そこでここからは、映画デートを成功させるために必要な準備について解説します。


コツ1. 好きなジャンルをリサーチする

楽しい映画デートにするためには、相手を楽しませることが重要です。以下のような方法で、相手の好きなジャンルを調べてみましょう。

  • 映画の予告CMを見て、相手が興味を示しているものがあればメモっておく
  • 「車が好きな男性だから、カーアクションとか好きそう。」など、趣味から好きなジャンルに目星を付ける

普段の行動・仕草の中にヒントがある場合も多いので、相手とのやり取りや持ち物などを思い返してみると良いでしょう。


コツ2. 映画の候補を出して選択肢を作る

「どんな映画が見たい?」と聞いても、遠慮して「何でもいいよ。」と言ってしまう人も多いです。

そのため、あらかじめ選択肢を用意してあげると、相手も自分の意見を言いやすくなり、映画選びで失敗しにくくなるでしょう。

例えば、以下のように選択肢を与えてあげるのがおすすめです。

「見たい映画が3つもあるんだけど、ジャンルがバラバラで…どれが面白そうだと思う?」

「『◯◯』と『△△』の2作品が人気らしいんだけど、どっちが見たい?」

相手が本当に楽しめる映画を明確にするためには、遠慮せずに好きな映画を答えられる工夫が必要です。


コツ3. お互いの行きやすい場所を提案する

映画館までの距離が遠いと、行くまでが大変でデートへのテンションが下がる恐れがあります

しかし、行きやすい場所であれば、交通費がかかったり疲れたりしにくいため「デートが楽しみ!」というポジティブな気持ちをキープしやすいでしょう。

お互いが行きやすいよう、デート場所を決める際に以下のような提案をしてみてください。

  • 電車で1~2駅くらいの近場を選ぶ
  • 駐車場を完備している、あるいは近くにコインパーキングがある映画館にする

最適な場所選びの秘訣は、相手の移動手段を考慮してあげることです。

電車なら駅の近く、車なら駐車場の有無を確認し、行きやすい場所をリサーチしましょう。


コツ4. 事前に席を予約しておく

せっかく映画デートの約束をしても、席が取れなければ意味がありません。

満席で映画が見えないという事態を避けるためにも、事前予約が必須となります。

最近は、当日に窓口に並ばなくても、ネットで簡単にチケット予約・購入が可能です。

特に人気の作品であれば、公開から数日先まで満席ということも珍しくありません。

確実に席を確保するためにも、デート日が決まったら、素早くチケットを2枚分予約しておくことをおすすめします。


コツ5. カップルシートなどくつろげる席を選ぶ

映画館の中には、カップルがデートで利用しやすいようカップルシートを設置している劇場もあります。

一般的な個別のシートと違い、隣の座席との間に肘置きがないので、相手と距離を縮めやすくなりますよ。

具体的に、カップルシートだと以下のようなメリットがあります。

  • 相手と密着した状態で映画を見られる
  • カップル用の席を利用することラブラブ感を楽しめる

カップルシートはお互いの距離が特に近いため、付き合っていない状態でカップルシートを利用すると、相手に警戒される恐れも。

カップルシートを選ぶなら、彼氏・彼女という関係になってからがおすすめです。


コツ6. 映画の後のプランも立てておく

映画は、会話のネタになり、程よく緊張もほぐしてくれるので、その後のデートを円滑にしてくれます。

相手により楽しいデートだったと印象付けるためにも、映画を見た後のプランもしっかり準備しておきましょう。

例えば、

  • カフェでゆっくり映画の感想を話す
  • ずっと座りっぱなしだったから、ウィンドウショッピングをして体を動かす

「この後何する?」と尋ねられて困らないよう、何パターンかプランを考えておくと、スマートで印象も良いですよ。


コツ7. 映画の口コミをチェックしておく

映画の内容がイマイチだと、デートの印象も悪くなってしまいます

映画を見た後に感想を言い合うテンションにもなりにくく、「気を取り直して食事に行こう!」とモチベーション回復も難しいでしょう。

そうならないためにも、映画の口コミを見て失敗のない映画選びをする必要があります。

  • 性別、年齢問わず、いろんな人から「面白い」という声があがっているか確認する
  • 「音楽が良い」「演技がすごい」など、ストーリー以外の要素もポジティブかチェック

ポイントは、星評価ではなく口コミを見ることです。

星評価は、人によって基準がバラバラなので、評価の良し悪しを判断しにくくなることも。

実際に見た人の意見が分かる口コミであれば、ハズレのリスクを軽減できるはずです。


コツ8. 羽織れる上着などを持っていく

映画館は、冷房が効いていることが多いです。

人によっては、寒いと感じることもあるので、ジャケットやカーディガンなど、簡単に羽織れるものを持っておくことをおすすめします。

上着があれば、寒くて映画に集中できない、お腹が冷えて体調が悪いといったトラブルも未然に防げますよ。

また、自分が寒くなくても、相手が寒そうにしていたら上着を貸してあげられます。

特に、女性は体が冷えやすく、冷房に弱い人が多いため、男性が上着を貸してあげることで気遣いアピールもできるでしょう。


コツ9. なるべく身軽な格好で、手荷物も少なく

映画館は、前の席との間が狭く、大きな荷物を置くほどのスペースもありません

大きな荷物を膝に置いたままでは、リラックスして映画を見られないでしょう。

狭い映画館内でも広々と過ごす秘訣は、以下の通りです。

  • メイク道具やスマホなど、必要最低限の荷物だけを持つ
  • どうしても荷物が多くなるなら、コインロッカーなどに預ける

とにかく、大きな荷物を映画館内に持ち込まず、できるだけ身軽な状態で行くのがポイントです。


【デート中編】映画デートを成功させるコツ|当日の振る舞いや会話は?

「映画が始まる前にやっておくべきことってある?」

「上映中に意識しておいた方がいいマナーや注意点は?」

準備はしっかりとできていても、いざデート当日に気になる異性を前にしたら、どう振舞ったらいいのか分からないという方もいるでしょう。

そこでここからは、映画デートを成功に導く当日の振る舞いについて解説します。


コツ1. シワになりにくい服をチョイスする

映画が始まると、2時間くらいは座ったままになるため、ボトムスにシワができやすくなります。

どんなにおしゃれな服でも、シワだらけのボトムスでは格好悪いですよね。

映画を見た後も、後ろ姿を気にすることなくデートを楽しめるよう、以下のような工夫をしましょう。

  • プリーツスカートなど、最初から細かいラインが入っているもの
  • シワになりにくいナイロン素材の衣類
  • お尻まで隠れるロングカーディガンを持参しておく

座りっぱなしは避けられないので、シワを一切作らないのではなく、シワが目立ちにくい服を選ぶのがポイントです。


コツ2. 清潔感を意識したコーデにする

映画館は薄暗いので、つい身だしなみに手を抜いてしまう人もいますが、相手は身だしなみをしっかりチェックしています

清潔感のある服装で行けば、

「ちゃんとデートに気を遣える人なんだな。」

と、いい印象を与えられるので、最低限以下のようなポイントは押さえておきましょう。

  • シワや毛玉のない服装を選ぶ
  • 靴は磨いておく
  • 髪型を綺麗に整えておく
  • 男性はヒゲを剃り、女性は丁寧にメイクをする

など、映画館を出た後、そのまま食事やショッピングもできるよう考えて、素敵なデート服をコーデしてください。


コツ3. 上映時間の1時間前に待ち合わせしておく

映画が始まるまでは、チケットや飲み物を買ったり、トイレを済ませたりなど、意外とすることが多いです。

上映時間ギリギリに待ち合わせをすると、上映前にバタバタとしてしまいます。

しかし、早めに待ち合わせをしておけば、落ち着いて映画の準備ができるし、映画上映まで会話を楽しむ時間もとれますよ。

待ち合わせの目安は、上映時間の1時間前くらい。

早すぎると思う人もいるかもしれませんが、「映画に間に合わない!」とバタつくカッコ悪い姿を相手に見せるより良いでしょう。


コツ4. 上映前にお手洗いに行っておく

映画が始まると、館内全員がスクリーンに注目しているので、雰囲気的にトイレに立ちにくいでしょう。

また、上映中のトイレは、ストーリーが途中で分からなくなってしまう恐れもあります。

最初から最後まで映画に集中できるようにするために、上映前に必ずトイレを済ませておきましょう。

なお、女性の中には、恥ずかしくて自分からお手洗いに行くと言えない人も多いです。

男性の方から「俺トイレ行ってくるけど、◯◯ちゃんも行っとく?」と声をかけてあげると、気遣いができる人だと思ってもらえますよ。


コツ5. 普段よりも上映中のマナーに気をつける

映画館は、多くの人が集まって1つのスクリーンを見るため、私語をしない、前の席を蹴らないといった様々なマナーがあります。

こうしたマナーを正しく守ることで、「マナーを守れる人なんだ。」好印象を与えられるでしょう。

例えば、以下のようなことに注意してください。

  • ジュースを飲む時にズルズルと音を立てないようゆっくり飲む
  • 私語を慎む
  • 前の席に足が当たらないよう姿勢を正す

映画館は相手との距離がとても近く、咀嚼音や姿勢の悪さなど、ちょっとしたことも気づかれてしまうので、いつも以上に気を付けましょう。


コツ6. ハンカチを持参する

ハンカチは、デート時の持ち物に必要不可欠なもの。

特に、映画デートの時にハンカチを持っていると、以下のような場面で役立ちます。

  • 感動した時に涙を拭ける
  • 暗い映画館の中で、うっかりジュースをこぼしてしまった時に拭ける

男性の中には、ハンカチを持ち歩かない人も多いです。

そこで、女性の方から必要に応じてハンカチを出してあげると、女子力アピールにつながって好感度アップも期待できるでしょう。


コツ7. 予告やエンドロールもしっかり観る

映画は、本編だけでなく予告やエンドロールも楽しいもの。

映画のテレビ版では楽しめない部分なので、最初から最後までしっかりと見ることで、映画デートを存分に満喫できます

一方で、「予告やエンドロールはストーリーに関係ないから、見なくても良いだろう。」と考える人もいるでしょう。

確かに、見なくても本命の作品に影響はありませんが、途中で帰ってしまうと、相手にせっかちな印象を与えてしまう可能性があります。

精神的にゆとりがあるところをアピールするためにも、できるだけ予告やエンドロールも大切にした方がいいですよ。


コツ8. お気に入りのシーンについて話す

映画を見た直後は、テンションが上がっていることが多いので、会話も盛り上がりやすいです。

相手の価値観を知れるチャンスだから、しっかりと映画の感想を言い合ってみましょう。

映画の感想を話し合う例としては

「あのシーン、すっごくハラハラした!やっぱりアクションは最高だね!」

「続きがありそうな終わり方だったよね!最終的にどんな話になるんだろう?」

など、劇中の具体的なシーンを示しながら話をすると、相手も「あのシーンか」と思い出して話に乗りやすいでしょう。

ただし、興奮状態で話すと、つい自分の話ばかりになる可能性があります。映画の感想を話す時は、相手の意見にも耳を傾けることが大切です。


映画デートで相手との関係を深めるテクニック

「上映中は喋れないのに、どうやったら相手と仲良くなれるの?」

「ただ映画を見て終わるデートになりそうで心配…。」

映画を見ている間は会話ができないので、コミュニケーションも取りづらいです。

そんな中で、どうやったら気になる異性と距離を縮められるのだろうと悩んでいる方もいるでしょう。

そこでここからは、映画デートで異性と関係を深めるコツを紹介します。


テクニック1. ふんわり良い匂いを香らせる

映画館は隣との座席が近いので、自分の香りが相手に届きやすいです。

ふんわりと良い香りが漂ってくることで、相手もドキッとするでしょう。

香りを武器にするなら、以下のようなことを意識するのがおすすめです。

  • 朝に香りが良いシャンプーで頭を洗ってからデートに行く
  • 異性にウケがいい香水をつける

ただし、香りが強すぎると逆効果となってしまう恐れがあります。

相手を不快にさせないよう、香水をつける量には注意しましょう。


テクニック2. 相手が座りやすい席を選ぶ

座る位置によって、映画中の過ごしやすさは変わります。

どうすれば相手が居心地よく過ごせるかを考えて座る位置を決めると、気遣いが伝わって好印象を与えられますよ。

例えば、

  • 女性の席の隣が知らない男性だったら、席を変わってあげる
  • 万が一、席を立ちたくなった時のために、女性を通路側に座らせてあげる

など、女性が希望しなくても、男性が率先して気を配ってあげると、ポイントが高いでしょう。


テクニック3. 不意に見つめる

異性に見つめられると、ドキドキしてしまう人は多いです。

特に、映画館は薄暗く、良い雰囲気を醸し出しているので、以下のようなシーンで相手を見つめてみましょう。

  • 上映を待っている間のゆったりした時間
  • 映画を見終わって緊張がほどけているエンドロール中

ポイントは、上映中にやらないことです。

映画を見ている時に不意に見つめられると、ストーリーに集中できなくなって嫌悪感を示す人もいるので、注意してください。


テクニック4. びっくりするシーンで、相手に体を寄せる

気になる男性と距離を縮めるなら、ボディタッチが効果的です。

しかし、意図的に体を寄せられると、「男慣れしてるのかな?」といった悪印象を与えかねません。

嫌味な印象を与えることなくボディタッチをするなら、以下のような秘訣があります。

  • びっくりするシーンで男性の手を握る
  • 怖いシーンでスクリーンから目を背けるようにして男性の方に顔をうずめる

反射的な行動のように見せれば、男性も「可愛いな」とポジティブに受け止めてくれます。

不自然にならないよう、適切なタイミングを見極めることが大切です。


テクニック5. 泣けるシーンは素直に泣く

感動シーンに涙を流す人は、感情豊かな人だと思ってもらえます。

感情を出さない人より親近感が持てるので、相手の警戒心も薄れてより仲良くなりやすいでしょう。

ただし、女性が涙を流す時にはメイク崩れに注意が必要です。

「感情豊かな人なんだなあ。」と好印象を与えたのも束の間、メイクが崩れている女性を見て、男性がガッカリしてしまう恐れもあります。

感動系の映画を見るのであれば、できるだけメイクは薄めにしておく、ハンカチを持っておくなどの対策が必要です。


映画デートでおすすめのジャンル|デートを盛り上げる選び方とは?

「映画のジャンルっていっぱいあるから、どれを選んだらいいのか分からない…。」

「ジャンルのチョイスミスで盛り上がらなかったらどうしよう…。」

映画のジャンルは幅広いので、選ぶのが難しいですよね。

しかし、どんな雰囲気で楽しみたいかを考えれば、2人にとって最適なジャンル選びができますよ。

ここからは、ジャンルごとの特徴に合わせて、どんなカップルに向いているかを解説します。


ジャンル1. 一緒に笑えるコメディ系

コメディ系は、作中に笑える要素がたくさん盛り込まれています。

難しいことを考えずに楽しめるので、お互いが「面白かった!」とポジティブな感想を持ちやすいですよ。

また、どのシーンが面白かったかを話すことで、相手の笑いのツボが分かり、価値観が合うかどうかも見極められます。

コメディと一口にいっても、クスッと笑えるシュールなものや、声を上げて笑ってしまう爆笑系など様々です。

事前に好きな笑いのテイストをすり合わせておくと、お互いに満足できる映画を選べるでしょう。


ジャンル2. ドキドキするアクション系

アクション系は、疾走感のあるバトルシーンや、インパクト大な爆破シーンなど、ドキドキ感を満喫できるのが魅力です。

ハラハラドキドキの展開が2人のテンションを上げてくれるので、映画を見終わって感想を言い合う時に盛り上がりやすいですよ。

なお、アクションには人が戦うバトル系や、車が主体となるカーアクションなどがあります。

「相手の男性が車好きだからカーアクションを選ぶ」など、趣味とつなげると刺さる作品を選びやすいでしょう。


ジャンル3. ソフトな内容の青春恋愛映画

ラブストーリーは、キュンとするシーンが多いので、男性女性ともに「こんな恋がしたいな。」恋愛に前向きになりやすいのが特徴です。

既に良い雰囲気の2人であれば、仲を進展させるきっかけにもなるでしょう。

ただ、恋愛映画の中には、略奪や不倫といった大人な恋愛をテーマにしたものもたくさんあります。

ダークな心情が多く出てくると、恋愛に対してマイナスなイメージもついてしまう恐れも。

映画デートに選ぶなら、できるだけ初恋や学生恋愛といったピュアな内容がおすすめです。


ジャンル4. 誰でも楽しめるファンタジー系

ファンタジー系は、魔法など現実とはかけ離れた世界観でストーリーが展開していくため、夢があって無難に楽しめるものが多いです。

ハズレの心配があまりないから、絶対に失敗したくない人におすすめします。

ただし、ファンタジー系はシリーズ化している作品が多いので、全く知らない作品なのにいきなりシリーズ最新作を選んでしまうと、話についていけません。

そのため、事前に相手がシリーズを知っているかどうかのリサーチが必要となります。


ジャンル5. 万人ウケしそうな話題の映画

話題作は、口コミが良いものも多いので、お互いが楽しみやすいでしょう。

また、CMなどで宣伝されていれば、

「CMで見たことあるよ!気になってたんだよね!」

と相手もノリノリで映画デートに応じてくれる可能性があります。

ただし、話題作は人が集まりやすいため、時間帯を問わず劇場が満席になりやすいです。

当日に行ってもチケットが取れない恐れがあるので、早めに事前予約をするなどの対応をしましょう。


映画デートでおすすめできない映画|避けるべきジャンルは?

たとえ面白くて評判が良い映画であっても、デートには不向きなジャンルがあります。

映画を見た後にお互いのテンションが下がってしまう恐れもあるため、事前にNGジャンルを理解しておくことが大切です。

そこでここからは、映画デートで避けるべきジャンルを紹介します。


NGジャンル1. ホラーやオカルト系

ホラーやオカルトの映画は、男性女性問わず苦手な人が多いです。

中には、

「彼女を怖がらせれば、自然と手を握ったら抱きしめたりできるかも!」

というラッキー展開のために、怖い映画を選ぼうとする人もいるかもしれません。

しかし、それで本当に相手が怖がってしまえば、最悪の映画デートになってしまう可能性があります。

どちらかでもホラー・オカルトが苦手なのであれば、デートには選ばないようにしましょう。


NGジャンル2. 号泣してしまいそうな感動系

デートということで、いつも以上にメイクに気を配っている女性は多いでしょう。

そんな中で、大号泣するほどの感動系映画を見てしまうと、涙でメイクが台無しになってしまいます

感動系を見たいなら、

「全世界が泣いた。」「大号泣が巻き起こる。」

など、強い感動をアピールする映画ではなく、心が温まるようなソフトな感動映画を探してみましょう。


NGジャンル3. シリアスな恋愛映画

恋愛映画と一口にいっても、爽やかな青春ものだけでなく、不倫を題材にしたような大人なストーリーもあります。

あまりにシリアスな内容だと、胸キュンするどころか胸がざわついてしまい、2人の間に微妙な空気が流れてしまう可能性もあるでしょう。

ラブストーリーを選ぶ場合は、初恋、青春など、ピュアな雰囲気の映画がおすすめなので、口コミで確認してみましょう。


NGジャンル4. 内容が難しいサスペンス映画

サスペンス映画は、内容が難しかったりシリアスだったりするため、ラブラブ感を楽しめません。

場合によっては、残虐なシーンが含まれていることもあり、怖い印象が強く残ってしまうでしょう。

どうしてもサスペンス要素が欲しい場合は、

「恋愛×サスペンス」

「ファンタジー×サスペンス」

など、別ジャンルと組み合わせていてサスペンス要素がソフトになっているものがおすすめです。


映画デートのプラン例|そのまま使える一日の流れをご紹介!

「映画の時間以外は何をしたらいいんだろう…。」

「どういう段取りを組んだら映画も食事も楽しめる?」

映画デートを成功させるためにも、どのようなプラン・流れでデートをしたらいいのか気になりますよね。

そこでここからは、映画デートでおすすめの流れをいくつか紹介します。

素敵なプランニングに役立ててください。


プラン1. ランチをして映画鑑賞

ランチであれば、美味しい食事とともに会話も楽しめます

映画前にある程度コミュニケーションを取っておくことで、よりリラックスして映画鑑賞ができるでしょう。

ランチに行く時間は、上映時間から逆算して計画を立てましょう。

例えば、13時上映の映画であれば、チケットの準備や飲み物の購入などを考慮し、1時間前の12時くらいには映画館に向かわなければなりません。

ゆっくり会話を楽しみながら食事をするのに1時間かかるとすれば、お店に到着するのは11時くらい。

さらに、注文してから料理が来るまでの待ち時間や、店内が混み合っている可能性などを考慮すると、10時半くらいにはお店に着いておくと安心です。


プラン2. 映画鑑賞をしてカフェでゆっくり

映画を見た後は、テンションが上がっていることが多いです。

「この感動を誰かと分かち合いたい!」

「ストーリーについて語り合いたい!」

そんな気持ちを持っている人が多いので、お喋りを楽しめるカフェに行くのがおすすめです。

ゆっくりコーヒーなどを飲みながら、映画の感想を言い合ってみましょう。

話すことでお互いの緊張もよりほぐれてくるはずです。

映画の話を終えた後も、お互いの趣味の話や休日の過ごし方など、別の会話に移っても話が盛り上がりやすいでしょう。


プラン3.ランチをして映画鑑賞からのカフェという王道パターン

上映中は会話ができないので、映画前にランチ、映画後にカフェというプランを組むと、会話時間をしっかりと確保できますよ。

まず、お昼前に待ち合わせをしてランチをし、食事をしながら映画について話します。

「映画楽しみだね。」

「この映画すごく話題らしいけど、知ってる?」

など、映画に触れた会話をすると、お互いに期待感を高められますよ。

そして、映画を見た後は、カフェでゆっくりしながら映画の感想について語り合います。

1日を通してたくさん会話ができるため、お互いデートに満足感を得られるでしょう。


プラン4. ディナーからレイトショーで映画鑑賞

デート時間を夜にすると、昼間とは違うロマンティックな雰囲気を楽しめます

大人なデートを楽しみたいなら、ランチではなくディナー、昼間の上映ではなくレイトショーがおすすめです。

また映画前にディナーに行くなら、お酒は飲まない方が良いでしょう。

美味しいディナーとともにお酒を飲みたい気持ちもあるかもしれませんが、お酒が入ってから映画館に行くと眠くなってしまう可能性が高いです。

せっかくの映画デートが台無しになってしまうので、食事と会話だけを楽しんでからレイトショーに向かいましょう。


プラン5. 映画鑑賞からショッピングをして、お酒を飲みながら夕食

映画デートにこだわるのではなく、ショッピングや食事など、いろんなプランを盛り込んでいると、充実感のあるデートを楽しめます

ただし、1日にいろんなことを楽しむなら、効率よく行動をすることが大切です。

例えば、映画館が併設されているショッピングモールであれば、移動時間をかけずにショッピングも食事もできます。

映画で2時間近く座りっぱなしになるので、映画後はショッピングをしてしっかり歩き、疲れたころに夕食に向かうという流れが良いでしょう。


映画デートを成功させて素敵な1日にしてみて。

映画デートは、無理に会話をしなくて良かったり、天気に左右されなかったりなど、数々のメリットがある定番デートです。

一方で、ジャンル選びが難しい、会話を楽しみにくいといった問題もあるため、デメリットをカバーしたデートプランを立てる必要があります。

今回は、映画デートのメリット・デメリットとともに、デートを成功させる秘訣やプラン例なども紹介しました。

映画デートを検討している方は、ぜひ本記事を参考に、映画デートを成功させましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事