絶対に口説ける2軒目の店。都内一流ホテルのバー


PCサムネ.jpg

こんにちは!「東大発の夜遊び職人」ジェラシーくるみです。

“真面目に夜遊び”をモットーに生きてきた私が

スマログにて「好きな女性とグッと距離が縮まる素敵な2軒目」というテーマで連載を執筆しています(この記事もその連載の1つです)。

Twitter(@graduate_RPG48)やInstagram(@jealousy_krm)では
主に恋愛・港区事情・合コン・パーティ・グルメ などの情報や分析を発信しているので、
そちらも覗いてみてくださいね。

具体的な店舗情報は
プレミアム会員にのみ公開となりますが、
とにかく書けるだけの魅力を
伝えていきたいと考えています。
※店名は仮に『bar A』とします。

本連載で私が2軒目のお店を紹介する理由は、
完璧な2軒目を知っていれば、
デートを制したも同然だと思うから。

私は、
「2軒目で恋は形になる」
と考えています。

ほの暗い中で二人が見つめ合うことも、
終電を逃すことも、
この人となら朝まで一緒にいていいかと
女性が覚悟を決めることも、
全ては2軒目で行われます。

よって、2軒目が本当に重要。

また、2軒目さえ完璧な場所を押さえておけば
1軒目はその付近でそこそこ美味しくてコスパのいい店を食べログで調べて行けばまずは問題ないので、デートプランが非常に組み立てやすくなります。

今回紹介するお店は、
私が厳選に厳選を重ねた口説ける2軒目です。

食べログなどの口コミサイトは
「美味しいかどうか/コスパがいいかどうか」で
お店を評価しがちですが、
私は「好きな女性を口説けるかどうか」
に特化して素敵なお店をご案内します。

さて、今回紹介するお店は
とある都内のホテルバーです。

絶対に口説ける2軒目の店_一流ホテルのバーの内装.jpg


ホテルバーは敷居が高い・・・と思っている方、実にもったいないです。

迷ったときこそ、
王道のホテルバーに頼るべきです!

普通のバーより少し高い分、上質な空間、十分すぎる席間、行き届いたサービス、そして美味しいお酒とデザートが保証されているからです。

では今回の2軒目がどれだけ口説けるかを、
まずは簡潔にお伝えしましょう。

口説けるポイントは以下の3つです。

1. 天井の開放感に圧倒されながら、二人の密な距離の対比が楽しい。
2. ジャズの生演奏に酔いしれながら、さりげない褒め言葉を。
3. 客層の“最低保証”のレベルが非常に高い。大切な話はここで。

1つずつ、詳しくご紹介していきますね。


口説けるポイント1. 圧倒的な天井の開放感と、二人の密な距離感の対比が楽しい。

絶対に口説ける2軒目の店_一流ホテルのバー内装.jpg


『bar A (仮名)』に初めて足を踏み入れたのは大学時代、
当時付き合っていた彼が誕生日に連れて行ってくれました。

エレベーターを降りると、そこは贅を極めたファビュラスな空間。

8m超の高すぎる天井、
上品に連なるシャンデリア、巨大な絵画、
各所に生けてある季節のお花・・・

二十歳そこそこの私には刺激が強く、
言葉を失いながらホテルの香りを深く吸い込んだのを覚えています。
(入り口から、このホテルオリジナルの森林のような香りが満ちていて、リラックスできるのです)

それもそのはず、
ロビーとバーが一体になった45階のフロアは、
景色も含めてフロア全体をアートとしてデザインしてているのだとか。

高く開放感ある天井に圧倒されながらホテルのロビー前を通ると、すぐ『bar A (仮名)』の入り口が。

カウンターよりも、大きな窓から東京の街を一望できる窓際のテーブル席をおすすめします。
もちろん東京タワーを臨むこともできます。

バーカウンターの正面には足元から
ライトアップされた水上ステージがあり、
グランドピアノが置いてあります。

ピアノが置いてあると演奏とかあるのかな・・・と期待してドキドキしちゃいますよね。

天井が高いだけでなく
席間もかなり広く
設けられているので、

広々とした空間にいながらもテーブルに
ついてしまえば相手の声しか聞こえず、
個室にいるかと錯覚してしまうくらい。

こんなにも開放的な空間なのに、
二人だけの世界を感じることができます。

きらめく夜景と誰もが息をのむラグジュアリーでロマンティックなこの空間。

二軒目に『bar A (仮名)』を選べば、女の子のテンションをぶち上げられること間違いなしです。

たとえ一軒目に冴えないお店をチョイスしてしまったとしても、「あー素敵なデートだった!」と思ってもらえるような場所なのです。


口説けるポイント2. ジャズの生演奏に酔いしれながら、さりげない褒め言葉を。

ポイント2.jpg

『bar A (仮名)』の魅力は、
やはりダイナミックなジャズの生演奏

ジャズというと「なんか難しそうだな・・・」と感じるかもしれませんが、実はジャズは誰でも楽しめるフリーな音楽ジャンルなのです。

音楽に詳しくない人でも
なんとなく心地よい気分に包まれるし、
各楽器のソロ回しでは目をみはるような迫力があります。

しかも、『bar A (仮名)』のステージでは
ジャズスタンダードという誰もが聴いたことのあるジャズの定番曲を中心に演奏されるので、

誰とでも「あ、これ聴いたことある」「私も!」と盛り上がることができますよ。

もちろんジャズや音楽に詳しい人は、うんちくにならない程度に 相手に説明してあげましょう。

また、「生演奏のステージ」というライブエンターテイメントのお陰で、たとえ会話に困っても
黙ってジャズの演奏を聴いたり、
音楽や趣味の話に話題を展開したりと、
気まずい空気になる心配がありません。

むしろ、
演奏がない休憩時間は会話を楽しみ、
演奏時間はジャズに身を委ねるというメリハリが生まれるので、二軒目のデートにはぴったりの空間なのです。


★口説きtips★

『bar A (仮名)』のようなザ・王道ラグジュアリーな場に
行くときに相手をさりげなく褒める、
とっておきの“二択会話法”があります。

もし、お相手がこのような洗練された場に慣れていそうな女性だったら

「さすが。こういう場所でもスマートに振る舞えるんだね。すごく自然に場の雰囲気に溶け込んでるし今日の格好も合ってるね!」と称賛の言葉を。

もし、お相手があまり慣れていなさそうな女性でどぎまぎしていたら、

「今日はゆっくり二人で話したくて『bar A (仮名)』にしてみたんだけど、どうかな。自分で選んでおきながらなんだけど、俺はこういうところに慣れ過ぎてる子って少し苦手なんだよね・・・○○ちゃんに喜んでもらえてよかった」と相手の素直さに対して同じ目線から肯定し、褒める言葉を。

ホテルのロビーに降り立った瞬間から
『bar A (仮名)』で注文し生演奏を聴くまでの
相手の反応・表情を見ていれば、
どちらのタイプかすぐ判断できるでしょう。

そしてどちらの言葉にせよ、
男性にこう言われて悪い気はしないのです。

一点注意しておきたいのは、決して自分は高飛車な態度にならないこと。

こんな場所に連れてこれる俺!というプライドも大事ですが、 相手への接し方はあくまで低姿勢or同じ目線で、寄り添ってあげましょう。

気張らずに素敵な場所にエスコートしてくれる大人の男性・・・という印象を持ってもらえると思います。


口説けるポイント3. 客層の“最低保証”のレベルが非常に高い。大切な話はここで。

ポイント3.jpg

『bar A (仮名)』にはミュージックチャージがかかります。

ふらっと入れてしまう街にあるようなバーとは違い、誰もがデイリーユースできるような場所ではありません。(だからこそ、本命の女性を連れて行ってほしい・・・!)

そういうところにわざわざ行く人は、
本当にちゃんとデートをキメたい人か、
『bar A (仮名)』のホテルに宿泊しているような、ミュージックチャージをものとも思わないトップ層の人たちだけです。

せっかくのデートなのに、
二人で訪れた場所に騒がしい団体客がいたり、
混み合って隣テーブルとの席間が狭かったりすると一気に萎えますよね。

ムードもへったくれもない。。
そんな運の悪いハプニングを避けられるのが『bar A (仮名)』なのです。

お客さんたちは品位のある人たちばかりで、
サービスはもちろん、客層の“最低保証”のレベルも非常に高いのです。

少なくとも、うるさい団体や下品なお客さんはいませんし、万が一そんなお客さんがいれば、
すかさずホテルのスタッフから注意が入ります。

外界のノイズによって二人のいい思い出を汚されることはないので、 告白を考えているような大事な日にももってこいですよ。

頑張ってください!


お店の名前は、プレミアム会員限定でどうぞ

いかがでしたか?
今夜は絶対失敗したくない!という大切な日には、ぜひ『bar A (仮名)』へ。

あまり混雑してもと思うので、『bar A (仮名)』の本当の名前はスマログプレミアムに入っている方限定でどうぞ。


この続きはプレミアムサービスに登録すると読むことができます

続きを読む

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事