男性がセフレだけに「すること」と「しないこと」とは?恋人との違いを解説!

男性がセフレだけにすることを知りたい女性へ。本記事では、男性がセフレだけにすることから、しないことまで大公開!セフレになりやすい女性の特徴も解説していきます!

そもそも「セフレ」とは?意味や定義はある?

「セフレ」の意味とは?

セフレとは『セックスフレンド』の略語であり、その名の通りセックスをする友達のこと

類義語としては「大人の関係」「体の関係」「都合の良い関係」などが挙げられ、これらもセフレと同じ意味です。

人により細かい定義は違いますが、継続的に肉体関係を持っているのに交際していない状態がセフレにあたります。

基本的にセフレはお互いに、もしくはどちらか一方に恋愛感情がないため、彼氏・彼女の関係になることはありません。


男性がセフレだけにする14のこと|都合がいい相手にする行動の特徴とは?

「セフレと本命の見分け方ってあるの?」

「デートの度にエッチを求められる…。これてもしかしてセフレ?」

体の関係を持っているものの、男性からハッキリ付き合おうと言われていないと、自分がどう思われているのか気になりますよね。

そこでここからは、男性がセフレだけにすることの特徴をご紹介。

これらの言動に当てはまる場合は、都合の良い相手だと思われている可能性が高いため、セフレを脱したい方は何か行動を起こしましょう。


すること1. 「今から会える?」と深夜に急に呼び出す

ぶっちゃけて言うと、男性にとってセフレとは、性的欲求を満たすだけの道具。

相手にどう思われるかなんて一切気にしておらず、ただただ自分の性欲を解消させることを一番に考えています

そんな心理から「エッチしたい」と思えば、

「これから家来れない?」
「今〇〇にいるんだけど、会いたくなっちゃったから来て!」

などと深夜であろうがお構いなく、いきなり相手を呼び出します。


すること2. 家族や友達には紹介しない

男性がセフレに求めるのはエッチだけ。

仲良くなりたいとは全く思っておらず、むしろ自分のプライベートに踏み込んできてほしくないと考えています。

そのため、セフレを家族や友達といった自分の大切な人に紹介することは一切ありません。

もし、セフレから「〇〇君の友達に会わせてほしい」と言われても、

  • 「また今度」
  • 「俺、友達いないんだよね」
  • 「そのうちね」

とはぐらかします。


すること3. 写真や動画に映ることを嫌がる

セフレがいる男性は別に本命の彼女がいることが多く、当然その彼女に浮気がバレたくないと考えています。

そんな中、自分が映った写真や動画をセフレが持っているのは非常に危険。

SNSにでもアップされ、万が一にもその写真を彼女が目にしてしまった場合は、一発で浮気していたことがバレてしまいます

その可能性を取り除くためにも、男性はセフレからカメラを向けられた時は嫌がって映ろうとしないことが多いです。


すること4. 「好きだよ」は言うけど「付き合おう」は絶対に言わない

男性にとって、セフレというのはそう簡単に作れるものではありません。

そのため、せっかくできたセフレが去ってしまわないようにと、相手を自分のもとに留め続けようとする男性がほとんど。

その手段として、男性は「好きだよ」と伝えることで相手に交際を期待させ、長くキープしておこうとするのです。

しかし、交際はしたくないので間違っても「付き合おう」とは言わず、女性から言われてもはぐらかします。


すること5. デートは家かホテルのみ

男性はセフレとはただエッチがしたいだけなので、わざわざエッチができない外で会う必要性を感じていません。

そのため、遊園地へ遊びに行ったり、ショッピングに出掛けたりなど、一般的な恋人同士がするようなデートをすることはほとんどなし。

すぐにエッチができるよう、デートはどちらかの自宅かラブホテルに限られます

もしも女性のほうから「出掛けよう」と提案しても、

「人混み苦手なんだよね」
「俺、インドア派だから」

などの理由を付けて断ってくるでしょう。


すること6. セックスなしで会うことはない

男性がセフレと会うのは、ただただセックスがしたいから。

他に理由はないので、会った時は必ずエッチを求め、何もしないで家でまったり過ごすだけなんてことはあり得ません

たとえ「生理中だから」「体調悪いから」と拒んでも、「大丈夫大丈夫」と強引に行為に持ち込むでしょう。

また、エッチできないことを事前に伝えた場合は、「じゃあ、また別の日にしよう」と会ってもらえないのも特徴です。


すること7. 自分本位な雑なエッチをする

セフレとの行為中、男性は自分が気持ち良くなることしか考えていません。

そのため、エッチの内容は雑で、

  • キスをしない
  • 前戯は短め、もしくは一切なし
  • 舐めさせるくせに、舐めてくれない
  • 十分に濡れていないのに挿れてくる

など、気遣いや愛情を感じられないことがほとんど。

愛する彼女であれば、自分よりも相手を気持ち良くさせようと努力するものですが、セフレ相手にはそのような気持ちは一切ありません。


すること8. コンドームはつけずに生でしてくる

セフレに対して男性は一切の責任感を抱いておらず、「何かあった時は最悪関係を切ればいいだけ」だと思っています。

そんな心理から、エッチの時も自分が気持ちよくなることだけを考えており、コンドームをつけることなく挿入しようとします。

その結果、万が一望まぬ妊娠をしてしまった場合も、平気な顔でおろすように言ってくるか、何も言わずに自分のもとから逃げていってしまうでしょう。


すること9. エッチが終わったらすぐ解散しようとする

男性はセフレとはエッチすることが全てであり、それが終われば「優しくする必要はない」と考えています。

そのため、一般的な彼氏・彼女のように、ベッドの中でピロートークに花を咲かせるなんてことは一切なし

目的を果たせたことでさっさとシャワーを浴びて、そのまま解散しようとします。

ホテル前で集合し、エッチを終えた瞬間に解散なんてことも珍しくありません。


すること10. 女性から「会いたい」と言われても無視する

セックスだけが目的の男性とは違い、女性は「寂しさを埋めてほしい」「話を聞いてほしい」など、セフレに恋人的な役割を求めることが多め。

それを男性もわかっているため、女性から「会いたい」と言われた時は「面倒」だと感じて、連絡を無視してしまいがちです。

そのくせ、自分がヤりたいと思った時はすぐに連絡してきて、連絡が遅れたり、無視していたりするとすぐに機嫌を損ないます。


すること11. セックスをしてない時は、だいたいスマホを触っている

男性がセフレと会うのはセックスがしたいからであって、それ以外の時間は無駄だと考えています。

そのため、セックス中は向き合ってもらえますが、その前後の時間は全くといって相手にしてもらえません。

女性から「構って~」と言っても、

「今、ゲームがいいところだから」
「ごめん、ちょっと今忙しい」

などと冷たくあしらい、雑談したり、スキンシップを取ったりすることはまずないでしょう。


すること12. 真面目な話はしないし、聞いてこない

基本的に男性は「セフレとは割り切った関係でいたい」と考えています。

その心理により、大人の関係である相手とは深く関わろうとせず、自分の悩みを相談することは滅多にありません。

また、話を聞くと「相談に乗らないといけなくて面倒くさい」という考えから、相手に質問することもないのがセフレに対する男性の特徴。

結果として、話の内容はどうでもいい話題ばかりになりがちです。


すること13. 急に誘うくせに、ドタキャンも多い

男性の場合、自分に好意を持っている女性をセフレにしていることが多く、「何をしても嫌われない」と考えている方が多いです。

その余裕から横柄な態度になりがちで、急に誘っておいて「やっぱ今日なし!」とドタキャンされるなんてことはザラ。

ドタキャンの理由も、

  • 他のセフレと会う約束ができたから
  • 友達と飲むことになったから

など、急ぎの用事がある訳ではなく、セフレに対してはとことん雑に扱います


すること14. 女の子の話をして嫉妬させてくる

「セフレをキープしておきたい」という考えから、女性に執着心を芽生えさせ、それを利用しようとしている男性も多くいます。

そういった男性は、

「この前知り合った女の子にコクられてさ~」
「今度女の子と〇〇行くんだけど~」

と聞いてもいないのに別の女性の話題をだし、とにかく嫉妬させようとしてきます。

それだけならまだしも、追ってくれる女性しか求めていないため、興味がない素振りを見せるとすぐに関係を切ろうとしてくるのも面倒なところ。


男性がセフレにはしない9つのこと|本命彼女だけに見せる行動の特徴とは?

「逆にセフレにはしないことってあるのかな?」

「どんな行動だったら本命って判断できる?」

男性がセフレだけにする言動がわかったところで、反対に本命にしかしないことも気になりますよね。

そこでここからは、男性がセフレにはしないことの特徴についてご紹介していきます。

彼の言動を振り返ることで、どう思われているのかをチェックしてみましょう。


しないこと1. 前もって会う約束をしてくれる

「迷惑を掛けたくない」という心理から、相手のことを大切に思っている場合は急に呼び出すようなことはしません。

相手の負担にならないように、前もってLINEや電話などで、

「良かったら〇〇日に会おうよ!」
「明後日って空いてる?」

というように、事前にアポイントを取ります。

また、心を許しているので自分の空いている日も伝え、とにかく気遣ってくれているということを感じられます。


しないこと2. 女性の都合に合わせて会おうとしてくれる

男性は好きな女性のことを一番に考えており、「彼女のためだったら何でもしてあげたい」と思っています。

そのため、会う時は女性の都合を最優先

本命から「〇〇日に会えないかな?」と言われれば、どんなに忙しくても時間を作って会いにいきます。

セフレに対してはとことん自分本位で、相手の都合などお構いなしなので、都合を合わせてくれるのは本命にしかしないことですね。


しないこと3. セックスなしの外デート

本命に対して男性は「エッチしたい」と思うのと同じくらいに、他のことを一緒にして楽しさや感動を共有したいと考えています。

そのため、時には、

  • 遊園地や動物園などのレジャー施設
  • ハイキングやキャンプなどのアウトドア
  • ショッピングモールでのお買い物

などのデートも進んで企画し、セックスすることなく一日を終えることも珍しくありません

これはセックス以外にも価値を感じているからこそできることで、セックスありきで繋がっているセフレには絶対にしない行動です。


しないこと4. 奢ってくれたり、プレゼントをくれる

男性は本命の女性に「喜んでもらいたい」と考えており、そのためならお金を使うこともためらいません

例えば、

  • 食事は全額奢る
  • 誕生日や記念日、クリスマスやホワイトデーには奮発してプレゼントを贈る

などをして、とにかく彼女を喜ばせようとします。

同時に男性からしてみればカッコつけられる場面でもあるので、チャンスとばかりに支払いをしようとします。


しないこと5. 悩みや相談をしたり、聞いてくれる

男性は好きな女性のことを「支えてあげたいし、支えてほしい」と思っています。

そのため、彼女が落ち込んでいるように見えた時は「どうしたの?」と、親身になって話に耳を傾けます。

反対に自分が何か悩んだ時は変に意地を張らず、彼女に相談することで「○○はどう思う?」と判断を仰ごうとするもの。

「これから先もずっと付き合う」と考えており、自分または彼女一人の問題じゃないと思っているからこそ、できる行動といえますよ。


しないこと6. 家族や友達に紹介してくれる

本命の女性とは将来を考えているからこそ、男性は「自分の大切な人とも仲良くしてほしい」と思うもの。

また、「自慢したい!」という気持ちも相まって、

「親に紹介したいから、近いうち俺の家に来ない?」
「良かったら俺の友達連れてきていい?」

と、男性は愛する彼女を自分の家族・友人に紹介したがります。

同時に「自分のことも紹介してほしい」と考え、彼女に「今度友達に会わせてよ」と頼むことも。


しないこと7. 会った時に次に会える日を聞いてくる

「他の男に取られたくない!」という心理から、男性は好きな女性の予定をいち早く抑えておきたいと考えています。

そのため、デートの別れ際などに、

「次、いつなら会えるかな?」
「〇〇日って空いてる?もし良かったら遊ばない?」

と必ず女性の予定を確認し、何としてでも次のデートの約束を取り付けようとします

セフレに対しては「自分が会いたい時に会える」と思い込んでいるので、わざわざ予定を確認することはありません。

関連の人気記事はこちら
タップすると移動します

しないこと8. 外で会った時に手を繋いでくれる

女性と同様、男性も好きな人とは「常に触れ合っていたい」と考えています。

そんな心理から、外を歩いている時に女性から手を繋ごうとされた場合は、少し照れはするものの嫌がらずに笑顔で応じます。

むしろ「周囲に見せつけたい」と自分から手を繋ごうとする男性も珍しくありません。

いずれにしても「周りに恋人と思われても構わない」と思っている証拠なので、手を繋いでくれたら本命だと考えていいでしょう。


しないこと9. 他の男と会っていたら嫉妬してくる

男性は愛する人を「自分だけのものにしたい」と思っているので、彼女が他の男性と親しくしていたら非常に嫌がります。

そのため、もしも彼女が他の男と会っていると知ればつい嫉妬してしまい、拗ねたり、機嫌を悪くすることも。

また、中々会えない時や連絡が取れない時はどうしても不安になって、

「今どこにいるの?」
「連絡ないけど何してるの?」

と探ってしまうことも。

セフレなら自分がヤりたい時にヤれれば十分なので、それ以外の時間は相手が何をしてようが気になりません。


セフレになりやすい女性の4つの特徴|男性から都合良く扱われやすい人って?

「気付いたらセフレになってた…」

「なりたくないのに、何でいつも都合の良い女になっちゃうんだろう…」

望んでいないのにもかかわらず、なぜか毎回男性と大人の関係になってしまっている女性も多いでしょう。

その場合、自分のどこに原因があるのか気になりますよね。

そこでここからは、セフレになりやすい女性の特徴について解説していきます。

当てはまってしまった場合はセフレ扱いを卒業するためにも、意識して改善していきましょう。


特徴1. 自分の意見をはっきり言えない

他人から怒られたり、嫌われたりするのが「怖くて仕方ない」と思っていませんか。

そんな考えから、

  • どんなに嫌なことでも「お願い!」と頼まれたら断れない
  • 本当はそう思ってないのに、自分の意見を言えないから他の人に賛成してしまう

などの経験をしたことがきっとあるはず。

このような女性は、男性から少し強引に迫られたら「嫌」だと言えず、流されるままに体の関係を持ってしまいがち

一度応じてしまえば、その後も同じことを求められるのは当然で、セフレとして扱われてしまうのも仕方ありません。


特徴2. 過度なスキンシップをされても受け入れてしまう

男性から「可愛い~」「綺麗だね!」なんて言われながら、身体に触れられることってありますよね。

その時に、

  • 触れ合っていると安心する
  • 求められている気がして嬉しい!

と感じてスキンシップを拒むどころか、ハグやキスまでも受け入れていませんか。

こういった女性はそんなつもりはなくても、男性には「簡単にヤれそうな軽い女」「性欲が強いビッチ」だと思われます

その時点でターゲットにされ、なし崩し的にエッチをしてしまう関係になって、気が付いた頃にはセフレに…。


特徴3. エッチを簡単に許して、体の関係になってしまう

女性であれば、誰しも一度は付き合っていない男性からエッチを求められたことがあるはず。

そんな時に、

  • 顔がタイプだから
  • しばらくエッチしてなくて欲求不満だったし

と、簡単に体を許してしまった女性もいるでしょう。

こういった女性はそもそも貞操観念が低く、エッチに対するハードルが他の女性よりも圧倒的に低いです。

自分ではそう思ってなくても、いざ男性に求められれば今後も簡単に応じてしまうタイプなので、セフレにされてしまうのも当然だといえます。


特徴4. セックスをしたらすぐに相手のことが好きになってしまう

しつこく求められたことで、仕方なくエッチの誘いに応じた経験がある女性も多いでしょう。

しかし、いざエッチしてみたら、その瞬間に相手のことが好きになってしまった女性もいるのではないでしょうか。

その場合、相手の男性が急に魅力的になった訳ではなく、簡単に身体を許した自分のプライドを守るために好きになった可能性が高いです。

このような女性は一回エッチすれば、相手がどんな男性であろうがすぐに好きになってしまう傾向にあります。

男性にしてみればこういった女性は扱いやすいので、関係をはっきりさせないまま、体の関係だけを続けようとします。


セフレとの関係を長続きさせる5つの方法|割り切って付き合っていくコツとは?

「セフレでもいいから、これから先も一緒に居たい!」

「関係を切られないようにするにはどうすればいいの?」

セフレを辞めたいと考える女性が居る一方で、セフレと今の関係を長く続けたいと考えている方もいるでしょう。

そんな女性のために、ここからはセフレとの関係を長続きさせる方法についてご紹介していきます。


付き合い方1. 恋愛感情は一切持たないようにする

男性は恋愛の面倒な部分を省いて、気軽にエッチができるからこそセフレとの関係を続けています。

女性のほうから恋愛感情を持ち出されるとメリットがなくなってしまうため、その瞬間に男性は関係を終わらせようと考えます。

そのため、セフレとの関係を続けたいのであれば、最初からセフレという関係であることを割り切り、恋愛感情を持たないようにするのが重要。

相手のことは「欲求不満を解消してくれるただの道具」だと考え、恋人候補は別の場所で探しましょう。


付き合い方2. セックス以上のことを相手に求めない

男性がセフレに求めているのはエッチだけ。

それ以外のことは一切求めておらず、同時に相手から何か求められることも非常に嫌います。

そのため、

  • 連絡を催促する
  • 悩みを聞いてもらう
  • ご飯に誘う
  • 遊園地や水族館など、セックスなしのデートを提案する

などの行動はしないようにしましょう。

そもそもセフレはセックスすることだけを目的とした関係です。

そのことを忘れないようにし、彼女面はしないように気を付けましょう


付き合い方3. 束縛や干渉、詮索をしないようにする

男性はセフレとは割り切った関係でいたいと思っており、深い関わりは全く求めていません。

「プライベートには一切踏み込まれたくない」と考えていますので、

  • 連絡が遅れたことに対して怒る
  • 他にセフレや恋人がいるかを尋ねる
  • 職場や学校などの個人情報を聞き出す
  • 「週に一回は会う」などのルールを作る

といった行動は厳禁。

関係を長続きさせたいなら、余計なことは一切考えず、相手とのベッドタイムだけに集中しましょう


付き合い方4. 自分から「会いたい」と連絡せずに、相手に委ねる

セフレに対して男性は「自分がヤリたい時に会えればそれでいい」と思っています。

そのため、気分が乗らない時に女性から連絡が来ても無視し、それどころか「面倒」だと感じて関係を断とうとすることも。

男性は対セフレにおいてはとにかく自分本位で、ペースを乱されることをとことん嫌うため、こちらから連絡するのは避けたほうが懸命です。

会う日時は相手に委ねて、それにしっかり応えていれば、男性は「扱いやすい」と感じて手放さないので、長続きさせられますよ。


付き合い方5. 相手に尽くすエッチをする

セフレはセックスありきの関係ですので、セックスの評価で全てが決まります。

「良いな」と思われれば男性も手放したがりませんし、「微妙だな」と感じられればその時点で関係が終了して会ってもらえません。

セフレと長続きさせるには、どれだけセックスで男性を満足させられるかが鍵なので、

  • 自分から率先して責める
  • 相手が好きそうなコスプレをしてみる
  • 恥ずかしがらずにエロい声を上げる

など、相手に尽くすエッチをすることで彼を喜ばせましょう。

アダルト動画や漫画などで勉強して、男性が喜ぶプレイを実践してみるのもアリですよ。


セフレと別れる3つの方法|体の関係を綺麗に精算するコツとは?

「都合の良い女を卒業したい!」

「彼と付き合うのは諦めることにしたから、もうセフレもやめたい」

セフレをやめると決心したはいいものの、相手に引き留めれたり、好意があったりして中々別れられないでいる女性も多いのではないでしょうか。

ここからはそんな女性に向けて、セフレと上手に別れる方法についてご紹介していきます。


方法1. 「会いたい」と連絡が来ても無視する

会ってしまうと、相手に丸め込まれて自然とセックスする流れになり、いつまでたっても都合の良い関係から抜け出せません。

そのため、「セフレと別れる」と決意したなら相手の連絡は全て無視し、会わないようにしましょう。

中にはそれを失礼と感じる方もいるかもしれませんが、そもそもセフレは付き合っていないため、わざわざ別れを告げる必要はありません

相手も飽きれば簡単にこちらを切り捨てるつもりでいますので、気を遣うことなく自然消滅に持ち込みましょう。


方法2. 「彼氏ができたから会えない」と突き放す

職場や学校が同じだったり、共通の知り合いがいたりなどで、いきなり縁を切るのは難しいという方もいるでしょう。

その場合は、嘘でもいいので「彼氏ができたからもう会うのはやめる」とはっきり伝えるのがおすすめ。

セックスできないとわかると、男性はいとも簡単にセフレのことを諦めるため、面倒なことにならずに関係を終わらせられます。

万が一その時に縋ってきても、ただ簡単にヤれる女性を失うのが惜しいだけなので、心を鬼にして接してください。


方法3. LINEやSNSなど、全ての連絡手段をブロックする

無視しようと思っても、いざ相手から連絡が来たら気持ちが揺らいでしまうという女性もいるはず。

そんな女性は、

  • LINEはブロックした上で、ブロックリストからも削除
  • 電話は着信拒否
  • TwitterやInstagramなどのSNSもブロック

などをすることで、物理的に相手の連絡を遮断するのが一番

また、寂しくなった時に自分から連絡してしまわないようにするためにも、併せて連絡先も消去しておきましょう。


男性がセフレだけにする行動を知って、早めに関係を断ち切ろう。

男性はセフレと本命を完全にわけており、それぞれに取る行動も大きく異なります。

その行動によって自分がどう思われているか見分けられるので、ご紹介した特徴を参考にチェックしてみましょう。

その結果、セフレとして扱われていることがわかった女性は、今後どうなりたいかをしっかりと考えた上で行動に移してくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事