セフレとの連絡頻度や内容は?毎日LINEや電話がセフレから来る男性心理も解説!

セフレとの連絡について知りたい方へ。本記事では、セフレとの連絡頻度から、連絡を取る理由まで大公開!連絡を経ちたい時の対処法も解説していきます!

セフレとの連絡頻度ってどのくらい?男女の意見を紹介!

セフレとの連絡頻度や内容

「セフレとはどれくらいのペースで連絡を取るべきなの?」

「セフレがいる他の人達はどうしているのか知りたい!」

特にセフレができて間もない方は、相手とどの程度連絡を取ればいいのかわかりませんよね。

そこでここからは、セフレが居る男女に聞いた相手との連絡頻度についてご紹介。

こちらを参考に、自分と近い考えの人の頻度を真似るといいでしょう。


連絡頻度1. 毎日する

「趣味が合って楽しいから、毎日だらだらやりとりしてる」

「付き合っていた時に毎日連絡してたから、セフレになってもそのまま」

セフレと毎日連絡している人はセックスだけではなく、コミュニケーションも楽しんでいる様子。

また、お互いの予定がわかることで「会う日の調整がしやすいから」という意見も。


連絡頻度2. 週1〜2回くらい

「会う時にしか連絡しないから、週1くらいかな」

「セフレとの連絡は用件だけ」

こちらはセフレをただセックスするだけの相手と割り切っている方に多い意見。

連絡は会う日時や場所を決めるためだけにしているそうで、大体週1~2回のペースになるようです。

それに伴い、内容も事務的なものが多いのでしょう。


連絡頻度3. 1ヶ月に1回くらい

「セフレと会うのは月1だから、連絡も月1ペース」

「お互いにセックスだけできればいいから、連絡を取るのは予定を合わせる時だけ」

こちらも会う時にしか連絡を取り合わないという男女の意見。

お互いに仕事や趣味で忙しく、月に一回くらいしか会わないため、自然と連絡のペースも月1程度になるそうです。


連絡頻度4. 半年に1回くらい

「会っている時に次の予定を決めるので、基本的に連絡はしません。するのは予定がずれる時くらいかな?」

「遠距離で半年に一回くらいしか会えないから、連絡もほとんどしない」

複数のセフレがいたり、遠距離だったりで滅多に相手と会わない方は、それに伴い連絡も半年に一回程度になるそう。

お互いに「特に話すこともないし、会ってエッチできればそれだけでいい」と淡泊に考えているのでしょう。


連絡頻度5. 相手から来た時だけ返信する

「連絡は相手から来たら返信するくらいかな」

「本当は連絡したくないんですけど、キープするために仕方なく来た連絡には返してます」

自分からはしないけれど、来た連絡には返すという方も多く見られました。

こちらは特に男性に多い意見で、相手の女性が自分のもとを去らないよう「仕方なく付き合ってあげている」というスタンスのようです。


連絡頻度6. エッチしたくなった時だけ連絡する

「連絡?ヤりたくなった時にしかしないよ」

「ムラっとした時に相手を呼び出すくらい」

こちらも男性に多かった意見。連絡は気分が乗った時くらいで、それ以外は一切しないとのことです。

セフレに対しては本当にセックスだけを求めており、それ以外には労力を掛けたくないと考えているのかもしれませんね。


連絡頻度7. 不定期

「ふと思い出した時にするくらいだから不定期かな?」

「毎日のようにする時もあれば、数か月連絡しないこともありますね」

連絡の頻度は不定期で特に決まっていないという男女も。このくらいのほうが縛られず、お互いに自由でいられるのだそう。

セフレという関係においては気を遣わずに済みますので、ある意味理想的な頻度なのかもしれませんね。


【女性必見】セフレから毎日くるのは男性はうざいと思ってる?

セフレとの連絡頻度や内容

男性は「ただやりたいだけだからセフレとはあまり連絡したくない」と考えている方が多いです。

もちろん本命からの連絡なら喜びますが、セフレの女性から毎日連絡されるのは、約6割の男性が「うざい」と感じています

そのため、女性の方はセフレの男性に毎日連絡するのは避けたほうがいいでしょう。


セフレと連絡をする理由って?LINEの内容の意味は?

「セフレが連絡してくるのって、もしかして脈ありだから?」

「セフレから頻繁に連絡がくるんだけど何でだろう?」

恋人ならいざ知れず、セフレからいきなり連絡が来るとその理由が気になりますよね。

何か目的でもあるのでしょうか。

そこでここからは、セフレの相手と連絡をする理由について解説していきます。


理由1. 会うための日程調整をしたいから

前もって会う時間を決めておかなければ、集合することができずセックスも楽しめません。

そのため、同じ学校や職場などで毎日顔を合わせる場合を除き、

  • 「〇〇日会える?」
  • 「明日の17時に駅前で」

と、普通は事前に連絡することで日程調整を行います。

こういった連絡をするのはただ確実にエッチをしたいからで、他に深い理由はありませんので考えすぎないようにしましょう。


理由2. 関係性を繋ぎ止めたいから

特に男性の場合、セフレはそう簡単に作れるものではありません。

そのため、せっかくできたセフレが自分のもとから去ってしまわないよう、

  • この前〇〇が言ってた映画見たよ!面白かった!
  • 〇〇って本当可愛いな!早く会いたいわ~

などと連絡することで、関係性を繋ぎ止めようとしている人も少なくありません

一見脈ありなように思えますが、都合の良い関係性の相手を手放したくないだけなので、勘違いしないよう注意が必要です。


理由3. 寂しい時の話し相手になってほしいから

セフレとの連絡頻度や内容

こちらは特に女性に多いのですが、寂しさを埋めるためにセフレを利用することも少なくありません。

セフレであれば、遠慮することなく相手を自分に付き合わせられますので、

  • 「構って~」
  • 「暇だからちょっと話して~」

と、寂しいと思えば時間を気にせず連絡してきます。

セフレは相手にとって都合の良い存在であるため、身体の関係だけに留まらず、あらゆる場面で自分が都合いいように扱ってきます。


理由4. エッチなトークがしたいから

「本命に言ったら引かれてしまうかも」と不安になるどぎつい下ネタもセフレ相手なら安心。

最悪切ればいいだけなので、男性はムラムラした時に、

  • 「今どんな下着履いてるの?」
  • 「裸の写真送って!」

などの内容を送ることで、性欲を発散させようとします

男性にとってセフレは自分の性欲を満たす道具でしかありませんので、相手の気持ちを考えずに変態めいたことも平気で口にしますよ。


理由5. 恥ずかしい悩みを相談できるから

恥ずかしさや気まずさから、性に関する悩みは本命にはどうしても話しづらいもの。

その点、セフレ相手なら「どう思われようが構わない」という心理なので、

  • 「ここのところ、勃ちにくくてさ~」
  • 「最近、すぐ濡れるようになっちゃった」
  • 「常にムラムラしてて困ってる」

といった悩みも平気で相談できます。

「相手に良く思われたい」と思っていないからこそできる連絡ですね。


理由6. 類似恋愛を楽しめるから

セフレとの連絡頻度や内容

「彼氏・彼女はいらないけど、たまには異性と恋人のようにイチャイチャしたい」と考える男女は少なくありません。

そんな時にセフレはちょうどいい相手なので、

  • 「会いたい」
  • 「〇〇とエッチしたい」
  • 「好きだよ」

などと思わせぶりなことを言って、恋愛気分を味わおうとします。

言われたほうは「脈あり?」と感じてしまいがちですが、相手は単に疑似恋愛を楽しんでいるだけなので、勘違いしないように注意が必要です。


理由7. プレイの提案をしたいから

本命とは中々できない過激なプレイも、セフレ相手なら遠慮なく行えます

そのプレイを実現するのに道具や下準備が必要な場合は、前もって用意しておかなければ存分にエッチを楽しめません。

そのため、LINEや電話などで「今度〇〇しようよ!」と提案することで、必要な物を準備しようとしていることも。

全ては性的欲求を叶えるためということですね。


セフレに連絡する時の注意点|相手からうざいと思われないようにするには?

セフレとの関係を続けたい場合、いくつか注意点を押さえた上で連絡することが重要です。

そこでここからは、セフレにLINEや電話で連絡する時に気をつけることについて紹介していきます。

相手にうざいと思われて関係を切られてしまわないよう、これらの注意点はしっかりと頭に入れておきましょう。


注意点1. 連絡を毎日自分からしない

「常に繋がっていたい」という心理から、相手に好意を持っている方はつい積極的に連絡していまいがち。

それでは相手に「自分は追われているんだ」と余裕を与えてしまい、今以上に都合良く扱われてしまいかねません。

そのため、どれだけ連絡したいと思っても、自分から毎日連絡するのは避け、相手から連絡してくるのを待つようにしましょう。


注意点2. 誘いの連絡に喜びすぎない

セフレとの連絡頻度や内容

呼び出しに対して大喜びで答えていると、相手に「この人は自分の言うことを簡単に聞いてくれる」と思われてしまいます。

その時点で対等な関係ではなくなり雑に扱われてしまいますので、たとえ嬉しかったとしてもその気持ちを表に出すのはグッと我慢。

誘いの連絡を受けた時は、相手と同じテンションで返すようにしましょう。


注意点3. 急な誘いを毎回OKしない

セフレから突然「今から会える?」と誘われることもあるでしょう。

その時に毎回OKしていては、相手に「呼んだらいつでも来る都合の良い存在」だと思われてしまいます。

関係性が対等でなければセフレは長続きしませんので、相手からの誘いはたまには断るようにしましょう。

とはいえ、断り過ぎても切られてしまうため、2回に1回または3回に1回程度の割合で断るのがおすすめです。


注意点4. 相手に干渉しない

将来のことを考えたり、相手を気遣かったりなどの面倒事を避け、簡単にエッチできるのがセフレのいいところ。

プライベートに踏み込んでしまうと、その時点でメリットがなくなり、相手はセフレでいる意味がなくなってしまいます

そのため、

「なんていう会社で働いてるの?」

「最近連絡くれないけど、なんかあった?」

など、相手に干渉するような内容を送るのは絶対NG。割り切った関係であることを自覚し、恋人面しないように気をつけましょう。


注意点5. 本命ではないことを心得る

セフレと恋人は全くの別物

恋人相手なら「好かれたい」という心理から優しく接しますが、セフレに対しては好意がないのでどうしても扱いも適当になります。

それはセフレである以上は仕方がないことなので、関係を続けたいなら多少雑に扱われたとしても我慢しなければなりません。

そのため、いくら相手が冷たかったり、素っ気なかったりしても、

「何でそんな冷たいの?」

「何様のつもり?」

などと、相手に詰め寄るのは避けましょう。

「自分は所詮セフレなんだ」と自覚し、自分も相手のことは丁寧に扱いすぎないようにすることが大切ですよ。


注意点6. エッチ以外のことを求めない

セフレとの連絡頻度や内容

相手があなたに求めているのはエッチだけで、それ以外は求めていないし、求められたくもありません。

そのため、

  • 「〇〇に遊びに連れてって」
  • 「家まで送って」
  • 「今度一緒に〇〇食べに行こうよ」

など、エッチ以外のことを相手に求めるのはNG。

セフレはセックスすることだけを目的にした関係ですので、それを履き違えないようにしてください。


注意点7. 悩み事は話さない

弱みを見せられたり、反対に見せたりすると、人は一気に親近感を覚えて相手に好意を抱くもの。

セフレはどちらかが好意を持つとその時点で成立しなくなってしまうため、長続きさせたいなら悩み事は話さないほうが無難です。

特に弱っている時や落ち込んでいる時は心が揺れ動きやすいので、その時はセフレに連絡するのは控えましょう。


セフレとの連絡を断ちたい時の対処法|都合の良い関係を辞めるために必要なことは?

「もう都合の良い関係はいやだ!」

「セフレは卒業してまっとうな恋愛をしたい」

ふとしたタイミングで虚しくなり、大人の関係を辞めたいと思うこともありますよね。

しかし、相手に対する情や好意から思い切りがつかないことも多く、その場合は結局ズルズルと関係を続けてしまいます。

そんな事態を避け、しっかりとけじめをつけられるよう、ここからはセフレとの関係を綺麗さっぱり断つ方法についてご紹介していきます。


対処法1. 連絡手段を全てブロックする

押しに弱い方やセフレに情を抱いている方は、相手から連絡が来るとどうしても無視できずに応じてしまいがち。

それではいつまで経ってもセフレから抜け出せないため、

  • LINEはブロック
  • 電話は着信拒否
  • TwitterやInstagramで繋がっている場合はそちらもブロック

などをすることで、完全に連絡手段を断ちましょう。

そうすれば相手から一切連絡がこないので、気持ちがぶれることもありません

また、寂しい時にこちらから連絡しないよう、自分のスマホから連絡先を削除しておきましょう。


対処法2. 「恋人ができた」と噓をつく

セフレとの連絡頻度や内容

相手もセフレとの関係が永遠に続くとは思っていないため、もっともな理由があれば「そっか。なら仕方ないね」と理解してくれるはずです。

そのため、

  • 「好きな人ができた」
  • 「恋人ができたからもう会うのはやめる」

と嘘でも構いませんので、関係を終わらせないといけない理由を伝えるのがおすすめ。

どちらが悪いという訳でもありませんので相手も受け入れるしかなく、穏便に関係を断つことができるでしょう。


対処法3. 「もう終わりにしたい」と直接言う

同じ学校や職場などで今後も交流しなければならない場合は、はっきりと関係を終わらせたいことを言うのが後腐れなくてベスト。

セフレはお互いに大人の関係を承諾していなければ成立しませんので、こちらから真剣に切り出せば相手も受け入れざるを得ません

しかし、LINEなどでは冗談で言っていると捉えかねないため、伝える時は直接口頭で伝えるようにしましょう

そうすることで本気度が伝わり、相手も「わかった…」と渋々ながらも応じてくれるはずです。


対処法4. フェードアウトを狙う

自分から関係を終わらせることを言い出しにくい方もいるでしょう。

その場合は、相手のほうから去っていくのを待つのが一番。

自分に興味がなくなったとわかれば、相手もあなたのことは諦めざるを得ないため、

  • 連絡頻度を落とす
  • 「うん」「そっか」など返事をそっけなくする

などをすることで、フェードアウトを狙いましょう。

次第に連絡がこなくなって、気が付いた頃には自然消滅しているでしょう。


対処法5. 新しいセフレを探す

付き合っていない以上、本来セフレと関係を断つのは非常に簡単です。

それができないのは、心のどこかで「関係を終わらせたくない」と思っているからで、そう考えてしまうのは相手に依存してしまっているせい。

そのままでは一向に関係を断つことはできませんので、今の相手と別れたいなら新しい依存先を見つけて乗り換えるしかありません。

他の人に気持ちが向けば、今の相手に対する依存度が下がるため、別れを切り出しやすくなるでしょう。


対処法6. 幸せ報告をする

関係を断ちたいと思っている方のほとんどは、自分が相手を追う立場になっているはず。

だからこそ相手は余裕を持っており、あなたのことを「自分の言うことを聞く都合の良い存在」だと考えているのです。

そんな状態を脱したいのなら、こちらから追わないようにし、その上でプライベートや仕事で日々が充実しているアピールをしましょう。

そうすることで相手は「もう自分は必要とされていない」と感じ、あなたから手を引くでしょう。


対処法7. 忙しくて会えないことを伝える

会うことができなければ当然セックスもできないため、相手はあなたにこだわる理由がなくなります

そのため、

  • 「今繁忙期でめちゃくちゃ忙しいからしばらく会えない」
  • 「家のことでバタバタしてて当分時間を作れそうにない」

などの理由を添えて、物理的に会えないことを伝えましょう。

エッチができないとわかった相手は「じゃあ連絡する意味ないな」と考えますので、自然と連絡がこなくなって関係も切れますよ。


セフレとの連絡は距離感が大切。一度、冷静になって考えてみよう。

セフレと長続きさせるコツはお互いが対等な関係性であること。

パワーバランスが崩れたら、その時点で関係に亀裂が入ってしまうので、適度な距離感を意識しながら接するようにしましょう。

自分から毎日連絡したり、誘いを全てOKしたりしているようでは長続きしないため、そういった連絡はしないように気を付けてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事