セフレを好きになったのが辛い!男が本命彼女にしたいと思う瞬間を解説!

セフレを好きになったのが辛い女性へ。本記事では、男がセフレを本命彼女にしたいと思う瞬間から、セフレ関係を抜け出す方法まで大公開!セフレを好きになったのが辛い時の対処法も解説していきます!

「セフレを好きになったのが辛い。」男がセフレを好きになることはある?

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

セフレとはセックスをするだけの大人の関係のことを言います。

男性にとってセフレは、彼女じゃなくてもセックスすることが許される女性なので、わざわざ彼女にしようとは思わないでしょう。

恋人になれる可能性も多くて10%ほど。多くの方が辛い思いをすることになってしまいます。


男性がセフレを本命彼女にしたいと思う瞬間とは?どんなタイミングで付き合いたいと思う?

「セフレと付き合える女性ってどんな人?」

「男の人は何を基準に彼女とセフレを分けているの?」

セフレから本命に昇格できた数少ない女性は、どんな魅力があったのか気になりますよね。

ここからは、男性がセフレを本命彼女にしたいと思った瞬間を紹介していきます。

男性のトキメキポイントを押さえて、セフレ関係から脱却しましょう。


瞬間1. 今の彼女より顔がタイプだと感じた時

男性は、ルックスを重視して彼女にするかどうか決める傾向が強いです。

つまり、今の彼女よりもセフレの方が可愛ければ、彼女にしたいと思うので、乗り換えることは全然あります。

  • ダイエットして見た目が変わったら、タイプの容姿になった
  • メイクや髪型を自分好みに変えてくれて、可愛くなった

など、自分の好みの女性になるとセフレから本命彼女にしたいと思いますよ。


瞬間2. 体の相性が良すぎて独り占めしたくなった時

基本的にセフレには、自分がエッチをしたい時に会ってくれる女性を選ぶので、体の相性よりも、フットワークの軽い子の方が好きです。

しかし、体の相性が良すぎると「他の男にエッチさせたくない」と独占欲が強くなります。

  • 感度が良く、エッチをしていて盛り上がる
  • 自分のエッチでたくさんイってくれる
  • 性癖を受け入れてくれて、自分の好きなプレイができる

など、セックスそのものに満たされると手放したくない気持ちが強くなって、本命にしたいと思いますよ。


瞬間3. 一緒にいることが当たり前になっていると感じた時

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

セフレとは、エッチができればいいのでそれ以外のことは求めません。むしろ、エッチが終わったらすぐに解散したいので、一緒にいることなんて考えられません。

ですが、セフレ関係が続きお互いが慣れていくと、少しづつエッチをしてない時間も増えることもあります。

エッチをしてない時もどこか居心地が良いと感じた時に、「彼女になったらどうなんだろう」と思い始め、セフレから恋愛対象へと変化していくこともありますよ。


瞬間4. 相手のことが好きな自分に気がついた時

女性は体の関係を持った男性に好意を抱きやすいと言いますが、男性も同じようなことが起きます。

1回だけエッチして終わりのワンナイトの関係では思いませんが、長期的な関係になるセフレには段々と情が湧くことも。

そして、会いたいのはエッチして性欲を満たすだけではなく、好きだから会いたいことに気づきます

セフレに好意を持っていることを自覚した時に、「彼女にしてもいいかな」と思い始めるでしょう。


瞬間5. セックス以外の相手の魅力を知った時

セフレは長期に渡ってエッチする関係になるので、セフレ期間が長くなればプライベートのことも少しは知る間柄になります。

「あれ、この子こんな考え方してるんだ」

「意外と料理できるんだな」

などとギャップを感じると、一人の女性として意識し始めます

  • 将来やりたいや夢について真剣に話した
  • 彼の家に行った時に、冷蔵庫のあまり物で簡単なご飯を作った

セックス以外の魅力を感じると、彼女にしたいと思いますよ。


セフレを好きになったのが辛い!男を振り向かせる方法はある?

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

「セフレを振り向かせるには具体的に何をすればいいの?」

「セフレを振り向かせる効果的な方法はある?」

一度好きだと認めてしまうと簡単に諦めきれませんよね。

セフレから恋人になるのは非常に難しいですが、方法はいくつかあります。

ここからは、セフレを振り向かせる方法を詳しく紹介していきます。


方法1. 徐々に会う回数を減らしていく

セフレは男性にとって、自分がエッチしたい時にエッチしてくれる都合の良い相手。

「いつでも呼んだらセックスできる」と思われていると、相手が自由にコントロールできる状態なので、魅力を感じません。

都合の良い相手を辞めるには、相手のペースで会わないこと

「今から会える?」と来ても毎回誘いには乗らず、5回に1回程度だけOKするようにしましょう。

男性は自分がコントロールできない状態になると、「自分のものにしたい」という心理が働くので、セフレを振り向かせることができますよ。


方法2. エッチの最中の「好き」は絶対に言わない

エッチをしていると気持ちが昂って「好き」と言ってしまいたくなりますが、気持ちを伝えてしまうと、男性は余裕を感じるので都合良くセフレとして扱おうとします

「好き」と伝えたくなってもグッと抑えて冷静さを保つことが大切です。

例えば、

  • 「好き」の言葉の代わりにギュッと抱き着く
  • 「好き」ではなく、「○○君とのエッチはすごく気持ちいい」などの言葉に置き換える

などの方法を試してみましょう。

また、セフレに対して「好き」と伝えてしまうと、相手にその気がない場合「重い」と思われてしまい、本命候補から外れるので、どちらにせよ「好き」とは言わない方がいいですね。


方法3. 「私のこと好き?」など重い発言をしない

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

セフレとはそもそも体だけの割り切った大人の関係だから、相手からの好意が面倒だと感じれば「もう会いたくないな」と思います。

男性は、変に詮索されるよりもあっさりされた方が相手のことを振り向かせたくなる生き物なので、こちらも完全に割り切った関係のスタイルでいきましょう。

  • 自分が好きで辛くても、そのことを悟られないようにする
  • セフレの恋愛事情を聞かないようにする

セフレの関係は続けるけど、好意は一切見せないようにすると、男性から追いかけてくれるようになるので、本命彼女として意識してくれますよ。


方法4. 本命になりたいと思った後はHの誘いを断る

エッチをする関係を脱却しない限り、セフレというレッテルは貼られたまま

その状態で付き合いたいと思っていても、相手にとってはエッチができればいいので、わざわざ彼女にしようとは思いません。

本気で彼女になりたいと思ったら、その時点で彼のエッチの誘いは全て断り、セフレ関係を終わらせましょう。

相手にとってあなたが大切な存在であったなら、普通のデートの誘いが来ます

しかし、男性が遊び目的だと割り切っている人なら連絡は来ることはないので、その際はキッパリ諦めることも大切かもしれません。


方法5. 連絡をそっけなく返すようにする

自分のセックスに自信のある男性は、体の関係を持つことで女性は自分に夢中になると思っています。

しかしそっけない態度をされてしまうと「なんでだ?」と必死に振り向かせようとするのです。

例えば、エッチした後は絶対に自分から連絡をしないで、彼から「また会おう〜」と来てもスタンプだけで返したりしましょう

追ってこない女性がいると自分のものになってないことへの不安が募るので、手に入れるために追いかけたくなります。

会ってない時の駆け引きでも、セフレから本命彼女になれますよ。


方法6. SNSなどでプライベートを楽しんでいる姿を見せつける

独占欲の強い男性は、セフレが自分以外とのコミュニティーで楽しんでいる姿を見ると嫉妬してしまいます。

リアルが充実している姿を見せると、このセフレ関係もいつまで続くか分からないと感じさせることができるのです。

例えば、男女での飲み会やBBQ、旅行の様子をSNSに投稿してみましょう。

セフレは「この中に本命でもいるのか」と思い、女性のことが気になり始めます。

自分にしか興味がなさそうな女性より、放っておいたらどこかに消えてしまいそうな女性の方が魅力的に感じてしまうのですよ。


方法7. セフレの好きな髪型にさりげなく変えてみる

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

男性にとって女性の髪は女性らしさの象徴であり特別なものです。

ショートヘアやロングヘアなどそれぞれ好みの髪型があり、その髪型の人に出会うと胸が高鳴ります。

セフレが好きな髪型を事前に把握しておき、さりげなく好みに寄せてみましょう。

  • ショート好きなら思い切って髪を切ってみる
  • アップスタイルが好みならポニーテールにする

このように髪型を男性の好みに合わせるだけで「あれ、こんなに可愛かったっけ」と思わせることができます。

髪を切る勇気がない人はアレンジだけで挑戦するのもアリですよ。


方法8. セフレと一夜を過ごさずに終電で帰宅する

男性は、セフレにしている女性のことを「自分が好きにコントロールできる相手」と思っているので、誘っても最終的にはエッチができると思っています。

そこでエッチしないで解散となれば男性の興奮した心は満たされず「次こそは絶対にこの子を自分のものにしたい」と思うようになるのです。

例えば、

  • 飲みに行ってもホテルや家には行かないで自分の家に帰る
  • セフレの家に行っても、夜遅くなったら帰る

など、相手の思い通りにさせないような行動をしましょう。

悔しい気持ちを芽生えさせれば、彼はあなたに夢中になりますよ。


方法9. 友人の男性をストーリーなどに登場させる

男性は独占欲の強い生き物なので、セフレの本命に昇格したいなら他の男性の影をチラつかせるのが効果的。

いつも自分に夢中だったセフレのSNSに突然知らない男性が登場したら、「誰だよ」と男性の独占欲を刺激できます。

友人にかっこいい男性がいればその人をストーリーなどに登場させましょう。

できるだけ近い距離感で仲が良さそうに撮影することが大切です。

セフレから関係を聞かれても「仲の良い友達だよ!」とさらっと答えるだけで、相手は変に勘ぐり始めて、あなたのことを振り向かせようとしてきますよ。


方法10. 告白されて悩んでいることにしておく

告白されたということは、自分たちのセフレ関係に終わりが来るかもしれないと焦り何かしらの行動に移るでしょう。

セフレには「相手はとてもいい人だから断る理由がないんだよね」などと曖昧な心理を伝えておくと良いでしょう。

時間の猶予がないため、他の男性に取られたくないのなら自分と付き合うことを提案してくるはずです。

これまでの関係を抜け出す良いきっかけになるかもしれません。

今にも自分の元から離れて行ってしまいそうな女性を演じましょう。


方法11. ジムなどに通ってスタイルアップを目指す

ルックスの良い女性は、セフレにしておくのはもったいなく彼女にしたいと思うもの。

顔や髪型だけでなく、スタイルの良い女性も男性は好きです。

ただ体重を減らすだけでなく、筋トレをして引き締まった体を目指しましょう。

特に男性は、胸やお尻が好きなので、それらのトレーニングを重点的に行うのがいいですよ。

男性好みのエロい体つきになれば、彼もあなたのことを本命にしたいと思いますよ。


方法12. 相手から告白してくるのを待つ

これまでに紹介した方法であまり変化がなければ、これ以上自分から行動をしても現状を変えるのは難しいかもしれません。

結局、相手の気持ちが変わっていなければ付き合うことはできないので、相手からの告白を待ちましょう。

  • 自分からは連絡をしない
  • 好意一切見せないようにする

この2点を意識して、彼があなたのことが好きであれば告白してきます。

もし、この時点で連絡がなく、告白されそうもなければ付き合うことは諦めた方がいいでしょう。


方法13. 共通の友人がいれば協力してもらう

信頼できる第三者からの意見はとても参考になるため、セフレもそのまま流されてくれる可能性が高いです。

「あの子すごくいい子じゃん。付き合わないなんてもったいない」などと吹き込んでもらいましょう。

そうすることで、そんなにみんなからの評価が高いなら手放すのはもったいないと思うかもしれません。

共通の知人がセフレにとって影響力がある人かどうかを慎重に見極めましょう。


セフレを好きになったのが辛い時の対処法はある?最低男を忘れるには?

「最低な男を好きになった。辛いから早く忘れたい」

「辛い恋を乗り越える対処法が知りたい」

セフレを好きになった多くの女性が辛い思いをしています。一刻も早く忘れてしまいたいですよね。

そんな辛い思いを忘れるために、ここからはセフレを好きになったのが辛い時の対処法を紹介します。

これ以上辛い思いをしないために、セフレを好きになったのが辛い時の対処法を把握しておきましょう。


対処法1. SNSなどの連絡手段を全て断つ

セフレを好きになったのが辛い時はどうしたらいい

自分は忘れようと思っていても、セフレから連絡が来て相手のことを思い出してしまったり、SNSを見ていたらふと目に入ってしまうこともあります。

セフレのことを思い出さないためにも、LINEやSNSをブロックしましょう。LINEに関しては、トーク履歴も消しておくのはマスト。

セフレのことを思い出すきっかけがなくなれば、あとは時間が解決してくれますよ。


対処法2. 信頼できる友人に相談する

辛い気持ちをいつまでも自分の中に溜めておくと、心がモヤモヤしたままですよね。

そこで少しでも吐き出すことで、気持ちが楽になりますよ。

既にセフレがいることを知っている友人や、知っても関係が崩れない信頼できる友人に話を聞いてもらいましょう。

  • もしまた会いたくなったらどうすればいいか
  • セフレを諦めたいけどどうすればいいか

など聞きたいことを聞きましょう。

この時に、慰めてもらうのではなく、本音で答えて欲しいと言うこと。

自分の悩みを吐いた後の、友人からの本気のアドバイスはあなたの気持ちを楽にしてくれるはずですよ。


対処法3. 仕事や趣味に没頭する

セフレのことを考えてしまうのは、暇な時間が多くてふとした時に思い出してしまうから。

考える暇がなくなるくらいに没頭できるものに、時間を費やしましょう

  • 資格を取得するなどスキルアップに努める
  • ヨガやダンスなど体を動かす趣味を見つける

今までセフレとの時間に充てていた分を仕事や趣味に回すことで、充実した生活を送ることができます。

仕事や趣味に熱中できれば、いつの間にかセフレを思い出すこともなくなって、また新たな出会いが見つかるようになりますよ。


対処法4. マッチングアプリなどで新たな恋を探す

いつまでもセフレを引きずっていて、セフレのことだけを考えてしまうと、セフレが全てになってしまいます

セフレ以外の男性とも積極的に会うことで、他に好きと思える男性が見つかる可能性があるでしょう。

例えば、マッチングアプリで好みの男性のタイプで検索してから会ってみたり、街コンや合コンに参加して出会いの場に行くといいですよ。

好きな気持ちを上書きできる男性が見つかれば、辛い思いをさせたセフレのことは考えなくもなります。

また、いろいろな人と会ってたくさん話すことで気分転換にもなるので、新たな恋を探す動きは必ずしていきましょうね。


セフレを好きになったら辛い。そんな男は忘れて次の恋に進もう。

セフレがあなたを好きになる瞬間やセフレを振り向かせる方法、諦める方法を紹介しました。

セフレを好きになったら辛い思いをするだろうと分かっていても、気持ちを止められないですよね。

しかし、一度目を外に向けてみれば魅力的な男性は他にもたくさんいます。

そんな素敵な男性と楽しくて幸せな恋愛をしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事