セフレから連絡がこない9つの理由|飽きられたか見分ける方法と対処法とは?

セフレから連絡がこなくて悩んでいる方へ。本記事では、セフレから連絡がこない理由から、飽きたかどうかの見分け方まで大公開!セフレから連絡がこない時の対処法も解説していきます!

セフレから連絡がこない9つの理由|LINEを返さない男性の心理とは?

セフレから連絡がこない理由

「このところ連絡がこなくなったのはなぜだろう?」

「もしかして何か私が悪いことをしてしまったのかな」

セフレからの連絡頻度が突然少なくなってくると不安に感じる人も多いでしょう。

いくらセフレといった関係であっても相手のことが気にかかってしまいますよね。

そこでここからは、セフレから連絡がこない8つの理由を紹介していきます。


理由1. 飽きられたから

あなたとの関係に飽きてしまったりセックスという行為自体に飽きてしまったりした場合、自然と連絡はなくなってくるでしょう。

  • あなたとのセフレの関係が長くなり、様々なプレイを楽しみ尽くしてしまった
  • 時間とともにセックスへの熱量が少なくなり、以前ほどセフレが必要ではなくなった

気が向いたときに気軽にセックスを楽しむ関係であるセフレ。恋人とは違い関係を修復しようと努力することもありません。

飽きたのであれば連絡はせず、そのまま自然消滅にもっていこうとする可能性も高いでしょう。


理由2. 相手に本命が出来たから

相手に本命の人が現れた場合、これまで通りセフレの関係を維持しようとは思わない男性も。

  • 本命の人に怪しまれるような関係はなくしておきたい
  • 本命の人以外とはセックスしたいと思えなくなった

など、男性は本命の相手ができたらまず女性関係をクリアにしようと考えます。

つまり相手は、あなたとのセフレの関係を解消しようとしているのです。


理由3. 連絡頻度を抑えたいから

セフレとは、お互い好きな時にセックスを楽しむ関係のこと。

このような割り切った関係にも関わらず、プライベートに踏み込んだ連絡が多いと相手は連絡を抑えたいと思ってしまいます。

例えば、

  • 会う約束以外の内容の連絡が多い
  • 彼女とするような他愛のない内容の連絡をしてくる

などセフレである彼にとってあなたとの連絡が負担になっている場合、あなたを傷つけないように連絡頻度を下げている可能性があります。


理由4. 関係に慣れてしまったから

あなたとのセフレ関係が長いため、頻繁に連絡を取らなくても平気だと思っている男性もいます。

  • セフレ関係が落ち着いており適度な距離感が掴めている
  • わざわざ連絡しなくても分かり合える関係だと考えている

など、あなたとの関係性が安定していると彼は自然体でいられるでしょう。

そのため連絡頻度も以前に比べて落ちてきているのです。


理由5. 駆け引きをしているから

相手がセフレ関係を脱却したいと思っている場合、連絡頻度を落とすといった駆け引きをすることがあります。

具体的には、

  • 相手に対して恋愛感情をもつようになった
  • 相手からの好意に気が付いてしまった
  • 自分が相手に依存しているように思えた

などです。

このように相手と新たな関係をスタートさせたいと思っている場合、「一度この関係を脱却しなければ」と考えます。

これが彼から連絡がこなくなった理由の1つでしょう。


理由6. 他のセフレが出来たから

新しいセフレが出来た場合、お互いのことを知るためにたくさん連絡を取り合うでしょう。

そのため、あなたとの連絡は後回しになっているかもしれません。

  • 新しいセフレとの連絡や行為が新鮮で夢中になっている
  • あなたより新しいセフレと多くの時間を過ごしたいと思っている

男性は生物学的な構造上、新しい性の対象に強く関心を向ける傾向にあります。

そのため、頭の中が新しいセフレのことばかりになっているのでしょう。


理由7. 罪悪感が出てきたから

セフレという関係を持つことに罪悪感を抱いてしまうことがあります。特にあなたが人として素敵であればあるほどです。

具体的には、

  • こんなにいい子なのに自分の都合が良い時にばかり求めてしまって申し訳ない
  • 素敵な相手とセフレではなく恋愛をしてほしいと感じる

など。

このように罪悪感から連絡を控え、あなたの中から自分の存在を消そうとしているのです。


理由8. 連絡ができない程忙しいから

仕事が忙しくプライベートも充実している場合、あなたへ連絡をする暇がなく放置状態になっているかもしれません。

  • 毎日仕事に追われ、家に帰ってもゆっくりできていない
  • 忙しく過ごしており、あなたに限らず他の人への連絡も返せていない

このような場合、連絡がこないこととセフレ関係には何の関係もありません。焦らず気長に連絡を待つしかないでしょう。


理由9. 距離を置きたくなったから

気軽にセフレの関係を始めたものの、時間が経つと情が芽生えてくることがあります。

セフレに対して彼女のように接してしまったり嫉妬や束縛を思わせるような行動をとってしまうと重たいと思われることも。

  • 「今何しているの?会いたい」など彼女のような連絡がくる
  • 「私のことどう思っている?」など面倒な質問をしてくる

このような相手とはこれ以上セフレ関係を維持できないと考え距離を置こうとしているのです。


セフレから連絡がこない時に飽きられたか見分ける4つの方法とは?

「もしかして私に飽きたのかな」

「飽きたことが原因で連絡を無視されているか確認する方法はある?」

セフレから連絡がこないと自分は飽きられたのかと不安になってしまいますよね。

セフレからの連絡がこなくなったのは飽きられたからなのか、確認する方法を説明していきます。

自分の相手に当てはまるかどうか確認していきましょう。


見分け方1. セフレの期間が長いかどうか

セフレを作っているということはある程度性欲が強くて、好奇心旺盛なタイプということ。

そんな男性が、長い間同じ相手とセフレ関係を維持していると飽きてしまう可能性が高いです。

  • 半年以上セフレ関係を継続している
  • 長い時間を共に過ごし、一通りのプレイを楽しんだ

このようにセフレ関係になってからの期間が長い場合、マンネリ化しやすくなり相手とのエッチに飽きてしまいます。

相手とセフレ関係になってからどのくらいの期間が経っているのか確認してみましょう。


見分け方2. 今までとの連絡頻度に違いがあるかどうか

「以前は頻繁に連絡が来ていたのに最近はこない」という場合、相手の気持ちが段々冷めてきている可能性も。

  • 少なくとも週1では連絡が入り会っていたのに今は1か月以上放置状態
  • 前はすぐに返信をくれたのに今は未読スルーや既読スルーが当たり前

このように以前と明らかに対応が変わっている場合、相手の中であなたの順位が低くなっているでしょう。


見分け方3. 相手のSNSの更新頻度が高いかどうか

そもそもSNSの更新は時間に余裕がある時にするもの。

  • インスタグラムで楽しそうな投稿があるのにLINEは既読がつかない
  • 毎日ツイートしているのに連絡は無視される

このようにSNSの更新頻度が高いのに連絡をスルーしているのなら、セフレ関係を終わらせたいと考えている可能性があります。

察してほしいとまで思っているのかも。

SNSの更新頻度を見れば、彼が忙しくて連絡できないのか、意図的に連絡を無視しているのか確認できますよ。


見分け方4. 身体の関係を持った回数が少ないかどうか

身体の関係を持った回数が数回だけの場合、2人の関係性は浅く簡単に切り捨てられてしまう可能性があります。

  • 何回かエッチしてみたけどしっくりこなかった
  • お互いを満たせるようなプレイを見つけられなかった

など、身体を重ねた回数が少ないと「なんか違った」という理由だけでフェードアウトされてしまうこともあるのです。


セフレの男性から連絡がこない時の8つの対処法|再び関係を続けるためには?

「セフレから連絡がこない時はどうすればいいの?」

「これから先も関係を続けられるのかな...。」

セフレから連絡がこなくなった時、どのように行動するのが正解なのか迷いますよね。

ここでは、セフレから連絡がこない時の8つの対処法を紹介していきます。

セフレとの関係を維持できるように行動していきましょう。


対処法1. 気長に連絡を待つ

相手が連絡をしてこないのならこちらからの連絡も控えてみましょう。

そうすれば手間をとる必要もなく、セフレ関係を崩すことなく続けられます。

連絡を控えろと言っても相手から連絡がこないか気になって仕方がないという人もいますよね。

そんな人は「まずは1週間こちらから連絡はしない」などルールを定めるといいです。

こうすることで1週間の間はセフレのことに気を取られることがなくなるでしょう。

あなたからの連絡が突然来なくなれば相手もあなたがどうしているか気になるので、連絡をしてくる可能性が高まりますよ。


対処法2. それとなく気遣いのLINEをしてみる

「会いたい」などの内容ではなく、「最近忙しそうだけど元気にしてる?」など彼を気遣うLINEは相手の負担になりません。

相手が返信しやすい内容の連絡を心がけましょう。

具体的には、

「仕事忙しそうだね。ご飯だけはしっかり食べてね」
「ちゃんと眠れてる?たまには息抜きも大切だよ」

など、相手が連絡を見て返信したいと思えるような気遣いのLINEを送りましょう。

それでも既読スルーされた場合、あなたとのセフレ関係を終わらせたいと考えているのかもしれません。


対処法3. 返信しやすい質問を送ってみる

連絡の内容が質問形式であれば返信しやすいので相手から返事がくる可能性も高まるでしょう。

「この前一緒に飲んだお酒の名前何だっけ?美味しかったからまた飲みたくて」など当たり障りのない内容が望ましいです。

この時に「次はいつ会える?」などの内容を送ってしまうと一気に負担になってしまうので、会う目的の内容は避けましょう。

この場合も既読スルーや未読スルーが長く続くようなら、セフレ関係を解消しお別れするほうがいいかもしれません。


対処法4. ストレートに「会いたい」と言ってみる

色んな手を尽くしてもダメなら素直に「会いたい」と伝えるのも1つの手です。

女性から求められて嫌な気持ちになる男性はほとんどいません。それも身体の関係を持ったことのある相手ならなおさら。

「どうしても会いたい。少しだけでもダメ?」と正直に気持ちを伝えましょう。

何を伝えたいのか分からない連絡よりも素直で好印象を持たれる可能性が高いです。

「会いたいなんて言って大丈夫かな」と神経質になる必要はないですよ。


対処法5. 飽きられたと思って諦める

セフレとは本来お互いに都合のいい時にセックスを楽しむ身体の関係のこと。

連絡がこなくなったら「飽きられたのだな」と気持ちを切り替えてしまうのも1つの対処法です。

  • 他に新しいセフレを作ってみる
  • 新しいセフレと充実した時間を過ごす

セフレは誰だっていい訳ではないですが、その相手でなくてはならないこともありません

新しいセフレを見つけて、連絡をくれないセフレのことなんて忘れてしまいましょう。


対処法6. セックス以外の用事を作って連絡する

セフレからの連絡がこないのは、あなたに対して罪悪感を抱いているからかもしれません。

あなたの人柄が良いほど「こんなことをしていていいのか」と考えてしまうのです。

もし相手がそのような罪悪感から連絡できずにいる場合、セックスの約束をしても逆効果に。

セックス以外の話題を振ってあげることで連絡が取りやすくなる可能性があります。

例えば「友達へのプレゼントを一緒に選んでほしい」などがいいでしょう。

そのような内容であればプレッシャーを感じることなく返信してくれるかもしれません。


対処法7. 充実している姿をSNS等で発信する

男性の性質として、「自分以外の誰かから大切にされている人を大切にしたい」というものがあります。

SNSを通じて「あなたがいなくても充実した生活をしている」とアピールすることで、相手に嫉妬心を抱かせられるかもしれません。

例えば

  • 男女でBBQを楽しんでいる写真をアップする
  • セフレ相手の知らない男性と2人で食事をした写真をアップする

などが効果的でしょう。

SNSを見たセフレ相手は、あなたを追いたい気持ちになり連絡をしてくる可能性が高いです。


対処法8. 「最後に1回しない?」と誘ってみる

男性が何かしらの理由でセフレ関係を終わらせたいと考えていても、「最後に1回だけ」とおねだりされたら断る人はほとんどいないでしょう。

それは、男性にとってもセフレという存在を失うのは多少の未練が伴うからです。

メッセージを無視されている場合やどうしても諦めきれない人は、「これで諦めるから最後に1回だけ抱いて」とお願いしてみましょう。

最後に身体を重ねれば「やっぱりこの子を失うのは勿体ないな」と考えを改めてくれるかもしれません。


セフレから連絡がこない時にすると即ブロックされるNG行動とは?

セフレから連絡がこない時に思わずやってしまいがちな行動の中には、相手にブロックされてしまうほどNGなものがあります。

ここからは、セフレから連絡がこない時にするとブロックされる行動を4つ紹介します。

もしもやってしまっているものがあればすぐに改めましょう。


NG行動1. 怒りの文章のLINEをする

感情に任せて怒りの文章を送ってしまうと、受け取った相手は不愉快に感じてしまいます。

「そんな態度をとってくるなんて面倒だな」と思われてしまい、セフレ関係の解消の原因になってしまうことも。

怒りの感情は相手に伝わってしまわないようにグッと抑えて大らかに対応しましょう。

連絡がこなくて腹がたっても「連絡もまともに返せない子供だわ」と考え気持ちを落ち着かせましょう。


NG行動2. 一方的に連続してLINEを送る

返信がこないからと言って何度もメッセージを入れてしまうと、相手は重たいと感じてしまうため逆効果です。

たくさん送られてきた文章を見て「返信するのめんどくさいな」と思われてしまう可能性があります。

すぐにこちらからのメッセージに反応がなくても一方的にLINEを送らず気長に待つようにしましょう。


NG行動3. メンヘラじみたLINEを送る

相手から連絡がこなくて寂しいからと言ってメンヘラじみたメッセージを送ると引かれてしまう可能性が高いです。

「最近会えてなくて寂しい。家まで行ってもいい?」などとLINEがくると「彼女でもないのになんなの」と思われてしまいます。

セフレとはお互いに都合のいい時にセックスを楽しむ関係のこと。決して恋人同士ではないので錯覚してしまわないように注意が必要です。


NG行動4. 何度も電話をかける

LINEでメッセージを残しても返信をくれないからと何度も電話をかけてしまうと逆効果です。

少し距離を置きたいと考えている相手から何度も電話がかかってくるとストレスを感じてうんざりしてしまうはずです。

1度電話をしても出なかった場合は、留守番電話にメッセージを残しておき再びこちらから掛けることのないようにしましょう。


セフレ沼にハマってもいいことはない。切り替えて良い恋愛をしよう。

セフレから連絡がこない理由や対処法、対応の仕方、思わずしてしまうNG行動について紹介しました。

セフレという関係は相手との距離感を掴むのが難しいですよね。

もし連絡がこないようなら、気持ちを切り替えて新たな出会いを探してみるのも1つの手です。

セフレでも恋愛でも素敵な出会いがあることを願っています。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事