セフレが欲しい方必見!男女の本音と簡単な探し方

異性と交際せずに体の関係だけを築くのは、恋人を作るより難しいもの。そこで今回は、「セフレが欲しい...」と思っている方へ誰でも簡単に取り組めるセフレの探し方をご紹介します。

セフレが欲しい方へ探し方を完全ガイド!

セフレが欲しい方へおすすめの探し方

「セフレが欲しい...」男性なら誰しも一度は思った経験があるはず。恋人とは違って縛りや制約のないセフレは、後腐れもなく自由に振る舞えるので付き合うのが気持ち的にも楽ですよね。けれど、そんな自分にとって理想的なセフレを作るのは恋人を作ったり、ワンナイトラブをしたりする以上に難しい道のりです。

そこで今回は、セフレが欲しいと思っている方へ誰でも手軽に取り組める簡単なセフレの探し方をご紹介します。自分に適した方法を見つけて、ぜひ実際にチャレンジしてみてください!


大前提に“セフレ”とは?

セフレとは「セックスフレンド」の略称で、名前の通り恋人ではないのに体の関係を持った友人を指します。以前は男性が都合の良い関係を求めてセフレが欲しいと感じるのが一般的でしたが、近年ではセフレを求める女性も多く見受けられます。

また、最近は性的な関係は持たずに添い寝するだけの「ソフレ」やキスをするだけの「キスフレ」と言われる関係性を持つ男女も増えているそう。とはいえ、やはり一線を超えるセフレが一番ハードルが高いので、覚悟を決めて探しましょう!

【参考記事】今話題のソフレの実態とは?▽


セフレが欲しいのに作れない主な3つの理由

本気で「セフレが欲しい」と思っているのに、上手く作れないと嘆く方も多いです。では、セフレを作れない原因は一体何なのか?主な理由は、

  1. 出会う女性がセフレにするのに向いていない
  2. 性行為へのアプローチが強引過ぎる
  3. 仮に事に及んだとしてもアフターフォローが出来ていない

の3点。一つ目の理由に関しては、端的に言うとピュアでガードの固い女性ばかり狙っている恐れがあります。純粋な女性はセフレなどの曖昧な関係性を嫌うため、セフレにするのは不向きです。したがって、ガードの緩い貞操観念の低い女性やビッチとの出会いを増やすようにしましょう。

二つ目は、利己的に陥るとなりがちな失敗例です。きちんと相手とコミュニケーションを図って信頼関係を築くようにしましょう。

最後の三つ目は、関係を持ったことで達成感に浸ってしまうパターンです。それではワンナイトラブで終わってしまうので、きちんと次へ繋げるようアフターフォローを行いましょう。


男性のセフレが欲しい理由や本音とは?

男性がセフレを欲しい理由

女性に比べて、なぜ男性はセフレが欲しいと思いやすいのでしょうか?それは男性陣の本音を紐解いていけば自ずと真の理由が導き出せます。もちろん、人によってセフレが欲しいと思う動機は様々です。そこで今記事では、世の男性陣の多くがセフレを欲しいと思う理由3選についてご紹介します。自分に当てはまる項目はないか確認しながら、ぜひ読み進めてみてください!


セフレが欲しい理由1. 恋人を作るのは面倒くさいから

恋人を作るのが面倒くさい、彼女って存在が重たいと感じている男性は意外と多いです。恋愛に奥手な草食男子に続き、現在は恋愛に興味関心の薄い“絶食系男子”も多いと言われています。しかし、そんな恋愛に興味のない方でも性欲は湧いていくるため、欲を満たすべくセフレが欲しいと考える男性は多いです。

また、マイペースな人などは恋人の存在に何かと縛られるのを嫌い、セフレや異性の友だちだけ欲しいと考える方も居ます。仮に恋人を作るのが億劫でセフレが欲しいと感じている方は、性欲の強い女性や性に開放的なビッチとの出会いを増やすようにしましょう。

【参考記事】見た目では分からないビッチの特徴とは?▽


セフレが欲しい理由2. お金・コストを節約したいから

お金を節約したいが故にセフレが欲しいと考える男性も非常に多いです。先ほども少し触れましたが、恋愛や恋人に興味はない男性も、当然ながら性欲は湧きます。恋人が居なければ性欲は自分で処理するか、風俗へ足を運ぶしか処理する方法はありません。しかし、仮に風俗で処理しようと思ったら結構な出費が必要となります。また、終わった後に空虚感や賢者モードに襲われる恐れも。したがって、お金をあまりかけずに性欲を満たすべくセフレが欲しいと考えるのは自然な流れと言えるでしょう。また、自宅へ呼べる相手ならほとんどノーコストで済みます。仮に食事代やホテル代を出すとしても風俗代のそれに比べたら安いので、男性がセフレを欲しいと思うのは当然かもしれませんね。


セフレが欲しい理由3. 性欲を処理したいから

セフレが欲しい理由に、「性欲を処理したいから」と口にする男性も多いです。他にも、本当に好きな人(恋人)に提案するのは気が引けてしまうような性癖をぶつけるためにセフレが欲しいと述べる方も。性に興味関心が強い男性は、当然ながらセフレが欲しいと思いやすい傾向にあります。したがって、恋人が居ても関係なくセフレが欲しいと思う方もいらっしゃいます。セフレが欲しいのは性行為をする相手が欲しい事を意味するので、性欲が処理したいからセフレを求めるのは自然の摂理と言えるでしょう。


女性側がセフレに対して求めるものは一体?

女性がセフレに求めることとは?

セフレは基本的に男性が欲しいというケースが多いですが、実は女性でもセフレが欲しいと思っている方は沢山います。ただし、男性とはセフレに対して求めている部分が異なったりするので、男性陣はしっかり女性のニーズを見極めることが関係を続けるポイントです。では、女性がセフレに対して主に求める3つのポイントをご紹介します。


1. 女性扱いしてくれること

女性は基本的にチヤホヤして欲しい生き物です。したがって、セフレ相手には女性として扱ってくれることを求めます。本命相手では自分が頑張らなくてはいけないので、セフレに関しては一緒に居て気が楽な相手を好むのでしょう。他にも、会う時の段取りを前もって決めといてくれたり、会って居るときはスマートで紳士的な対応をしてくれたり、女性としての自信や自覚をもたらしてくれる事を望む人も多いです。したがって、女性は下心丸出しの男性は避けるようにしましょう。反対に男性陣は自分の都合ばかり考えるのではなく、女性を思いやるのが大切です。しっかり信頼関係を築けないとワンナイトラブで終わってしまうので、くれぐれも気をつけて下さいね。


2. 体の相性の良いこと

男性は知らない方も多いと思いますが、体の相性も重要視する女性も多いです。そのため、体の相性が微妙だと残念ながら次のチャンスは訪れないパターンがほとんどです。とはいえ、男性が考える相性の良さと女性が考える相性の良さは異なるため、注意しましょう。正直、体の相性に関してはどうしようも出来ないため、男性陣は他の部分に細心の注意を払いましょう。

女性はムードや雰囲気を重んじるため、自分の姓処理だけを行いたい利己的な行為では男性は悪い印象を抱かれてしまいます。他にも、本命ではないのを良いことに女性の拒否・嫌がること指摘されても辞めない男性もNG。反対にムードや雰囲気作りがバッチリなら、次に誘われた時も女性は行きたいと思うもの。お互いの歩み寄る気持ちで相性は良くなっていくので、しっかり信頼関係を築くのを心がけましょう。


3. 秘密主義なこと

男性はセフレが居るのを公表したり、自慢したりする方もいらっしゃいますが、女性はその反対です。セフレ=軽い女性と思われてしまうので、口が軽い男性は基本的にNG。特に同じ職場や学校、共通のコミュニティや友人がいる場合は秘密厳守が鉄則です。他にも、彼氏持ちや人妻(既婚者)も絶対に秘密を守れるの男性を条件とします。

また、コミュニティ内での口コミや情報漏洩を危惧して、最初から共通の知り合いやコミュニティに属していない方を条件にしている人も多いです。同じコミュニティや近い関係値の方とセフレになった場合、男性は必ず秘密主義を貫くようにしましょう。


セフレが欲しい方に推奨したいおすすめの探し方3選

男女のセフレに関する本音をご紹介した後は、実際にセフレが欲しい方へおすすめの探し方をご紹介します。人によって合う方法・会わない方法があると思うので、まずは自分に合ったセフレの探し方を見極めるのが重要です。では、セフレが欲しい方に推奨したい3つの方法をどうぞご覧ください。


セフレの探し方1. 出会い系アプリを活用する

セフレが欲しい方は、出会いアプリを活用してみるのもおすすめですよ。以前に比べてSNSも普及している影響もあり、サービスの種類も豊富で質も高いのも特徴です。また、お互いに共通の知人がいないため、周囲への反響を気にせず大胆になれるのもメリットと言えるでしょう。友人や職場の方にバレずに異性と会えるため、関係が発展しやすいので、積極的に活用してほしいところ。ここからは、異性と出会う確率を高めるおすすめの出会い系サービス3つをご紹介します。


1. pairs (ペアーズ)

pairs(ペアーズ)

会員数500万人以上と圧倒的な利用率を誇るマッチングアプリ『pairs(ペアーズ)』。最大の魅力は、ずばり“異性との出会いやすさ”。出会いが増えれば、それだけ可能性も広がるため、まずはペアーズを活用しておいて間違いないでしょう。また、一昔前は出会い系アプリを使用するのに抵抗感を抱かれがちでしたが、ペアーズは若い女性でも普通に活用しているため、20代前半から30代前半にかけての若い年齢層と出会いたい方にもおすすめです。きちんと異性に出会える優良アプリなので、マッチングアプリを初めて使用する方も安心して利用してみてください。


pairs(ペアーズ)の詳細
  • 有料会員価格:1ヶ月プラン:4,100円/月(iOSアプリの場合)
  • 登録方法:Facebookアカウントで利用可能
  • 年齢確認:あり

【参考記事】pairsの体験レビューを詳しく書き記しました▽

pairsで出会う


2. HappyMail (ハッピーメール)

HAPPY MAIL(ハッピーメール)

1200万を超える会員数や出会いやすさ、ユーザーの懐事情を考えた良心的な料金プランなど、抜群の使いやすさを誇るマッチングアプリ『HappyMail (ハッピーメール)』。掲示板も使い勝手が良いので、ご利用の際はぜひ重宝してほしいところ。プロフィール欄にて「大人の関係を希望する」との項目があるため、セフレが欲しい方はぜひ有効活用してみてください。メールアドレスで気軽に登録でき、料金もリーズナブルと

HappyMailで出会う


HappyMail(ハッピーメール)の詳細
  • 有料会員価格:都度課金型。 100円ポイント1,000円、210ポイント2,000円
  • 登録方法:メールアドレスで登録可能
  • 年齢確認:あり

【参考記事】ハッピーメールの使って分かった事を詳しくご紹介します▽


3. mimi(ミミ)

mimi(ミミ)

提供:mimiLab

好きなルックスや顔を探せるマッチングアプリ『mimi(ミミ)』。6つの項目を入力するだけでOKだから、登録後からすぐに活用できます。また、「顔が好みの人はセフレになりやすい」という理論があるため、容姿で出会えるミミはセフレ作りに適していると言えるでしょう。運営元もサイバーエージェントグループなので信頼性も申し分ありません。ただし、2016年12月に提供開始とまだ日が浅いサービスなため、他の大手サービスに比べて会員数は少なめです。ポジティブに言い換えればチャンスもライバルも少ないので、ぜひ登録して素敵な出会いを探して下さいね。


mimi(ミミ)の詳細
  • 有料会員価格:1ヶ月プラン:3,900円/月(iOSアプリ)
  • 登録方法:Facebookアカウントで利用可能
  • 年齢確認:あり
  • 女性無料

mimiで出会う


セフレの探し方2. ナンパでセフレ候補の異性と出会う

セフレが欲しい方は、思い切ってナンパに挑戦してみるのもおすすめです。恋人作りならナンパより合コン・街コンの方が最適ですが、セフレに関してはナンパの方が適しています。その理由は、先述の通り共通の知人等がいないからです。同じコミュニティや共通の知人が居ると周囲にバレるのを避けてセフレを作るのに抵抗感を持つ女性は多いため、勇気を出してナンパにトライしましょう。

とはいえ、どこでナンパをすれば理想的な異性に会えるか?ここからは、セフレが欲しい方におすすめのナンパスポット3選をご紹介します。


おすすめナンパスポット1. クラブ

ナンパの定番スポットといえば「クラブ」が外せません。ナンパされるのを目的に訪れている女性も多いため、男性からすると比較的ナンパのハードルが低いのもおすすめポイントです。お酒も入っているので、初対面でも普段よりオープンに会話も出来ますよ。したがって、お酒や音楽が好きな方はぜひクラブナンパにチャレンジしてみてください。

【参考記事】クラブナンパの必勝法を徹底レクチャーします!▽


おすすめナンパスポット2. 銀座コリドー街

大人の街・銀座に位置する「コリドー街」も都内屈指のナンパスポットです。特に金曜の夜は多くの男女が訪れるため、街中がそこら中多くの方で賑わいをみせます。ダイニングバーや立ち飲みバーも多いので、お酒を嗜みながら気軽に声をかけられますよ。年齢層も少し高いので、大人の関係が築きやすいのもコリドー街の魅力。クラブほど賑やかなのは厳しいけど、お酒を飲みながら楽しく異性と会いたい!という方は、ぜひコリドー街へ足を足を運んでみてください。ただし、全体的にお店の閉まりが早いので(大体25時前後)、あらかじめ次の行動パターンを考えておくと安心です。

【参考記事】銀座コリドー街の体験談をピックアップしました▽


おすすめナンパスポット3. ストリートナンパ

ナンパをする際は、ストリートナンパ(通称:ストナン)もおすすめですよ。最初に声をかけるのは多大な勇気を要しますが、慣れてくればいくらでも異性と知り合える最強の探し方と言えるでしょう。また、自分好みの女性をターゲットを絞ってアプローチできるのも大きな魅力です。他にもお互いに共通の知人やコミュニティがないため、セフレへの心理的ハードルが低いのもメリット。都内だと新宿・渋谷駅周辺や池袋・上野駅周辺がおすすめスポットとなっているので、ぜひトライしてみてください。

【参考記事】究極のナンパ術で、異性との出会いを増やしましょう▽


セフレの探し方3. 職場や学校で探してみる

王道パターンではありますが、職場や学校で探すのも良いでしょう。ただし、先述の通り女性は周囲へ情報が漏れるのを嫌がります。酔った勢いなどで「◯◯さんと一線超えてる」など口を滑らせてしまっては、相手から関係を打ち切られてしまう恐れも。さらに、男性も職場などでは「けじめをつけない・異性にだらしない」と悪評が流れる恐れもあるので注意しましょう。したがって、秘密主義を絶対に守る自信があるなら、近いコミュニティ内でセフレを探してみるのもおすすめですよ。


セフレが欲しい方は、自分に合った探し方から見つけよう。

セフレの簡単な探し方

セフレが欲しい理由や男女の本音から、誰でも手軽に取り組めるセフレの探し方まで詳しくお届けしました。セフレが本気で欲しいなら、まずは自分に合った異性との出会い方や探し方を見つけましょう。異性との出会いの数が増えれば、必然的にセフレが作れる確度も上がるもの。読むだけでなくぜひ実行に移して、自分好みのセフレをGETしてくださいね!


【参考記事】セフレの作り方を位置から詳しくご紹介します。▽

【参考記事】セフレが欲しいなら、掲示板ではなくアプリがおすすめです▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事