「距離を置こう」と言った側の心理とは?恋人と距離を置く前に確認すべき5つのこと

恋人に距離を置くと言われて、気持ちがわからず戸惑っている方へ。この記事では、「距離を置く」と言った側の心理から、言われたときの最適な行動を詳しく解説します!

「距離を置こう」と言った側の心理|なぜ急に距離を置くと考え出したの?

「距離を置く」と言った側の心理

「距離を置きたいと言われたけれど、どうしてだろう」

「そもそも別れではなく、距離を置くのはなぜ?」

カップルが一定期間2人で会わないことを意味する「距離を置く」と言う状態。

人それぞれ認識は違いますが、別れるのではなく会うのを控えることを意味していて「冷却期間」と言われることもあります。

では、言った側はどうして冷却期間が必要だと判断したのでしょうか?

ここからは、距離を取りたくなった彼氏や彼女の心理を探っていきましょう。


心理1. 好きかどうか分からなくなった

ずっと一緒にいると付き合いたてのドキドキした気持ちがなくなり、マンネリになってしまうことがあります。

距離を置くと言った側は、

「本当に好きなのかな?」
「このまま付き合っていていいのかな?」

と、このまま一緒にいても、幸せになれるのかまだ迷っている状態です。

自分で冷静に考え直したいと思っているため、距離を置きたいのでしょう。


心理2. やるべきことに集中したい

距離を置くのは、自分の時間が欲しいからと言う場合も。

彼氏や彼女に集中していると、仕事や勉強など他のことが疎かになってしまうため、集中したい時期は恋愛と距離を置きたいと思う人もいます。

特に就職活動や受験勉強、資格取得などこれからの自分の人生を左右する場面では恋愛は一旦お休みして集中したいのでしょう。


心理3. 相手の気持ちを確かめたい

恋人が自分に対して愛情が薄いと感じる人も少なくありません。

連絡しているのに返事がなかなか返ってこなかったり、最近そっけないと感じています。

そのため、本当に自分の事が好きなのか不安になってしまっている状態です。

「距離を置く」と言った時の相手の反応を見て、愛情を再確認したいと思っています。


心理4. 相手に嫌なところを直してほしい

恋人のことは好きだけど、どうしても譲れない嫌なところがあることも。

自分が合わせなくてはいけなくなってしまい疲れたり、注意しても気をつけてくれない場合は、強硬手段として距離を置くという対応をすることもあります。

別れたいわけではなく自分が辛いため、相手に考える時間を設けることで少しは反省し改善してほしいと思っているのでしょう。


心理5. 好きすぎて辛い

相手のことが好きなのはいいことなのですが、その想いが強すぎると自分でコントロールできないことも。

自分だけ気持ちが暴走して大好きな恋人に気持ちが重たいと思われてしまい関係が悪化することが怖くなってしまっている状態です。

一旦自分が冷静になるために距離を置こうとします。

好きだからこそ辛く、あえて距離を取るという心理は意外と多いようです。


心理6. 相手に依存したくない

「恋人といつも一緒にいたい」「恋人と一緒にいないと不安」など相手に対して執着心が強くなり何も手につかなくなることもあります。

そうなると、

「恋人からラインきてないかな」

と、いつもスマホをチェックしてしまったり、相手に必要以上に会いに行ってしまうなどの行動を取り、私生活に支障をきたしてしまう人も。

「重くなって相手に嫌われたくない」「依存している自分が嫌い」という気持ちが根本にあるので、距離をおこうとするのでしょう。


恋人から「距離を置く」と言われた時に確認すべき5つのこと

「距離を置く」と一言で言っても、相手によってどんな気持ちで距離を取りたくなったのかは異なります。

上で説明したようないろんな心理があるため、事前に様々なことを確認しておけば対応できますよ。

ここからは、距離を置く時に確認することを5つご紹介します。

相手との関係がうやむやになってしまわない為にも、しっかりチェックしておきましょう。


確認すること1. 別れを視野に入れているのかどうか

愛し合っているカップルにとって「別れ」は一番避けたい選択。

終わりも視野に入れているかどうかは、最重要ポイントになるため聞きにくいかもしれませんが必ず確認しておきましょう

例えば、別れを視野に入れている場合は、距離を置く前に悪いところを聞いて改善したり、努力することを伝えて相手との関係が冷めるのを防ぐようにします。

逆に別れを視野に入れていない場合は、連絡は取りすぎず相手の気持ちが落ち着くまでゆっくり待ちましょう。


確認すること2. 距離を置こうと思った原因は何か

「距離を置こう」と言われても自分はうまく行っていると思っていたり、どんな理由で距離を置くのか検討がついていなかったりする場合も。

待っている間の自分のすべきことが違うため、相手に距離を置く理由を具体的に聞いておきましょう。

例えば、

  • 「自分の気持ちがわからなくなった」と言われれば、冷静に考える時間が必要
  • 疲れたなどの場合は、関係を改善しようと努力できる

など、対処法や今何をすべきかを探すことができます。

お互いに気持ちを共有し合うことで距離を置くことが意味のあるものになるので、原因についての話し合いは必ずしましょう。


確認すること3. 距離を置く期間

「気持ちが落ち着くまで」など漠然とした期間では、距離を置く期間に終わりが見えず、時間だけが過ぎていってしまいます。

そして、相手を待つ時間に終わりが見えないと、精神的にも不安定になりがちです。

自分の精神的安定のためにも、距離を置く期間を相手に聞いておくようにしましょうね。


確認すること4. 距離を置いている間の連絡の有無

「距離を置く」と一言で言っても、相手によって捉え方が違うため、どの程度連絡を取らないのかなども変わります。

LINEや電話などの連絡を一切取らないと思っている人もいれば、会わないだけで連絡は時々取ると思っている場合もあります。

余計な不安などを減らしお互い意義のある時間にするためにも、

  • 1日1回の連絡はとっても大丈夫なのか
  • 期間中は会うのも連絡も一切ダメなのか

など細かいことを具体的に聞いておきましょう。


確認すること5. たまたま会った時の接し方

社内や学校が同じ場合は、周囲に付き合いを知られていることもあり、あからさまに避けていると不振がられます

距離を置いているのを知られると「もしかして別れたのかな」と変な噂になるなどお互いにとってあまりいい状況にはなりません。

たまたま会った時には

  • 「おはよう」など普通に挨拶し普段と同じように接する
  • 顔を背けるなど、わざと避けるような態度は取らない

など、変に思われないようにするためにも、接し方を考えておきましょう。


距離を置いている期間中にやるべきこと|待っている間にできる5つの行動とは?

「距離を置いている間は手持ち無沙汰になって何をやればいいのかわからない」

「期間中にすべきことってあるのかな?」

距離を置いている間は連絡が取れず、今まで恋人と遊んでいた時間が空いてしまいます。

空いた時間は相手のことばかり考えたり、待てないでLINEしてしまったり悪い方へ進むことも。

そうならないために、ここからは距離をとっている間にすべき対処法を5つご紹介します。

参考にしてみてくださいね。


やるべきこと1. 自分の悪かったところを見直す

原因がわかっているなら、その原因を解決するのが最短の道です。

自分の悪かったところを反省し、いい行動に変えるような努力をすることで相手に見直してもらえます。

例えば、距離を置く原因が時間にルーズなところの場合、アラームを3回に分けて鳴らすようにするなど、自分の悪いところを意識しどうすれば改善できるかを考えるといいでしょう。

その努力が実れば、「気をつけてくれてるんだな」と相手に見直してもらえますよ。


やるべきこと2. 自分の外見を磨く

久しぶりの再会の時に外見が魅力的に変わっていると、自分の知っている恋人ではないため驚きと同時にときめいてもらえる可能性が上がります。

「こんな可愛い子を手放したくない」と、いい印象を持ってもらえ関係も修復しやすくなりますよ。

例えば、

  • いつもダウンにして楽をしていた髪型を綺麗に束ねるようにしたり、パーマを当てる
  • ナチュラルメイクから、しっかり時間をかけるフルメイクにする

など、ギャップで相手を振り向かせることで、元通り以上の関係にもなれる可能性もあるため外見にも気をつかいましょう。


やるべきこと3. 趣味に没頭して気を紛らわせる

距離をとっている期間は辛いもの。

しかし、落ち込んでいても時間が無駄になるだけなので、気持ちを切り替えることが大切です。

例えば対処法として自分の好きなことや趣味に時間を使うと気が紛れるためおすすめ。

  • 料理を磨くために料理教室に通う
  • いろんな絵を見るために美術館を巡る

など、恋人に会えない時間でも他のことに没頭することで、自然と明るく考えられるようになりますよ。


やるべきこと4. 資格の勉強をして充実した時間にする

「距離を置きたい」と言われた場合、余計なことを考えたり落ち込んでしまいます。

悩まないようにするための対処法として、勉強に取り組むのも有効です。

自分の身になる資格の勉強に集中することで、有意義な時間を過ごせるし、彼氏や彼女を気にしすぎることを防げます。

ただ悩んで終わるのは時間がもったいないので、自分のレベルアップのために時間を使いましょう。


やるべきこと5. 相手の好きなところを見直す

距離を置いている時期は、言った側だけでなく言われた側も冷静になり、相手との関係を見直すのに最適な時間です。

例えば、相手の好きなところや相手からされて嬉しかったことを書き出すことで、自分の気持ちがわかります。

「好き」という気持ちを再確認できるか、待てないし気持ちもそんなにないからと別れを決意することも…。

突然距離を置くと言われてびっくりしていると思いますが、距離を置いている間は少し落ち着いて相手のどこが好きなのかゆっくり考えてみてくださいね。


距離を置くと言った側の心理を把握して、最適な行動を!

距離を置くと言った側は、単に嫌になって連絡をたつのではなく自分にすべきことがあったり、好きすぎて気持ちを整理したいなど様々な理由があります。

距離を取る時には理由だけでなく、具体的な期間も決めておかないとお互い期間中に冷めることもあり注意が必要です。

元通りのカップルに戻るためにも、期間中には自分を見直し充実した時間を過ごすことで、逆に距離を置いて良かったと思えるようにしましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事