別れ話をLINEでするってあり?別れる方法や反応に対する対処法も解説!

別れを直接言いにくいと思った時に便利な「LINE」。今回は、LINEでの別れ話のメリット・デメリットや、メッセージを送る時の心構え、別れ話をする方法や相手の反応に対する対処法も解説します!LINEの例文も紹介してるので、LINEで別れたい方は参考にしてみてくださいね。

別れ話をLINEでしようと考えている男女へ。

LINEで別れ話をするのはアリか

熱々だったカップルでも、熱が冷めてしまえば、別れるということもあるでしょう。

別れようと思った時には相手に会いたくないと思っているので、LINEなどで別れてしまおうとする方も多くなります。

本記事では、LINEで別れる時に、注意したいポイントについて紹介していきます。別れ方で悩んでいる方は、参考にしてみてください。


LINEで別れ話ってあり?なし?

LINEで別れ話はあり?

友達やカップル間の手軽な連絡ツールとして普及しているのがLINEですが、LINEで別れ話をするのはどうなのでしょうか?

実はこの問いに確固とした答えはありません。まずはメリットとデメリットから見ていきましょう。


LINEで別れ話をする時のメリット

一番のメリットは心理的にも別れようと言いやすいことです。それなりに付き合ってきた相手なら、情も湧いています。そのため、対面で会ってしまうと、別れようと言いにくくなってしまいます。

LINEで別れ話をすると、場の状況に流されず、自分の意思を貫くことができます。別れようとキッパリ言えなくて、ズルズルと続いてしまうこともなくなります。


LINEで別れ話をする時のデメリット

LINEで別れ話をすると、やはり付き合っていた恋人を傷つける点がデメリットになります。面と向かって言われずに別れを告げられると、なかなか納得できず、恋を引きずってしまう人も少なくありません。

また、相手が別れに応じなければ、更にメッセージを送ったり、もう一度会う必要が出てきたりします。状況によっては、やや面倒になることも考えられます。


LINEで別れ話をする時の心構え

LINEで別れ話をするときの心構え

上で紹介したメリット・デメリットからLINEでの別れ話をする際に、必要な心構えを紹介していきます。

LINEを使うことで、相手の気持ちや今後の関係にどのようなことが起こり得るのかを想定しておきましょう。後から後悔しなくて済みますよ。


LINEで別れ話をする時の心構え1. 相手を嫌な気分にさせることがある

別れの切り出し方としてLINEは、誠意がないと思われるという風潮があることは、頭に入れておいていいでしょう。

相手も大事な内容なのに、直接会って誠意を尽くさず、LINEであっさりと告げられたと感じてしまいます。

伝え方が失礼だと思われてしまうので、今後相手との関係が崩れてしまう可能性があります。同じサークル内や社内で付き合っていると、仕事上でも問題が生じてくるかもしれません。


LINEで別れ話をする時の心構え2. 既読無視や未読無視をされる場合がある

LINEで別れを切り出されるというのは、失礼だという印象があります。

相手からすれば、「自分は直接言う価値が無いほど軽い存在なんだ」と思うので、怒りの感情が湧いてきます。

別れの原因がどちらにあるにせよ、相手からすれば悪いのはLINEで別れを告げた側なので、連絡を見ないか、見ても返信しないことがあります。結果、最後にこじれてしまうこともあるかもしれません。


LINEで別れ話をする時の心構え3. LINEをブロックされて、二度と連絡取れなくなることがある

LINEで別れ話をすると二度と会えなくなる

意外と元カノ、元カレが恋しくなることは多いです。ところが、LINEで振ってしまうと、相手が怒ってしまう可能性が高くなります。

そうなるとLINEをブロックされたりして、連絡先を消去される可能性があります。元恋人にどうしても乗って欲しい相談があったりしても、当然連絡はできません。

LINEで別れを告げるには、元恋人との関係が完全に断ち切られることがあるということを、念頭に置いておきましょう。


LINEで別れ話をする3つの方法

LINEで別れ話をするする方法

ここからは、LINEでの別れ話の切り出し方など具体的にどうやってLINEを使っていけばいいのかについて解説していきます。

テクニック的な話になるので、どう切り出そうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。


LINEで別れ話をする方法1. 会話が続いている場合は、一度未読無視で会話を切る

カップルならずっと連絡を取っているという方も多いでしょう。日常会話を続けている中で、突然別れ話を切り出すのは気まずいかもしれません。

そういった時は、一回既読を付けずに待ってみてください。相手も既読が付かないので、別れの感情を考えさせることができます。

時間が経って相手からLINEが届いたら、文章を練って、別れ話を切り出しましょう。ポイントは会話の流れを不自然に終わらせないことです。


LINEで別れ話をする方法2. 少しLINEの期間を空けて、「大切な話がある」と切り出す

LINEを未読無視して間隔をあけた後の切り出し方も重要です。

ポイントなのは誠実さを伝えることです。LINEでの別れ話は不誠実と捉えられるので、既読無視をされがちです。

返信がないという事態を避けるためにも、一方的に別れを告げるのは避けて丁寧に切り出しましょう。「大切な話」があると言えば、相手もしっかり話を聞いてくれるはずです。


LINEで別れ話をする方法3. 簡潔に理由を伝えて「別れよう」とLINEを送る

LINEで別れ話をするときは簡潔に別れようと送る

別れ話がこじれる原因の1つが、一方的であるという印象があること。簡潔に理由を伝えれば、相手も納得しやすく、ブロックもされにくくなります

注意して欲しいことは相手を悪く言い過ぎないことです。最後だからと言いたかったことを全部書こうとする方もいますが、相手が怒って、既読無視や返信がないといった状況を作り出すだけなので、簡潔に書いておきましょう。


LINEで別れ話をする時の注意点とは?

LINEで別れ話をする時の注意点

LINEで別れ話をする時に、伝え方を間違えてしまうと、既読無視に発展したり、ブロックされてしまうこともあります。

ここではそうならないために、LINEで別れ話をする時の注意点について確認していきます。


LINEで別れ話をする時の注意点1. 会話の途中でいきなり別れ話をしないこと

会えない日にはLINEで会話をするというカップルもいます。そんな会話の途中で、別れ話を切り出してしまうと、失礼な印象を与えてしまい、相手も傷ついてしまいます。

楽しく話しているのに、相手がいきなり別れようというのですから当然ですよね。相手が怒りやすくなるので、ブロックされることにも繋がります。できるだけ会話が途切れたところで言うようにしましょう。


LINEで別れ話をする時の注意点2. 絵文字や顔文字は使用しないこと

真剣に別れ話をしているのに、絵文字や顔文字が送られてきたら、ふざけている印象が強くなってしまいます。

シリアスなモードが苦手で思わず顔文字を使いたくなる気持ちもわかりますが、真剣に「別れよう」という話をしている時は使わない方が無難です。

もしかしたら相手にあなたが本気でないと受け取られることも考えられます。相手に勘違いさせないためにも、絵文字は避けた方が良いでしょう。


LINEで別れ話をする時の注意点3. LINEで別れ話を送って相手の返信があった場合は、無視せずきちんと返信する

LINEで別れ話をするときは返信は無視せず返信する

別れ話が来たときに、相手から既読無視されず、何かしらの返信が来たとします。この時、返信するかどうか迷うという方も多いと思いますが、無視をせずにキチンと返信しましょう。

もう関わりたくないと感じるかもしれませんが、そこで無視をすると自分の印象を悪くしたり、相手を余計に傷つけかねません。

付き合っていた恋人として、最後もしっかり対応をすることが大切です。


LINEで別れ話をして相手から反応があった時の対処法

LINEで別れ話をしてから相ときの手から反応があったときの対処法

LINEで別れ話を切り出した後、相手から返信が来た場合、返信の仕方に困る時があります。では、どのように返信するのが良いのでしょうか。

ここではLINEで別れ話をして返信が来た時の対処法を紹介していきます。


LINEで別れ話をして反応があった時の対処法1. 会って話したいと言われた場合

まずは一回直接会いたいと言われた場合です。あなたからすれば会っても話すことは無いから意味がないと感じるかもしれません。

でも、恋愛は2人で作ってきたもの。終わらせる時も2人で相談した方がベターでしょう。

「会いたい」と相手から言われたら、できるだけ時間を割いて、会うようにしましょう。別れた後の後腐れを無くすためにも、相手とじっくり話すことは重要です。


LINEで別れ話をして反応があった時の対処法2. 電話しても良い?と聞かれた場合

お互いに忙しく、会う時間がなかなか取れないならば電話という方法もあるでしょう。

電話なら1~2時間話して別れることができます。かける時間は相手も自分もリラックスできる時間にするといいでしょう。

忙しい時間に連絡してしまうと、お互いに言いたいことが言えなくなります。最後が不完全燃焼で終わってしまうとモヤモヤするので、しっかり話してください。


困ったら参考に。LINEで別れ話をする時の例文

LINEで別れ話をするときの例文

では、どのようにLINEで使えればいいのでしょうか?ここでは相手を傷つけないで、キッパリ断る伝え方について解説していきます。

伝え方に迷っている方は、コミュニケーション能力を上げるいい機会だと思って、ぜひ参考にしてみてください。


LINEで別れ話をする時の例文1. 他の人を好きになった時の例文

他人を好きになった場合は、相手からすれば全面的にあなたが悪いでしょう。なので、謝り倒すことが大事です。

例えば、「こういう理由で他の人を好きになってしまった。自分勝手で申し訳ないけれど、別れて欲しい。」

といったものが挙げられます。相手は全く落ち度がないなら、そのことも盛り込んであげるといいかもしれません。


LINEで別れ話をする時の例文2. 相手の浮気が原因の時の例文

この場合は相手にも別れる原因はありますので、あなたが謝る必要はそれほどありません。

「この前浮気したことを知ってしまった。相手のことは好きだったけど、裏切られたから傷ついた。前と同じように付き合える自信がないから別れて欲しい。」

このように送ると、浮気が原因で気持ちが冷めたことをストレートに伝えられます。相手の浮気を責めすぎると逆ギレされることもあるので、言葉には注意して送りましょう。


LINEで別れ話をする時の例文3. 相手の気持ちに冷めてしまった時の例文

相手に冷めてしまった時のLINEの例文

相手は悪くないけど、欠点もあるかもしれません。欠点については思わずヒートアップして書いてしまうことがあります。相手が不快感を覚えてしまうので、やめておきましょう。

「こういった点に飽きてしまった(合わないと感じた)。自分勝手で申し訳ないが、今後も関係性を続けていっても将来が見えないから別れて欲しい。」と送ると、相手を責めずに別れることができます。


LINEで別れ話をする時の例文4. 自分のやりたいことを優先したい時の例文

この場合は、相手にはほとんど非がないので、キチンと謝ってあげましょう。

「やりたいことができた。あなたがいると気になって構ってしまうから、別れて欲しい。自分勝手で申し訳ない。」と送ると、自分が本当に優先したいことがあるということを伝えることができます。

重要なのは、構ってしまってやりたいことができなくなるといったように、相手が「それでも付き合いたい」と言える理由を載せないことです。


LINEで別れる時は、相手を傷つけないように気をつけて行いましょう。

LINEで別れ話をするときは相手を傷つけないように

LINEで別れる際のメリット・デメリットから別れ話の切り出し方まで紹介してきました。

既読無視をされずに綺麗に別れられるように、「別れよう」というタイミングや伝え方には十分注意してください。

万が一、別れ話がこじれてしまった場合は、相手がヒートアップしない内にきちんと謝るか、適切に対処するようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事