初デートで気をつけること"31選"|付き合う前のデートで注意することを解説!

気になる人とのせっかくの初デートで失敗したくないと思っている方へ。この記事では、初デートの際に気をつけるべきことを男女別に詳しく紹介し、2回目のデートにつなげる注意点も解説します!

【男女共通】初デートで気をつけること|付き合う前の注意点を解説します!

初デートで気をつけること

気になる人との初デートはとても楽しみなものですが、実は付き合う前のデートでは気をつけないといけないことがあります。

まず初めに、男女共通の初デートで気をつけることを7つご紹介。

次のデートにしっかり繋げられるように、絶対にやってはいけないNG行動を詳しく押さえておきましょう。


気をつけること1. 絶対に遅刻をしない

初デートでいきなり遅刻をしてしまうと、「時間を守らないなんて失礼」「だらしない人」など第一印象がすごく悪くなってしまいます。

また「自分とのデートを楽しみにしていなかったのかな」と思われてしまうことも。

初デートでは服装や髪型に悩んでしまい、準備に時間がかかってしまいがちなので、いつもより余裕をもって行動をしましょう。


気をつけること2. 馴れ馴れしくしすぎない

付き合う前なのにボディタッチをしすぎたり呼び捨てをしたり、初デートで馴れ馴れしくしすぎると、相手に引かれてしまう可能性があります。

さらに、いかにも慣れている様子から、体目的かのように思われてしまうこともあるでしょう。

距離を縮めすぎるのはNGだからといって、よそよそしすぎるのも問題。

初デートでは、ほど良い距離感を保つことが大切です。


気をつけること3. 自分の話ばかりしない

初デートで自分のことを話すのはある程度必要ですが、一方的に喋ってばかりだと相手はウンザリしてしまいます。

聞かされる側は、「自分も話したいことがあるのに」「聞き役ばかりでつまらない」と心の中で幻滅しているかもしれません。

初デートはお互いの性格や考え方を知るためのもの。

自分が話すだけじゃなく相手の話もしっかり聞き、会話のバランスを大切にしましょう。


気をつけること4. スマホを触りすぎない

デート中にスマホをいじってばかりいると、「自分といても楽しくないのかな」と思われる原因に。

急ぎの仕事の連絡ならまだしも、SNSのチェックやスマホゲームなどに夢中になるのは一緒にいる相手にすごく失礼です。

相手に不快な思いをさせないよう、デート中はスマホをカバンの中にしまうなど必要以上に触らないようにしましょう。


気をつけること5. ファッションに気合いを入れすぎない

好きな人との初デートは、ついつい気合いの入ったファッションになりがちです。

しかし必要以上に張り切りすぎてしまうと、ガチャガチャしたファッションになって引かれてしまう可能性も。

また女性の場合は「ヒールが高すぎて疲れてしまい会話が盛り上がらない。」なんて事態になることもあります。

もちろん服装に気を遣わないのはNGですが、初デートでは少し控えめで着慣れているファッションがベストです。


気をつけること6. ネガティブな会話をしない

仕事の愚痴や知人の悪口などネガティブな会話をしてしまうと、デートの雰囲気が台無しに。

そうした話題は聞いていて不快ですし、せっかくの楽しい初デートが素直に楽しめなくなってしまいます。

ネガティブなことを口にしたくなる日もありますが、初デートではグッと我慢。

趣味に関することや将来の夢など、できるだけ明るい話題選びを心がけましょう。


気をつけること7. 店員さんに横暴な態度を取らない

どれだけ自分に優しく接してくれたとしても、店員さんへの態度が悪ければ一気に悪い印象に。

例えば注文した品が中々届かなかった時に「遅いんだけど!」とキレたりすると、相手は一緒にいるのが恥ずかしくなります。

それに「良い人だと思ってたけど普段はこんな人なんだ」と幻滅されることもあるでしょう。

お店をでる時は「ごちそうさま」「ありがとう」と一言伝えるなど、店員さんにも丁寧な対応を心がけてくださいね。


【男性】初デートで気をつけること|女性に良い印象を与えるには?

好きな女性との初デートが決まったら、男性にはいくつか押さえておきたい注意点があります。

ここからは、男性が初デートで気をつけることをピックアップして解説。

今までのデートで何気なくやっていたことが、実はNGな場合もあるので事前にチェックしておきましょう。

【参考記事】女性を惚れさせるデートのノウハウを人気恋愛ライターが解説します!▽


男性が気をつけること1. シンプルで爽やかなファッションを心がける

女性は、清潔感のあるファッションの男性に好印象を抱きやすい傾向があります。

逆にどれだけおしゃれでも、派手すぎる服だったり、汚れやシワがある不潔そうな服だったりすると印象が最悪です。

  • 原色より白や紺などの落ち着いた色
  • 柄物より無地

など、初デートではシンプルで爽やかなファッションを心がけましょう。


男性が気をつけること2. 女性のペースに合わせる

女性は男性よりも歩くペースが元々遅かったり、ヒールを履いてて早く歩きづらかったりすることも多いです。

そんな女性のペースに、さり気なく合わせられる男性は「すごく気遣いができる人なんだな」と好印象を持たれやすいでしょう。

初デートでは普段通りスタスタ歩くのではなく、女性の歩幅をよく見ながらペースを合わせることが大切です。


男性が気をつけること3. 優柔不断にならない

決断力がない男性は、女性からすると頼りがいがなく見えてしまうものです。

例えば食事するお店を決められずウロウロしたり、買い物に行って何十分も迷ったりされると、イライラしてしまう女性も少なくありません。

性格はすぐに変えられるものではないですが、初デートでは女性をリードする気持ちで、何か迷ってもピシッと決断できる男になりましょう。


男性が気をつけること4. 会計はスマートに行う

いくら男性が全額奢ってくれるつもりでも、目の前で会計をされると女性は「自分も払わなきゃダメかな」と気を遣ってしまいます。

逆に自分が見えないところでサッと支払いを済ませておくと、その紳士な振る舞いに女性は好感を抱くこと間違いありません。

  • 会計は女性がお手洗いに行った隙に済ませる
  • 自分がお手洗いに行く振りをして支払う

という風に、会計は女性から見えないところでスマートに行うようにしましょう。


男性が気をつけること5. 適度に話を振る

初デートは誰しもドキドキするもので、緊張して上手く話せないと感じる人も多いです。

でも男性から話を振ってもらえると、女性は緊張が解けて話しやすくなる上に、相手の気遣いに好印象を抱きます。

  • 食べ物
  • 休日の過ごし方
  • 出身地
  • 子供の頃の思い出

など、いつでも話を振れるように女性が答えやすい質問や話題を用意しておきましょう。


男性が気をつけること6. デートプランを複数用意しておく

目的地に行く電車が止まっていたり、行きたかったお店が閉まっていたり、デートでは思いもよらぬアクシデントが起こるもの。

そんな時に備えて、デートプランを複数用意しておけば当日焦らなくて済みます。

女性からも「計画性があって頼れる人」と思ってもらえますよ。

「予定してた場所に行けないからデートはもう終わり。」なんて事態を避けるためにも、いざという時の代案を2つか3つ用意しておくと安心です。


男性が気をつけること7. お金は余裕を持って余裕しておく

思っていた以上に食事代などが高く、初デート中に持ち合わせが無くなったら大変です。

「お金が足りないから払ってもらってもいいかな?」なんて言ったらシンプルに格好悪いですし、女性からすると頼りなく見えてしまいます。

現金は想定している予算の2倍ほど用意し、クレジットカードはどこの店舗でも使えるように複数枚持っておくと安心ですよ。


男性が気をつけること8. 「お手洗い平気?」などの気遣いを欠かさない

女性の中にはデート中トイレに行きたくなっても、恥ずかしくて中々言い出せない人も多いです。

そのためトイレに行きやすいキッカケを男性から作ってあげると喜ばれ、細かなことにも気づける優しさもアピールできます。

「お手洗い大丈夫?」と聞いてあげる他、女性が行きやすいように自分も小まめにトイレに行くなど、気遣いを欠かさないようにしましょう。


男性が気をつけること9. 解散時間を早めに設定する

初デートは「もう少し一緒にいたかったな」と女性が思うくらいの時間に解散した方が、次のデートに繋がりやすくなります。

それに終電を逃させようとしてると思われることもなく、紳士的な印象を与えられますよ。

  • 社会人なら22時
  • 大学生は21時
  • 中学生・高校生なら18時

といったように、引き留めたくなる気持ちはグッと我慢して、上記を参考に解散時間は早めに設定しましょう。


男性が気をつけること10. 「可愛い」などの褒め言葉を素直に言う

自分のことを褒められて嫌な気持ちになる人はいません。相手が喜ぶ言葉を積極的に伝えることで、良い雰囲気になりやすいでしょう。

また褒めてくれる相手は異性として意識してもらいやすく、恋愛関係にも発展しやすくなります。

「本当に可愛い!」「いつも明るくて一緒にいて楽しい!」など、相手の良い部分を恥ずかしがらず素直に伝えてみてくださいね。


【女性】初デートが気をつけること|男性に良い印象を与えるには?

初デートというと女性はエスコトートされる側の印象もありますが、もちろん女性にも押さえておきたい注意点があります。

ここからは、女性が初デートで気をつけるべきことを解説します。

自分では問題ないと思っていた行動が、男性には不評な場合もあるので事前にチェックしておきましょう。


女性が気をつけること1. 笑顔を心がける

初デートでは、相手が楽しんでくれているかどうか男性も不安を感じているもの。

そんな時に女性がムスッとしていると、男性はもっと不安になってしまいます。

逆に女性がニコニコ笑っていると、「楽しんでくれてるみたいで良かった」と男性は安心できるでしょう。

初デートを盛り上げるには、笑顔で楽しいアピールを欠かさないことが大切です。


女性が気をつけること2. 着飾りすぎない

気になる人との初デートは何かと気合が入るものですが、バッチリすぎるメイクやファッションは、とっつきにくい印象を与えます。

親近感が沸きにくく、自分と合わないと男性が感じてしまうことも。

特に大学生・高校生・中学生だと、派手過ぎる格好は引かれる可能性大です。

  • 濃すぎるメイクは避ける
  • アクセサリー類はじゃらじゃら付けない

など、初デートではおしゃれをするにしても着飾りすぎないことが大切です。


女性が気をつけること3. 男性の話に明るくリアクションをとる

人は自分が話をしている時、相手がしっかり反応をしてくれると嬉しくなります。

一方で、反応が悪いと「ちゃんと聞いてるのかな?」「もしかして俺に興味ない?」と思われかねません。

初デートでは、笑顔で相槌を打ちながら話を聞くようにしましょう

男性も気持ちよく話すことができ、いい感じで盛り上がりますよ。


女性が気をつけること4. お礼をしっかり言う

普段のデートでもそうですが、特に初デートでは男性は女性に楽しんでもらおうと様々なエスコートを頑張っているもの。

そこで女性から「ありがとう」と言ってもらえると、自分の気遣いが報われたような嬉しい気持ちになります。

  • 男性から食事をごちそうになった時
  • ドライブデートで男性に運転してもらった時

など、何かしてもらった時にはちゃんと言葉でお礼を伝えるようにしましょう。


女性が気をつけること5. 清潔感のある髪型にする

いくらメイクやファッションに気を遣っていても、ボサボサの髪では残念です。

逆にスプレーでがっちり固めたようなキメキメの髪型も、男性は引いてしまいます。

男性が好印象を一番抱きやすいのは、あまり決めすぎていない清潔感のある髪型

  • 綺麗にブローしておく
  • 髪の毛が長いならまとめる

など、初デートでは清潔感を演出し、女性らしい爽やかな印象を与えましょう。


女性が気をつけること6. 聞き上手になる

デートで自分の話ばかりしていると嫌がられるのは、男性も女性も同じです。

特に男性は話を聞いてもらうことを嬉しく感じる人も多いので、デート中は聞き上手になることが好印象を与える秘訣。

特に初デートはお互いのことを、よく知るための時間です。相手にもたくさん喋ってもらうことで、気分よくお互いに会話が楽しめるでしょう。


女性が気をつけること7. 「へぇ〜」を連発しない

相槌は相手の話をちゃんと聞いているというサインですが、「へぇ~」など当たり障りのない返事ばかりするのはNG。

そっけない相槌を連発していると、男性は自分に興味がないのかもと不安になってしまいます。

「すごい!それでそれで?」「その話もっと聞きたい!」など、相槌のレパートリーを増やして会話を盛り上げる工夫をしてくださいね。


女性が気をつけること8. 男性を立てて褒めてあげる

男性は女性から褒められると気分が良くなり、相手に対して好感を抱きます。

特に「本当に頼りになる」

「筋肉がすごくて男らしい」

など男性ならではの部分を褒めてあげると、異性として意識してもらいやすくなりますよ。

二人の関係を発展させるためにも、男性を立てて褒めるテクニックを初デートで使いこなしましょう。


女性が気をつけること9. ネイルなど、指先まで手入れをしておく

女性が思っている以上に男性は細かいところまで見ており、爪が汚れていたりすると一気に悪い印象に。

初デートでは服装や髪型と同じく、指先のお手入れも忘れてはいけません。

社会人や大学生ならネイルサロンに行くのも良し、高校生や中学生ならセルフネイルでも良いでしょう。

細かな部分のケアも手を抜かないことが、好きな人に異性として意識してもらう秘訣です。


女性が気をつけること10. 相手の目を見て会話する

相手の目を見て会話することは”しっかり話を聞いているよ”というサインになり、話している相手も安心できます。

また”目を見る=あなたに気がある”という気持ちが伝わりやすく、初デートで距離感が一気に縮まるキッカケにも。

人の目を見るのが苦手でキョロキョロしがちな方も、ちょっと頑張って目を見て話す練習をしてみてください。


初デート後に気をつけること|2回目のデートをするために気をつけることは?

ここまで初デート中に気をつけることをご紹介してきましたが、次に繋げるにはデートが終わってからの行動も重要です。

最後に、初デート後に気をつけることを4つご紹介していきます。

確実に2回目のデートに繋げるためにも、どういった注意点があるのか詳しく見ていきましょう。


初デート後に気をつけること1. その日のうちにお礼の連絡を入れる

デートから帰ったら「今日はありがとう」とお礼の連絡をすると、相手に好印象を与えられます。

その際に具体的に楽しかった理由をお礼と共に伝えることで、相手も初デートが上手くいったと安心でき、次のお誘いをしやすくなるでしょう。

「今日はたくさん話せて楽しかったよ!ありがとう」

「素敵なお店に連れてってくれてありがとう」

など、初デートの余韻が残っているうちに感謝のメッセージをぜひ送ってみてください。


初デート後に気をつけること2. 距離感を詰めすぎない

デートをすると一気に仲良くなった気がしますが、だからと言って急に馴れ馴れしくなると相手に引かれてしまいます。

特にデートまで数回しか会ったことがない場合や、その日が初対面だった場合は距離感の詰めすぎに注意しなければなりません。

  • いきなり名前を呼び捨てする
  • 急にタメ口になる

このように馴れ馴れしくならないよう気をつけ、初デート後も真摯な対応を心がけましょう。


初デート後に気をつけること3. 定期的に連絡をとる

初デートが終わってからも定期的に連絡をすることで、友達以上の関係であると相手にも認識してもらえます。

ただし、しつこい連絡はNG。

LINEやメールが元々好きじゃない相手だったり、忙しい社会人だったりすると「付き合ってもないのにしつこいな…」と思われる可能性も。

相手から返ってくる連絡のペースに合わせながら、次のデートに繋がるようLINEやメールを送りましょう。


初デート後に気をつけること4. 「また会いたい」という気持ちを伝える

付き合う前だったり、初デートが初対面だったりすると、相手は次のデートに誘ってもいいのか迷っていることも。

こちらから「また会いたい」という気持ちを伝えることで、異性として好意を抱いていることが伝わり、2回目のデートに誘いやすくなります。

直接顔を合わせた時でも良いですし、LINEやメールで「今度は〇〇に一緒に行きたいな!」と伝えるのもOK。

また会いたいと思っていることを上手にアピールしましょう。


初デートで気をつけることを知って、2回目のデートを成功させよう!

気になる人との初めてのデートが決まったら、絶対に成功させて次に繋げたいですよね。

付き合う前のデートで気をつけること全てに共通するのは、相手への気遣いです。

”相手を楽しませてあげよう””という気持ちを持つことで、初デートはきっと上手くいくはずですよ。

ぜひ今回ご紹介した内容を元に、初デートを成功させて二人の関係を進展させてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事