馴れ馴れしい人の特徴とは?不快感を与えずに親しみやすさを出すコツを解説

馴れ馴れしい人の特徴を知りたい人へ。本記事では、馴れ馴れしい人の特徴から、相手に不快感を与えずに親しい関係になる方法まで大公開!馴れ馴れしくならず、信頼関係を築くコツも解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

「馴れ馴れしい」と「親しい」は全然違う!

馴れ馴れしい人の特徴

馴れ馴れしいとは、親しい仲といえる間柄ではないのに、遠慮もなく一線を越えた態度や口調で接することです。

親しいとは今しがた意気投合したのではなく、時間をかけて築きあげた関係性で、互いに尊敬し心地いい距離感で仲良くしている様のことを指します。

2つの大きな違いは、相手を思いやれる関係性かどうかという点にあり、相手に不快感を与えないかどうかで判断されることも多いです。


【自己診断】馴れ馴れしい人の特徴|当てはまってないかチェックしよう!

「え…?」と思ってしまうほど、急に距離感を縮めてくる馴れ馴れしい人。言葉遣いや態度がどうしても苦手で、モヤモヤしてしまいますよね。

一方で、「自分も人に馴れ馴れしくしていないかな。」と気にしてしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、馴れ馴れしい人の特徴8選をご紹介します。どんな特徴があるのかを把握しながら自己診断してみてくださいね。


馴れ馴れしい人の特徴1. 初対面で名前をあだ名で呼んだり、呼び捨てをする

馴れ馴れしい人は、相手と同じ共通点を1つでも見つけると仲間意識を持つ傾向があります。

例えば、同じ保育園に子供を預けていたり同じ会社に勤務していたりするだけで、「きっと私たち親しくなれる!」と勝手に距離を縮めてしまうのです。

そのため、初対面同然の人にも他の人が呼んでいるようにあだ名で呼んでしまいます。男性であれば悪気もなく呼び捨てするのも、馴れ馴れしい人あるあるでしょう。


馴れ馴れしい人の特徴2. 知り合って間もないのにタメ口を使う

タメ口を使って話せるような、ラフな関係性を求めがちなのも馴れ馴れしい人の特徴です。

「自分には気を使わなくても大丈夫。」「話しかけやすい人間だから気軽に接してね。」という具合に思っているから、付き合いの浅い相手にも敬語を使うことがありません。

相手に敬語を使われると距離を置かれているようで寂しいと感じていることもあって、自ら結界を張らないようにタメ口を使うのです。


馴れ馴れしい人の特徴3. 聞いてほしくないようなプライベートな質問をする

馴れ馴れしい人は、優しい仮面をかぶった自己中な情報屋。相手がどんな人なのかを1から10まで知りたがる傾向があります。

例えば、結婚や妊娠、収入、仕事内容、旦那さんとの仲やママ友との関係性など根掘り葉掘り質問ばかりするのも特徴。相手にどう思われるかなど考えもしません。

職場に入ってきた新人さんや引越ししてきたばかりのママなどはターゲットになり、あの手この手で自分の「知りたい。」欲求を満たそうとするでしょう。


馴れ馴れしい人の特徴4. 必要以上にボディタッチが多い

自分の気持ちを抑止できないのも、馴れ馴れしい人にみられる特徴の1つ。好きな気持ちや喜怒哀楽の感情をだす時には、ボディタッチがセットなのです。

男性に筋肉美があれば触れてみたくなるし、女性の髪が綺麗なら撫でてみたくなるのを、思いのまま行動に移してしまいます。本人は無意識なので、全く悪気がないというのも残念なポイント。

女性が男性にボディタッチをして「気があるのか。」と勘違いされることもあり、またその勘違いが「私はモテる」という勘違いを生んで負の連鎖が起きたりします。


馴れ馴れしい人の特徴5. 話す時の距離感が近い

基本的に馴れ馴れしい人は、寂しがり屋で甘えん坊気質の人が多い傾向があります。1人になることに不安やストレスを感じやすいのも特徴です。

そのため、人とのパーソナルスペースが極端に近く、優しい相手にはグッと寄り添ってしまう。そのため、相手の受け取り方次第では「好かれている」「うざい」と両極端な判断がされるでしょう。

自分の気持ちに素直すぎて即行動に移してしまう性格もあり、「教えて欲しい!」「助けて欲しい!」などの気持ちが無意識に接近させてしまいます。


馴れ馴れしい人の特徴6. 人の都合を気にせず飲み会などに誘う

状況判断ができずに無神経な行動をとってしまうのも、馴れ馴れしい人にはよくあること。

例えば、職場が繁忙期でみんなが忙しいのにもかかわらず、自分の仕事が早めに終わったからと残業組を前にハイテンションで飲みに誘ってしまうことも。自己中なので、他の人の仕事を手伝ってあげよう、珈琲を淹れてあげようといった気遣いの方法も知りません。

普段の馴れ馴れしさも手伝って「なんなの?」と敵視されてしまうことも多いでしょう。


馴れ馴れしい人の特徴7. 上下関係を気にしない

馴れ馴れしい人は、肩書のある人や年上の人であっても「同じ人間」くらいにしか思っていません。

そのため、自分より目上の人に対してもタメ口を使ってしまいます。フランクに話せるようになるまでのコミュニケーションを端折ったり、相手に対する敬意が欠如していたりするから、ただの失礼な人にしかなりません。

相手にどう思われるかもさほど気にしないため、どんどん神経の図太い人になっていきます。


馴れ馴れしい人の特徴8. 上から目線で話す

プライドが高く、自分に自信を持っていることも多い馴れ馴れしい人。

フランクな態度や言葉遣いも相まって、会話は相手に不快感を与えてしまうことも多いです。「お願いします。」は「お願いね。」になるし、「~ですか?」は「~だよね?」となり、言葉尻に上から目線が目立っています。

馴れ馴れしさにプラスして優位に立ちたい(負けず嫌い)な片鱗が見えるため、さらに厄介な人に。

【参考記事】はこちら▽


馴れ馴れしい感じを出さずに親しい関係を作る5つのコツ

身体的にも精神的にも距離を詰めてくる、馴れ馴れしい人。

「気持ち悪い」と感じてしまう人もいるので、自分だけは馴れ馴れしいと思われたくない人も多いのではないでしょうか。

でも、どんな方法でなら馴れ馴れしいと思われずに仲良くなれるのでしょうか。

ここでは、馴れ馴れしさを出さずに親しい関係を作る5つのコツをご紹介します。

職場の人間関係や恋愛にも役立つコツですので、把握しておきましょう。


コツ1. 相手を敬う姿勢を持つ

親しみを込めて接したつもりでも、相手に「軽蔑されている。」「見下されている」と思われたら、あなたの評価がだだ下がりになってしまいます。

人の第一印象は、見た目はもちろん言葉遣いや態度によって決まってしまうため、誰に対しても相手を敬う気持ちで接することが大切です。

礼を尽くして接してくれる人を嫌だと思う人はいませんので、丁寧で誠実な対応を心掛ければ、馴れ馴れしいと思われずに済みますよ。


コツ2. 綺麗な言葉遣いを意識する

親しい間柄でのフランクな言葉遣いは全く違和感を覚えないものの、ビジネスや初対面の人には「社会人としてどうなの?」「プライベートと仕事の境がないのか?」と思われてしまいます。

言葉の距離間をうまく保てないのが馴れ馴れしい人なので、普段から「ですます調」の綺麗な言葉を使っておけば、相手に不快感を与えずに済むでしょう。

綺麗な言葉は、話す人の信頼性や誠実性を上げてくれるから、あなたの評価をあげる方法でもあるのです。


コツ3. 相手が踏み込んでほしくないラインを見極める

人には「パーソナルスペース」という名の踏み込んでほしくない領域があり、一人一人広さも違います。自分のスペースにズケズケと踏み込んでこられる感覚は、家に不法侵入されているのと同じくらい不快なもの。

人間関係においては、相手のパーソナルスペースに踏み込まないよう慎重に少しずつ間合いを詰めていくことが大切です。

相手の表情や雰囲気を察知できるようアンテナを張っておけば、相手も警戒せずに受け入れてくれます。


コツ4. 明るい印象を与える、表情や声のトーンを意識する

敬語ばかり使っていては、堅苦しい雰囲気やよそよそしさがあり親しくなれないと不安な人も多いでしょう。機嫌が悪そうな敬語では、同じ会話でも相手に「怒っているのかな?」と思われてしまいます。

敬語でも親しみのある会話を成立させるには、口角を上げてアイコンタクトを適度に取りながら、声の高さや話す速さにも意識を向けることがポイントです

笑顔で話す人には親しみも感じやすく、癒されると感じてもらえるでしょう。


コツ5. 仲良くなっても礼儀やマナーを忘れない

徐々に親しい間柄になったとしても、失礼な言動や態度、非常識な行動やマナーのない行動があれば、「ありえない!」と相手が引いてしまいます。せっかくいい関係ができても無駄になってしまうのです。

親しき仲にも礼儀あり。親しい仲になったからこそ、相手には礼を尽くすのを忘れてはいけません。

お互いのことを尊重し合える関係性ができれば、より心地いい人間関係が作れるはずです。


馴れ馴れしい人ではなく、親しみやすい人を目指しましょう。

馴れ馴れしいことと親しいことの意味をはき違えている人は意外に多いもの。

なぜ周囲の人と上手くいかないのか悩んでいる人は、原因や対処法を探しているのではないでしょうか。

男性でも女性でも、人に避けられたり眉をひそめられたりするのは嫌ですよね。

馴れ馴れしいと思われないようにする方法を把握して、少しでも快適な関係性を作れるようにテクニックを磨いていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事