付き合う前の電話は男性からした方がいい?その理由と上手な誘い方を解説!

付き合う前の電話を男性からしていいのか知りたい方へ。本記事では、付き合う前の電話は男性からした方がいい理由から、付き合う前の電話を男性からうまく誘う方法まで大公開!付き合う前の電話を男性からした時の好意の見分け方も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

付き合う前の電話に対する男女の考えとは?

付き合う前の電話に対する男女の考えとは?

一般的に、男性は連絡手段として考えているため、大した用もないのにだらだら電話することが苦手です。

しかし、好きな人に対しては、親交を深めたり距離を縮めたりしたいと思っているので、例外といえるでしょう。

一方、女性にとって電話は、普通に会話するのと同様にコミュニケーション手段の一つ。

結論がなくても、気になった出来事やその時の感情などを伝えながら会話することが多いのが、男性との大きな違いです。

会話自体が好きなので、よほど嫌いな相手でなければ基本的にどんな男性からの電話にも応じる傾向があります。

もちろん、好きな男性からの電話なら、なおさら話したいと感じているでしょう。


付き合う前の電話を男性からした方がいい理由|メリットはある?

「恋人じゃないのに、男性から電話しても平気なの?」

「LINEなら大丈夫だけど、電話はちょっと苦手…」

好きな女性へアプローチはしたいけれど、LINEと比べて電話はハードルが高く感じる男性も多いのでは。

また、LINEではなく電話をするメリットを知りたい男性もいますよね。

そこでここから、付き合う前の電話は男性からした方がいい理由を解説していきます。


理由1. 距離が縮まるから

「彼女でもないのに自分から電話は…」と思っている女性は、決して少なくありません。

男性から積極的にアプローチすることで、リードしてくれる男らしい人という印象を与えられます。

男性から電話して喋れば、

  • 様々な話題を共有して盛り上がれば、相手の人となりが知れる
  • 声を聞いたり感情が伝わったりして、文面よりも相手を近くに感じられる

などのメリットがあります。

文章だけでやり取りするよりもお互いのことを理解しやすいため、その分距離が縮めやすいといえますよ。


理由2. スムーズに会話ができるから

LINEだと女性があなたの文面を確認して、返信まで時間がかかるなんてことはよくありますよね。

その点、電話なら直接話せるので、

  • 聞きたい返事がすぐにもらえる
  • 新たな質問や話題にすぐ切り替えられる

など、スムーズなやりとりが可能。

LINEで返信が遅いと「変なこと言ったかな…」と不安に思いがちですが、電話ならレスポンスが早いのでストレスなく会話できるのです。


理由3. 相手のことを知れるから

言いたい内容をきちんと言葉にまとめるのは難しいもの。

電話なら口頭で答えられるので、女性の負担が少なく本音を言いやすいのです。

  • 好きなものや趣味
  • 好きなタイプや好きな人がいるのか
  • 彼氏がいない場合、今誰かと付き合う気はあるのか

など、会話のやりとりの中で、より正確に女性のことを知れます。

気になることを会話の中でスムーズにリサーチでき、今後相手を喜ばせたい時に役立ちますよ。


理由4. 会う約束がしやすい

人は対面に近ければ近いほど、断りにくくなる傾向があります。

また、女性は押しに弱い人が多いので、電話で積極的にデートへ誘えば成功確率が上がりやすいですよ。

LINEではなく電話でデートに誘うと、女性は、

  • 声を聞くと、会いたくなる心理が働きやすい
  • 話が盛り上がれば、会った時も楽しそうと感じる
  • 直接声でやりとりして距離が縮まった分、断ると悪いかなと思う

などの理由からOKしてくれやすくなるんです。


理由5. 相手が喜んでくれるから

女性だって好きな男性の声は聞きたいもの

好きな相手と電話できて嬉しいのは、男性も女性も同じです。

しかし、「女から電話するのは…」とためらったり緊張したりして、アプローチできないケースも少なくありません。

そんな時、好きな男性から電話があったら嬉しいですよね。

もし女性が脈ありだった場合、電話することで一気に距離が縮まる可能性がありますよ。


理由6. 意識してくれるから

何度も男性から電話すれば、女性に「もしかして自分に気があるのかな?」と感じさせられます。

また、会話のところどころで、

  • 「〇〇ちゃんって話しやすいよね」など、好感が持てることをアピールする
  • 「〇〇ちゃんにだけ言うんだけど…」など、相談や秘密事を共有する
  • 「〇〇ちゃんのそういうところが可愛いよね」など、褒める

のように、脈ありアピールをするといいでしょう。

好意を匂わせることで、女性もただの男友達ではなく異性として意識しやすくなりますよ。


理由7. 気持ちが分かりやすい

文面だと真意や内容が分かりくいことがあり、スタンプや絵文字を使っても感情が読み取りにくいケースが少なくありません。

電話なら、

  • 声のトーンで感情が分かりやすい
  • 話し方でテンションを掴みやすい
  • 言葉遣いで相手がどのような人か理解しやすい

など、声を直接聞くことで、女性の気持ちや人柄が理解しやすくなります。

また、女性からしても同様なので、男性の気持ちがしっかり伝わりやすいメリットがありますよ。


付き合う前の電話を男性から誘う方法|上手なアプローチの仕方とは?

「付き合う前に電話するためのきっかけって何がある?」

「女性に不信感を抱かせたりヤリモクだと思われたりせずに、電話する口実を教えて欲しい!」

付き合う前に好きな女性に電話するのは勇気の他に、きっかけや口実が必要ですよね

では、どのようなアプローチ方法や誘い方があるのでしょうか。

ここから、付き合う前に男性から電話に誘う方法を具体的に解説していきます。


誘い方1. ストレートに誘う

付き合う前は、相手の生活リズムが掴めないケースも少なくありません。

いきなり電話して仕事中や食事中だったら、迷惑だと思われてしまう恐れがあります。

なので、相手の都合を第一に考えていることをアピールすると、好感度が上がりやすいですよ。

  • 「LINEだとうまくまとめられないから、今電話しても大丈夫?」と断りを入れる
  • 直接会った時、「寝る前に軽く電話しても平気?」と聞く

など、電話をしてもいいのか事前に了承を得ましょう。

女性のことを意識しすぎると、余計に電話しにくくなってしまうもの。

男友達に接するよう、気軽に言ってみましょう。


誘い方2. 「相談に乗って欲しい」と誘う

相談事は伝えるべきことがたくさんあるので、文字に起こすのは少々面倒。

直接話した方が早いので、電話するきっかけとしてはポピュラーな誘い方です。

例えば、

「ちょっと仕事で相談したいことがあるんだけど、今話せる?」

と、LINEしてみましょう。

女性に「LINEじゃダメなの?」と思われにくく、自然に電話できます。


誘い方3. あらかじめ時間を提案して誘う

適当に「ちょっと電話してもいい?」と電話に誘ってしまうと、女性が長電話になるのを嫌がって応じてくれない可能性があります。

「ちょっと」の感覚は人それぞれ。

具体的な通話時間を決めておけば、女性も安心しやすく「それくらいならいいか」とハードルが低くなります。

例えば、

「ちょっと話そうよ」

と言われるより、

「10分だけ話そうよ」

と言われた方が、「まあ、10分だけなら」と女性が思いやすいんです。

もし会話が盛り上がっても、約束の時間が来たらきちんと電話を終えれば、「約束をしっかり守る人なんだ」と好印象を与えられますよ。


付き合う前の電話で好意の見分け方|男性からかけた場合の脈あり判断とは?

「付き合う前に電話した時、脈ありか脈なしかの見分け方を知りたい!」

「電話でのやりとりの中で、脈ありだと思える言動ってどんなものがある?」

付き合う前の女性が脈ありなのか脈なしなのかは、多くの男性が気になるところですよね。

そこでここから、付き合う前の電話における好意の見分け方を解説。

男性から電話した場合、脈あり判断の基準はどのようなものがあるのでしょうか。

脈ありサインや女性心理を把握して、恋を成就させましょう。


見分け方1. そもそも電話に応じてくれるか

そもそも特別な用事もないのに電話に出てくれるのは、ある程度の仲は築けていると言えるでしょう。

脈あり度はそこまで高くありませんが、少なくとも嫌われている可能性は低いでしょう。

ただし、

  • 電話しても出ず、折り返しもない
  • 「電話してもいい?」と聞いても、ほとんど断られる

などの場合は、残念ながら脈なしで、うざいと思われている可能性が高まります。

素早く次に切り替えた方が賢明ですよ。


見分け方2. 楽しそうにしているか

興味がない人の話を聞くのは、退屈で苦痛なもの。

逆に、好意がある人の話ならいくらでも聞きたいので、話しているだけで嬉しいんです。

  • こちらの話に対するリアクションが大きい
  • 会話が途切れず、相手からも話題を振ってくる

など、あなたと話している時に女性が楽しそうにしていたら、脈ありの可能性が出てきます。


見分け方3. プライベートな話題に答えてくれるか

少し踏み込んだ話は心を許した相手にしかしたくないものです。

また、好意を寄せている相手だからこそ「自分のプライベートな部分も知ってほしい」という女性心理の表れとも言えますよ。

  • 家族に関する話題
  • 恋愛遍歴や彼氏にしたい人の話
  • 休日の過ごし方

など、パーソナルな部分に触れた質問にもごまかすことなく答えてくれれば、脈あり度は高いですよ。


見分け方4. 声のトーンが高いか

好きな男性には可愛いと思われたいのが女心

なので、普段より声のトーンが少し高くなっていたら脈ありと言えるでしょう。

また、好意のある男性に明るい印象を与えたいという心理も働くので、無意識のうちに声を高くしていますよ。

逆に、声のトーンが低いと脈なしの可能性が。

電話が退屈だったりうざいと思っているのが、テンションに表れてしまっています。


見分け方5. 早く切り上げようとしていないか

電話が楽しくなかったら名残惜しいとは思わないため、理由をつけて切り上げようとします。

しかし、好きな相手だったり楽しかったりすれば、長電話も苦にならないのは男性も女性も同じです。

  • 会話が途切れても、新たな話題を振ってくれる
  • 沈黙が続いても、切ろうとしない

など、女性が電話を切り上げようとする様子を見せないのは、脈ありサインの可能性が高いですよ。


付き合う前に男性から電話をかける時の注意点|女性に嫌われないためには?

付き合う前に男性から電話するメリットや誘い方、好意の見分け方を知ったら、次は電話する際の注意点を知っておくことが大切。

ここから、付き合う前の電話を男性からかける時の注意点を4つ紹介します。

まだ付き合う前だということを忘れず、NGな電話をして女性に嫌われないマナーを知っておきましょう。

電話をかける時の注意点
  1. 突然かけない
  2. 夜中にかけない
  3. 踏み込みすぎない
  4. 片手間に電話をしない
タップすると移動します

注意点1. 突然かけない

付き合ってもいないのに何の前触れもなく電話すると、女性が「突然電話してくるなんて…」と悪印象を抱く恐れがあります。

なので、電話をするなら事前にLINEや口頭で「電話してもいい?」と了承を得ておきましょう。

また、具体的に何時ごろかけるのか伝えておくとGOOD

女性の都合を考えているアピールに繋がり、好感度が上がりますよ。


注意点2. 夜中にかけない

夜遅い時間に電話すると、寝る直前だったり寝ていたのを起こしたりする可能性があります。

付き合う前なのに、そんな時間に電話してしまうと「非常識な人」というレッテルを貼られてマイナスイメージ。

  • 21時以降に電話するなら、事前に伝えておく
  • 夜に電話する時は、30分以上の長電話をしない

など、一般的なマナーは守るようにしましょう。

相手の生活リズムを考慮した上で電話することが大切です。


注意点3. 踏み込みすぎない

ある程度親しい関係を築けていたとしても、デリカシーのない質問をすると嫌われてしまう可能性が出てきます。

女性が踏み込まれたくない部分に土足で入ってしまえば、「私はあなたの彼女じゃない!」と嫌悪感を抱かれてしまうでしょう。

女性によって踏み込まれたくない部分は異なりますが、基本的に、

  • 家族や親しくしている友人の話
  • 過去の彼氏や恋愛遍歴
  • 下ネタや他人への愚痴・悪口

など、女性のパーソナルな部分やネガティブな話題は避けるようにしましょう。


注意点4. 片手間に電話をしない

会話に集中しておらず、何度も聞き返したり返事が上の空だったりしたら、女性は「私に興味ないのかな」と不信感を抱きます。

なので、電話する時は、会話に集中できる環境作りが大切なのです。

  • 騒がしい屋外や場所は避け、自宅からかける
  • テレビや動画、音楽など、ながら電話をしない

などを意識して、女性と真剣に向き合いながら話をしっかり聞きましょう。


【Q&A】付き合う前の電話を男性からかける時に知っておきたいことを一挙公開!

「付き合う前に電話するなら、どんな話題がいいの?」

「電話をかける時間や通話時間、頻度などは、具体的にどれくらいが目安?」

付き合う前に好きな女性と電話できるまでの関係を築けても、一般的なマナーは知っておきたいですよね。

そこでここから、付き合う前の電話を男性からかける時に知っておきたいポイントを、Q&A方式で紹介。

せっかくの関係を壊すことなく、さらに好感度を上げて恋を成就させましょう


Q1. 付き合う前の電話でおすすめの話題は?

A.

女性が気軽に話せる内容の方が沈黙のリスクを下げられ、話が盛り上がりやすいです。

  • 最近起きた楽しい出来事
  • 女性が好きなものや趣味に関する話題
  • 最近出来たお店や公開された映画
  • 電話するきっかけとなった相談事

などがおすすめ。

電話する前にいくつかネタを用意してメモしておくと、緊張しても話題を繋ぎやすいですよ。


Q2. 付き合う前の電話の頻度はどれくらいがいい?

A.   付き合う前でも自分の存在を強く意識させるため、理想を言えば毎日電話しておきたいもの。

ただし、

  • 「電話してもいい?」と聞いた時の反応が良かった
  • 女性からも「電話してもいい?」と誘われた
  • それまでの電話でのやりとりに手応えがある

などの条件が揃った時のみ、毎日電話しましょう。

そこまで自信がない時は、2~3日に1度でもOK。このくらいの頻度でも、十分意識させられますよ。

反応が悪いと感じたら、まずは1週間に1度くらいの頻度で様子見して、少しずつ回数や時間を伸ばすのが賢明です。


Q3. 付き合う前の電話は何分ぐらいがいい?

A.   付き合う前の長電話は女性の負担が大きく、短すぎると「何のために電話してきたの?」と思われてしまいます。

なので、少し話足りないと感じる30分から1時間を目安にするのがおすすめ。

女性に「もう少し話したかったな…」と思わせた方が、次に繋がります。

その状態で、電話を切る際に「また電話してもいい?」と聞けば、高確率でOKをもらえますよ。


Q4. 付き合う前の電話はいつ頃かけるのがいい?

A.

知り合ったばかりだと相手からの好感度や信頼度がまだ低いため、いきなり電話してしまうと女性が困惑してしまいます。

まだ女性との関係性がそこまで深くない段階では、まずはLINEから徐々に距離を縮めるのがベター。

  • 相手から質問をよくしてくれる
  • LINEの返信速度が早い

など、こちらに興味を示している兆候が見られたらいつでも電話してもOKです。

ポイントは、相手と信頼関係を結べているかどうか。

お互いをよく知らないのに、パーソナルな質問をしたり会おうとしたりすると、「非常識な人」「ヤリモク?」と思われる恐れがありますよ。


付き合う前こそ男性から電話をかけて相手の振り向かせてみて。

付き合う前に好きな女性と電話するのは緊張するもの。

「恋人でもないのに電話してもいいの?」と思う男性もいるかもしれませんが、男性から電話するのは多くのメリットがあります

まずは、勇気を出して女性に「電話してもいい?」と聞いてみましょう。

OKが出れば、少なくとも悪い印象は抱かれていないはず。

積極的な姿を見せて付き合う前に電話する関係を築ければ、ゴールは目の前ですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事