長電話できる相手は気が合う証拠?相性がいい人の特徴や共通点を徹底ガイド

長電話できる相手は気が合うのか知りたい方へ。今記事では、長電話できる相手の特徴について詳しくご紹介します。些細な会話でも続いたり、沈黙にならなかったりなど、電話が長く続く相手と気が合うのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

長電話ができる相手とは気が合うらしい!

長電話できる相手とは気が合う?

電話は相手の顔が見えない声だけのコミュニケーション方法です。相手の表情や仕草が見えないというストレスが溜まりやすい状態でも長く会話できるというのは、相手に心を許してリラックスしている証

気が合わない相手だと会話が長く感じたり、すぐに会話が途切れたり、用件が済み次第電話を切ったり。そもそもそんな相手とは特別な用事がない限り、長電話しようとは思いませんよね。

従って、長電話できる相手とは気が合うと言われています。

【参考記事】はこちら▽


長電話できる相手の特徴とは|主な共通点を解説

長電話できるというのは何かしらの理由があってこそ。気になる異性から職場の人まで、どんな人が話しやすいのか気になりますよね。

そこでここから、長電話できる相手の特徴を解説

深夜の暇電でも盛り上がる相性の良い相手の主な共通点を紹介していくので、あなたの身の回りにいる人はどうなのか参考にしてみてください。


長電話できる相手の特徴1. 些細な会話でも盛り上がる

気が合う人とは頑張って話を盛り上げようとしなくても、会話のテンポやノリなどのフィーリングがハマって自然と話が弾みます。

深夜であろうとただの暇電であろうと、どんなきっかけでも話が広がって、気がつけば長時間話していた、なんてことはよくあることです。

自然とトークが弾む人とは会話すること自体が楽しいため、長電話も苦痛に感じない気が合う人と言えるでしょう。


長電話できる相手の特徴2. 素の自分を出せる

気を張り詰めた状態のまま、長時間電話で会話し続けることはなかなか難しいですよね。

しかし、相手に合わせなくても自然に会話が弾んだり広がったりする相手なら、気を遣わずにリラックスした状態で話せます。

相手に安心感を覚えて飾らない自分でいられるため、気疲れすることなく長電話を楽しむことができるのです。


長電話できる相手の特徴3. 興味や関心を持ってくれる

気になる異性のことは、何かと気になっていろいろ知りたくなるもの。

趣味や休日の過ごし方、昔の話など、いろいろ質問してきたり深堀りしてくれたりするのは少なからずこちらのことを気にしている証であり、まだ付き合ってない異性ならば脈ありかどうか探りを入れている可能性もあります。

相手が興味や関心を持ってくれているためにどんどん会話が広がり、結果的に長電話となるのです。


長電話できる相手の特徴4. 共通の話題が多い

会話のきっかけとなる共通の入口が多ければ多いほど、話す時間は長くなるでしょう。

異性や友人だと趣味嗜好、職場の人だと仕事関係など、共通の話題があることで話が尽きることなく広がり続けます。

さらに共通の話題が豊富な分、相手の言葉に共感したり分かち合ったりする回数が増え、「この人とは気が合うな」と親近感や好感を抱きやすくなるのです。


長電話できる相手の特徴5. 長電話に対して抵抗がない

実は「長電話できる相手=気が合う」というだけではありません。

電話が長くても切ろうとしない単純に優しい人という可能性もあります。深夜であってもこちらの勝手な都合による暇電にも、嫌な態度を見せることなく話に付き合ってくれるのです。

長電話に対して抵抗がなくこちらの欲求に付き合ってくれる心優しき人は、貴重な友人として大切に接しましょう。


長電話できる相手と、おしゃべりを楽しんで。

声だけのコミュニケーションツールである電話にも関わらず、長時間話し続けることができる相手は気が合う可能性が高いでしょう。

気になる異性から職場の人、友人まで、気を遣ったり合わないと感じたりする人とは長電話なんてしないですよね。

大切なことは、長電話は相手の時間も使っていることを忘れないこと。

気が合う人というのは貴重な存在です。良好な関係を保つためにも、どんなに会話が楽しくても相手を思いやることを忘れず、楽しくおしゃべりしてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事