友達がいない人の末路とは?生涯孤独な人生を送る8つの問題点と解決策を紹介

友達がいない人の末路を知りたい人へ。本記事では、友達がいなくなる原因から、友達がいない人の末路まで大公開!

友達がいなくなる5つの原因|大人になると一人時間が増えるのはなぜ?

友達がいなくなる原因

「なんで社会人になってから友達が減ったんだろう?」

「大人になると友達が少なくなるわけを知りたい!」

学生の頃は友達に囲まれてワイワイやっていたのに、大人になってからは急に寂しくなってしまいますよね。

なぜ大人になると1人で過ごしがちになるのか?

ここでは、大人になって友達がいなくなる原因について見ていきましょう。


原因1. 仕事が忙しくなって時間が無くなるから

社会人になると生活がどうしても仕事中心になってしまい、友達とスケジュールがどんどん合わなくなっていきます。

たまに友達が「今度の休みは暇?」と誘ってきても、「時間がとれなくてごめん」と断ってばかりになってしまうでしょう。

こうして友達一人一人と疎遠になっていき、気がつくと学生時代に大勢いた友達はいなくなっているのです。


原因2. 結婚して家庭を持ったから

結婚して家庭を持つと家事や育児などに時間を取られるようになり、友達との遊びに割ける時間的余裕がなくなってしまいます。

何をするにも家族との生活が最優先になってしまうので、丸一日自由な時間が作れたとしても「家族を連れてどこへ遊びに行こうかな?」と考えてしまうでしょう。

友達も結婚するとみんな自分と同じようになるので、どんどん疎遠になっていってしまうのです。


原因3. 出会いの機会が減るから

社会人になると基本的に仕事の日は家と会社の往復しかしなくなってしまうため、人との交流も限られてしまいます。

友達を増やしたいと思っても、学生時代のようにあちこち出歩いたり紹介されたりすることもないので、新しい人と出会うきっかけがありません。

会社の同僚たちと仲良くなっても所詮仕事だけの関係だから友達とは呼べず、勤めが長くなるほど友達が減っていくでしょう。


原因4. 転職で物理的に疎遠になったから

友達がいなくなる原因は転職で疎遠になった

就職や転職、転勤をして地方の会社で勤めることになると、友達に会いに行くのが大変だったり面倒になったりするのです。

初めのうちは頑張って会おうとしますが、だんだんと「また今度でいいかな」「交通費がバカにならないもんな」と思い始めるでしょう。

そうやって会う回数が年々減っていき、気がつくと電話やLINEすらしなくなって疎遠状態になってしまいます。


原因5. 価値観が合わなくなったから

社会に出ると学生の頃とは異なる様々な経験を積んでいくので、友達とのズレを多く感じるようになることも。

久しぶりに友達と会った時も、「そんな考えの人だったっけ?」と感じることばかりで楽しく話せなくなってしまうのです。

お互いの価値観が変わって昔みたいな関係にはなれないことを痛感し、その後は連絡も取らなくなってしまうでしょう。


友達がいない人の末路|生涯孤独でいると起きる8つの問題点とは?

友達がいない人の末路

友達がいなくなる原因を知って自分もそうなりそうだと感じると、生涯孤独になってしまった時を考えて不安になってしまうかもしれませんね。

友達がいない人は将来どうなってしまうのか?

ここでは孤独でいることのデメリットについて見ていきましょう。


末路1. 社会に適応出来なくなってしまう

友達がいないまま過ごすと他者と会話する機会が減ってくため、コミュニケーション能力はどんどん低下していきます

コミュニケーション能力が落ちると他人の意見を素直に受け入れられなくなり、自分にとって関心のある事にしか興味を示さなくなることも。

新しいことや流行などに対するアンテナも衰えてしまうので、世間知らずでまともな会話ができない人になる末路が待っているでしょう。


末路2. 休みの日に時間を持て余してしまう

これといった趣味がないという人は、友達がいないと休みの日を有意義に過ごすことができません。

友達がいれば飲みに誘ったり遊びに行ったりできるのですが、それができないため、退屈に耐えながら家でゴロゴロするしかないのです。

若いうちはまだ休日だけで済みますが、老後になると毎日孤独な時間を過ごすようになるので寂しい末路になるでしょう。


末路3. 結婚式に自分だけ友達を呼べない

結婚式を挙げる時に友達がいないと、結婚相手の招待席には人がたくさんいるのに、自分のほうには誰もいない寂しい状況になってしまいます。

片側だけ極端に招待客がいない状況はかなり不自然なため、

  • 結婚相手の気持ちを萎えさせてしまう
  • 両家の親を心配させてしまう
  • 結婚相手の招待客から変な目で見られる

などの問題点が目立ち、それが原因となって結婚生活にも支障をきたす可能性もあるでしょう。


末路4. 周りと比較して辛くなってしまう

友達がいない人の末路は辛くなる

若い頃は仕事や子育てに夢中だったから特に気にしていませんでしたが、老後が近づくにつれて友達の大切さに気づくのです。

友達と楽しく遊んでいる人たちといつも一人ぼっちの自分をつい比べてしまい、自分の現状があまりにも寂しくて悲しくなってしまうことも。

「もっと生涯の友となる人と出会いたかったな」と後悔する末路になってしまうでしょう。


末路5. いざという時に誰にも頼れない

困ったことがあっても、友達がいないと相談したり悩みを打ち明けたりすることができません

心配事や悩みがいつまで経っても解消されないので、心の中で不安ばかりがどんどん膨らんでいってしまうのです。

また、人生の岐路に立たされた状況になっても誰かに相談できないので、何も決断できずに流される人生になるでしょう。


末路6. 偏屈になってしまう

友達がいないと色々な意見や考え方に触れる機会が減り、

もし間違った考え方や歪んだ見方をしていても、指摘してくれる友人がいないのでなかなか修正されません。

末路は他人の話を素直に聞けない老人になってしまうので、疎ましく思われて周囲にいた人たちからも避けられる存在になるでしょう。


末路7. 孤独死した時にしばらく発見されない

子どもたちが独立して家を離れてしまい、配偶者とも死別した老後になると、友達がいない人は一人暮らしの身になることも。

重篤な病気に突然襲われても助けを呼ぶことができず、そのまま亡くなってしまうことはあるあるかもしれません。

普段から気にかけてまめに連絡してくれる人もいないため、発見されるまで時間がかかって悲しい死後となってしまうでしょう。


末路8. 空想の友達を作り出してしまう

友達がいない人の末路は空想の友達を作り出す

孤独な状況が長く続くと、寂しさを紛らわそうとして現実逃避に走るのは友達がいない人のあるある。

「こんな人生なら良かったな」と理想の世界を思い描き、そのうち現実には存在しない友人まで頭の中に作り出してしまうでしょう。

空想するのは若いうちなら良いのですが、年をとってから空想だけに心の拠り所を求めてしまうと孤独な老人へ一直線です。


【孤独の解消法】友達がいない状況を改善する方法はある?

友達がいない孤独の解消法

ここまで記事を読んで、友達がいなくなる将来に不安を感じた人は少なくないでしょう。

大人になってからでは難しそうに思えますが、

  • オンラインゲームをする
  • SNSで交流を増やす
  • 習い事を始める
  • サークルに所属する

など、いろいろチャレンジすることで孤独は解消できます

特にネット上の出会いなら容姿、年齢、性別など関係なく友達が作れる時代になっているので、諦めずに頑張ってみてくださいね。


今から行動して、友達がいない人の末路を回避しよう。

男性も女性も就職したり結婚したりすると、嫌でもライフスタイルは変化してしまいます。

学生の頃は友達との付き合いを大切にできても、大人になるとなかなか難しく、つい疎遠になってそのまま付き合いがなくなってしまいますよね。

友達が減ってくのはある意味仕方ないことですが、かといって増やす努力もしないと末路は寂しい老後となるだけです。

友達がいなくて危機感を覚える人は、今回の記事で問題点を把握し、友達を作る努力をしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事