医者と結婚できる女性の特徴とは?結婚を意識するタイミングとメリット、デメリットを紹介!

お医者さんと結婚したい方へ。本記事では、医者が結婚を考えるタイミングから、結婚するメリット、デメリットまで大公開!医者が結婚相手に選ぶ女性の特徴も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

医者が結婚を決めるタイミング|きっかけはある?

医者が結婚を決めるタイミング

医者は医学部に合格してから6年間の大学生活があるため、最短でも社会人として仕事を始めるのは24歳から25歳になります。

仕事柄、多忙なことが多いため、結婚を決めるタイミングが難しいこともあるようです。

では、どんなきっかけで結婚を決めるのか?ここでは、医者が結婚を決める5つタイミングを解説していきます。


タイミング1. 研修医が終わった時

医学部を卒業して、2年間の研修医が終わるタイミングで、学生時代や研修医時代からお付き合いをしていた女性と結婚を決める医者は多くいます。

3年目からは医者として給料が安定するため、結婚しようという気持ちになるのでしょう。


タイミング2. 地方への転勤が決まった時

大学病院勤務の場合は、地方への転勤や出向が多いです。

また、自らの経験を積むためにあえて国内留学や地方の専門病院での勤務を選ぶ医者も少なくありません。

彼女と離れてしまうタイミングで、一緒に地方に連れて行くために結婚を決めます。


タイミング3. 留学に行く時

国内だけにとどまらず、医者になってから海外に留学をして、経験を積もうと考える医者も少なくありません。

留学が決まったタイミングで交際している女性と結婚をし、一緒に留学先の国へ連れて行くのもよくあるパターンです。


タイミング4. 家賃や寮の更新契約の時

医者が結婚を決めるタイミングは家賃の更新契約時

医者に限らず一般的なカップルでも結婚の転機としてあるあるのタイミングです。

どちらか一方でも住まいが契約更新となる場合、

「良いタイミングだし、結婚して一緒に生活しようか?」という流れになることが多くなっています。


タイミング5. 40歳手前の時

とある医療サイトでは29歳以下で結婚した男性は全体の39.2%、39歳以下で結婚した男性は88%という統計が発表されています。

つまり、30代のうちに88%の医者が結婚しているということになるため、40歳になる前は結婚を考えるタイミングになる傾向があると言えるでしょう。


お医者さんとのリアルな結婚生活とは?実情はどんな感じ?

医者とのリアルな結婚生活とは

多忙な日々を送っていそうなお医者さんも、仕事の節目となるタイミングで結婚を考えることが多いようですね。

そんな医者との結婚生活は一体どんな感じなのでしょうか?

ここからは医者と結婚するメリットやデメリットを一緒に確認していきましょう。


お医者さんと結婚するメリット|どんな良いことがある?

「いつも忙しそうだし、寂しい思いはしないのかな?」

「医者と結婚すると、どんなメリットがあるんだろう?」

医者との結婚を希望する女性が多いのは、結婚することによりそれだけメリットを感じられるポイントが多い証拠。

ではどんなメリットがあるのか?ここからは、医者と結婚するメリットを紹介します。


メリット1. 余裕を持った裕福な生活を送れる

医者は一般的な企業の平均収入よりも高い収入を得られることで知られています。

年収は平均でも1,500万円ほどとされており、医者の中でも年収が低めな大学病院の勤務医でも平均で800万円はあるそうです。

これだけの年収があればゆとりのある生活を送れるので、医者と結婚すれば生活面で困ることがない勝ち組になれますよ。


メリット2. 子供の教育に多くのお金をかけることができる

医者とのリアルな結婚生活とはは子供の教育費にお金をかける事ができる

結婚して子供が生まれたら、塾に通わせたり、好きな習い事をさせてあげたいと考える女性は多いですよね。

医者は、自分自身が医者になるために子供のころからレベルの高い勉強をしてきたので、教育にお金をかけることに対して妥協しません。

また、金銭的にも余裕があり、教育費に回せるお金も十分に確保できるため、子供に十分な教育を受けさせてあげることができますよ。


メリット3. 仕事が安定しているから将来の不安が少ない

結婚相手として選ぶなら、安定した職業についている人を選んで、結婚後も将来の不安がない生活が送りたいと思う女性は多いでしょう。

医者は国家資格なので、たとえ何らかの事情でしばらく休むことがあっても、復帰したいと思った時にはいつでも医者として働くことができます

また、売り手市場の職業なので、どこにいても転職先に困ることがないことは、頼もしいメリットと言えますね。


メリット4. 自分や子供、身内が病気になった時に安心できる

家族が病気になった時、医者であれば病院に行かずともある程度の診察なら自分でできます。

特に休日や夜中など、病院が空いていない時間帯に体調が悪くなった時には、家で診察してもらえると頼もしいですよね。

また、専門外の分野あっても、症状に適した病院を教えてもらえるため、一般家庭よりも病気に対する心配が少ないのがメリットです。


メリット5. 親や友達から羨ましがられる

世の中には様々な職業がある中で、人命にかかわる大変な職業の医者はトップに位置しています。

社会的にもステータスが高いため、結婚相手が医者というだけで何かと優遇されるこも珍しくありません。

また、一般的に高給で生活に困らないというイメージも強く、周りの人から羨ましがられるため、優越感に浸ることができます


メリット6. 趣味や習い事にじっくり取り組むことができる

医者とのリアルな結婚生活とは趣味にじっくりと取り組む事が出来る

医者の妻になると、経済的にも余裕があるため働く必要はありません。

専業主婦になって自由な時間を作りやすいため、趣味や習い事を楽しむこともできます。

じっくり取り組むことができるため、趣味の域を超えるほど上達するかもしれませんね。

時間的にも経済的にも余裕が生まれるので、勝ち組の生活を送ることができますよ。


お医者さんと結婚するデメリット|後悔や大変なことはある?

医者と結婚するメリットに触れてきましたが、魅力的なものが多かったですね。

しかし、医者の妻はメリットが多い分、デメリットもあるようです。

ではそのデメリットとは何なのでしょうか?

ここからは医者と結婚して後悔しそうなデメリットを一緒に確認していきましょう。


デメリット1. 家事や育児を1人ですることが多くなる

医者は収入が多い反面、忙しい日々を送っています。

家にいる時、急に呼び出されることも多く、家族が一番とはならない可能性が高いでしょう。

家事や育児は基本的に妻がワンオペでこなすことになるため、

「ちょっと手助けして欲しい」

「もっと子供と一緒に過ごして欲しい」

といった願いもかなえるのが難しくなり、結婚を後悔することも。

そのため、どんなに大変でも家事や育児など家のことは自分だけで対応する覚悟が必要です。


デメリット2. 医者の妻としての振る舞いを求められる

ドラマなどでもたまに取り上げられるように、現実に医者には医者同士の付き合いがあります。

周りからも「医者の妻」として見られるため、礼儀やマナーなど、失礼が無いように学んでおく必要がありますよ。

常に羽を伸ばして気軽に過ごせないのもデメリットの一つです。


デメリット3. 女性にモテる心配が付き纏う

医者とのリアルな結婚生活とは女性にもてる心配がある

医者は女性からモテる、人気がある職業です。

さらに、病院では看護師など多くの女性スタッフと仕事で関わりがあります。

若い女性からアプローチされやすい環境にあるので、浮気や女性関係の心配が常に付きまとうことも考えられるでしょう。

もともと嫉妬心が強かったり、心配性なタイプの女性であれば、かなりのストレスとなってしまうため、強い精神力が求められます。


デメリット4. プライドの高さに疲れる

医者は子供の頃から学力では常にトップレベルで、さらに難関大学に合格し、厳しい研修医時代を乗り越えてきたという経緯がある人がほとんど。

そのため、プライドが高い人が多く、周りからの目を気にしがちです。

結婚相手にも自分のステータスに見合うハイスペックな女性を求めるため、理想に見合うような振る舞いやスペックを維持するのに、苦労する可能性があります。


お医者さんが結婚相手に選ぶ女性の特徴|恋愛対象として見られる人は?

医者が結婚相手に選ぶ女性の特徴

「どうしたら医者と結婚できるんだろう?」

「医者が結婚相手に選ぶのはどんな女性なの?」

医者と結婚したいと思っていても、医者がどんな女性と結婚したいと思っているのかわからない、という女性も多いでしょう。

では、どんな女性なら恋愛対象として見られるのか

ここでは医者が結婚相手として選びたいと思う女性の特徴を紹介していきます。


特徴1. 自立していて1人でなんでもできる

医者は多忙な職業であるため、家庭のことにあまり時間を割くことができません。

子育てにも協力するのが難しいことが考えられます。

そのため、

  • 夫を頼らず、家事育児をこなせる
  • いつでも「家のことは任せて!」と仕事に送り出せる

というように、結婚相手には自立していて、家庭をしっかりと守れる女性を求めます。


特徴2. 仕事への理解を示せる

医者は将来的にも自分の職業を変えることは考えられません。

そのため、結婚相手には、自分の仕事に文句を言わずサポートしてくれる女性を求める人が多いのが特徴です。

急な呼び出しがあっても黙って送り出してくれたり、急な転勤も柔軟に受け入れてくれたりなど、

多忙な仕事を理解した振る舞いができる女性が医者にモテるでしょう。


特徴3. 相手に求めずに、尽くすことができる

医者は多忙な職業なので、結婚しても仕事が忙しいため、相手のことをかまってあげることができません

「もっと私との時間を優先してほしい!」などと言うわがままな女性だと、ただでさえ神経を使う仕事で疲れているのに、

家庭でも心を休めることができなくなってしまいます。

そのため、どんな時でも自分の状況を理解して支えてくれるような女性を好むのです。


特徴4. 人付き合いが得意で愛想が良い

医者が結婚相手に選ぶ女性の特徴は愛想がいい

医者は、医者同士の付き合いが多くあり、夫婦同伴のパーティーや、医師会のお付き合いなど、人付き合いをする機会も多いです。

「〇〇さんの奥様は医師の妻としてどうなんでしょう?」と思われないためにも、

  • 医師会に連れていっても上品な立ち振る舞いができる
  • 誰に対しても笑顔で気配りができる

など、社交的でどこに出しても恥ずかしくないと思える相手を妻として選びたいと考えています。


特徴5. 若く、圧倒的な美人

医者は自分の後継として子供を望む人が多いです。

そのため、子供をもうけるために、なるべく若い女性を結婚相手として選びたいと考えていることがあります。

また、自分自身がハイスペックなので、結婚相手にもそんな自分に釣り合うような美しい女性を好むことも少なくありません。

例えば、キャビンアテンダントやモデルなど、人が羨むような職業の女性が理想的です。


特徴6. 自分と同じくらいの高学歴高収入

医者の家系には、医者だけでなく高所得者が多いため、結婚相手にも自分と同じレベルの収入や学歴を持つ女性を選びたいと考えています。

特に開業医の場合はこだわりが強くなる傾向があり、中には親の意見で左右されることも珍しくありません。

有名な大学を卒業していたり、医者や士業など高収入の職業についていたりする女性が好まれることが多いです。


お医者さんと出会える場所|医者を捕まえるのにおすすめのスポットとは?

医者と出会える場所

知り合いに医者がいるわけでもないし、普通に生活しているとなかなか医者と知り合うタイミングはありませんよね。

医者と出会いたいのにどこにいけば医者と出会えるんだろう?と頭を悩ませている女性もいるはず。

ここでは医者との出会いを探している女性のために、医者と出会えるおすすめのスポットを6つご紹介します。


場所1. 合コンや飲み会

知人にお医者さんと繋がりがある人がいる場合、合コンや飲み会をセッティングしてもらうことで、確実に医者と出会うことができます。

たとえ紹介された医者が自分の好みでなかったとしても、せっかくの出会いを無駄にしてはいけません。

医者と友達になることで、そこから人脈を広げることもできるので、医者と知り合うチャンスをしっかりと掴みましょう。


場所2. 職場やバイト先

看護師として病院に勤務していたり、病院内でバイトをしていると、職場の中で医師と知り合うことができます。

仕事をしている姿もみることができるので、医師としての仕事に対する理解を深めておけば、彼に寄り添うことができますよ。

「この女性といると居心地がいいかも…」と思わせることができれば交際に繋がる可能性もありです。


場所3. 結婚相談所やマッチングアプリ、婚活サイト

女性から人気が高い職業とはいえ、なかなか女性と出会えず結婚相談所やマッチングアプリなどの婚活サイトを利用している場合も珍しくありません。

婚活サイトには、女性のスペックにこだわりがあったり、容姿に自信がなくアプローチするのが苦手だったりなど、

様々な医師が登録しているので、出会いが見つかりやすいです。

男性医師が多く登録している婚活サイトを選んで利用してみましょう。


場所4. ゴルフスクール

医者と出会える場所はゴルフスクール

医師のようなハイスペックな社会人は、趣味としてゴルフを楽しんでいる人が多くいます。

そのため、ゴルフスクールに入会してみると医師との出会いが見つかる可能性がありますよ。

特に、病院の近くにあるゴルフスクールを選べば、医師が利用している確率が高いと考えられるため、

医師との出会いを目的にするならおすすめです。


場所5. ハイスペックな人たちが集まるパーティー

医者をはじめとした高所得者や、モデル、芸能人などが集まるパーティーには、若くてかっこいい医者が多く参加しています。

自分もハイスペック、もしくは知り合いにハイスペックな人がいないと、なかなかパーティーに招待される機会がないかもしれません。

しかし、コツコツと人脈を開拓することで、パーティーに参加できるチャンスがあるかもしれないので、諦めずに行動していきましょう。


場所6. サークル

医学部などが主体となっているインカレサークルがあれば、大学時代から入っておくことで、医者の卵を捕まえることができますよ。

みんなでワイワイ楽しく過ごせるイベントサークルなどを選んでおけば、出会い目的の人も多く参加しています。

サークル内で友達をたくさん作っておけば、将来的に医者と繋がりやすくなるので、こまめに参加しておくのがおすすめです。


お医者さんと結婚して、最高の人生を歩んでみて。

高スペック高収入が魅力的な医者と、幸せな結婚に憧れる女性は少なくありません。

医者との結婚は余裕のある生活ができるなどのメリットもありますが、

家族の時間を設けにくいなどのデメリットで結婚を後悔することもあります。

憧れだけでなく、現実として結婚するとどうなるのかを考えながら、医者との結婚を目指してみてはいかがでしょうか。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事