人生なんとかなる!どん底でもうまくいく“前向きに生きる方法”とは

どん底にいる時って、人生なんとかなる!と思いたいですよね。そこで今回は、人生なんとかなると良く言われる理由や、なんとかなるために必要な考え方、前向きに生きるための方法を解説。また、人生どうにかなると思えるおすすめの名言や映画、本も紹介していきます。

人生、生きていればなんとかなる理由を教えます。

人生なんとかなる理由

「もうダメだ!俺の人生終わりだ!」

なんて、世界で一番不幸のどん底にただ一人でいるような気分になっても、意外とどん底エンドレスにはならないもの。

でも、不安と不幸のど真ん中にいると「なんとかなる」なんて、到底思えませんよね。

そこで今回は、人生がなんとかなる理由と、人生なんとかするために大切な考え方や前向きに生きるための方法を詳しく解説します。


人生なんとかなるって本当?なんとかなると言われる理由とは

コップに半分入った水を「まだ半分入ってる。」とポジティブに考えるか、「もう半分しか入ってない。」とネガティブに考えるか、人によって大きく違いますよね。

「人生なんとかなるよね。」と考えられる人は、半分入ったコップの水もポジティブに考えられるのです。

要は、気の持ちようで人生は大きく変わるのです。

ネガティブに考えてばかりだと何も解決は出来ません。しかし、どんな事でもポジティブに楽観的に捉えて動けば、いつの間にか解決する事が多いですよ。


人生がなんとかなるために必要な考え方7つ

不安が絶えない状況だと、そう簡単に「人生なんとかなるさ!」なんてポジティブには考えれませんよね。

人生なんとかなるためには、いくつか必要な考え方があるのです。まずは、自分の人生がなんとかなるために必要な考え方について、詳しくチェックしていきましょう。


人生なんとかなるための考え方1. とにかく「大丈夫」と思い込む

「新しい上司がパワハラする人だったらどうしよう」

などと、不安はなんにでもつきものです。しかし、まだ何も怖い事が始まっていないのに不安と恐れで立ち止まっていたら、進む事も希望を持つ事も出来ません。

自分の中にある不安を無視する必要はありませんが、「大丈夫。自分は大丈夫。なんとかなる」と思い込んでみましょう。繰り返し思い込む事で少し不安も小さくなっていきますよ。


人生なんとかなるための考え方2. 完璧にできなくても良い

完璧主義の人に多いのが、「0か100のどちらか」という極端な考え方。このタイプの人は、なんでも完璧に仕上げようと頑張る反面、常に「完璧に出来なかったらどうしよう…。」という不安を抱えています。

でも、人生に完璧は必要ありません。試験で全科目100点を取らなくても学校を卒業できるように、完璧にできなくたって人生は進んでいくのです。

完璧を目指すのではなく、「完璧じゃなくても大丈夫」と思うようにしてみましょう。


人生なんとかなるための考え方3. 失敗してもまた立ち直れば失敗ではない

一度失敗してしまうと、再チャレンジするのが怖くなってしまいますよね。

しかし、一度失敗したからといって、また失敗するとは限りませんし、失敗から立ち直れるのであれば、それは失敗ではありません。

本当の失敗とは、また失敗する事を恐れて何もしないこと。

「次こそ大丈夫!」と、思い切って再チャレンジしてみましょう。


人生なんとかなるための考え方4. ”失敗は成功のもと”と捉える

失敗した事をそのまま放置するのではなく、「なんで失敗したんだろう?」と考え、その失敗を次に活かす事で、たくさんの事を学べるようになります。

まさに「失敗は成功のもと」。

失敗を恐れるだけでなく、失敗をした時は「失敗しないと見えてこない事を学べる機会を得た」と、失敗を肯定的に考えるようにしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


人生なんとかなるための考え方5. 周囲の人と比べる必要はない

「隣の芝は青く見える」とはよく言ったもの。自分が不安を抱えている時ほど、他人と自分を比較して、他人を羨ましく感じてしまいます。

しかし、いくら他人と比較しても、自分の人生が良くなるわけではありません。むしろ、比較すればするほど、他人の良い所ばかりが目について劣等感を大きく膨らましてしまうだけ。

他人と自分を比べて一喜一憂しながら劣等感を育てるのはやめましょう。

「他人は他人、自分は自分」と割り切る事で、余計な不安から解放される事ができるようになります。

【参考記事】はこちら▽


人生なんとかなるための考え方6. どうにもならないこともある

人間、何事も諦めが肝心です。どんなに願っても努力しても、自分にはどうにもならない事もあるのです。

それでも、諦められず一つの事に執着し続けてしまうと、前に進めなくなってしまいます

「子供の頃から憧れていた会社に就職できなかった。」「10年片思いしていた相手にはっきりと断られた。」など、仕事やプライベートで叶わなかった願いにいつまでもとらわれすぎてしまうと、目の前に新しいチャンスがきても気がつかなくなってしまう事もありますよ。


人生なんとかなるための考え方7. 人生はまだまだ先が長い

30歳の大人が10歳の子供を見ると「まだまだ子供だな。」と感じるように、70歳や80 歳の人達からみたら、30歳も40歳もまだまだひよっこ。

何にでもチャレンジできて、いくらでも挽回できるお年頃なのです。なぜなら、人生はまだまだ先が長いから。

ひどく落ち込んでいる時は、「自分の人生でこんなに最悪な事はない!」と強く思い込んでしまいがちですが、目線をほんのちょっとだけ変えてみましょう。

自分の長い人生に目を向けてみると、今落ち込んでいる事が、小さな事のように思えてきますよ。


「人生なんとかなるさ」と前向きに生きるための5つの方法

自分の人生、不安でくよくよと心配ばかりして生きるより、なんとかなるさと楽観的に生きたいと思ってみても、具体的な方法が分からないと難しいもの。

一体どうすれば楽観的に逆境でも楽しんで、前向きに生きる事が出来るのでしょうか?

ここでは、人生どうにかなると楽観的に生きるための具体的な方法をチェックしていきましょう。


前向きに生きる方法1. まずは嫌なことから離れる

「もう無理!耐えられない!」と強く感じてしまう事からは、無理せず離れてしまいましょう。これ以上はどう頑張っても何も出来ないのにあがいても、解決策を見つけ出せず、さらに落ち込んでしまうだけ。

ネガティブスパイラルに陥ってしまうのが分かっているのであれば、早々に見切りを付けましょう。

「人生どうにかなる!」と楽観的になるためにも、諦めなくてはならない事は、はっきりと線引きして必要以上に気持ちを引きずらないようにする事も大切です。

【参考記事】はこちら▽


前向きに生きる方法2. 自分のできることから行動していく

人は誰しも得手不得手があるもの。高いところが怖いのに、バンジージャンプやスカイダイビングを趣味にしようとするのは、無理がありますよね。

それと同じで人生お気楽モードで楽観的にやっていくためには、「自分が出来ることからする」のが大切です。

出来ない事や苦手な事に果敢に挑戦するのも素敵ですが、得意な事や出来ることよりも進捗は当然遅くなり、楽しくありません。

それでは、「人生どうにかなる」というお気楽モードより、「人生どうにかしなきゃ!」という修行モードになってしまうので、自分が得意なことから始めてみましょう。


前向きに生きる方法3. とにかく笑って生活する

「笑う門から福来る」とはよく言ったもの。普段からにこにこと笑顔で生活していると、気持ちも自然と明るく前向きになっていきます。

気持ちが前向きになると、不思議な事に少々厄介な事があっても「大丈夫。どうにかなる。きっと上手くいくよ。」と楽観的に考えられるようになりますよ。

そして、この楽観的な考え方が自然とできるようになると、思わぬ逆境に陥っても、悲観的になりすぎず、気楽に慌てず問題解決が出来るようにもなるのです。

【参考記事】はこちら▽


前向きに生きる方法4. 不安な時は、信頼できる人に相談して協力してもらう

「大丈夫。きっと上手くいく。何の解決策もないけど、きっとどうにかなる。」と、心の中で何度も唱えても、悩みの大きさによっては不安が尽きない場合もありますよね。

そんな時は、一人で悶々と悩むのではなく、誰か信頼できる人に思い切って相談し、協力してもらいましょう。

協力といっても、借金の連帯保証人になるとか、そんな大きな事ではありません。自分の話を聞いて、不安でいっぱいな自分の背中をぐいと押してくれそうな心強い言葉をかけてもらうだけでも、大きな協力です。

信頼出来る人に励ましてもらうだけで、不安はかなり解消されますよ。


前向きに生きる方法5. 楽しいと思えるようなものを見つける

思わず、時間を忘れて熱中してしまうような趣味や自分が心から楽しいと思える事があるなら、不安が大きい時ほど、自分が楽しいと感じられる事をしてみましょう。

一見、ただの現実逃避のように見えますが、自分が心から楽しいと思える事に没頭していれば、気持ちも落ち着いてリラックスできるので、自然と楽観的になっていきます。

人間というのは不思議なもので、自分が一つでも楽しく熱中できるものがあれば、嫌な事に対してあまり大きな不安や不満を感じなくなっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


「人生なんとかなる」と思わせる名言3つ

人生は決して平坦な道のりではありません。大きな成功を掴んだはずなのに、気づいたら逆境に陥り、お金もなくなりどん底生活。

そんな浮き沈みの激しい人生であっても、意外とどうにかなるものが人生。

「そっか、人生は悩んでも仕方がない。どうにかなるものなんだ。」と思わず頷いてしまうような名言をご紹介します。


おすすめの名言1. 『失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。』ウォルト・ディズニー

ミッキーマウスの生みの親であり、ディズニーリゾートの創立者である「ウォルト・ディズニー」の人生は、文字通り山あり谷あり。

失業や会社の倒産、スタッフの引き抜きなど、数多くの逆境に見舞われながらも誰もが知る国際的大企業にまでなったのは「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。」という考えがあったから。

「次こそは上手くいく!」と常に前向きな姿勢で挑戦し続けてきたからこその結果ですよね。


おすすめの名言2. 『人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。』坂本龍馬

今なお多くの人を魅了してやまない「坂本龍馬」。幕末の揺れ動く日本を支えた一人です。

「自分の人生なんとかなる。きっと上手くいく。」と考えられる人は、どんな事も柔軟に考えられる思考の持ち主

「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。」という言葉は、逆境であっても、その状況に諦めず、様々な角度から道を見つけ出せる人にぴったりの言葉です。


おすすめの名言3. 『人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。』チャールズ・チャップリン

映画の黎明期に喜劇王とも呼ばれ、数多くのコメディ映画を作ってきた「チャールズ・チャップリン」。

スクリーンの中でのコミカルな演技からは考えられないほど、彼の人生は波瀾万丈でした。

しかし、そんな山あり谷ありの人生を乗り越えられたのは、「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。」という言葉通り、悲しい事や辛い事をいつまでも引きずらなかったから。

「自分の人生なんとか上手くいく!」と、思い込みたくても、つい辛い事や嫌な事ばかり考えてしまう人にこそ、おすすめの名言です。


「人生なんとなかなる」と元気が出る映画

映画は、その内容次第で、観た後の気分も大きく変わりますよね。不安を抱えていても、なんとかなると思いたいなら、気分が前向きになれる映画がおすすめ。

ここでは、見たら前向きな元気がでて「自分の人生上手くいくはず!」と気分が明るくなる素敵な映画をご紹介します。


おすすめの映画1. 『オデッセイ』

思わぬ事故から、火星にたった一人取り残された植物学者であり宇宙飛行士のマークが、残された僅かな物資と知恵と知識を総動員し、救援が地球から到着するまで奮闘する「オデッセイ」。

地球との連絡もままならない状況下、ただ生きるだけでも精一杯の孤独な環境で救援が来るまでひたすら知恵を振り絞る姿は、「きっと上手くいく!」という希望がないと続けられません。

特殊な状況下で孤立奮闘する姿は、就職や恋愛などで悩んでいる自分の背中を大きく押してくれますよ。


おすすめの映画2. 『ちょっと今から仕事やめてくる』

仕事のノルマが厳しいブラック企業で朝から晩まで働く隆が、駅のホームで疲労のあまり電車にはねられそうになったところを助けてくれた青年。

その青年は、隆の幼なじみヤマモトと名乗り、ヤマモトと出会った事で、隆は徐々に笑顔を取り戻していきます。

「ちょっと今から仕事やめてくる」は、社会人だけでなく、これから就職する人達にもぜひ、見てほしい映画。仕事が辛い人や、仕事を辞めたいけどやめられない人にこそ、おすすめですよ。


「人生なんとかなる」と思えるおすすめの本2冊

お金や仕事、恋愛など、悩みはつきません。それでも、「人生なんとかなる!」と思って日々過ごしていると、意外とホントになんとかなってしまうもの。

とは言っても、そう簡単にポジティブ思考にはなれませんよね。そんな時には、人生なんとかなると気楽に思える本を読んでみましょう。


おすすめの本1. 『人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法』水野 敬也 (著), 長沼 直樹 (著)

見ているだけで癒されるにゃんとも可愛い猫の写真と、その写真にぴったりのキャッチコピーや偉業を成し遂げた人達の逸話や名言が楽しめる「人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法」。

悩むのに疲れたときはニャンコの写真で癒されつつ、偉人達の言葉がそっと背中を押してくれますよ。


おすすめの本2. 『ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。』湯澤 剛 (著)

人も羨むエリートサラリーマンだったはずなのに、父親の急逝によって40億円もの借金を受け継ぐ事になった湯澤剛さんの「ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。」。

まるで映画のように次々と不運が襲う中で、諦めずお金を工面し倒産寸前の会社を再生し、事業を拡大していきます。驚くべき事に、これ小説ではありません。ビジネスノンフィクションなのです。

まさに「人生なんとかなる」を表す1冊。仕事やプライベートなどで、今まさに崖っぷちにいると思っている人におすすめですよ。


辛い出来事はポジティブシンキングで乗り切りましょう!

「そんなに悩まなくたって、人生なんとかなるよ!」なんて軽く言われても、そう簡単に気持ちは切り替えできませんよね。

もっと気楽にどーんと構えて生きるためには、どんなに厳しい状況下でも、悲観しすぎないポジティブな考え方が欠かせません。

つい、ネガティブに考えすぎてしまう人は、まず、ネガティブ思考を途中でやめてみるのもおすすめですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事