話を盛る人の心理と見破り方|大袈裟に話す人に惑わされないで!

話を盛る人って見ていて恥ずかしいですよね。もしかしたらその話が本当かもしれないと思ってしまい、深くは突っ込めないもの。この記事では、話を大袈裟にする人の心理と、話を盛っている人の見抜き方を紹介するので、ぜひ参考にしてください!

話を盛る人の心理|どうして話を大きくしてしまうの?

話しを盛る人の心理

この人の話って、なぜいつも大げさなんだろう?
話を盛る人に付き合うのは疲れる…。

話を盛る人を見ると、相手にするのが面倒くさいですし、その人が話すことは「全て嘘なのでは?」と感じることもありますよね。

でも、盛り癖がある人は、どうして大げさな話ばかりするのでしょうか?

ここからは、話を盛る人の心理を解説します。

その人が何を考えているのか、心の中を理解しましょう。


話を盛る人の心理1. 話を面白くしたい

話を盛る人は、とにかく

人のリアクションがほしい
面白いと思ってもらいたい

という気持ちが強いです。

普通の話では笑いが取れないので、内容を盛ることでウケを狙いにいくことを覚えてしまい、そこから抜け出せなくなった状態といえます。


話を盛る人の心理2. もう一度「すごい!」と言われたい

自分について大げさに盛って話してしまう人は、人から一目置かれたいという気持ちがあります

過去に偶然あった話をした時に、周囲から「すごい!」と言われたことがきっかけなのかもしれません

それが快感に。もう一度周りから尊敬されたいがために、話を盛る癖がついてしまっています。


話を盛る人の心理3. 話題の中心にいたい

話しを盛る人は話題の中心にいたい

出しゃばらず、相手を立てるのが大人の振る舞いですが、話を盛る人は皆が自分に注目してほしいと考えます

目立ちたがり屋で、会話の中心に自分がいないと気が済みません。

そんな性格なので、職場などで誰かの話で盛り上がっている時なども、話を盛ってでも話題をかっさらおうとします


話を盛る人の心理4. 年上として尊敬してほしい

プライドが高く、人からどう思われているかが非常に気になる人が多いのも、話を盛る人の特徴です。

特に職場の上司であれば、部下から尊敬されたいという気持ちは強いもの。情けないところは見せられないので、話を盛ることで立場を守っていることもあります。

昔の俺は~
私が入社した頃は~

何かと過去の栄光を盛って話すことで見栄を張っているのです。


話を盛る人の心理5. 異性からチヤホヤされたい

盛り癖がある人の中には、異性がいる場面で自分の存在価値を高めたいと考える人が多いのが特徴です。

仕事の成績が部署で一番で〜〜
任されてる仕事が多くて今ホント仕事が忙しくてね〜
運動はめっちゃ得意だった!

など、何かと異性の前で“できる人”アピールし、自分を魅力的に感じてもらうように話を盛ります。

このような人は、異性の前で話を盛ることで、いい格好ができると思っているのです。


話を盛る人の心理6. 話を盛っている感覚がない

話しを盛る人は盛っている自覚がない

虚言癖のある人は、嘘をつくのが癖になっているため、嘘をついても罪悪感を抱かないと言いますが、話を盛る人も同じような感覚があります。

話を盛るのが自分の中では普通のことになっているので、盛っているという感覚が薄れてしまっているのです。

追及されても、さらに嘘を重ねてしまい、話を盛ることは恥ずかしいという気持ちが麻痺してしまっています。

ある意味、虚言癖のある人とほとんど変わりません


話を盛ってるか見破る方法|惑わされないようにするコツとは?

話を盛ってるか見破る方法

盛り癖のある人、虚言癖のある人が身近にいると、周囲はストレスとなるものです。

話を聞いていて、明らかに盛っていると分かれば聞き流すことができるものの、本当の話かもしれないと、どう対応するか悩みますよね。

そこでここでは話を盛っているかどうかを見破る方法を紹介。

「胡散臭いけど真実なのかな?」と思った時は、ぜひ試してみてくださいね。


方法1. 話の内容を褒め続けてあからさまな嘘を引き出す

話を盛る人は、人から褒められることに快感を覚え、自分に酔う傾向があります。

周りから褒めると、話をしている人はどんどん気持ちが大きくなっていき、さらに話を盛り続けるものです。最初は少し大げさに話しているだけだったとしても、そのうち明らかに嘘だと思えることを口走ってしまうもの

相手を良い気分にさせるには、以下のように褒めるのがポイント。

  • 「すごい!すごい!」と大げさにリアクションする
  • 「それで!?それで!?」と話に興味津々のふりをする

そして、あからさまな嘘が出た時点で「嘘でしょ〜?」と軽くリアクションしてみましょう。その時に動揺している様子だったら、話を盛ってると捉えて良いでしょう。


方法2. 唐突な質問をぶつけて動揺させる

盛った話は、真実は少しでほとんどが脚色なので、具体性に欠けたり、前後の話のつじつまが合わないことがほとんど。そのため、質問されると、ボロが出ることが多いです。

この話は盛っているのではと感じた時は、話の途中で

それっていつ?
○○と一緒にいるって言ってなかった?

と突っ込んだ質問をしてみましょう。

質問した時に、相手が冷静に答えられるようであれば真実の可能性が高いですが、明らかに動揺しているようであれば盛っている可能性大です。


方法3. 一緒にいた人に後から事実確認する

話を盛ってるか見破る方法は一緒にいた人に後から事実確認して嘘を暴く

話を盛る人の言葉は、基本的に信用できません。

しかし、その人と一緒にいた人はまともな可能性が高いので、一緒にいた人に確認すると本当のことがわかります。

例えば、

「この間、友達とランチに行ったら、モデルの△△似の人に声をかけられて…」

といった話であれば、一緒にランチに行ったという友達に事実確認してみると良いでしょう。

一緒に行った人がその通りだと認めればその話は真実ですが、否定した場合は嘘だったということがわかり、盛っていることが分かりますよ。


話を盛る人に騙されないように、上手く真実を見極めてみましょう!

話しを盛っているか見極めよう

話を盛る人の心理と特徴についてお話しました。盛り癖がある人が身近にいると疲れますよね。

あからさまな嘘だとわかれば聞き流せても、本当かもしれないと思うと、どう対応するか悩むものです。

「なんか胡散臭い話だけど、本当なんだろうか?」

と判断に迷った時は、本記事で紹介した方法を参考に、話を盛っているかどうか見極めてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事