胡散臭いと思われる原因とは。胡散臭い人の見た目や性格の特徴12個

あなたの周りに胡散臭い男性や女性はいますか?今回はそもそも胡散臭いという言葉の意味から、胡散臭いと思われる人の原因、胡散臭い男女の見た目や性格の特徴について詳しく解説していきます。さらに、芸能人で胡散臭いと言われている人も紹介しますので、胡散臭い人のイメージを深めてくださいね。

胡散臭い人っていますよね。

胡散臭いと思われる原因

胡散臭いというと、どのようなイメージをしますか。「見た目が派手」などの外見から「調子いい」「トークが上手」といった行動まで内面の部分を想像する人もいるでしょう。

詐欺師、嘘つきといった印象を与えやすい胡散臭い人は、何が原因でそのように見られてしまうのでしょうか。

そこで今回は、胡散臭い人の特徴や行動について紹介します。胡散臭い人の見分け方の参考にもなるので要チェックです。さらに、芸能人で胡散臭く見られがちな人も紹介します。


そもそも「胡散臭い」の意味とは?

胡散臭い人とは

胡散臭いとは、「胡散(うさん)」という怪しいを表す言葉の後ろに「臭い」という言葉を付けた形容詞の言葉です。正体が分からない、怪しいという意味で使われます。

由来には諸説あり、胡盞(うさん)という抹茶茶碗が高価な焼き物と言われていましたが、その出どころやつくられた年代が不明なため胡散臭いとなった説があります。

他にも、ポルトガル語のウサンナ(怪しい人)という意味から付けられたといった説まであります。


胡散臭いと言われやすい人の特徴

胡散臭い人と言われる原因

良い人そうに見えるのに、どこか胡散臭い。そんな人に1度は会ったことがある人も多いのではないでしょうか。胡散臭いというイメージが1度ついてしまえば、誤解を解くのは難しくなります。

実は、胡散臭い人に見えてしまうのは共通した特徴があるのです。胡散臭い人を見分けるのが苦手という人は見分け方の参考にしてください。


胡散臭い人の「見た目」に共通する特徴

自分でも気が付いていない胡散臭い人の「見た目」は共通点があるのです。

初対面の人に出会う機会でこちらが話しかけても会話が弾まない、何となく避けられているかもと感じるのであれば、もしかすると見た目が影響しているのかもしれません。

ではどのような見た目の人が胡散臭いと見えているのか紹介します。


ある程度の年齢を重ねても髪がやたらと明るい人

年齢を重ねても髪の毛が派手なカラーをしている人は、胡散臭いと判断されてしまう可能性が高いです。

その理由は、年齢を重ねると会社勤めをする人が多くなり、髪の毛を派手にする機会が少なくなるからです。若いときはヤンチャをして髪の毛を染めるということは、経験している人も多いでしょう。

しかし、年齢を重ねると会社の一員として働くことになり、自然と落ち着いていきます。ですから、年齢を重ねても髪の毛が派手な人は、一体どのような仕事をしているのだろう?と怪しく見られてしまうのです。


服装はカジュアルなのに、アクセサリーや腕時計はなぜか高級品ばかり着用している

胡散臭い人は服装はカジュアルだが高級ブランドをつけている

ブランド物を着用するのは悪いことではありません。しかし、服装はカジュアルなのに高級品のアクセサリーをジャラジャラと付けている人は目立ちたいという気持ちが出てしまい「胡散臭い」と判断されます。

さり気なくファッションの一部として取り入れるのであれば問題ありませんが、見せびらかせたり、目立たせるように高級品を付けていると『自分を見て』とアピールしているように相手は感じます。


全身ハイブランドを身につけているのに、不思議と気品を感じられない人

全身ハイブランドで胡散臭く見える人の理由は2つあります。1つ目は、ハイブランドにその人自身が負けてしまい、気品を感じられないという点です。これは言動や髪型などが影響しています。

2つ目は、ブランドロゴが至るところに目に入る点です。Tシャツやバック、ベルトなどそのブランド名が大きく入っているデザインは多くあります。しかし、ロゴが多ければそれだけ主張が大きく、見ている人からすれば「ブランド自慢したいだけ」と見られてしまうのです。

ですから、Tシャツにブランドロゴが大きく入っているのであればバックにはさりげないワンポイントでロゴが入るといったバランスが大切なのです。2つの理由共、外見で胡散臭く見えてしまうことが共通しています。


室内や夜でもサングラスを常時着用している

おしゃれアイテムとしてサングラスは欠かせないという人もいるでしょう。しかし、室内や夜でもサングラスをかけている人は、胡散臭いと思われる特徴の1つです。ではなぜ、胡散臭いと思われるのでしょうか。

それは、普段の生活をしていると室内や夜に常時サングラスをかけるという場面がほとんどないからです。

紫外線から目を守る役割のサングラスですが、室内や夜にかけていると『なぜ、室内や夜にサングラスをかける必要があるのか?』といった疑問が湧いてきます。

特に初対面の場合は、相手のことをよく知らないので常時サングラスをしていることは、不信感さえ与えてしまいます。結果的に、胡散臭い人間と決めつけられてしまう可能性が高くなるのです。


胡散臭い人の「性格」に共通する特徴

胡散臭い人の性格の特徴

自分は普通に接しているつもりでも、胡散臭いと思われてしまう人の性格には共通点があります。性格は客観的に指摘されないと自分では中々気がつくことができません。

これから紹介する特徴を見て、自分に当てはまる点はないか確認してみましょう。


相手に凄いと思われたいがために、すぐに話を盛る癖がある

胡散臭い人は、すぐに話を盛る癖がある人です。特徴としては、抽象的な話ばかりをします。

例えば、会社で大きなプロジェクトを任された。といった話をする人がいても、聞いている側からするといくらの金額が動くのか、大きいとはどのぐらいのことなのか、といった具体的な内容がなければ判断できません。

胡散臭く感じる人は抽象的な話ばかりで、具体的な内容に欠けていることが多いです。


基本的に調子がよく人当たりも良い割に、具体的に踏み込んだ会話は避けたがる

調子のいい人が胡散臭く見られてしまうのは、その場しのぎの言動や行動が多いからです。いつも何となく輪の中にいて話を盛り上げたりするのに、自分の都合が悪くなるとはぐらかしたり、具体的な話をしないなどが特徴です。

誰にでも都合よく合わせるので、周りから見ている人達は「調子いい人」「信頼できない」などといった印象を与えます。調子のいい人は、いつでも人を裏切るだろうと周りの人は感じてしまうため、胡散臭いと思われてしまうのです。


胡散臭い人の「行動」に共通する特徴

胡散臭い人の行動の特徴

胡散臭い人の見分け方は、どこに注目すればわかるのでしょうか。実は「行動」に共通点があるのです。

普段意識せずに行動していることが胡散臭い人に見られていることもあるかもしれません。一体共通する行動とはどのようなことなのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。


SNSで高級な飲食店やホテルの写真をアップしたりする

SNSを閲覧した人は『この人は何の仕事をしている人だろう?お金は一体どうなってる?』と怪しく感じます。たまにアップするのであれば特別な日に行ったということがわかりますが、回数が多ければ胡散臭い人という印象を与えます

いかに日々充実しているか、お金持ちアピールしたい人ほどSNSを利用し写真をアップするのです。さりげなくアピールするのではなくギラギラしている感じがSNSから伝わってきて、胡散臭い人という印象を与えてしまいます。


初対面からグイグイ距離を詰めてくる

胡散臭い人の行動の特徴は初対面から距離を縮めてくる

初対面では敬語を使う、相手とは適度な距離感を保ち、打ち解けてきたら距離を縮めるといった人が多い中、胡散臭いと思われてしまう人は距離をグイグイ縮めてきます。

特徴の1つに初対面でいきなり「〇〇くん」「〇〇ちゃん」と昔からの知り合いのように話しかけたり、タメ口を使って馴れ馴れしくしてくる人に対して、多くの人は違和感を感じます。

人の悪口を言ったり、話を盛って根拠のないウワサ話をして距離を縮めてくる人もいるので、初対面なのにグイグイ来る人は信用されない胡散臭い人といえるでしょう。


多趣味でアクティブそうに見えるにも関わらず、プライベートが全く想像つかない

交流会やセミナーなどアクティブに行動していることは話やSNSからは伝わってくるのに、普段は何をしているのか全くわからない人がいます。

胡散臭く見えてしまうのは、具体的な話をしないからです。何をしているのか詳しく話すことがないため、結局実態がよくわからず胡散臭い人だと判断してしまうのです。

プライベートの話をしたくないという人もいるので一概に胡散臭い人とは言えませんが、プライベートの想像が全くつかない人は胡散臭く見られてしまう可能性があります。


胡散臭い人の「言動」に共通する特徴

胡散臭い人の言動の特徴

避けられる人には「言動」が共通しています。胡散臭いと思われないようにするには、言動には充分注意する必要がありますよ。

場を盛り上げるために行っていたことも、他の人から見れば「調子のいい、胡散臭い人」といった印象を与えてしまっているかもしれません。

では、どのような言動が胡散臭い人と思われてしまうのか、その特徴を見ていきましょう。


収入やビジネス系の話が好きで、最終的に自身のお金持ちアピールに持っていきたがる

男性であれば女性にモテたい気持ちから、収入やビジネスの話を盛りながら話す人も多いのではないでしょうか。

女性に良く見られたいという気持ちはわかりますが、毎回お金の話をする人は胡散臭いと避けられる可能性があります。

収入やビジネスの話を適度にするのは良いですが、過剰に話しすぎてお金持ちアピールが強くなると「あの人はお金のことばかりで、ガメつくて自慢しかしない」といった胡散臭いイメージがつきます。


リアクションがオーバー過ぎて嘘くさい

胡散臭い人の言動の特徴はオーバーリアクション

自分が話をしているとリアクションを取ってくれるのは嬉しいと感じますが、些細なことで「えっ本当に!?すごいですね!!!」と明らかにオーバーなリアクションを取られると「嘘くさい」と感じる人もいます。

手振りもつけてオーバーリアクションするとさらに嘘くさく見られるのです。胡散臭い人の特徴には、オーバーリアクションの他に「大声」で話す人も多いです。

普段、オーバーリアクションや大声を出して話さない人からすれば、普通の話でそんな動きもしないし大声を出すことじゃないのに、リアクションが大げさすぎると思われます。それらが原因で、胡散臭い人という印象を与え避けられるのです。


トークスキルに長けているが、具体的な話になると歯切れが悪くなる

ペラペラと話すことは上手なのに、上っ面の話しかしない人は胡散臭い人間に見られます。

例えば「有名な◯◯さんと知り合いで、この間一緒に食事した」といった話を聞いたとき『じゃあ、今度紹介して』と話を振ると「◯◯さんは忙しいから、調整は難しいかも」とまだ相手にオファーしていないのにもかかわらず、取り付けるのが難しいことをほのめかす発言をすると相手に胡散臭いと思われます。


胡散臭いと言われてしまう主な原因

胡散臭い人の行動の原因

胡散臭いとなぜか言われてしまう人には、共通した原因があります。

自分では無意識にしていることが多く、なかなか気が付きにくいので原因を確認し、自分に当てはまることがあれば意識して直すようにしましょう。

全部で4つあるので、これを全て解消すれば胡散臭いと言われることも少なくなります。


1. お金に関する話題が多く、利害で人を見ているように思われやすいから

仕事などでお金の話をするのは仕方がないですが「収入はどれくらい?」「年収は?」といったプライベートの話をガツガツしてきたり、お金の話ばかりするのは損得勘定で人付き合いをしているように感じられます。

投資やビジネスに関する話や、相手がどのくらいお金を持っているかなど話の中で探りを入れるのは相手に不快感を与えますよ。

本当に人間関係を良好にしたい、信用されたいと考えるなら、お金の話題ばかりでなく最近の気になった映画やハマっていることなど何気ない会話を中心にする必要があるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


2. 意図的に明るく振る舞ったり、丁寧に接している姿が垣間見えるから

調子いい人にも共通しますが、相手を選んで意図的に明るく振る舞ったりする人がいます。本人は気が付かないかもしれませんが、他の人が見ていると、自分との対応に差を感じ、相手によって態度をコロコロ変える人という印象を与えます。

ではなぜ、胡散臭く見られるのでしょうか。それは、その人の本心が全くわからないからです。相手によって態度を変えることで、本当はどう思っているのかという部分が見えないため胡散臭く信用できない人と思われてしまうのです。


3. 相手にバレバレな嘘をついてしまうため

胡散臭い人と思われる原因は相手にバレバレの嘘をつく

バレバレの嘘をついて、胡散臭い人と思われてしまうのは、嘘をつくことで自分の都合が良い方に相手を誘導していることが分かるからです。

例えば、電話で「ケガをしたので生活費が必要だからお金を貸して欲しい」といった連絡が来た場合、1度目は信用するかもしれませんが、それが続くと嘘だということがわかります。

こういった自分の都合に合わせた嘘をつく人は胡散臭いだけでなく、信用されない人にもなります。

【参考記事】はこちら▽


4. 見た目や立ち振舞いが年齢とマッチしていないから

男性でも女性でも見た目や立ち振舞が年齢とミスマッチしていると、胡散臭い人と周りから見られます。その理由は、年齢を重ねると少しずつ落ち着き始め、派手な髪色や服などを着る人が同世代に少なくなってくるからです。

いい年齢で派手な振る舞いをしていると常識に欠ける、怪しい仕事をしている人?といった判断をされてしまい、避けられてる原因になります。

もちろん、見た目が派手だからといって胡散臭い人ばかりではないですが、初対面では特に見た目が大切なのです。


胡散臭いと言われがちだけど本当は良い人と言われている芸能人

胡散臭い人と思われる芸能人

芸能人の中でも胡散臭いというイメージを持たれている人は多くいます。俳優さんから司会者まで日々目にする芸能人ですが、なぜ胡散臭く見られてしまうのでしょうか。

本当は良い人と言われてる芸能人を参考に、胡散臭く見られてしまうポイントを紹介します。


1. 山田孝之さん

芸能人の中でも女性からの人気が高く、好青年の役から影のある役までマルチに活躍する俳優の山田孝之さん。俳優だけでなく会社の取締役に就任するなど活動の場を広げています。でもなぜか胡散臭く見えてしまうのは、掴みどころのない雰囲気が影響しているのではないでしょうか。

カメレオン俳優と呼ばれるだけあって、作品で見せる顔はガラッと違うのもその演技力の高さ故に胡散臭くみえてしまうのでしょう。


2. 宮根誠司さん

平日の午後の顔といえば宮根誠司さん。するどく突っ込みながらも場を上手に回すのはさすが司会者と思わせます。

TVで見せる軽快で気さくなおじさんというイメージがあるものの、芸能人のギャラの話になると食い気味で聞いているところは、冗談とも本気とも取れないような表情や態度が胡散臭く見えてしまう原因なのでしょう。


3. 坂上忍さん

TVで見ない日はないぐらい大活躍されている坂上忍さん。芸能人の中でも大の犬好きでも知られ、ブログも頻繁に更新しています。几帳面で潔癖な性格ということを本人もTVで度々発言しています。

動物好きなことから良い印象をもたれることも多いですが、するどい毒づいたツッコミを見せるので、そのギャップに裏表がありそうな印象を付けてしまい、胡散臭く見えてしまうのでしょう。


4. メンタリストDAIGOさん

メンタリストとして一時期TVで頻繁に出演していたDAIGOさん。現在は執筆を中心に動画配信で目にする機会が増えました。知識量も豊富にあり、早口で話すことが特徴です。

胡散臭く見えてしまう原因の1つに、職業柄、その人の行動や態度、話し方などを細かくチェックしているので「人に合わせた話をしていそう」といった印象を持たれています。

こちらの考えは見透かされていそうなのに、DAIGOさんの考えていることが全くわからないのも胡散臭く見えている要因でしょう。


人から信用されやすい人の特徴とは?

信用されやすい人の特徴

人から信用されやすい人と胡散臭く見られてしまう人には、一体何が違うのでしょうか。同じように振る舞っているつもりでも、なぜか他の人から信頼されていると感じる人もいるでしょう。

ここでは、人に信頼される男性・女性の特徴を紹介します。見分け方の参考にもなるので、確認してみましょう。


特徴1. 自分のライフ設計を明確に持っており、ブレない信念がある

信用される人になるためには、明確なブレない信念を見つけることがポイント。人の意見に流されたり、意思を表示しなかったりすることで信念がないと思われ、信頼されない人になります。信念がある人は、言動や行動も一致していることが多く、何があってもブレることはほとんどありません。

信念というと何か確固たる物をもっていないといけないイメージがありますが、自分のライフ設計を考えれば自然と譲れない物がでてきます。そこを信念とすればブレない人になります。


特徴2. 責任感が強く、人のことをきちんと思いやれる

自分のことだけでなく、相手のことを考えて行動できる人は信用される人です。

仕事で困った時に手を差し伸べてくれるような話を聞いてくれる人は、相手に寄り添って一緒になって悩みを解決しようとしてくれるので、自然と信頼されるようになります。責任感が強い人ほど困っている人を放って置けない人です。

相手の立場になって考えられる人は、男性や女性の両方からも信頼される人といえるでしょう。


特徴3. 口が堅く、人との約束はきちんと守る

信用されやすい人とは約束を守る

胡散臭い人間は、口が軽く誰にでも調子が良いと思われており信用されません。口が固く、約束をきちんと守るだけで信用される人になれるのです。

約束を守るというのは、些細な約束でも大切です。例えば、自分が何気なく「今度美味しいお店を紹介するね」と相手に伝えていたら、それを後日、本当に紹介するといったようなことも含まれます。

一見些細な約束に感じますが、「自分が言ったことは守る」ということを続けているだけで信頼される人になりますよ。そもそも約束に大きいも小さいもないので、約束を守るということを続けていれば、自然と信頼される人になります。


特徴4. 裏表がなく、自分の意見や意思をハッキリと相手に伝えられる

ただ意見を言えばいいということではありません。周りの人の話も聞きながら、無理に意見を押し通すのではなく「自分はこう思っている」と伝えることです。

例えば、プロジェクトで意見がバラバラになってしまった時は自分の意見を伝えつつ、意見を出せていない人にも意見を求めるなど人の意見に耳を傾ける姿勢を見せることです。

その人の本心や周囲への気配りを感じられる発言は胡散臭くなく、信頼できる人という印象を与えます。


特徴5. 言動と行動がきちんとリンクしている人

「言動と行動を一致させるにはどうすれば?」と思う人もいるでしょう。難しく考える必要はなく、上記で紹介した「約束を守る」この1つだけを守ることです。自分の言ったことの約束を守れば、自然と言動と行動は一致するのです。

信用されない人は、言動だけ大きい割に行動が伴っていないことが多く、ビッグマウスや嘘つきと思われます。


胡散臭いと思われないよう、対策をしていきましょう。

胡散臭いと思われないよう意識を変える

胡散臭いと感じる人は、全身ハイブランドや調子のいい人など外見や内面の部分があります。実際に接していく中で、違和感を感じるのであれば距離を取った方が良いですが、仕事や近所の付き合いでどうしても離れられない場合は、あまり深入りせずに適度な距離を保つことをおすすめします。

胡散臭いと言われることが多い人は特徴を確認し、直せるところは意識して改善することで、誤解されることが少なくなります。少し意識を変えるだけで好感を持たれるようになるので、ぜひ身近なところから変えてみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事