スクワットを毎日続けたら痩せた!下半身に変化が出る理由や体験談を紹介

スクワットを毎日続けたら痩せるのか詳しく知りたい方へ。今記事では、スクワットを毎日続けたら痩せたと言われやすい主な理由から、痩せるために必要なメニューまで詳しくご紹介します。さらに、よりダイエットの効果を高めるコツも解説するので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

そもそもスクワットって毎日やってもいいの?

そもそもスクワットって毎日やってもいいの?.jpg

自宅で手軽にできる筋トレとして人気の高いスクワット。ダイエットのためにスクワットをするのであれば、1日でも早く痩せるためにも毎日やりたくなりますよね。

スクワットの場合、トレーニングのバリエーションもは実に様々。

ダンベルやマシンなどを使わず自分の体重だけを利用する自重トレーニングとしてのスクワットだけなら、負荷もそれほど高くないので毎日行っても大丈夫といわれています。


スクワットトレーニングを行うメリットとは

毎日スクワットトレーニングを行うメリットとは.jpg

スクワットは、立った状態で行うトレーニング。そのため、自宅のキッチンや、会社の休憩室など、場所を選ばずいつでもサクッと、スキマ時間を使ってトレーニングできるという手軽さが人気の秘密です。

また、自重トレーニングとしてのスクワットであれば、ダンベルなどの器具が必要ないのでトレーニングを簡単にできますよ。


毎日スクワットを続けると痩せる理由|どんな効果が得られるの?

毎日スクワットを続けると痩せる理由|どんな効果が得られるの?.jpg

立った状態で屈伸運動を繰り返すだけのスクワット。一見、とてもシンプルで簡単そうな運動に見えますよね。

このスクワットを毎日続けると痩せると言われているのは、一体なぜなのでしょうか。

ここからは、毎日スクワットを続けると痩せる理由や、スクワットを続けることで得られる効果などについて、一つずつチェックしていきましょう。

毎日スクワットを続けると痩せる理由
  1. 体の代謝が向上するから
  2. 全身をバランスよく鍛えれるから
  3. 脚やせが見込めるから
タップすると移動します

スクワットを毎日続けると痩せる理由1. 体の代謝が向上するから

スクワットを毎日続けると痩せる理由1. 体の代謝が向上するから.jpg

ご飯を食べたり、歩いたり、本を読んだりと、普段の生活の中でも自然とカロリーを消費してくれる基礎代謝。

この基礎代謝が高いと消費カロリーも多くなるため、日常生活を送っているだけでも痩せやすくなります。

そして、基礎代謝を上げるために欠かせないのが筋肉量

身体には大小様々な筋肉がありますが、いち早く基礎代謝向上を狙うなら、大きな筋肉を鍛えるのが効率的です。

スクワットでは太ももにある大きな筋肉を鍛えられるので、基礎代謝が向上しやすくダイエット効果も高くなります。


スクワットを毎日続けると痩せる理由2. 全身をバランスよく鍛えれるから

立ったまま屈伸運動を繰り返すスクワットは、下半身の筋肉以外は使ってないように見えますよね。

しかしスクワットを正しいフォームで行えば、お腹、背中、お尻、太もも、ふくらはぎと、驚くほど多くの筋肉を1度に鍛えられます。そのため、お腹だけ、背中だけと個別に筋トレをするよりも全身バランス良く鍛えることができるのです。

そして、スクワットを毎日頑張って痩せた効果が実感できた時、全身がキュッと綺麗に引き締まったシルエットを作りやすくなるといわれています。


スクワットを毎日続けると痩せる理由3. 脚やせが見込めるから

スクワットを毎日続けると痩せる理由3. 脚やせが見込めるから.jpg

全身の筋肉をバランスよく鍛えられるスクワットは、毎日継続して行うことで、特に下半身の変化を感じられるトレーニングでもあります。

美脚に欠かせない程よく引き締まったふくらはぎと太ももや、プリッと綺麗に盛り上がった太ももからお尻にかけてのラインを作りたいのであれば、スクワットが最適なトレーニングといっても過言ではないでしょう。

そのため、全身ダイエットはもちろんのこと、脚やせメインでダイエットをしたい方にも人気の高い筋トレなのです。

【参考記事】脚痩せに効果的な筋トレメニューを解説▽


スクワットを毎日やったら痩せた!体験談を紹介

スクワットを毎日実践して痩せたという人はたくさんいます

そこでここからは、スクワットでダイエット効果を実感した方の生の声を紹介。どんなメリットがあるのか、辛かったのか、続けてみた感想を参考にしてみて下さい。

30代女性

30代女性

左右の太ももの間に隙間ができなくて、どうにかして細くしたいと思い始めました。
始めたての頃は20回するのもキツかったです。
でも1ヶ月継続するころには正しいフォームで15回3セットを難なくこなせるようになりました!
肝心の太ももはキュッと引き締まり、太ももの隙間も現れました。
太ももだけじゃなくて、お尻も上がって、以前とは全く違う見た目です!

20代男性

20代男性

運動不足でかなり太ってきたなと感じ、スクワットを始めてみました。
毎日お風呂の前にするのを日課にした結果、脚だけじゃなくてお腹も引き締まった気がします!
1ヶ月ほど続けて体重もマイナス1.3キロを達成。
駅の階段も疲れなくなったので、筋肉もついたんだなと実感してます。

20代女性

20代女性

痩せたいのに、面倒なことはしたくないズボラ女子の私ですが、「立ったついでに一回だけスクワットしてみる。」ということ決めてみました。
そのうちにスクワットも面倒ではなくなり、しっかりと10回やる時間を作っています。
元々筋肉が全然なかったからか、始めてまだ2週間ですが、脚の筋肉もついて引き締まり、痩せる効果を実感してます。
もっと痩せたいのでまずは1ヶ月目指して頑張ります!

この記事の編集者も実際に毎日スクワットを続けた結果、2週間で体重が-0.7kg、1ヶ月で1.5kgの減量に成功しています。脚だけでなく、体全体も引き締まって見た目もシュッとした印象に

このようにスクワットでダイエット効果を出した方はたくさんいるので、ぜひ試してみて下さいね。


毎日実践できるスクワットメニュー|効果的なトレーニング方法を大公開

毎日実践できるスクワットメニュー|効果的なトレーニング方法を大公開.jpg

痩せた自分をイメージしながら毎日続けたいスクワット。

では、一体どのようなスクワットが良いのでしょうか。

ここからは、毎日実践できるスクワットメニューを紹介。効果的なトレーニング方法を一つずつチェックしていきましょう。


毎日実践できるスクワットメニュー1. ノーマルスクワット

毎日実践できるスクワットメニューのノーマルスクワット

バリエーション豊富なスクワットですが、筋トレ初心者さんでもトライしやすいのは、一番ベーシックなノーマルスクワットでしょう。

ノーマルスクワットは、太ももやお尻の筋肉を中心に体幹も同時に鍛えられるトレーニングです。

どのスクワットにも共通するフォームの基本が覚えられるので、スクワットをまだした事がないのであれば、このノーマルスクワットからスタートしてみるのがおすすめですよ。

毎日続ける時には、10〜15回程度を3セット行いましょう。

【参考記事】正しいスクワットのやり方を解説▽


毎日実践できるスクワットメニュー2. ワイドスタンス・スクワット

毎日実践できるスクワットメニューのワイドスタンス・スクワット

ノーマルスクワットより、広めに足を開いて行うワイドスタンス・スクワット。

太ももの内側にある内転筋にも負荷をかけられるので、太ももの隙間ができなくて脚やせしたい方や、内腿のタプタプがどうしても気になる方にもぴったりのスクワットです。

このワイドスタンス・スクワットも、毎日行うのであれば、10〜15回程度を3セットずつ続けていきましょう。

ポイントは内ももに負荷がかかっていることを意識しながら行うことですよ。

【参考記事】ワイドスクワットのやり方はこちら▽


毎日実践できるスクワットメニュー3. ジャンピング・スクワット

毎日実践できるスクワットメニューのジャンピング・スクワット

ふくらはぎの太さが気になるのであれば、ふくらはぎにもしっかり負荷をかけられるジャンピング・スクワットがおすすめです。

ノーマルスクワットの動きに縦方向のジャンプを加えたトレーニングであるジャンピング・スクワットは、スクワット初心者さんでも、しっかりとふくらはぎを鍛えられるスクワット。

このジャンピング・スクワットも、毎日10〜15回程度を3セットずつ続けていきましょう。

しかし、見た目以上に下半身への負荷が高いので、身体が慣れるまでは一日おきに行うなどして、ゆっくりとジャンピング・スクワットに身体を慣らしていくと、思わぬ怪我や事故などを防ぎやすくなりますよ。

【参考記事】ジャンピングスクワットのやり方はこちら▽


毎日実践できるスクワットメニュー4. シングルレッグスクワット

毎日実践できるスクワットメニューのシングルレッグスクワット

自重トレーニングであるスクワットは、トレーニングを続けていくと、自重だけでは物足りなくなってしまいがち。

そんな時には、シングルレッグスクワットで、より負荷をかけたトレーニングをしてみましょう。

シングルレッグスクワットは、その名の通り、片足をあげた状態で行うスクワットメニュー。片足を前方に伸ばし、もう片足だけでスクワットを行うので、両足で行うスクワットよりも強い負荷を下半身にしっかりとかけられます

毎日10〜15回程度を3セットずつ続けられると、より早い結果を期待できますが、シングルレッグスクワットは、片足だけで体全体を支えるため、どうしても難易度が高くなりがちです。

まずは、無理なくできる回数を繰り返して、少しずつ回数を増やしていくのがおすすめですよ。

【参考記事】シングルレッグスクワットのやり方はこちら▽


毎日実践できるスクワットメニュー5. スプリット・スクワット

毎日実践できるスクワットメニューのスプリット・スクワット

ヒップラインが気になるのであれば、スプリット・スクワットでキュッと引き締まって綺麗な丸みのお尻を手に入れましょう。

片足を大きく踏み出した状態で行うスプリット・スクワットは、お尻を中心に下半身全体を鍛えられるスクワット

ノーマルスクワットよりも、身体のバランスを取るのが少々難しく、体幹トレーニングも同時にできちゃいます

10〜15回程度を3セットずつ毎日続けていきましょう。このスクワットを続ける時は、トレーニング中に身体がふらつかないように気をつけてくださいね。

【参考記事】スプリットスクワットのやり方はこちら▽


スクワット以外で痩せる秘訣とは|同時に取り組んだ方が良いこととは

スクワットをする以外に痩せる秘訣とは|取り組んだほうが良いコツも徹底ガイド.jpg

毎日スクワットを続けるのであれば、その成果を最大限引き出せるようにしたいもの。

そのためには、スクワットを続けるだけでなく、普段の生活の中でも気をつけた方が良い事がいくつかあります。

そこでここからは、スクワットをする以外に痩せる秘訣を紹介。取り組んだ方が良いことを一つずつチェックしていきましょう。

スクワット以外で痩せる秘訣
  1. 有酸素運動も並行して行う
  2. 摂取カロリーを管理する
  3. 湯船につかって血流をよくする
タップすると移動します

スクワットをする以外に痩せる秘訣1. 有酸素運動も並行して行う

スクワットをする以外に痩せる秘訣1. 有酸素運動も並行して行う.jpg

筋トレであるスクワットで筋肉を鍛えたら、脂肪を燃焼させることも忘れちゃだめ。

そのためには、脂肪燃焼効果が高いと有酸素運動もスクワットと並行して行っていきましょう。

痩せやすい運動の順番は、筋トレ→有酸素運動です。

スクワットをして筋肉にしっかりと負荷をかけてから、有酸素運動を行うことで、より高い脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。

おすすめの有酸素運動は、ウォーキングジョギングヨガなど、普段の生活の中でも取り入れやすい運動です。ぜひ、スクワット後の有酸素運動を毎日のルーティーンに組み込んでいきましょう。

【参考記事】家でできる有酸素運動を解説▽


スクワットをする以外に痩せる秘訣2. 摂取カロリーを管理する

どんなにスクワットを毎日頑張っても、食べたいものを食べたいだけ制限なく食べ続けていては、痩せることなんて夢のまた夢。

スクワットでせっかく消費したカロリーを摂取カロリーで超えてしまっては、痩せるどころか、太ってしまいます

毎日スクワットを頑張るのと同じぐらい、毎日食べるものや飲むもののカロリーもある程度計算してコントロールしていくようにしましょう。

おすすめは、食事管理アプリなどを利用して、毎日食べたものをこまめに記録していくことです。食べているものを全て可視化してみると、食べる量や食材の管理がよりしやすくなりますよ。


スクワットをする以外に痩せる秘訣3. 湯船につかって血流をよくする

スクワットをする以外に痩せる秘訣3. 湯船につかって血流をよくする.jpg

1日の疲れを癒してくれるお風呂タイムって、実はダイエットにも効果的といわれています。

湯船にしっかり浸かることで、全身の血流が促進され代謝を促す効果も期待できるのです。

また、食事前に湯船に浸かると、胃に血液が集中しなくなるため食欲が自然と抑えられ、暴飲暴食も防ぎやすくなるとされています。

忙しいと湯船に浸からず、シャワーだけで済ましたくなりますが、理想のボディラインに1日でも早く近づくためにも、できるだけ湯船にしっかり浸かるようにしてみましょう。


万が一、スクワットを毎日続けてもダイエット効果が見込めない時は?

万が一、スクワットを毎日続けてもダイエット効果が見込めない時は?.jpg

忙しい時も眠い時も頑張ってスクワットを毎日続けたのに、望むような身体の変化が感じられない時、このままスクワットをやってもいいのか不安に感じてしまうもの。

そんな場合はいくつかの原因が考えられます。

  • スクワットを正しいフォームで行えていない

  • スクワットで消費するカロリー以上に食べすぎている

  • スクワット以外の運動を全くしていないため、消費カロリーが少なすぎる

これらの原因に心当たりがあるのであれば、一度しっかりと見直して軌道修正していきましょう。


スクワットを毎日正しく行えば絶対に痩せますよ!

正しく行えばメリットだらけのスクワットは、毎日のスキマ時間でできるおすすめの筋トレ

会社で休憩中にこっそりする時はノーマルスクワット、自宅で伸び伸びできる時はシングルレッグスクワット、などと、いくつかのスクワットを組み合わせてトレーニングメニューに変化をつけてやると、飽きずに長く続けやすくなります

ぜひ、自分が一番やりやすい時間帯にスクワットを取り入れてみましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事