【男性必見】失恋後の気持ちを切り替える方法|恋に破れても早く立ち直るコツとは?

失恋後に気持ちを切り替えるコツについて詳しく知りたい男性へ。今記事では、失恋後の辛い気持ちから立ち直るコツについて詳しくご紹介します。失恋から立ち直る方法を解説するので、片思いが実らなくて落ち込んでいる男性は、ぜひ参考にしてみてください!

失恋後に立ち直る方法とは|気持ちを切り替えるコツを大公開

失恋後の気持ちを切り替える方法とは

どんなにハイスペックな男性でも、片思いしていた相手との素敵な未来が望めないと分かった瞬間、まるで目の前が真っ暗になったような気持ちになってしまうもの。

この辛い失恋のダメージから、立ち直るためには、一体どうしたら良いでしょうか?

今回は、辛い失恋後の男性が上手に立ち直る方法や、気持ちを切り替えるコツを一つずつチェックしていきましょう。


失恋後に立ち直る方法1. 友達に話を聞いてもらう

片思いしていた相手への気持ちが大きければ大きいほど、失恋後の消失感も大きくなるもの。

心の中で渦巻く思いを、気心の知れた友達に聞いて貰うのも失恋から立ち直る良い方法です。

「〇〇ちゃんとは、趣味も合うしさ。一緒にライブとか行きたかったんだよぉ!」

などと、叶わなかった思いを吐き出せるだけ吐き出すことで、その片思いから吹っ切れるようになりますよ。


失恋後に立ち直る方法2. 趣味に没頭する

失恋による辛いダメージは、心の奥深くまで入り込んでしまうもの。

何を見ても心が沈んでしまうのであれば、少しでも心がワクワク浮上できるものに手を出してみましょう。

それには、ゲームや筋トレ、フットサル、推し活など、趣味に没頭するのがおすすめです。

趣味は気持ちを前向きにしてくれるだけでなく、失恋によるショックから心を遠ざけてくれるのでスムーズに立ち直りやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


失恋後に立ち直る方法3. 涙活をしてみる

失恋のダメージをいつまでも引きずるのは、心の中にそのダメージを溜め込んでいるから。

そんな時には、涙と一緒に辛いダメージを外に出してしまいましょう。

失恋ソングを聴いたり、悲しい結末の恋愛映画などを観たりして思いっ切り泣く涙活は、女性が行うイメージが強いのですが、実は男性にもおすすめの立ち直り方法

涙が枯れるほど思いっ切り泣くと気持ちもスッキリするので、失った恋も諦める事ができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


失恋後に立ち直る方法4. 仕事に打ち込んでみる

寝ても覚めても、自分に振り向いてくれなかった相手のことを考えてしまう程辛い失恋。

本当ならば、一日中ベッドの中に引きこもっていたいぐらいですが、一社会人男性としては、そんな贅沢はできないもの。

そんな時は、目の前の仕事にいつも以上に打ち込んでみましょう。

仕事に集中すれば、「〇〇ちゃん、俺のどこが気に入らなかったのかなぁ。」などのモヤモヤも考えている暇がありませんよ。


失恋後に立ち直る方法5. 新しい挑戦をしてみる

失恋の相手が、会社の同僚だったり、共通の友人がたくさんいる女性だったりする場合、気持ちの切り替えが難しい事もあります。

そんな時には、今まで全く経験した事がないジャンルに手を出してみましょう

新しい趣味を見つけてみるも良し、思い切って転職してみるも良し。

文字通り心機一転する事で新しい刺激で心を一杯にして、失恋のダメージを消し去ってしまいましょう。


失恋後に立ち直る方法6. 自分磨きに力を注いでみる

失恋のダメージをいつまでも引きずるのは、内面も外見も失恋した時の自分のままでいるから。

「やっぱり、もっと仕事できる奴じゃないと、女にモテるとか無理なのかな?」

などと、落ち込む暇があったら、自分磨きに力をうんと注ぎましょう。

自分磨きで自分に自信がついてくれば、自然と失った恋よりも新しい未来へと目を向けられるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


失恋後に立ち直る方法7. 次の出会いを探してみる

女性でも男性でも、新しい恋愛するためには行動あるのみ!

いつまでも、失った恋を引きずるようでは、次の恋愛はいつまでも経ってもできません。

積極的に、新しい出会いを探してみましょう。

友人に誰か紹介して貰うも良し、デートアプリに登録して好みの女性にアプローチするも良し。

次の恋愛に向けて動き出してみると、失った恋への気持ちも自然と薄れていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


失恋して辛い時は、自分に合う方法で気分転換してみて。

女性でも男性でも、失恋後のダメージは同じぐらい辛いもの。

とはいえ、いつまでもそのダメージを引きずっていると、周囲からも「あんなに引きずる奴だなんて思わなかったよ。」などと、ネガティブなイメージが女性よりも強く残りやすいのが男性です。

次の新しい出会いのためにも、上手にダメージを癒して気持ちを切り替えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事