恋人と別れる時の注意点|別れ時を切り出す時にやってはいけないNG行動とは?

恋人と別れる時の注意点について詳しく知りたい方へ。今記事では、恋人に別れを切り出す時の注意点から、別れた後に気持ちを切り替えるコツまで詳しくご紹介します。円満にお別れするコツを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、恋人と別れ時かもと感じる瞬間とは?

恋人と別れる時の注意点

ラブラブだったカップルでも何らかのきっかけで気持ちが冷め、相手に別れを告げる時がくる場合があります。

気持ちの変化に直面し、どう別れを伝えるべきか悩む人も多いのでは?一方で、別れたい理由が自分でもよく分からないという人もいるでしょう。

どんなタイミングや瞬間に別れ時かもと思う人が多いのか、最初に詳しくご紹介します。


別れ時と思う瞬間1. 同じ理由で喧嘩が続くとき

相手との価値観が違うと、円満なカップルとはほど遠くなります。毎回同じようなことで言い争いになってしまい、お互いに折れようとしません。

例えば、友達付き合いを大切にする彼氏と恋愛第一主義の彼女では、温度差が生まれてお互いに不満がたまりやすくなります。

「相手の考えが全く理解できずに、いつも同じことで喧嘩になってしまう」そんなふうに、どう歩み寄っても合わないと感じ、別れる時かもと思う人は多いです。


別れ時と思う瞬間2. デートへ行くのが億劫に感じたとき

相手への気持ちが冷めてしまうと、会いたいとも思わなくなるもの。

デートの約束はしたものの「特に話すこともやることもないし…正直面倒くさい」そう思い始めると、相手への興味が薄れているサインです。

会う約束が楽しみと言うより面倒に変わったタイミングで、「もしかすると、別れ時なのかな…」と破局が頭をよぎる人は少なくありません。


別れ時と思う瞬間3. 将来が見えないと思った時

結婚を意識している人にとっては、ゴールの見えない恋愛に多くの時間を使う余裕はありません。

そろそろ結婚話が出てもいいと思っていた時期に、「お金をためて、1年くらいかけて世界一周旅してみたいんだよね。」そんなふうに彼氏に言われると、二人のビジョンが違うことに気づきますよね。

一緒にいても結婚はないと感じた時に、関係の終わりを予感する人は多いです。


やってはいけない別れの切り出し方をする人は意外と多い

相手に別れを伝える時は、繊細な配慮が必要になるもの。態度や言葉、タイミングによっては相手を深く傷つけてしまうこともあります。

一方的に別れを切り出したり突然別れを申し出たりすると、相手の混乱が大きくなるのは言うまでもありません。破局は避けられないとは言え、別れの局面をできるだけ穏便に済ませたいですよね。

以下の記事では、別れる時に意識したい注意点を詳しくご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


恋人と別れる時の注意点|お別れする時に意識すべきポイントとは?

やむを得ず別れるという決断をした時は、相手に誠意を持って対応することが大切です。「彼女と別れたいけど、どうやって伝えるべきか分からない」と、頭を抱える人もいるのでは?

また、別れた後のことも気になりますよね。ここからは、恋人に別れを切り出す際、意識しておきたいポイントをご紹介。破局をどうにか円満に迎えたいと願う人は必見です。

【参考記事】はこちら▽


別れる時の注意点1. 別れたい理由をしっかり伝える

別れの際の理由が曖昧な場合は、相手に期待を持たせたり悩ませたりするケースもあります。

なるべく傷つけない言葉を選びつつ、相手が納得するように別れたい理由をきちんと伝えましょう。

例えば「価値観が違うことに気づいた」という事実があれば、正直に話したほうが相手も前に進めるはず。しっかりと話をする時間を設けることで、相手も別れの現実を受け止めやすいですよ。


別れる時の注意点2. 関係をしっかりと清算する

自然消滅や中途半端な状態が続くと、気持ちの整理がつきにくく、関係性がかえって悪くなることもあります。別れた後も同じように連絡を取ったり会ったりしていると、相手が混乱する原因になることも。

あやふやな状態で終わらせるのではなく、きちんとお別れをして、関係をしっかりと終わりにしましょう。

けじめをつけることで、フレッシュな気持ちで再出発しやすいですよ。


別れる時の注意点3. 悪口や不満ではなくお礼を言う

様々な理由があって別れを決意したとは言え、相手に対する礼儀は忘れるべきではありません。別れる時に今までの恨みを口にする人もいますが、せっかくの2人の思い出が台無しになってしまいます。

最後は「今まで本当にありがとう。」と前向きな言葉をかけるのがおすすめ。

お互い精神的に落ち着いた状態で話ができ、別れの局面をなるべくスムーズに乗り切りやすいですよ。


別れる時の注意点4. 相手の意見もしっかりと聞く

一方的に関係を終わりにしようとすると、相手からの反感を買いやすくなります。

自分が別れたいという気持ちを伝えるだけではなく、相手の意見も汲み取りながら話し合いをしましょう。相手が引き止める場合は、その理由をしっかりと聞いてあげてください。そのうえで、自分の正直な気持ちも伝えることがポイント。

彼氏や彼女が「これだけ話しても気持ちが変わらないなら仕方ない」と思えると、別れる時にトラブルになりにくいですよ。


別れる時の注意点5. 今後の接し方について話す

別れた後の関係性によっては、認識の違いによりどちらかが嫌な思いをすることも少なくありません。

カップルごとに状況は違いますが、今後の接し方を明確にしておきましょう。職場や学校が同じなら友達として良い関係を築くのも一つの手。また、もう会わない場合は、連絡もせずにSNSの繋がりを断つケースも多いです。

別れる時に今後の対応方針を決めておくと、すっきりした気持ちで新たな生活をスタートしやすいですよ。


恋人との別れを乗り越える方法とは|立ち直るコツを徹底ガイド

大好きな恋人でも、別れという状況に直面することもあります。

上手く乗り越えるためには、まずは思い切り泣いて、心を開ける友達や家族などに話をとことん聞いてもらいましょう。また、二人の思い出の品は覚悟を決めて処分するのがおすすめ。趣味に没頭したりスキルアップをしたりして、気持ちを切り替えていくことも大切です。

別れをしっかりと受け止めて、前向きに乗り越えていけるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


恋人と別れる時は感謝を伝えて、お互いに新しい恋に出発しよう。

恋人と別れ時と思う瞬間や別れる時の注意点などについて、具体例を挙げながらご紹介してきました。「相手を傷つけないように別れたい」という人も、どんな対応をすべきか把握できたのではないでしょうか?

突然の破局を迎えた人は、本記事でお伝えした立ち直るコツも参考にし、前向きに別れの局面を乗り越えていきましょう。過去の恋愛をきちんと整理できるようになり、次の恋愛の可能性も見えてくるはずですよ!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事