好きな人とのLINEもめんどくさい女性の心理とは?面倒な時の良い対処法を紹介

好きな人からでもLINEがめんどくさいと思ってしまう女性へ。今記事では、好きな人でもLINEがめんどくさいと感じてしまう女性の心理から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。マメに連絡をとるのが苦手な女性は、ぜひ参考にしてみてください!

好きな人とでもLINEがめんどくさいと感じてしまう女性心理とは

好きな人でもLINEがめんどくさい女性の心理とは

相手が大好きな恋人でも、絶賛片思い中の好きな人でも、マメにLINEをするのがめんどくさいと感じてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。

まずは、好きな人が相手でもLINEがめんどくさいと感じてしまう女性の心理について、一つずつチェックしていきましょう。


好きでもLINEがめんどくさいと感じる女性の心理1. 無理に連絡を続ける必要はない

日常的にLINEを使うものの、「基本的にLINEはただの連絡手段でお喋りするツールではない。」と考えている女性もいます。

その場合、相手が好きな人であろうとなかろうと、「用事がなくてもLINEする必要ある?」と思ってしまうのです。

しかし、好きな人からマメにLINEが来るため、毎回返信するのがめんどくさいと感じてしまいます。


好きでもLINEがめんどくさいと感じる女性の心理2. 自分のタイミングで返信したい

誰にだって、自分のタイミングというものがあるもの。

「会社にいる時は、お昼休憩中しかプライベートのLINEはチェックしない。」

「LINEは落ち着いて返信したいから、家に帰ってからゆっくりチェックしたい。」

など、返信したいタイミングは、人によって大きく違います。

しかし、好きな人が、送ったLINEの返信はすぐ返して欲しいタイプだった場合、自分のタイミングでLINEチェックできないばかりか、相手を待たせないように急いで返信しないといけないため、ますますめんどくさいと感じてしまうのです。


好きでもLINEがめんどくさいと感じる女性の心理3. 何を送ればいいか分からない

お喋りするなら、会って話したい、もしくは、電話が良い女性の場合、LINE自体あまり使っていない場合もあります。

そういう場合、LINEで何を送ればいいのか分からなくなってしまうのです。

「長すぎず、短すぎず、好きな人とのお喋りが弾みそうなLINEって、一体書けばいいの?」

と、書く内容を悩みすぎてLINEする事自体、めんどくさくなってしまいます。


好きでもLINEがめんどくさいと感じる女性の心理4. 連絡よりも会った方が早い

テキストメッセージを何度もやり取りするLINEは、どうしても時間がかかりがち。

そのため、何時間もLINEでメッセージを送り合うぐらいなら、「さっさと会ってお喋りした方が何倍も早い。」と思ってしまうのです。

このタイプの女性はメッセージのラリー自体が苦手なので、何回かラリーが続いただけでめんどくさいと感じてしまいます。


好きでもLINEがめんどくさいと感じる女性の心理5. 返信しないと嫌われそう

相手が誰であろうと、こまめに連絡を取るという行為自体が苦手な女性の場合、「好きな人に嫌われないために、渋々LINEをしている」というケースもあります。

このタイプの女性は、LINE自体が好きじゃないため、友人知人からのLINEは、未読スルーや既読スルーをしがち。

しかし、好きな人にも同じように振る舞って嫌われるのは避けたいがため、相手に合わせてLINEを返すのです。

そのため、好きな人からLINEが来ると、どうしてもめんどくさいと感じてしまいます。


好きな人とのLINEが面倒に感じた時の対処法|最適な対応を解説

恋愛中は、好きな人から連絡がくると、自然と嬉しくなってしまうもの。

しかし、相手が好きな人でもLINEが来るとめんどくさいと感じてしまう場合、一体、どうしたら良いのでしょうか?

ここからは、好きな人とのLINEが面倒に感じた時の対処法や、最適な対応について、一つずつチェックしていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人とのLINEが面倒な時の対処法1. 返すタイミングを固定する

好きな人とのLINEが面倒と感じてしまうのは、LINEが来たら、早く返さなきゃと思い込んでしまうから。

この思い込みを無くして、LINEを返すタイミングを自分の中で固定化してしまいましょう。例えば、朝の通勤時間中と夕方の帰宅時間中、そして、寝る前の数分など、自分が無理なくLINEできる時間帯を見つけて、その時間帯のみLINEでリアルタイムのやり取りをする。という改善方法です。

この対処法を、相手にも説明しておくとLINEで返信が早い時間帯も分かるので、よりスムーズにストレスなくLINEで連絡が取れるようになりますよ。


好きな人とのLINEが面倒な時の対処法2. 連絡が苦手と素直に伝える

恋愛に駆け引きはつきものというものの、LINEでのやり取り自体がストレスになってしまっては、元も子もありません。

苦手なものを苦手じゃないフリしていられるのも最初のうちだけ。

「ホントは、LINEって、苦手なんだよね。何書けばいいのかよく分かんないし。スタンプ多すぎるし。どれ選べば分かんないし。」

などと、LINEが苦手である事を素直に伝えてしまいましょう。

この時、間違っても「相手が誰であろうと、LINEは面倒でやだ。」などと言わない事。

「今までの俺とのLINEも毎回ホントは面倒だったのかな?」と、好きな人の気持ちを凹ませてしまいますよ。


好きな人とのLINEが面倒な時の対処法3. 電話にしない?と提案してみる

LINEでメッセージのやり取りを延々と繰り返すのが面倒なのであれば、いっその事、電話でのお喋りを提案してみるのも良いでしょう。

電話だと、LINEのようにメッセージ毎に考え込む事がないので、テンポよくお喋りが弾む事間違いなし

また、電話の場合は、LINE特有の既読が着くまで待つ必要もないので、好きな人とのお喋りも面倒に感じなくなりますよ。


好きな人とのLINEが面倒な時の対処法4. 返信するまで既読をつけない

LINEが面倒という人の多くが嫌うのが「既読」機能。

届いたLINEをうっかり開いて、既読をつけてしまったら、「既読にしちゃった!早く返信しないと!」と、焦ってしまうもの。

その焦りが嫌でも、すぐに返信する時間もない!

そんな状態が続くのであれば、返信する時間が確保できるまでLINEを開かず既読を付けないようにしましょう。

届いたLINEの内容は気になりますが、既読がついていなければ返信への焦りもグッと少なくなりますよ。


好きな人とのLINEですら面倒に感じたら、早めに自分に合う対処法を見つけてみて。

好きな人とだけでなく、友人知人、仕事関係の人など、毎日のように使うLINE。

LINEでのやりとりが面倒だという理由で、好きな人と縁遠くなってしまうのだけは、絶対に避けたいですよね。

好きな人と良好な関係を保ちつつLINEと毎日ストレスなく付き合うためにも、今記事を参考にLINEをする時間帯を決めるなど、自分の中でいくつかルールを作ってみるのもおすすめですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事