“大人の別れ方”って何?恋愛を後腐れなく綺麗に終わらせるコツを紹介

大人の恋愛の別れ方について詳しく知りたい方へ。今記事では、大人の綺麗な別れ方を詳しくご紹介します。未練を持ったり、相手にすがったりせず、綺麗に恋愛を終わらせる方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

大人の別れ方とは|恋愛を綺麗に終わらせるコツを大公開

大人の別れ方とは

せっかく好き同士で付き合っていたのに、喧嘩別れをしてしまうのは避けたいですよね。お互い大人であれば、円満であと腐れのない良い別れを心がけましょう。

ここでは、大人の別れ方について詳しく解説していきます。


大人の別れ方1. 人として嫌いになった訳ではないと伝える

人間性まで否定してしまうと、さよならを告げられる方は余計に悲しい気持ちになります。

相手の人柄や価値観は尊重し、「人として嫌いになったわけではない。カップルとしては上手くいかなかった」という伝え方を心がけましょう。

恋人としての相性がよくなかったと思えるため、なるべく相手を傷つけずに別れの意思を伝えられますよ。


大人の別れ方2. 別れを切り出されたら素直に受け入れる

別れ話の時点で相手の心は固まっているため、別れを拒否しても相手を困らせるだけです。

「別れたくない」「思い直してほしい」と粘っても、一度離れた心はなかなか戻りません。「悲しいけど分かったよ」と相手の意見は尊重して受け入れるのが綺麗な終わり方です。

別れを切り出されたら、相手の気持ちは真摯に受け入れると良い別れに繋がりますよ。


大人の別れ方3. 別れたい理由をハッキリと伝える

思いがけず悲しい状況に陥った時、その理由が分かればいくらか納得して受け入れやすいもの。それは恋愛においても同じです。

別れの理由は「他に好きな人ができた」「結婚する未来が想像できない」など、素直な気持ちを誠実に伝えましょう。

相手が恋の終わりを受け止められるよう気を配ることが、良い別れに繋がるのです。


大人の別れ方4. 今までの感謝を述べられる

別れ話をしている時の相手の印象は、その後も強く残ります。綺麗に恋愛を終えれば、いつまでもいい思い出として大切にできるのです。

最後は「今までありがとう」「恋人でいられて幸せだった」などの言葉で締めくくりましょう。

感謝の言葉を伝えることで、別れを告げる側も告げられる側も、前向きな気持ちで恋を終えられますよ。


大人の別れ方5. 思わせぶりな態度をとらない

別れを告げられる立場からすると、少しでもやり直せる可能性があるなら信じたいもの。

「好きだけど別れたい」など、曖昧な言葉では期待してしまいます。「別れたい気持ちは変わらない」とはっきり伝えてあげるのが、大人としての優しさです。

きっぱりとした態度をとると、相手が少しでも早く気持ちを切り替えられるようになりますよ。


大人の別れ方6. 別れた後も円満な関係を築く

一度恋人として心を許した相手は、破局しても大事な存在であることに変わりません。別れたあともよき友人や相談相手として、円満な関係を続けられるのが大人の別れ方です。

急によそよそしい態度をとったりせず、友好的な態度を心がけましょう。

恋人から友人へ関係性が変わっただけだと割り切ることで、別れても縁が切れず良好な関係でいられますよ。


大人の別れ方7. 相手を傷つけずに別れを告げる

別れの言葉を聞くのはとても悲しく辛いことです。ただでさえ傷ついている相手を余計に傷つけるのは、遺恨を残す可能性も。

彼氏や彼女に不満があって別れる場合でも、責めたい気持ちをぶつけるのはやめましょう。自分にも悪いところがあったと、反省を伝えるにとどめておくのがベター。

綺麗な別れ方をすることで、恋人でなくなってからも円満な関係を続けられますよ。


大人の別れ方を習得して、新しい人生に一歩踏み出そう。

恋人との別れは、男性にとっても女性にとっても辛いものです。できるだけお互いが傷つかず、心から納得して「さよなら」を言い合えるのが大人の別れ方だと言えます。

せっかく出会ってカップルになった相手とは、喧嘩別れでは終わるのは悲しいですよね。

大人の別れ方をマスターして、気持ちよく別々の道へ踏み出しましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事