「彼氏と合わない気がする…」なんとなく感覚のズレを感じた時の対処法を紹介

彼氏と合わない気がするとお悩みの女性へ。今記事では、好きだけど彼氏と合わないと感じるタイミングから、合わないと思った時に別れた方がいいか見分けるコツまで詳しくご紹介します。彼氏とのズレにお悩みの女性は、ぜひ参考にしてみてください!

好きだけど、なんとなく彼氏と合わない気がすると思う女性は多い

彼氏と気が合わないと感じるタイミングとは

「彼氏と合わない気がする・・・」と思う女性は意外と少なくありません。彼氏のことは好きなのになんとなく感覚がズレているように感じると、不安な気持ちになりますよね。

このまま付き合い続けていいのか、別れた方が良いのか迷っている女性も多いのではないでしょうか?

そこで今記事では、彼氏と合わないと感じる主なタイミングから、合わない時の対処法まで詳しくご紹介します。ぜひチェックしてみてください。


彼氏と合わないと感じるタイミングはいつ?主なきっかけを解説

彼氏と合わないと感じ始めるのには、必ず何かしらのきっかけがあります。どのようなタイミングで彼氏とのズレを感じ始める人が多いのでしょうか。

ここでは、彼氏と合わないと感じる主なタイミングやきっかけについて詳しく解説していきます。


彼氏と合わないと感じるタイミング1. 金銭感覚が合わない時

お金に対する価値観があまりにも違うと、何かと意見が衝突しやすく、些細なことでケンカに発展しがちです。

「何でそんなにムダ遣いするの?」「ケチケチしてたらつまんない」など、お互いにイライラすることも多く、楽しいはずのデートが台無しになるケースも少なくありません。

また、金銭感覚が合わないと同棲や結婚生活が上手くいくイメージを持てないため、2人の未来に漠然とした不安を感じることがあります。


彼氏と合わないと感じるタイミング2. 休日の過ごし方が合わない時

休日の過ごし方についてカップルで意見が分かれると「合わない」と感じるケースが多くなります。

例えば、彼氏が「次の休みは河原でBBQしよう」と提案してきたとしても、彼女が「家でのんびり過ごしたい」と思っている場合、全く乗り気になれません。

一方がアウトドア派で、もう一方がインドア派だとどちらかが我慢して付き合うことになり、知らず知らずのうちにストレスが溜まりやすくなります


彼氏と合わないと感じるタイミング3. 食の好みが合わない時

カップルで食べ物の好みが合わないと、食事のたびに違和感を覚えやすいもの。

デートで利用する飲食店を選ぶ際も意見が衝突しやすく、なかなか決まらずにイライラしてしまうことがあります。

また、自分が美味しいと思ったものを相手に勧めても共感してもらえなかったり、手料理を喜んでもらえなかったりと、寂しい思いをするケースも少なくありません。


彼氏と合わないと感じるタイミング4. 生活リズムがズレている時

彼氏と生活リズムがズレると、すれ違いが多くなりがちです。

特に仕事に行く時間や帰ってくる時間が大幅にズレると、なかなか会うことができなかったり、電話すらままならなかったりするケースも珍しくありません。

すれ違いの生活を続けているとモヤモヤとした気持ちが蓄積され、なんとなく「私たち、合わないのかな・・・」という気持ちになってしまうのです。


彼氏と合わないと感じるタイミング5. お互いの趣味が理解できない時

彼氏の趣味が理解できない時、もしくは自分の趣味に理解を示してもらえない時に「この人とは価値観が合わない」と実感するケースは多いもの。

「なんでそんなのが好きなの?」「理解できない」と好きなものを否定されると、言われた側は疎外感を感じ、心を閉ざしてしまいかねません

お互いに相手の趣味をわかろうとする気持ちがなければ、2人の関係は下り坂になる一方です。


彼氏と合わないと感じるタイミング6. 笑いのツボが違う時

笑いのツボが違うと、なんとなく居心地の悪さを感じるケースがあります。

一緒にお笑い番組を見ていても面白いと思うところが違ったり、彼氏のジョークに笑えなかったりと、些細なことの積み重ねで2人の関係性がギスギスしてしまうことも。

笑いのツボも価値観の一つです。違っていると「合わないかも」と思うきっかけになりやすいと言えるでしょう。


彼氏と合わないと感じるタイミング7. 仕事への考え方が合わない時

カップルで仕事に対する考え方が違うと、相手のことが理解できずイライラすることが多くなります。

仕事が最優先でプライベートは二の次だと考えている彼氏に対して「私より仕事が大切なの!?」と怒りたくなる女性もいるでしょう。もちろん逆のケースもあります。

仕事に対する価値観の不一致は、カップルにとって深刻な問題になりがちなのです。


彼氏と合わないと感じるタイミング8. 連絡頻度が合わない時

連絡頻度が合わないことが「彼氏と合わない」と感じるきっかけになるケースも多いです。

「できればこまめに連絡を取りたい」というタイプと「連絡は必要最低限でいい」と思っているタイプでは、根本的な性格や考え方が違います。

性格はそうそう変わるものではないため、うまくやっていくためには、どちらかが我慢して歩み寄るしかありません。

その過程で不満が溜まると「やっぱり合わないかも」と感じやすいと言えるでしょう。


彼氏と合わないと感じるタイミング9. ファッションの好みが合わない時

お互いのファッションの好みが合わないと、なんとなく違和感があり、合わないと感じてしまうことがあります。

カップルでファッションの系統が全く違う場合、一緒に並んで歩くとちぐはぐな感じがして、周りの目が気になるという人もいるでしょう。

また、相手に自分のファッションを否定されると価値観まで否定された気分になり「この人とはやっていけないかも」と感じることもあります。


彼氏と合わないと感じるタイミング10. 結婚観にズレを感じた時

結婚観にズレがあると、2人の将来がイメージしづらく「この人とは合わないのかな」と思うきっかけになりやすいと言えます。結婚に対する考え方や価値観は人それぞれ。

「〇歳までに結婚したい」「結婚したら両親と同居したい」「子供は〇人欲しい」などお互いの理想が合っていればスムーズですが、そうでなければうまくいきづらいでしょう。


正直、彼氏と合わないと思ったら別れた方がいいの?

彼氏と合わないと感じた場合、別れなくても大丈夫なケースと、別れた方がお互いのためになるケースは状況に応じて異なります。

だからこそ、自分たちはどちらのケースに該当するのかチェックしてから判断するのが大切です。

ここでは、付き合った方が良いケースと別れた方が良いケースについて、それぞれ見ていきましょう。


合わないと思っても付き合った方が良いケース

合わないと思っても、お互いに理解し合う姿勢がある、または許容できる範囲内なら、このまま付き合っていくのがおすすめです。

2人で協力しながら、少しずつ感覚のズレをなくしていきましょう。

お互いのフィーリングが合ってくると、一緒にいる時間がより心地よく感じられるようになり、「合わないかも」という不安な気持ちになることも格段に減っていきます。


合わない時は別れた方が良いケース

金銭感覚や生活リズムのズレなど、自分たちの努力では原因の改善が難しい場合や、お互いに歩み寄る気持ちが薄れている場合は、お互いのために別れを選択するのもありです。

感覚のズレは自然に解決するというものでもなく、放っておけば2人の間の溝は深まるばかり。

今のままの状態が続くのであれば、早い段階で別れた方が傷は浅くて済むと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と合わないと思ったら、2人で協力して歩み寄ってみて。

大好きなはずの彼氏に対して「なんとなくノリが違う」「性格が合わないかも」と感じると不安な気持ちになるもの。時には自分を責めてしまうこともあるでしょう。

ただ、育ってきた環境が違えば感覚や価値観が異なるのは自然なことです。お互いに歩み寄る気持ちを大切に、徐々にフィーリングの合うカップルを目指していってくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事