遠距離恋愛が冷めるのはどうして?好きな気持ちが薄れる原因を紹介

遠距離恋愛している恋人への気持ちが冷めてるかもと思っている方へ。今記事では、遠距離恋愛が冷める理由について詳しくご紹介します。遠方に住んでいる恋人への気持ちが薄れている心当たりがある方は、ぜひ参考にしてみてください!

遠距離恋愛が冷める理由とは|気持ちが離れる原因を徹底ガイド

遠距離恋愛が冷める理由とは

何かと困難や障害が多い遠距離恋愛中は、人によっては冷めてしまう人もいるもの。しかし、なぜ相手への気持ちがなくなってしまうのか、その具体的な理由がよく分からないという人も多いでしょう。

そこでまずは、遠距離恋愛が冷める理由について詳しく紹介していきます。


遠距離恋愛が冷める理由1. 連絡が返ってこないから

ただでさえお互いの距離を感じやすい遠距離恋愛では、日々の連絡が少ないとどんどんお互いの気持ちが離れていってしまうもの。

近況報告がなく毎日何をしているかが分からなかったり、自分のメッセージに対して返答がなく放置されたりすると、だんだん相手に対する興味もなくなってきますよね。

連絡がなく心の繋がりを感じなくなってしまうため、気持ちが冷めてしまうのでしょう。


遠距離恋愛が冷める理由2. 全然会えないから

いくらビデオ電話やチャットツールなどを使って交流を続けても、直接触れ合えない期間が続くとだんだん虚しくなってしまいますよね。

3ヶ月や半年経っても会うことができなかったり、次に会う日がなかなか決まらなかったりすると、寂しい気持ちを通り越して「本当に付き合っているの?」と感じることもあるでしょう。

長期間直接会えない状態が続くことも、遠距離で気持ちがなくなる原因の1つですよ。


遠距離恋愛が冷める理由3. 大切にしてくれていないから

何かと乗り越えなければならないことが多い遠距離恋愛ですが、愛されていることを感じないとだんだん頑張る気持ちがなくなってくるもの。

彼氏・彼女が記念日や誕生日などを忘れていたり、「忙しいから」と言って相手にないがしろにされたりすると、なぜ付き合っているのかが分からなくなる人もいるでしょう。

自分のことを思ってくれているように感じないことも、遠距離の恋人に対して気持ちが冷めるきっかけになりやすいですよ。


遠距離恋愛が冷める理由4. 信じられなくなったから

彼氏・彼女の行動が見えにくい遠距離恋愛は、相手と信頼関係を築けていないとなかなか続けることができません。

大きな嘘をつかれていたり知らないところで浮気をされていたりすると、「これ以上不安な気持ちを抱えながらは付き合えない」と思う人が多いでしょう。

相手を信用できなくなってしまったことも、遠距離で気持ちが冷める原因の1つです。


遠距離恋愛が冷める理由5. 近くの人と付き合った方が幸せなんじゃないかと思ったから

障害や困難なことが多い遠距離恋愛は、どうしても近距離で付き合うことと比べるとデメリットが目立ってしまうもの。

一度「身近な男性・女性と付き合っていればいつでもデートできるのに...」とか「近距離に彼氏・彼女がいれば寂しくない」などと考えてしまうと、そのうち遠距離恋愛をする意味が見出せなくなってしまうかもしれません。

近距離の恋人との恋愛と比べてしまうことも、遠距離に対して投げやりになる原因でしょう。


遠距離恋愛が冷める理由6. 他に良いと思っている人がいるから

恋人が近くにいない状態である遠距離恋愛中は、どうしても周囲に良い人がいると心変わりしやすくなってしまいます。

職場などに自分を支えてくれる男性・女性がいたり、身近なところで新しい出会いなどがあったりすると、日常的に会える分他の相手を好きになりやすいでしょう。

恋人以外に気になる人ができてしまうことも、遠距離の相手への気持ちがなくなる原因としてよくあるケースです。


遠距離恋愛している恋人へ冷め始めた時の対処法とは?

様々な理由により、人によっては冷めてしまうこともある遠距離恋愛。しかし、これまで付き合ってきた期間を考えると「簡単に別れたくはない」と思う人も多いと思います。

そこでここからは、遠距離恋愛している恋人へ冷め始めた時の対処法を紹介します。今後どうすべきか対応に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。


冷め始めた時の対処法1. 本音で話し合ってみる

相手と離れて生活している遠距離恋愛では、物理的な距離だけでなく精神的な距離もできやすくなってしまう傾向があります。

そこで、お互いの考えを理解するためにも、一度本音で話し合うことを提案してみましょう。

それぞれが不満に思っていることや今後どうしていきたいかなどを正直に話すことで、お互いの気持ちが分かり、現状を打開するきっかけが掴みやすくなりますよ。


冷め始めた時の対処法2. 普段と違うデートをしてみる

遠距離をしている相手が長期間付き合っている人である場合、どうしても徐々にマンネリを感じるようになるもの。

したがって、次に会う時は普段と違うデートをしてみることも効果的な対処法となります。

これまで一緒に行ったことのない場所への旅行をしてみたり、いつも家デートならアウトドアな場所へ出かけたりすることで、新鮮味を感じ相手との付き合いを再度楽しめるようになるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


冷め始めた時の対処法3. 二人の思い出を見返してみる

遠距離は確かに困難や障害が多いものですが、悪い部分にばかり目を向けると後で後悔してしまう可能性も。

そこで、相手への気持ちが冷めているかもと感じる場合は、一度二人の思い出を思い返してみるようにしましょう。

良い思い出や楽しかった出来事などがたくさん思い返せるのであれば、相手が大切な存在であることに気付くことができますよ。


冷め始めた時の対処法4. 一旦距離を置いてみる

相手を身近に感じられない遠距離恋愛では、恋人への気持ちが分からなくなってしまったり疲れてしまったりするのはよくあること。

したがって、いまいち交際を前向きに考えられない時は、一度恋愛から距離を置いてみるのも1つの手。

仕事に集中したり趣味を楽しんだりしているうちに、気分がリフレッシュされ今後どうしていきたいかを冷静に考えることができるでしょう。


冷め始めた時の対処法5. もう気持ちが戻らないなら別れる

遠距離で気持ちが冷めてしまった人の中には、何をしても「相手にもう会いたいと思わない...」という人もいるかもしれません。

このような場合は、お互いのためにも潔く別れを選ぶことをおすすめします。

ズルズル付き合っていてもお互いに時間を無駄にするだけ。きっぱりと別れてしまい、次の相手を探す方がそれぞれ幸せになれるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛を乗り越えられそうにないなら、早めに別れを考えてみて。

近距離での恋愛に比べると、どうしても困難や障害が多くなってしまう遠距離恋愛。

中には「だんだん気持ちが冷めてきた...」という人もいるかもしれませんが、これからどう対応すればいいかがよく分からないと、悩んでしまいますよね。

しかし、遠距離恋愛が冷める理由を理解し、自分の気持ちに合わせた適切な対処法を使うことで、今後どうしていくべきかを正しく判断することができますよ。

自分の性格や相手との状況に合わせた方法を用いて、後悔しないように行動していきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事