恋人との別れ方の正解は?相手をなるべく傷つけないで穏便に別れる方法を解説

恋人との別れ方について詳しく知りたい方へ。今記事では、別れる前にすべき準備から、円満に別れる方法まで詳しくご紹介します。なるべく傷つけないで別れる方法も解説するので、彼氏や彼女の性格に合わせて、最適なパターンを見つけてみてください!

恋人と別れる際は、別れ方が重要になる。

恋人との穏便な別れ方とは

あんなに大好きだった恋人。でも、もう一緒にはいられない。さようなら。

恋人との間にどれだけ素敵な思い出があっても、別れ際の印象が悪いとずっとネガティブな思い出として強く心に残ってしまいます。

素敵な思い出をそのまま残すためにも、恋人との別れ方は、できるだけスマートかつ円満になるように気をつけましょう。


恋人と別れたい思ったら取り組むべき事とは?

今の恋人とはもう一緒にいられない、別れたいと思ったら、一体、どうすれば円満に別れられるのでしょうか?

彼女や彼氏との別れを決意したら、まず一番最初に取り組むべきことはたったの2つ

円満な別れ方をするために、必ず最初に取り組むべきポイントをチェックしていきましょう。


別れたい時にすべきこと1. 別れたい理由を明確にする

今の彼女や彼氏と本気で別れたいと決断したのであれば、まず、その理由を自分の中ではっきりと言葉にしておくことがとっても大切。 切り出した別れを相手があっさりと受け入れてくれるのであれば、何も問題はありません。 しかし、「別れたくない!」「悪いところは全部直すから、考え直してくれ!」などと、引き止められた場合、相手が納得できる理由を明確に伝えられないと、ずるずると情に流されて別れられなくなってしまいます。


別れたい時にすべきこと2. 伝え方を決める

別れる時には、どんな風に告げるのが正解なのか?

その問いには、残念ながら正解がありません。

別れを告げる時には、相手の性格と2人の関係性によって慎重に伝え方を決めましょう。

例えば、毎日のように会っていたカップルなのであれば、別れ話も直接会ってきちんと話し合うのが良いでしょう。

しかし、なかなか簡単に会えない遠距離恋愛なのであれば、電話やLINEなどで伝えるのもおすすめです。


恋人と穏便に別れる方法|なるべく傷つけない恋愛の終わり方とは?

恋人との別れ話は、どう頑張っても相手を大なり小なり傷つけてしまうもの。

でも、できるだけ傷つけない別れ方を選ぶのが最後の愛情です。

では、一体、どのような別れ方なら相手の心の傷を小さくできるのでしょうか?

ここからは、できるだけ穏便に別れるためのおすすめの方法をチェックしていきましょう。


恋人との別れ方1. 連絡やデートの頻度を減らしてから伝える

お互いに大好きなカップルなら当然のようにある連絡やデートは、いわゆる一種の愛情バロメーター。

でも、その恋心が冷めてきたのであれば、意図的に連絡やデートの頻度を減らしていきましょう。

  • 自分から連絡する回数を少なくする。
  • LINEの既読スルーや未読スルーの時間を長くする。
  • 電話は折り返さない。
  • デートも理由をつけて断るようにする。

などなど、相手があなたの愛情バロメーターに変化があったことを気がつくまで続けていきましょう。

「最近、どうしたの?もしかして…?」と、相手があなたとの関係が以前とは違うことに気がつく頃合いで別れを切り出すのがおすすめです。

既に相手は、あなたの愛情が少なくなっている事に気がついているので、穏便に別れ話もできますよ。


恋人との別れ方2. 前向きな理由を伝えて別れる

別れ話をできるだけ綺麗かつ前向きな形で受け入れてほしいのであれば、「それじゃぁ、仕方ないよね。」と相手が納得できる理由を見つけましょう。

「もうすぐ、受験だから勉強に集中したいんだ。」

「昇進したばかりだから、今は仕事だけに打ち込みたいんだ。」

など、自分、そして、お互いのスキルアップのために恋愛関係を解消したいという理由は、比較的穏便に受け入れてもらえます。

そのうえ、相手のことが嫌になったわけではないことをアピールすると、相手への心の傷も最小限に留めることが可能です。


恋人との別れ方3. 相手に別れ話を切り出してもらう

別れを切り出される相手は、どんな伝え方をしても傷つけてしまいます。

それなら、じっくりと時間をかけて相手から別れ話を切り出してもらえるようにさりげなく仕向けましょう。

連絡やデートの回数を減らすだけでなく、会っても塩対応にしたり、相手が「もしかして自分のこと嫌いなのかな?」と勘付く行動を少しずつ増やしていくのも良いでしょう。

相手が別れを決断するまでどうしても時間のかかる別れ方ですが、相手の気持ちがきちんと冷めてから別れられるので、スムーズに別れられますよ。


恋人との別れ方4. 自分の非を受け入れた上で別れる

大好きで付き合い始めたカップルでも、お互いに受け入れにくいポイントの1つや2つは出てくるもの。

すっきり綺麗に別れたいのであれば、付き合っていた時に相手に対して悪かったことを認めて謝罪した上で、別れましょう。

「何度も浮気して本当にごめんなさい。何度も傷つけてごめんなさい。これじょう傷つけたくないから別れよう。」

「束縛厳しすぎてごめん。どうしても独り占めしたかったんだ。でも、もうこれ以上は振り回したくないから別れよう。」

など、自分から自分の非を認め、謝り、「もう傷つけたくないから。」という理由で別れを切り出すのがおすすめですよ。


恋人との別れ方5. 感情的にならず冷静な態度で伝える

お互いに納得して、笑顔でにっこり別々の道を歩むという理想の別れ方

そんな別れ方に近づけるためには、できるだけ冷静な態度で別れを切り出すようにしましょう。

感情的になって怒鳴ったり、責めたりしてしまうと、相手も同じように感情的になり、あっという間に喧嘩に発展してしまいます。

喧嘩別れはお互いに嫌な気持ちになってしまうので、あくまで落ち着いた状態で話し合いを進められるのようにするのがおすすめですよ。


性別によって異なる?彼氏・彼女に合わせた別れ方とは

別れ方は、カップルそれぞれ。

そして、性別によっても最適な別れの切り出し方が異なります。

彼氏から彼女に別れを切り出すのか?

彼女から彼氏に別れを切り出すのか?

お互いの関係の深さや長さ、相手の性格だけでなく、性別も考慮した上で別れの切り出し方や別れたい理由などを事前にしっかり考えておくのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


やってはいけない別れ方とは?恋人に対して避けたいNG行動を解説

「もう無理!今すぐ別れたい!」

そんな風に思っても、相手の感情を必要以上に逆撫でしてしまう別れ方は絶対NG!

楽しくデートをしてたはずなのに、デートの後に突然別れを告げたり、「嫌いになったわけじゃないし、むしろ大好きだし。」などと、意味不明に相手への未練をたっぷり残すようなことを言って別れたりするのは、泥沼な別れ話に発展してしまいます。

スムーズに別れるためにも、相手の気持ちを掻き乱すような発言は絶対にやめましょう

【参考記事】はこちら▽


上手に別れ話を切り出して、恋人を傷つけないように注意しよう。

恋人とのお別れは、どう頑張ってもお互いに嫌な気持ちになってしまうもの。

しかし、その嫌な気持ちを最小限に抑えて、スムーズに別れ話を受け入れてもらうためには、上手な別れ話の切り出し方や穏便な別れ話に持ち込むための流れがあります。

お互いに次の恋愛へと前向きな気持ちになれるよう、別れ方には十分気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事