遠距離恋愛で会う頻度はどれくらい?無理のないデートのペースを大公開

遠距離恋愛で最適な会う頻度を知りたい方へ。今記事では、遠距離恋愛のカップルに最適な会う頻度から、遠距離恋愛で気をつけたいポイントまで詳しくご紹介します。時間や交通費も近場のカップルよりかかるからこそ、無理のない頻度で会うようにしましょう!

前提として、遠距離恋愛の定義とは?

遠距離恋愛の定義とは?

遠距離恋愛をしている人は決して少なくありませんが、その距離は人によって様々です。

同じ地方の中でも離れた場所で暮らしている人もいれば、北海道と沖縄ぐらい遠い距離で恋愛している人もいるため、「どれぐらい離れていたら遠距離恋愛なのかがよく分からない」という人は少なくないでしょう。

ただ、一般的には、片道3時間以上かかるのであれば遠距離恋愛と呼んでいいようです。従って、自分たちが遠距離恋愛なのかどうかが分からないという場合は、3時間のラインを一つの指標にしてみるといいでしょう。


3時間未満なら「中距離恋愛」と言われている

たとえ片道3時間以内であったとしても、2時間以上かかる場合は遠くに住んでいるように感じてしまうもの。決して頻繁に会える訳ではないのに、「遠距離恋愛ではないの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

実は、このように2〜3時間ぐらいで会える距離に住んでいる場合、「中距離恋愛」をしているカップルと言われています。

遠距離ではないものの、近くに住んでいる人ほどは会えないため、今回ご紹介する遠距離恋愛の人が会う頻度を参考にしてもいいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛中の会う頻度はどれくらい?主なデートのペースを大公開

恋人と会うために片道3時間以上もかかってしまう遠距離恋愛。

好きな人とはできる限り会いたいものの、学生だと交通費が心配だったり、社会人だと仕事の都合がつかなかったりするため、「どれぐらいの頻度で会うべきかが分からない...」という人は多いでしょう。

そこでここからは、遠距離恋愛中のカップルが会う頻度を詳しく解説していきます。遠い場所に住んでいる恋人とのデートペースに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。


遠距離恋愛中に会う頻度1. 交通費と休みに余裕があるなら「半月に1回」

たとえ遠距離恋愛中であっても、お互いの負担にならないのであれば無理に会う回数を減らす必要はありません。

距離はあるものの移動費がそこまで高くなかったり、仕事のスケジュールを柔軟に調整できたりする場合、寂しさを埋めるためにも頻繁に会った方が良いでしょう。

従って、交通費と仕事の休みに余裕がある場合は、半月に1回程度会うことをおすすめします。


遠距離恋愛中に会う頻度2. 遠距離カップルに多い「月に1回」

恋人と会えないのは寂しいものですが、多くの人は仕事や交通手段の都合で、頻繁に会うのは難しいもの。

仕事が忙しいため休日が少なかったり、交通の便が悪く車でしか会いに行けなかったりすると、半月に1回の頻度は負担になってしまうと考えられます。

お互いがストレスなく交際を続けるためにも、余裕がない場合は、遠距離カップルの多くが選択している月一の頻度で会うのが賢明でしょう。


遠距離恋愛中に会う頻度3. 交通費がかさむなら「2〜3ヶ月に1回」

たとえスケジュールに余裕があったとしても、一度の交通費が数万円と高くつく場合は、金銭的に負担になってしまうもの。

新幹線や飛行機を使わなければいけないほど離れていたり、一度会うと必ず宿泊が必要になったりする場合は、無理をするとお互いの生活に支障を来たしかねません。

余裕を持って付き合いを続けられるようにするためにも、交通費がかさむ場合は2〜3ヶ月に1回の頻度を選んだ方が良いでしょう。


遠距離恋愛をする際にカップルで気をつけたい注意点とは?

大学生だと地元と遠い学校に進学したり、社会人だと異動や転勤が伴ったりして、今時特に珍しくはない遠距離恋愛。

しかし、離れているからこそ注意すべきポイントを抑えていないと、円満に遠距離での交際を続けることはできません。

そこでここからは、遠距離恋愛をする際に気をつけたい注意点を解説していきます。


遠距離恋愛の注意点1. すぐに寂しいと言わない

恋人と遠い場所に住むのは辛いことですが、ネガティブなことばかり言うと相手を困らせてしまうもの。

社会人であれば仕事の都合がつかないこともありますし、どんなに会いたくても物理的に会えない場合もあるものです。

近場に住んでいるカップルに比べて寂しくなるのは承知の上で付き合っているため、すぐに「寂しい」と言って相手を悩ませることは、できるだけ避けるようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛の注意点2. 片方ばかり会いに行かない

遠距離恋愛中の恋人に会いに行くのは、何かと負担がかかってしまうものです。

どちらかだけが相手の住む場所に通い続けると、交通費がどんどんかさんでしまいますし、移動時間もかかるため、相手の生活が犠牲になりかねません。

従って、片方ばかりが会いに行くのではなく、なるべくバランスよく会う場所を選んだり、交通費を出し合ったりするようにして、協力して付き合いを続けていきましょう。


遠距離恋愛の注意点3. 恋人を信頼する

恋人と遠く離れた状態の遠距離恋愛は、どうしても気持ちが不安定になってしまうもの。

しかし、不安がゆえに束縛をしたり、すぐに恋人の浮気を疑ったりすると、相手も疲れてしまうため別れの可能性が高まってしまうでしょう。

相手にストレスを与えず円満に付き合いを続けるためにも、恋人を信頼するようにすることをおすすめします。


遠距離恋愛が上手くいくコツもチェックしておくと安心

どれだけ会いたいと思っても、簡単には恋人と会えない遠距離恋愛。何かと不安になることが多く、悩んでしまう人は多いでしょう。

しかし、遠距離恋愛には上手くいくコツがあるため、しっかりとポイントを抑えておくと円満な関係を続けることは難しくありませんよ。

例えば、離れているからこそ連絡はマメにとるようにしたり、次会える予定を必ず立てておくようにしたりすることは、遠距離恋愛でも上手くいくコツとして知られています。

他にも様々なコツがあるので、心配な人は以下の記事を確認しておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛は、お互いが負担にならない程度に会うようにしよう。

引越しや異動などが原因で、恋人と離れた状態となる遠距離恋愛。物理的にどうしても遠くなってしまうため、恋人に会う頻度に悩んでしまったり、遠距離恋愛をうまく続けられる自信がなかったりする人は少なくないでしょう。

しかし、自分や相手の状況に合わせて最適なデート頻度を選んだり、遠距離恋愛の注意点を抑えておいたりすることで、円満に交際できる可能性は高まりますよ。

遠距離恋愛が上手くいくコツもあわせて確認しながら、楽しく恋人との遠距離恋愛を続けていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事