人の気持ちがわかる人の特徴|他人の考えを理解できるようになる方法も解説

人の気持ちがわかる人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、人の気持ちがわかる人の特徴から、人の気持ちを理解できるようになる方法まで詳しくご紹介します。周囲への理解を深めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、人の気持ちがわからない人に多く見られる特徴とは

人の気持ちが分かる人の特徴

人の気持ちがわかる人がいる一方で、全く相手のことを理解できない人もいます。

例えば、

  • 傷つくことを平気で言う
  • 詮索されたくない過去を根掘り葉掘り聞く

など、相手がどう思っているかを気にせず自分勝手な行動をとってしまう。そして自分の言動のせいで、相手が不快に感じているとは思いつかないことも。

しかし、人の気持ちを理解するのは簡単ではありません。人の気持ちが分からないと悩んでいる人は、そもそも人の気持ちが分からない人の特徴を把握してみたり、人の気持ちが分かる人の特徴も参考にしてみたりしてくださいね。

【参考記事】人の気持ちが分からない人の共通点などを詳しく解説!▽


人の気持ちがわかる人の特徴|主な共通点を徹底ガイド

せっかくなら人の気持ちがわかる人になって、人間関係をスムーズにしたいですよね。

そこでここからは、人の気持ちがわかる人の特徴について、詳しくご紹介していきます。


人の気持ちがわかる人の特徴1. 相手の立場になって物事を考えられる

人の気持ちがわかる人は、相手を思いやる気持ちが強いです。

例えば、誰かが仕事で行き詰まっている時にすぐ自分が手伝った方が喜ばれるかもしれません。ただ、本人は自分の意志で何とか完遂させたいと考えているケースがあったとします。こんな時はすぐ手伝うのではなく、何かヒントを与えてあげたりする程度が喜ばれるかも。

このような感じで、自分視点ではなく、相手が何を求めていてどうしたら喜ぶのかなどと常に考えられる人は、人の気持ちがしっかり理解できる人と言えますね。


人の気持ちがわかる人の特徴2. 自分の本音も理解している

自分の本音を理解できる人は、心自体がどう感じているのかを分かっている人です。

「失恋した時はただ話を聞いてくれるだけで救われる」とか、「仕事が忙しい時は可愛い動物の動画を見ると癒される」など、そのシチュエーションによって心の感じ方は変わります。

自分が体験した気持ちを理解することで、相手の心もわかるようになるのです。


人の気持ちがわかる人の特徴3. 冷静な話し合いができる

性格は人それぞれ。冷静な話し合いができる人は、感じ方や考え方が異なるものだと理解しています。

ですので、もし意見の食い違いがあった場合にも感情的になって押し付けず、「そういう考え方もある。」と一歩引いて話し合いができます。

それは、他人の気持ちをしっかり理解できているからこそですね。


人の気持ちがわかる人の特徴4. 周囲へ興味や関心を持っている

周囲への興味や関心がある人は、人のことをよく見ています

相手を観察することで、「つまらなそうな顔をしているな」とか「今、楽しそうにしているな」など、人の表情や行動を普段から敏感に感じ取っているのです。そしてそのデータを判断材料の一つとして蓄積していきます。

こうして人のことをよく見ることで、相手の気持ちがわかるようになるのです。


人の気持ちがわかる人の特徴5. 考えてから言葉を口にする

考えてから言葉を口にする人は、相手の気持ちをしっかり受け止められる人

相手の気持ちが分かるからこそ、「この発言をしたら嫌な気持ちになる」などを理解できます

そのため、「その意見はおかしいと思う」とか、「あなたの考えは間違っているんじゃないかな」と思わず口走ることがなく、相手を傷つけたり怒らせたりすることがありません。


人の気持ちがわかるようになる方法とは?

人の気持ちがわかるようになりたいけれど、何をどうしたらいいのかわからない人も多いでしょう。

そこでここからは、実践することで少しずつ人の気持ちがわかるようになる方法について、詳しくご紹介していきます。


人の気持ちをわかるようになる方法1. 相手の意見にきちんと耳を傾ける

自分の話ばかりしていて人の話を聞かない人は、「人の気持ちがわからない人」と思われてしまいます。

ですので、相手の意見もしっかり聞くようにしましょう。その時、「いや、自分だったらそんなことはしない。」と否定せず、ちゃんと受け入れること。

耳を傾けることで、相手の考えていることが理解できるようになりますよ。


人の気持ちをわかるようになる方法2. 状況に応じて柔軟な対応を心がける

相手への気遣いがすぎるとただ相手に合わせるだけとなり、自分にストレスが掛かることも。

その場に応じた対応をすることで、良い人間関係を築くことができます。相手に同調できるところは同調し、合わないところはお互いの個性を認め合いましょう。

柔軟な対応を心がけると、視野が広がって洞察力が身につくので、相手への理解が深まります


人の気持ちをわかるようになる方法3. 話す前に考える癖をつける

少し間を置くことで、相手のことを考える心の余裕ができます

仕事やプライベートで、人と意見が食い違うこともあるでしょう。だからといって自分の意見をすぐ口にしてしまうと、相手は否定されたと思い傷つく可能性があります。

一度頭で考えるようにすると相手への気遣いができるようになり、言葉遣いにも変化が出るのです。


人の気持ちをわかるようになる方法4. 周囲との違いを受け入れる

周りとの違いを受け入れることで、自分以外の考えを受け入れる視野が広がります

人それぞれ育った環境も違えば性格も異なるもの。だからといって「自分と合わない=ダメ」と決めつけてしまうのはNGです。「そういう考えもあるんだ」と、相手の価値観を尊重してみましょう。

自分の考えに固執せずに周囲との違いを受け入れることで、相手の気持ちが理解できるようになります。


人の気持ちがわかる人になりましょう。

人の気持ちがわかる人と一緒にいると、安心感があり、心地が良いもの。

できることなら、自分も人の気持ちがわかるようになりたいですよね。

相手と接する時にほんのちょっと気を付けるだけで、少しずつ相手の考えを理解できるようになりますので、ぜひ実践してみてください。


【参考記事】相手の気持ちを考えるための方法を解説!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事