不倫相手ときれいサッパリ別れる方法とは?関係を終わらせる時に確認すべき注意点を紹介

不倫相手と別れたいと思っている方へ。今記事では、不倫相手と別れるタイミングから、上手な別れ方や別れる際の注意点まで詳しくご紹介します。既婚者との恋愛はリスクを伴うため、いくら好きだとしても早めに関係を精算しましょう!

既婚者との恋愛は不倫になるため、早めに別れるのが賢明

不倫相手と別れる方法とは

いくら本気で好きでも、相手が妻子持ちの場合「不倫」という後ろめたい関係になってしまいます。人目を避けて会い、奥さんにバレないように連絡していても、万が一関係が公になってしまうと、大変なことに。

不倫は多くのリスクを伴う上に、ハッピーな結末を迎えることはほとんどありません。

あなたの人生の時間を無駄にしないためにも早めに精算しましょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫関係を断ち切るタイミングとは|別れを決断するきっかけを紹介

ダメなことだと分かっていても、ズルズル関係を続けてしまいがちな不倫関係。

不倫といえど恋愛関係ではあるので、別れるきっかけは難しいですよね。

ここでは、どんな時に不倫相手と別れるべきなのか詳しくご紹介します。


不倫相手と別れるタイミング1. 既婚者と知った時

そもそも、既婚者と知った時点で別れるのが一番傷つかない方法です。知らなかったのならまだしも、既婚者と知ってしまったらその時点で早めに断ち切ることが大切。

長くいればいるほど、別れづらくもなりますし、情も湧いてしまいます。

好きになってしまっていたら、難しい選択かもしれませんが、このタイミングを逃すと後々辛い思いをする可能性が高くなってしまいます。


不倫相手と別れるタイミング2. 相手のパートナーにバレそうな時

不倫が相手のパートナーにバレてしまうリスクはとても大きなものになります。「パートナーが最近勘ぐっている」などの兆候が少しでも見られたら不倫関係をすぐに解消するのが良いでしょう。

パートナーにバレてからでは遅いので、少なくともバレる前には別れるべきですよ。

もしバレてしまうと、慰謝料の請求や職場にバレて社会的信用の損失などを引き起こしてしまう可能性も。そうなる前に穏便に解決しておきましょう。


不倫相手と別れるタイミング3. 本気で好きになりそうな時

最初は遊びのつもりで不倫をスタートさせたものの、気づけばお互い本気で好きになってしまった、となれば別れるのも一苦労です。

そうなる前に「相手は既に人のもの」という事実を思い出し、きっぱりと別れを告げる勇気が必要でしょう。

ズルズルと関係を続けていては、引き返せなくなることもあるので注意が必要です。


不倫相手と別れるタイミング4. 罪悪感に苛まれた時

不倫関係を続けていると、相手のパートナーや子供に対して罪悪感を強く感じる時が来るかもしれません。そうなってしまった場合は、関係を終わらせる以外では、その罪悪感は消えることはないでしょう。

罪悪感を抱えたまま、不倫関係を続けるのは精神的にも良くないことです。罪悪感を強く感じたら、別れるタイミングなんだということを認識しましょう。


不倫相手との上手な別れ方|穏便に関係を精算するコツとは?

「別れるタイミングは来た」と感じても、あなたが選択する別れ方によっては事態を悪化させるケースもあります。別れを切り出すことに不安を感じる方も少なくないでしょう。

ここからは、不倫相手と上手に別れる方法を詳しくご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


不倫相手との上手な別れ方1. 将来が見えないからと別れを切り出す

もしかしたら、相手はあなたのことを都合よく遊べる相手と思っているかもしれません。

あなたから「将来が見えないから別れましょう」ときっぱりと別れを告げることで、相手の気持ちも固まることでしょう。

もし、本気であなたとの関係を続けたいならパートナーと離婚してくるなど、言葉だけでなくアクションを起こすはずです。どちらにしても良い方向にはいくはずなので、相手に期待せずきっぱりと別れを告げるようにしましょう。


不倫相手との上手な別れ方2. 徐々に距離を置いて自然に別れる

直接会ったり、電話したりすると「別れるのが辛くなるし、言いづらい」という方もいることでしょう。そんな方には徐々にフェードアウトしていく方法がおすすめです。

誘われても断って会わないようにし、連絡をとることも徐々に減らしていくのが良いですよ。同じ職場なら、話す機会を極端に減らすなどが有効です。

そうすることで、相手も距離を置かれていることに気づいて不倫も終了に向かうでしょう。


不倫相手との上手な別れ方3. 相手との接触を全て絶つ

別れようと決意しても会ったり、連絡を取ったりすると気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。

別れを決意したら、接触を全て絶つのも別れ方の一つです。

連絡を拒否したり、引っ越ししたり、もし同じ職場なら転職をするのも別れるにはいい方法といえるでしょう。

これをされてしまうと相手はどうしようもなくなり、別れるという選択肢しかなくなりますし、あなたの強い決意を感じることになるでしょう。


不倫相手と別れる際の注意点|気をつけるべきポイントはあるの?

別れを決意できたとしても、相手をまだ好きな場合もあるでしょう。そんな相手に別れを告げるのは辛いもの。断ち切るには相当の覚悟が必要です。

中途半端な態度だとすぐに元サヤなんてことも。

ここからは、不倫相手と別れる際の注意点を詳しくご紹介します。


別れる際の注意点1. 思わせぶりな態度はとらない

相手がまだあなたのこと好きで、関係を続けたいと考えてる場合もあるでしょう。そんな時に、あなたが思わせぶりな態度を取ってしまうと別れられるものも別れられなくなってしまいます。

お互い今別れるのは辛いかもしれませんが、未練を感じさせたり、可能性を感じさせたりする態度は危ないのでやめて、きっぱりと関係を断ち切りましょう。


別れる際の注意点2. 相手の引き止めはしっかり断る

相手があなたにそれらしいことを言って引きとめてくる場合もあるかもしれません。好きな人に引きとめられたり、お願いされてしまうと気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。

しかし、流されることなく「別れる」という強い意志が必要です。

パートナーと別れるからなど、その場しのぎの言葉をかけられても、鵜呑みにせず、きちんと関係を断ち切りましょう。


別れる際の注意点3. 別れた後も関係は口にしない

いくら過去の事といえど、不倫は良くないことです。あなたが関係を口にすることで、自分だけでなく相手の名誉も傷つけることになる可能性も。

せっかく綺麗に別れることができたので、別れた後に相手をおとしめる行為は避けましょう。

親しい友人や家族、もちろんSNSなどでも公開することなく、秘密を守ることで、あなたと相手の将来を守る必要があります。


不倫をしてしまったら、誰かを傷つける前に早めに関係を精算しよう。

リスクのある不倫に幸せな未来はほとんどありません。罪悪感や嫉妬心に苛まれたり、世間の目を気にして辛い思いをして悩んでいる方も多いことでしょう。

軽い火遊びのつもりで始めてしまったのなら、お互い深入りする前にやめておきましょう。

今回の記事を参考に、お互いの幸せのために不倫をやめて、本当の幸せをつかみとってくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事