【恋愛テクニック集】好きな人とLINEを続けて距離を縮める方法とは?

恋愛で役立つLINEのテクニックやコツを詳しく知りたい方へ。今記事では、好きな人と距離を縮めたり、やり取りを長続きさせたりするLINEのテクニックやコツを詳しくご紹介します。好きな人が脈ありかLINEで見分ける方法も解説するので、ぜひ活用してみてください!

LINEを有効活用すれば好きな人との距離は縮められる

LINEの恋愛テクニック集

現代の日本で、コミュニケーションツールの代表となったLINE。

電話やメールと違って、短文やスタンプのみの送信に違和感がないLINEなら、どんな内容でも構えることなく気軽にやり取り出来ますね。

そんな特性を持つLINEは仲を深めるツールに最適です。上手に活用すれば、好きな人との距離を縮められますよ。


LINEで重宝するおすすめの恋愛テクニック集|人気のコツを大公開

上手く使えば恋愛成就の武器となるLINE。

しかし、不用意なLINEで嫌われてしまうケースもあるため、上手なアプローチを把握しておきたいところです。

そこで今回は、LINEで役立つ恋愛テクニックを詳しくご紹介

相手に嫌われずに心をつかみ取るコツをケースごとに解説します。LINEを上手に使って、好きな人と素敵な恋愛をしましょう。


LINEの恋愛テクニック1. 返信頻度は相手のペースに合わせる

相手よりLINEの返信頻度が速すぎても遅すぎても良いことはありません。

速すぎれば焦りを与え、余裕のなさを見抜かれます。遅すぎれば苛立ちを感じさせてしまうことも。

LINEの内容以前に不快感を与えてしまう可能性があるので、返信頻度は相手のペースに合わせましょう。

自分のペースでLINEができると感じた相手は、あなたとのやり取りに相性の良さを感じてくれますよ。


LINEの恋愛テクニック2. 相手が興味を持つ話題を提供する

誰でも自分が興味を持つ話題では饒舌になるものですし、活発に会話した相手には良い印象を抱くものです。

その性質を利用して、LINEでは相手が関心を抱く話題を提供しましょう。

事前に相手の好きな事をリサーチし、知識を入れておけば、スムーズに興味を引き出せます。

そんなやり取りを続けることであなたは、相手にとって「興味があることを話せる人」として、積極的に連絡されるでしょう。


LINEの恋愛テクニック3. なるべく短文を心がける

LINEで相手から長い文章を受け取ると「短く返信すると失礼かも」と、やり取りの温度差を気にする人は少なくありません。

LINEの返信を負担に感じるくらいなら、あなたとのやり取りを控えようと考えてしまうことも。

そんな苦手意識を植え付けないためにも、LINEは短文で送るのがコツです。

短い文章を受け取った相手は、返信へのプレッシャーを感じないので、長時間LINEを続けることも容易になりますね。


LINEの恋愛テクニック4. 相手と同じスタンプを使ってみる

LINEならではのフランクなコミュニケーションを促進するスタンプには、持ち主の趣味嗜好が詰まっています。

自分と同じスタンプがやり取りの最中に向こうから送られてきたら、親近感を覚えてくれるはず。

なので、相手が使うスタンプを手に入れて、やり取りの最後に貼ったり、スタンプだけのコミュニケーションをしてみましょう。

相手はセンスが合う相手として、あなたに好印象を抱きますよ。


LINEの恋愛テクニック5. 主語に相手の名前を入れる

人は自分のことを名前で呼んでくれた相手に好印象を抱く性質を持っています。

「君」や「あなた」などの二人称ではなく、「〇〇君」「〇〇さん」と、きちんと名前で呼んでくれたことに対して「自分を尊重してくれている」と感じるからです。

なので、LINEでは恋愛テクニックの一環として積極的に相手の名前を呼びましょう。

名前を呼びかけられた相手が喜び、距離が縮まり、恋愛感情に発展することも珍しくありませんよ。


LINEの恋愛テクニック6. さり気なく好意をアピールする

相手から受けた施しに、お返しをしたくなる心理的作用『返報性の原理』を利用すれば、相手の好意を引き出しやすくなります。

LINEでの連絡の際に、ハート系の絵文字やスタンプを使ったり、何かと褒めてみたりして、さりげなく好意をアピールしましょう。

そんなアプローチを続けることで、あなたの好意にお返しをしようと、相手にもポジティブな気持ちが芽生えますよ。


LINEの恋愛テクニック7. 既読無視はしない

相手のLINEに既読をつけてスルーする駆け引きがあります。

恋愛テクニックの一環として、関心がないふりをして相手の心を揺さぶるわけですが、相手の不興を買うこと少なくありません。

そんなリスクを抱えなくても、少しずつ信頼関係を築いていけば好意を引き出せるので、既読無視はやめましょう。

距離を縮めるためには、夜遅い時間など除き、きちんと返信するのが関係構築のコツです。

相手も、生半可なテクニックを使わず誠実な対応をするあなたに、良い印象を抱いてくれるでしょう。


LINEの恋愛テクニック8. 相手を労う言葉を送る

日々活動する相手へ「お疲れ様」「頑張ったね」など声掛けをし労う人は、『私を認めてくれる人』として人気を持つ傾向にあります。

そんなモテる人を模倣して、LINEでやり取りする相手に対しても、積極的に労う内容を送りましょう。

そうすれば、自分の事を労ってくれる人として、相手はあなたの事を好意的に考えてくれますよ。


LINEの恋愛テクニック9. 20時頃には確実に連絡を入れる

男女どちらであっても、一般的に最も返信しやすい時間帯は20時頃と言われています。

自宅でリラックスしていることが多い、この時間帯ならやり取りもスムーズに行えますね。

なので、急ぎの連絡でない場合は、20時頃を狙いましょう。この時間から就寝前ならマメな連絡も好意的に受け取って貰えますよ。

決まった時間に行う頻繁な連絡は、付き合う前段階に良くあることなので、相手に恋愛対象として意識して貰えるでしょう。


LINEの恋愛テクニック10. 大事な要件は電話を提案する

コミュニケーションツールとして有用なLINEでも、文章だと伝えにくい内容や、長くなりそうな用件をLINEだけで完結させようとすると、相手に負担を与えかねません。

なので、情報量の多い大事な要件を伝える際には、電話での通話を提案しましょう。

声を通じて機微を伝えられる電話を使えば、やり取りに齟齬が生まれることもなく、お互いストレスのない円滑なコミュニケーションが出来ますね。


LINEの返信から脈ありか見分ける方法とは

LINEの送信頻度や返信から、脈ありはある程度見分けられます。

しかし、一体どんな返信をしてくれば脈があるのか、分からないと思う方も少なくありません。

そんな方はLINE上で行われる、典型的なリアクションで判断してみましょう。

質問の有無・返信スピード・スタンプの傾向から、脈ありサインを見つける記事をご紹介しますので、相手の気持ちを知りたい方は参考にしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に既読無視された時はどうするのが正解?

返答を前提としたLINEに既読がつくも、返信がない既読無視。

ただでさえ辛い既読無視を好きな人にされたら、ダメージも大きいですよね。

だからと言って、返信を促したり、無視したことを問うのはNGです。

相手を追い詰める結果になり、事情があって返信できなかった相手から嫌われてしまいます。

既読無視された際は、いつものペースで変わらない雰囲気のLINEを送るなど、気にしすぎないのが肝要です。

その他にも既読無視されたときの対応について、詳しくまとめている記事がありますので、既読無視された方は参考にしてください。

【参考記事】はこちら▽


LINEの恋愛テクを使って、好きな人と距離を縮めよう!

相手に好印象を抱いてもらったり、脈ありを判定したりするのに有用なLINE。

活用することで恋愛を優位に進めることも難しくないでしょう。

「不器用なLINEで相手に嫌われるかもしれない」と送信をためらうこともあるかもしれませんが、相手の立場に立ってやり取りすれば、お互いの距離がどんどん縮まるはずです。

本記事を参考にして、LINEを使った素敵な恋愛を楽しみましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事