悪習慣をやめられない理由とは?やめたいけどやめられない悪癖を克服するコツも大公開

やめたいけれど悪習慣をやめられないとお悩みの方へ。今記事では、中々やめられない悪習慣から、やめられない原因や辞めるコツまで詳しくご紹介します。タバコや飲酒はもちろん、高カロリー食など、悪習慣をやめたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

やめたいけどやめられない悪習慣を持っている方は多い

悪習慣をやめられない理由とは

やめたほうが良いことは分かっているけれど、どうしてもやめられないことってありますよね。

タバコやパチンコなどのギャンブル、アルコールや鼻をほじる悪癖など、内容は人によってそれぞれ。人に迷惑をかけることや自分の体に害になることなら、すぐにでもやめるべきです。

でも、自分でもやめようと努力はしているけれど、またやってしまう、やめることができない悪習慣に悩んでいる人は意外と多いのです。


やめたいけど悪癖が中々やめられない理由とは?

ダメだと分かっているからやめたいけど、やめられないのはなぜなのでしょう。

ここでは、悪習慣がやめられない理由について詳しく解説します。

悪癖がやめられない理由が理解できれば、きっぱりと断ち切るため一歩前身できますよ。


悪癖がやめられない理由1. 習慣化しているから

自分で意識せずに「気づいたらやっていた」というように、悪習慣が体に染み付いてしまっている人もいます。

仕事がひと段落した瞬間、気づいたらタバコに火をつけていた、疲れて家に帰ってきたら、無意識に冷蔵庫からお酒を取り出していた、など、いつも何気なくやっていると悪癖が習慣化してしまうのです。

自分の生活の中でのルーティンになっているため、「あ!またやっちゃった」となるでしょう。


悪癖がやめられない理由2. ストレスが溜まっているから

悪習慣に依存してしまっている人も少なくありません。

ストレスを感じるとお菓子などを過食したり、お酒で酔うことで嫌なことを忘れたりと、自分でも悪いと分かっているのにストレスを誤魔化すために悪い習慣に依存してしまうのです。

「これをやるとストレスが発散される」と思い込んでいる部分があるため、なかなか悪癖をやめられなくなっています。


悪癖がやめられない理由3. 暇な時間が多いから

忙しく過ごしていると没頭できますが、時間を持て余すと余計なことをしてしまいがち。

やることがないからついギャンブルに出かけたり、暇でテレビを観ながらついタバコやお酒に手を出してしまったり。悪い習慣というのは、暇だからこそやってしまうものが多いです。

やめるべきなのは分かっているけれど、暇な時間を埋めようとするので悪癖がやめられなくなります。


やめられない悪習慣を克服するコツ|悪いルーティンを改善する方法とは?

なかなかやめられない悪習慣でも、自分をコントロールして努力をすればキッパリとやめることはできます。

ここでは、やめられない悪習慣をうまく克服するためのコツをご紹介。ぜひ参考にして、悪癖とお別れしてくださいね。


やめられない悪習慣を克服コツ1. 代替案を用意する

悪癖に依存してしまっているなら、いきなりやめるのは難しいので、他に夢中になれるものを探してみましょう。

例えば、口寂しくてタバコを吸ってしまうなら飴を、お酒を飲まずにいられないならノンアル飲料を、脂質や塩分多めの食事や高カロリー食に走りがちなら低カロリーでも満足できる食事に変えてみてください。

他の代替案を自分に与えることで、代わりのものでストレス発散し気分を変えることができますよ。


やめられない悪習慣を克服コツ2. 自分に罰ゲームを課す

自分の気持ちに負けてしまうという人なら、ペナルティがあると自制できることもあります。

もしやってしまった場合は500円を貯金箱に入れたり、エレベーターを使えなくしたりと、自分で自分に罰ゲームを与えてみるのです。罰があると思うと「やっぱりやめておこう」と抑えられるはずですよ。

どこかゲーム感覚で続けられるので、やめるストレスを強く抱えずに自分でも楽しみながらいつの間にかやめられるでしょう。


やめられない悪習慣を克服コツ3. ストレスを溜めないようにする

悪習慣をやってしまう時はストレスが溜まった時という人は多いのでは。

ストレスが悪習慣をやってしまう原因になるのでしたら、そのストレスを溜めないようにしてみましょう。趣味に没頭したり、楽しいと思うことに夢中になったりと、ストレスフリーな生活を心がけてみます。

ストレス発散のための悪癖なら、ストレスがなければやる必要がなくなるはずなので、「最近やってないな」と、ある日気づくかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


たとえ途中で心が折れてもめげずに何度も挑戦すること

悪習慣をやめるのは、決して簡単なことではありません。やめようと思って頑張っていても、つい魔がさしてやってしまうことは誰にでもあります。

もし、途中で挫折してしまっても自分を責めるのはやめましょう。自己嫌悪に陥るよりも、何度でも諦めずにチャレンジすることが大切。

投げ出さずに再度立ち上がることが、克服するために1番重要なことなのです。


悪習慣と感じているなら、毎日のルーティンを少しずつ変化させてみて。

分かっているけどやめられない悪習慣。なかなかやめられず悩んでいる人は多いですよね。

今回は、悪癖をなぜやめられないのかの理由、やめるためのコツなどを詳しく解説してみました。

理由やコツを理解していただければ、いつか悪習慣をやめることができるはず。上手く活用して悪い習慣をやめ、自分に自信を持ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事