上手な話し方になるコツとは?円滑なコミュニケーションがとれる会話の秘訣を紹介

相手に意見がきちんと伝わる話し方を習得したいと思っている方へ。今記事では、話し方が下手な人の特徴から、上手な話し方のコツまで詳しくご紹介します。話し方が上達すれば、周りとも円滑にコミュニケーションをとれるため、ぜひ参考にしてみてください!

上手な話し方を習得すればトークスキルが大きく向上する

上手な話し方になるコツとは

上手な話し方を習得することには、様々なメリットがあります。

相手と円滑にコミュニケーションがとれる、自分の言葉に説得力を持たせられるなど。大きくトークスキルが向上するので、日常生活でもビジネスでも大いに役立ってくれるでしょう。

相手にしっかり伝わる話し方のコツを、ぜひ習得してみてくださいね。


周囲から話し方が下手と思われやすい人の特徴とは?

「自分ではしっかり説明したはずなのに、何故か上手く伝わらない…。」そう感じている人は多いはず。実は、話し方が下手な人にはいくつかの共通点があるのです。

ここからは、話し方が下手と言われやすい人の特徴について詳しくご紹介します。


話し方が下手な人の特徴1. 結論までの過程が長い

結論を言わずに経緯や理由から話してしまうと、何を言いたいか伝わらず、相手を困惑させてしまいます。

話し方が下手な人は、話す前に要点をまとめていなかったり、そもそも自分自身が何を伝えたいかを理解できていないことも。そのため、出来事を時系列で話してしまったり、出来事が起こった理由から話してしまいます。

話の要点までダラダラと長いのは、話し方が下手な人の特徴といえるでしょう。


話し方が下手な人の特徴2. モゴモゴと聞き取りづらい

どれだけわかりやすい説明でも、ハキハキと話してくれないと上手く聞き取れず頭に入ってきません。

相手は言葉を聞き取ることに集中してしまうので、内容を円滑に理解することができなくなってしまいます。

話し方が下手と言われている人の中には、話し方の癖やあがり症で緊張してしまうなどの理由で言葉が聞き取りにくくなってしまっていることもあります。


話し方が下手な人の特徴3. 自分の言い分だけを一方的に話す

会話は言葉のキャッチボールです。聞き手がどんなリアクションをとっているかが見えていないと、相手が置いてけぼりになることも。

自分が説明することに一杯一杯になってしまうため、聞き手が説明を理解できず「ん?」という顔をしていても、そのまま話し続けてしまいます。

聞き手の反応を無視して話をしてしまうのは、コミュニケーションが苦手な人の特徴の1つです。


話し方が下手な人の特徴4. 質問された時に返答が来ない

話した内容を自分自身がきっちり理解していない、または伝えたい趣旨をきちんと整理できていないと、想定外の質問には答えられません。

人から聞いた話をそのまま横流しにしたり、ネットでちょっと調べた情報を人に話したりする時に、少し突っ込んだ質問をされると返答ができなくなってしまいます。

質問に対して答えが返ってこないことも、話し方が下手な人の特徴でしょう。


相手に伝わりやすい話し方のコツ|会話がうまくなる秘訣を徹底ガイド

話し方が下手な人の共通点があるように、上手に話す人にも共通点があります。

ここからは、話し上手と思われるコツについて詳しくご紹介します。

ビジネスでも普段の会話でもコミュニケーションが上手になりたい人必見の内容です。ぜひ参考にしてくださいね。


上手な話し方のコツ1. 結論や要件を先に述べる

よくプロセスを説明してから要件を述べる人がいますが、この順番だと何を伝えたいのかが最後までわからず、聞き手が飽きてしまいます。

結論から先に話すことで「なぜそうなるのかを知りたい!」という気持ちになり、その後の説明も頭に入りやすくなります。また、要点を先に述べることで論理的に伝えることができるので、内容に説得力を持たせやすいのも大きなメリット。

伝わりやすい説明の順番は「結論→理由→詳細」です。これを意識して話すだけで、話し方が上手な印象を与えられるでしょう。


上手な話し方のコツ2. ハキハキと聞き取りやすい声で話す

「しっかり伝えないと。」と思いすぎるが故に早口になってしまったり、緊張から小さな声で話してしまうこともありますよね。どれだけ的確な内容でも、声が聞き取りにくければ全て台無しです。

聞き取りやすい声を出すコツは、「1つ1つの言葉をゆっくり話すこと」「相手にはっきり聞こえる声で話すこと」です。これだけで聞き手からの印象は大きく変わります。

会話は相手がいて成り立つもの。声の大きさやスピードを少し改善するだけで、上手に話せるイメージを持ってもらえますよ。


上手な話し方のコツ3. 相手の目を見ながら話す

「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるように、コミュニケーションにおいて、目は重要な役割を担っています。

相手の目を見て会話をするのは自信がある証拠。視線を合わせて話すことで、その視線は自信として相手に伝わり、聞き手は話し手のことを信用してくれるようになります。また、目を見て話さない人と比較すると相手の印象に残りやすいため、仕事上でも良い成果に繋がりやすくなるでしょう。

相手の目を見て話す。たったこれだけで話し方が上手な人だと思われますよ。


上手な話し方のコツ4. 時折、相手が理解しているか確認する

一生懸命に伝えたいあまりに言いたいことを一方通行で言ったとしても、相手が全て理解できているかどうかはわかりません。

会話の途中で、「ここまでで分からないところはありませんか?」など、質問をして聞き手の理解度をチェックしましょう。特にビジネスシーンでは、聞き手が理解してくれていないと商談が進まないため、確認しながら話を進めることが大切になってきます。

何かを伝えたい時には反応を確認し、相手の理解に合わせて話をすると、伝え方が上手な人と思われやすいですよ。


上手な話し方のコツ5. 分かりやすい例え話を用いる

全く想像できない話を聞かされても、納得の前に疑問だけが残ってしまいますよね。さらに、想像できないと話への興味も遠のいてしまうので、最後まで話しを聞いていないということも。

難しい話をする時に、相手が想像しやすい事象や身近な例にたとえて説明するのがおすすめ。聞き手は、自分の頭の中で具体的に想像できる話であれば理解しやすくなります。

相手がイメージしやすい事象や例に例えて話ができると、トークスキルが高いと思われやすいですよ。


上手な話し方のコツ6. 内容に合わせて表情や声のトーンを変える

表情の変化が乏しく抑揚のない同じトーンの話し方は、どんなに素敵な内容であっても、印象薄く、飽きやすいものにしてしまいます。

話す内容によって表情を変えたり、声のトーンを変えたりしましょう。例えば、明るい話題ならにこやかな表情で少し声のトーン高め、真面目な話なら真剣な眼差しで声のトーンも抑えめなど。

話の内容に合わせて少し表情や声のトーンを変えるだけで、聞き手を飽きさせない話し方が出来るようになりますよ。


上手な話し方のコツ7. 話す時は堂々とした態度をとる

萎縮したり緊張したりして自信無さげな口調で話されると、聞き手側も「この人の言ってること大丈夫?」と心配になってしまいますよね。

話す際は堂々とした態度を心がけましょう。特に仕事においては、自信を持って相手に話をする必要があります。背筋を伸ばし、大きな声で、はっきり聞こえる声で話す。たったこれだけのことで、堂々とした態度に見えるもの。

人見知りの人でも少しトレーニングすれば改善できるので、すぐに試して欲しいコツです。

話し方が上手な人は、堂々とした態度で自信を持って話すものです。


どんな相手にも好かれる話し方を習得してみて。

今記事では、話し方は下手な人の特徴、上手な話し方のコツをご紹介してきました。

仕事においても日常生活においても、話し方1つで相手からの印象は大きく変わるもの。どうせなら相手に意見がキチンと伝わる話し方、好かれる話し方を習得したいですよね。

この記事でご紹介したコツを、出来ることから1つずつ試してみてください。

継続して行っていれば、上手に話せるようになっていきますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事