人との最適な距離感はどのくらい?コミュニケーションを上手に取るコツを紹介

人との最適な距離感について詳しく知りたい方へ。今記事では、人との距離感を間違えるデメリットから、上手に距離感をとるコツまで詳しくご紹介します。近すぎたり、依存したりせず、お互いに安心して付き合える距離感を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

人との距離感は適度に保つのが大切

人との距離感をはかるコツとは

人とコミュニケーションを取る上で、考えなければいけないのが、ちょうどいい、人との距離感を把握すること。

親しみやすい人や、好感を持てる人がいると、つい馴れ馴れしい態度をとってしまうケースもあります。

相手も同じように、親しみを持っていたり、好感を抱いたりしているとはかぎらないからです。

程より距離で人と接することで、自分も相手も居心地のいい関係性を築けますよ。


人との距離感を間違えると起こり得るデメリットは?

距離感を間違えて、不用意に相手と近い距離感になると、「なんだか、馴れ馴れしい」とか、「こんなに近づいてきて何かたくらんでいるのかも」と警戒心を持たれるなどのデメリットがあります。

距離感を間違えたコミュニケーションをとってしまうと、人間関係が上手くいかなくなる危険があるので注意しましょう。


人との距離感をはかるコツとは|上手に人付き合いをする秘訣を大公開

距離感を保つ重要性が理解できたと思いますが、今まで距離感を意識した付き合い方をしてこなかった人もいるはず。

「どうやって距離感をはかったらいいんだろう」と悩む人もいるでしょう。

ここでは人と上手い距離感を持って付き合うための、コツを紹介したいと思います。


人との距離感をはかるコツ1. 誰に対しても敬意を払う

人間関係は自分の気持ちだけでは成り立ちません。自分の気持ちだけを押し付けるのは相手に迷惑になることも。

自分の周囲の人たちに敬意を持って、相手を尊重した付き合い方を心がけましょう

相手の性格や意見などを理解して、尊重する気持ちが持てれば、「ほど良い距離感を求められている」と気づくことができるものです。


人との距離感をはかるコツ2. 相手に執着や依存をしない

相手を好きになると、執着心や依存心を抱いてしまうことがありますが、それは相手にとっては、「面倒くさい」「気持ちが重い」となってしまいがち。

どんなに相手を好きになっても、しつこくつきまとったり、相手なしではいられない気持ちを持たないことが重要です。

執着心や依存心を持たなければ、必要以上に相手に近づくことなく、最適な距離感を持った付き合い方ができますよ。


人との距離感をはかるコツ3. 少しずつ深掘りをする

仲良くなりたい気持ちが強くなりすぎると、お互いを知り合いたい気持ちから、必要以上に自己開示したり、詮索したりしてしまいがち。あまりにグイグイとこられると相手にとっては「距離が近すぎる」となってしまいます。

最適な人との距離感を保つためには、あまり急ぎすぎずに、少しずつ相手の懐に踏み込んで行きましょう。

二人の関係が深まるごとに、少しずつ深掘りしていけば、最適な距離感を保てるものですよ。


人との距離感をはかるコツ4. 職場の場合、プライベートと線引をする

仕事での付き合いはあくまで職場だけで、たとえ同僚とはいえ、プライベートに踏み込んでほしくないと思う人は多いです。

いくら職場で親しくしているからといっても、プライベートには不用意に触れないよう線引をしましょう。

「職場とプライベートは別」と認識すれば、相手の踏み込んでほしくない部分まで立ち入ることが防げます。職場での人との距離感がちょうどいいものになりますよ。


人との距離感をはかるコツ5. 嫌そうな場合はすぐに距離を置く

相手が拒否感を持っていそうな雰囲気があるのに、無神経に距離を詰めると「この人おかしい」と警戒心を持たれかねません。

距離感を間違えて、踏み込みすぎて警戒された場合は、しつこくしないで相手と距離をとりましょう。

「少し距離が近い」と警戒されたときに、距離を置くことを心がけて適正な距離感で付き合えば、相手も拒否感を持たずに触れ合ってくれるものです。。


人との距離感を上手に縮める方法は?円滑に親しくなる秘訣を解説

人とは適度な距離を保つことが大切です。しかし、距離を縮めて仲良くなりたい人と出会うこともあるでしょう。

そんな時は上手に距離を近づけていく必要があるもの。

ここでは人との、距離感を上手に縮める方法を詳しく紹介します。


距離感を上手に縮める方法1. 共通の話題を見つける

お互いに共通する部分があると、相手に対して、親近感を抱きますし、会話も弾みます。

趣味、好きな食べ物、考え方、出身地など、なんでも構わないので、距離を縮めたい相手と、話題になりそうな共通点がないか、探してみましょう。

「映画好きなんですね」とお互いの共通点から仲良くなって、徐々に別の話をしていけば、少しずつ距離が縮まるものですよ。


距離感を上手に縮める方法2. 自己開示をする

出会ったばかりの時は、「この人のこと、よく知らない」と警戒心があります。これをなくさないと距離を縮めるのは難しいもの。

仲良くなりたいと思った相手には、あれこれ詮索する前に、まずは自己開示して自分のことを知ってもらう努力をしましょう。

自分のことを打ち明けることで、「こんな人だったんだ」と相手は理解して警戒心を薄くしてくれるもの。そうなれば距離を縮めていけますよ。


距離感を上手に縮める方法3. 相手の性格を見極めて接する

人との関わり合いのスタイルは、人それぞれで、誰にでも同じ方法が通じるものではありません。

まずは相手を見て、「グイグイこられるのが苦手そうだな」と思えば控えめに、「オープンな人だな」と思えば積極的になどキャラや性格を見て、接し方を変えてみましょう。

相手の性格に合った接し方ができれば、「この人とは相性がよさそう」と安心してくれるものなので、上手に距離を縮められますよ。


程よい距離感を保ちつつ、上手にコミュニケーションをとってみて。

人との距離感を間違えてしまうと、警戒心や、馴れ馴れしいと思われて、仲良くなりたいのに、逆に溝ができてしまうことも。

上手にコミュニケーションをとるには、適切な距離感で付き合う気持ちが大切です。

職場の人間関係や、恋愛などで距離感に迷っている人もいると思います。

大切なのは相手の気持ちを尊重して、距離を置いたり縮めたりすること。「この人の距離感はちょうどいい」と思ってもらえると、いい関係を築くことができますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事