長い片思いは実る?実らない?一途な恋を成就させる方法から諦め方まで大公開

長い期間片思いしていて辛いとお悩みの方へ。今記事では、長い片思いの定義やメリット、デメリットから、長い片思いを終わらせる方法まで詳しくご紹介します。成就させて付き合うコツやスパッと諦める方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

1年以上の片思いは一般的に「長い」と言われるケースが多い

長い片想いは実る?

自分のことを好きかわからない相手を、一方的に好きでいることを片思いと言います。片思いで辛い経験をした人も、逆にドキドキして楽しかった経験がある人もいるのではないでしょうか。

どれくらいの期間の片思いで、「長い」と感じるかは人それぞれですが、一般的には1年以上に渡って片思いを続けていると長いといわれる傾向があります。


長い期間、片思いをするメリットとは?

自分の気持ちが伝わっていない状態で、1年以上も好きな人を思い続ける片思いは、辛いイメージがあるかもしれませんが、実はメリットもあります。

ここでは長い片思いをする魅力を詳しく紹介

片思い中で、諦める気持ちになりかかっている人は参考にしてみてくださいね。


長い片思いのメリット1. 相手との関係を深く築ける

片思いは恋愛関係になっていないだけで、相手と関係を築く機会は多い場合もあります。

友達や、同僚として、たくさん話をしたり、出かけてみたりなどしている間に親密で深い関係を築けるでしょう。

深い関係が築けていると、相手のことをよく知れるので、恋愛が成就した時に、絆の強い恋人関係を築きやすいのです。


長い片思いのメリット2. 叶った時の喜びが大きい

長い片思いの期間は、好きな人を思って、幸せな時もあれば、辛いときもあって、決して平たんな道ではないでしょう。

そんな中でも好きでい続ける間に、好きな人の特別感はどんどん大きくなり、他には代えがたい人へとなっていきます。

今まで経験したことがないほど、特別な存在となった好きな人と付き合うのは念願といえるでしょう。見事、恋愛が叶った時の喜びは格別なものとなります。


長い片思いのメリット3. 自分磨きに力が入る

長い片思い中は、好きな人に振り向いてもらいたい気持ちが強くなることもあり、自分磨きに自然と力が入ります。

体型も太り過ぎないように気を付けて、不摂生をしなくなりますし、おしゃれにも気を配るようになるでしょう。

片思いしている間に好きな人のみならず、多くの人に「素敵な人」と思われる魅力を備えられるのです。


反対に、長い期間片思いをしてしまうデメリットとは?

長い片思いはメリットもある一方で、場合によってはデメリットもあるものです。

ここでは長い片思いで起こり得るデメリットも詳しく紹介したいと思います。

長い片思い中で、諦める踏ん切りをつけたい人はデメリットを見て、検討してみましょう。


長い片思いのデメリット1. 出会いのチャンスを逃しやすい

長い片思いをしがちな人は、男性も女性も恋愛に対して、一途な傾向があります。

しかし、一途というのは恋に対して盲目状態になりやすく、他に何も目に入らなくなるデメリットも。

好きな人だけに、こだわりすぎるあまり、他にいい出会いがあっても見落としやすいもの。せっかくの実る可能性のあった、恋愛チャンスが訪れても、付き合う機会を逃してしまうことも多いです。


長い片思いのデメリット2. 自信をなくしやすい

片思いは気持ちが強ければ、強いほど、辛いもの。頑張っても努力が実らず、好きな人に振り向いてもらえないと、「もうイヤになっちゃった」なんていう気持ちになりがち。

自暴自棄になって、好きでもない相手と関係を持ってしまったり、酒量が増えたりなどの悪影響も。

長い片思いを続けていると自信をなくして、投げやりになってしまうデメリットがあるのです。


長い片思いのデメリット3. 婚期を逃す恐れがある

長い片思いを続けていると、その期間はひたすら恋愛をする機会を逃しているといえます。

他の出会いが目に入らずに恋愛機会を逃してしまうだけではなく、時間もある意味無駄に消費しているともいえるでしょう。

恋愛をしないまま片思いだけで時間を消費した結果、「婚期を逃してしまった」と後になって後悔するケースもあります。


長い片思いを成就させる or 諦めるために見抜くポイントとは

長い片思いも最終的に念願が叶って、実るなら無駄ではありませんが、望みがないのなら、一人の相手にこだわり続けても、「踏ん切りつけて、別の恋愛を探せば良かった」と後悔する場合もあります。

ここでは頑張るべきか諦めるべきか見分け方を詳しく紹介

これからも片思いを続けるか、気持ちがゆれている人は参考にしてみてくださいね。


諦めずに頑張った方が良いケースとは?

「相手にも脈がありそう」「努力次第でふり向いてくれそう」そんなプラス材料がある場合は、諦めずに頑張ってみる価値がある片思いといえるでしょう。

「連絡をスルーしないし、相手も頻繁にしてくれる」

「2人で食事や遊びに誘ったら応じてくれる」

「フリーで出会いが欲しいと言っているのに、自分とつるんでばかり」

などの状況であれば、片思いでも、気持ちが実る可能性は大いにあるといえます。

関係を継続していけば、相手からの告白で付き合うことも十分に考えられますよ。


諦めて次の恋愛をした方が良いケースとは?

客観的にみて、相手が振り返る可能性が低い、踏ん切りをつけて、諦めるべき片思いもあります。

既に恋人がいる場合は、相手にされる可能性も低く、道徳的にも略奪愛はおすすめできません。

既に告白したことがあって断られたケースも、相手が振り向いてくれることは低く、諦めたほうが良い可能性があります。

また、連絡しても無視されることが多い場合も、相手にとって重要視されていない証拠なので、恋愛成就の目はないです。

これらに当てはまる状況で片思いをしている人は、今後振り向いてもらえる可能性は低いので、時間の無駄になる前に、諦めるのをおすすめします。


アプローチして長い片思いを成就させる方法とは?

頑張ると決めた場合、今までとは戦略を変える必要があります。相手を振り向かせるために積極的アプローチをするのがおすすめ。

  • あまり二人きりのデートをしたことがないなら、二人きりで遊びに行く機会を増やす
  • 友達としての会話しかないなら、恋愛を意識した会話をしてみる
  • 「一番頼りになる」「一緒にいると落ち着く」など他の人とは違って特別視していることを伝える

など友達以上の感情があると伝わる、一歩踏み込んだアプローチをしましょう。

デートに誘う時は、連絡方法やデート中の振る舞いも十分に考えてみる必要がありますよ。

下記の記事に付き合う前に心がけたいことが記載されているので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


長い片思いをスパッと諦める方法を徹底ガイド

長い片思いは疲れることも、辛いことも多いです。時には踏ん切りをつけるのも大切。スッパリ諦めるポイントは相手を考えなくて済むシチュエーションを作ること。

  • 新しい恋愛に目を向けてみる
  • 仕事や趣味などに打ち込んで、頭の中に相手を考えるスキマを作らない
  • 友達とすごす時間を増やして、辛い気持ちを入り込ませない
  • 中途半端な関係を止めるために、一切連絡をしない

特に新しい恋愛に目を向けるのは、長い片思いで消費した時間を取り戻すためにもおすすめの方法です。

好きな人を忘れるにはいろいろ方法があるので、自分にぴったりな方法を見つけてくださいね。

下記の記事には、好きな人を忘れて、辛い気持ちを乗り越える方法が記載されているので、参考にしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


長い片思いに悩んだら、彼とどうなりたいのかじっくり考えてみて。

長い片思いは、恋愛成就した時の喜びが大きいなどメリットもありますが、恋愛の機会を失ったり、自信喪失したりなどデメリットも大きいです。

現在、長い片思いをしていて、「このままでいいのかな」と悩んでいる人もいるでしょう。

相手の反応やシチュエーションから、可能性を探って、頑張るべきか、諦めるべきか判断してみましょう。今回の記事を参考にして、自分にとって最善の選択をしてください。どちらを選んでも新しい視界が開けていくものですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事