社会人が辛いと思う理由とは?仕事のきつい時期を乗り越えるコツを解説

辛い悩みを抱えている社会人の方へ。今記事では、社会人が辛いと思う主な理由から、辛い時期を乗り越えるコツまで詳しくご紹介します。仕事の事で思い悩んでいる方に最適な対処法を解説するので、キツイと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください!

「仕事が辛い」と悩んでいる社会人は意外と多い

社会人が辛いと感じる理由は?

学校を卒業し、社会で自信の役割を担いながら働く社会人には、自立していて自由なイメージがあるもの。しかし、理由は様々ですが、実際は仕事を辛いと感じ思い悩んでいる人が意外と多くいるものです。

そこで今記事では、社会人が仕事をきついと思う理由から、その状態を乗り越えるコツまで詳しく解説していきます。仕事のことで思い悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。


社会人が辛いと感じる主な理由|きついと思うきっかけや原因を大公開

学生時代とはガラっと生活が変わり、ストレスを感じることが多くなる社会人生活。しかし、なぜ社会人を辛いと思ってしまうのか、具体的によくわからないという人もいるでしょう。

そこでここからは、社会人が辛いと感じる主な理由や原因などを、詳しく解説していきます。


社会人が辛い理由1. 人間関係がうまくいかないから

職場は1日の大半を過ごす場所であり、周囲との関係性が悪く居心地が良くないとストレスが溜まってしまいます。

上司や同僚と反りが合わなかったり、周囲から孤立してしまっていたりすると、職場にいることを苦痛に感じてしまうでしょう。

仕事場の雰囲気に馴染めず人間関係がうまくいかないことは、社会人を辛いと感じてしまう大きな理由の一つだと考えられます。

【参考記事】はこちら▽


社会人が辛い理由2. 仕事ができないから

仕事は、うまくできている時は面白いと感じる一方、スムーズにいかないとどうしてもストレスに感じてしまうもの。

同期に比べて仕事の覚えが悪かったり、頑張っても成果が出ていなかったりすると、楽しさを見出せず悩んでしまうと考えられます。

このように、仕事がうまくいかず自信を失くしてしまうことも、「社会人がしんどい...」と感じる原因でしょう。

【参考記事】はこちら▽


社会人が辛い理由3. 早起きがキツイから

週に5日や6日、決まった時間に起きて出勤するというのは決して楽なことではなく、疲れを感じる人が多いもの。

社会人になると遅刻は許されないため、必然的に朝早く起きる必要がありますし、仕事で帰りが遅くて寝不足でも休む訳にはいきませんよね。

どんなに体が辛くても早起きして職場に行く必要があるため、社会人がきついと思ってしまうのでしょう。


社会人が辛い理由4. ミスをすると怒られるから

仕事は、収入を得ることができる一方で、責任を問われる機会が多いもの。

たとえ小さなミスであっても、自分の失敗であれば周りから責められてしまいますし、欠損を出すと怒鳴られたり嫌味を言われたりすることもあるでしょう。

ミスが許されず、万が一ミスした場合はキツく叱られてしまうというプレッシャーから、社会人を辛いと感じる人はたくさんいると考えられます。


社会人が辛い理由5. 理想と現実のギャップに苦しむから

新社会人の場合、夢や希望を持って入社する人が多くいると思いますが、現実はそう思い通りにはいかないもの。

入社する前に抱いていたイメージと職場がかけ離れていたり、新卒だからという理由で雑用ばかり押しつけられてしまったりすることも少なくはありません。

思い描いていた理想と現実のギャップに耐えきれず、社会人が辛いと感じてしまうのでしょう。


社会人が辛い理由6. タスクが多すぎるから

社会人が職場で求められることは予想以上に多く、入社後数年の若手の間は特にやることが多いもの。

業務のやり方を覚えたり新しい知識を身につけたりするだけでなく、上司から頼まれた仕事をこなしたり、新入社員の指導をしたりすることもあるでしょう。

あまりにもタスクが多すぎてキャパオーバーになるため、「社会人として働くのがしんどい...」と感じてしまうのだと考えられます。


社会人が辛い理由7. 飲み会など会社の行事が多いから

社会人にとって、定時後に付き合いなどで拘束されることは決して珍しいことではありません。

上司や同僚から飲みに誘われたり、歓迎会や送別会に参加しないといけなかったりする機会は意外とたくさんあるものです。

飲み会や強制参加のイベントが多く、仕事後や休日でも働いている気分になることも、社会人をきついと感じる大きな原因でしょう。


社会人が辛い理由8. 相談相手がいないから

大きな責任を負うためストレスを感じやすい社会人ですが、「誰にも仕事のことを話せない」という人は意外と多くいます。

家族や学生時代の友人に話しても職種に理解がないと共感してもらえませんし、会社の人と打ち解けるのは難しいため、自分の本音を出せる機会がないという人は少なくないでしょう。

困ったことがあっても相談したり、愚痴を聞いてもらったりする相手がいないため、社会人を辛いと感じてしまうのだと考えられます。


社会人が辛い理由9. 帰宅時間が遅いから

近年、働き方改革が進んでいるとはいえ、まだまだ残業する人は多いもの。

職種や会社によっては帰宅時間が夜の9時や10時になることは珍しくなく、家に帰っても寝るだけという人は少なくありません。

帰宅時間が遅く体に負担がかかったり自由な時間がないことも、「社会人がしんどい...」と感じる大きな理由でしょう。


社会人が辛い理由10. ホームシックだから

社会人になると学生時代のように友達を作ることは難しく、職場の近くに知り合いがいないと孤独感を感じてしまうもの。

遠方で一人暮らしをしていたり寮に入っていたりすると、休日を一緒に過ごす人がおらず、寂しさからホームシックになりがちです。

家族や友達が恋しく、「実家に帰りたい」と思ってしまうことも社会人が辛いと感じる原因の一つだと考えられます。


社会人が辛い時期を乗り越えるコツとは|最適な対処法を解説

その責任感や忙しい毎日が原因で、辛いと感じる人が多い社会人生活。しかし、簡単に仕事をやめる訳にはいかず、「どうにかして辛い毎日を乗り越えたい」と感じる人は多いでしょう。

そこでここからは、社会人が辛い時期を乗り越えるためのコツや対処法を詳しく解説していきます。


辛さを乗り越えるコツ1. 職場の人とコミュニケーションをとる

人見知りな人の場合、職場の人に対してつい壁を作りがちになる人は多いと思いますが、周囲と連携が取れないと働き辛さを感じるもの。

そこで、自分が快適に働けるようにするためにも、仕事場の人と程良いコミュニケーションを取るよう心がけてみましょう。

友人のように接するのではなく、あくまでも仕事仲間と割り切って適切な距離感を保ちながら付き合うことで、良好な関係が築けるようになり、職場での居心地が良くなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


辛さを乗り越えるコツ2. 仕事で成果を出す

会社ではどうしても仕事ができる人が求められるため、ミスが多くなかなか結果を出せないと、上司や周囲から責められたり怒られたりして辛さを感じてしまうものです。

従って、周囲に自分を認めさせるためにも、仕事で成果を出すよう努力してみましょう。

あなたが会社に必要な人だと周りにわからせると職場で地位を築きやすく、怒られたり劣等感を感じたりして辛い思いをすることはなくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


辛さを乗り越えるコツ3. プライベートの時間を充実させる

いくら仕事上の悩みがあるからといって、そのことばかりを考えてしまうと精神的に辛くなってしまうもの。

そこで、気分転換をするためにも、プライベートの時間を充実させるようにしてみましょう。

趣味や恋愛など、仕事以外で夢中になれるものを見つけ打ち込むことで、「仕事も頑張ってみよう」と少しずつ前向きな気分になれるものですよ。

【参考記事】はこちら▽


辛さを乗り越えるコツ4. 寝具を新調してみる

朝早く、夜の帰宅は遅い社会人生活を乗り切るには、体調をしっかり管理することが不可欠となります。

そこで、体の疲れを引きずることが多いという人は、思い切って枕やマットレスなどの寝具を新調してみることをおすすめします。

睡眠の質が向上することでしっかりと体を休めることができるので、体調不良や寝不足で辛いと感じることは少なくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


ただし、無理のしすぎはくれぐれも注意して。

辛いことや大変なことがあっても、なんとか乗り越えなければいけない場面が多い社会人生活。しかし、辛いのを我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。

仕事はもちろん大切ですが、体も心も健康だからこそ働けるものです。従って、くれぐれも頑張りすぎることには注意し、無理のない範囲で辛さを乗り越えていきましょう。


社会人になって辛い時が増えたら、自分に合う方法で気分転換してみて。

社会の一員となり自立できる反面、様々な負荷がかかる社会人生活。その重い責任感やタスクの多さから、社会人であることを辛いと感じてしまう人は多いでしょう。

しかし、なぜ自分が辛いと感じているのかをしっかりと理解し、適切な対処法を用いることで、辛さを改善できる部分は多いです。

くれぐれも無理をしないように注意しながら、社会人ならではの辛さをうまく乗り越えていきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事