自分らしく生きる方法とは?ありのままで最高に幸せな一生を送るコツを紹介

自分らしく生きるコツを詳しく知りたい方へ。今記事では、自分らしく生きるメリットやコツから、自分らしく生きるためにやめた方がいいことまで詳しくご紹介します。周囲の意見に惑わされず自分らしく生きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として、自分らしく生きるメリットとは?

自分らしく生きるコツとは

ありのままで生きている人はなんとなく輝いているように見えますよね。実は、自分らしく生きると以下のようなメリットがあるんです。

  • 前向きな気持ちで物事に取り組める
  • 人間関係などの他人が絡む悩みが少なくなる
  • 他人からやらされるのでなく、自分の意思でやりたいことができる

自分自身の素直な感情に耳を傾けられるので、その結果、人生の満足度があがるのが自分らしく生きるメリットといえるでしょう。


自分らしく生きるコツ|人生の幸福度を高める秘訣とは?

他人の軸で生きるのでなく、自分らしさが出せる生き方は誰しもが望んでいるでしょう。

一方で、自分らしく生きるには具体的にどのような方法をとれば良いのか分からない人も多いもの。

そこでここからは、自分らしく生きるコツを詳しくご紹介します。

最後まで読んで、あなたも自分らしい生活を手に入れましょう。


自分らしく生きるコツ1. 自分の価値観を理解する

他人の軸で生きていると、どうしても自分のしたいことを行うことが難しくなってしまうものです。

どんな時に幸せを感じるのか、どんな時に苦しみやストレスを感じるのかなど、自分らしく生きたいと思うなら、まずは自分の価値観をきちんと把握することから始めましょう。

自分の価値観を明確にすることで、ありのままの自分の軸で生きられるようになるため、生活の幸福度があがりますよ。


自分らしく生きるコツ2. やりたいことを明確にする

自分が何をしたいのか分かっていないと、どこに向けて何を取り組んだら良いか迷ってしまいます。

自分が何を成し遂げたいのかきちんと向き合い、自分のやりたいことを明確にすると良いですよ。

やりたいことを決めてゴールが明確になると、ゴールに向けて行わなければならないことが分かってくるので、自分自身の本当にやりたいことを遂行できる人生になるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


自分らしく生きるコツ3. 直感を信じてみる

時には自分のやりたいことを考えても、何をしたいのか思考が迷宮入りしてしまうこともあるでしょう。

自分の思ったことや、素直な直感を信じて行動してみるのも、自分らしく生きるコツですよ。

言語化されない自分のやりたいことは、心から自分が欲していることでもあり、行動するうちにはっきりとやりたいことが見えてくることもあるものです。


自分らしく生きるコツ4. 自己肯定感を高める

自分に自信がない状態だと、行動を起こせず尻込みばかりしてしまうことも多くなってしまうでしょう。

瞑想をしたりできたことリストなどをつけたりして、自己肯定感を高めていくのもおすすめですよ。

自分を受け入れられると気持ちが前向きになります。自信が行動の活力になる結果、本当に自分がしたいことに取り組みやすくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


自分らしく生きるコツ5. 意思表示を積極的に行う

意思表示をあまり行わない人だと、他人から興味のない遊びに誘われたりしてもなんとなく参加してしまい、自分の時間を失ってしまうことも。

嫌なことは嫌、好きなことは好きだときちんと意思表示を行うようにしましょう。

自分のやりたいことや好きなことに時間を割けるようになるので、人生が楽しいと思うことが多くなるといえます。


自分らしく生きるコツ6. チャレンジ精神を持つ

「行動しながら考える。」という言葉があるように、最初は分からず始めたことでも、途中から無我夢中になっていることもあるでしょう。

何か好きだったり面白いと思うことがあったら、次々とチャレンジしていくと良いですよ。

行動しなければ見えなかった新しい景色が見えて、より取り組んでいることが好きだと思えたり、熱中していく自分に気づけるものです。


自分らしく生きるコツ7. 嫌なことから距離を置く

自分の嫌だと思うことや苦手なことに一生懸命取り組んでも、消耗してしまい、結果心身ともに疲れ切ってしまうことも。

何でも逃げるのはよくありませんが、仕事など、嫌だと思うことは無理に近づかず、距離を置くようにしましょう。

自分の気が進まないことから距離を置く結果、消去法で選択肢が狭まり、自分らしさを求められる環境が自ずと見えてくるものですよ。


自分らしく生きるためにやめた方が良いことは何がある?

自分らしく生きるのを、今自分がしている習慣が邪魔をしてしまってることもあります。しない方が良いことがあるとすれば、矯正していきたいですよね。

とはいえ、自分らしく生きるのにどんな思考が邪魔をしているのかピンとこない人も多いでしょう。

ここからは、自分らしく生きる上でやめた方が良いことを詳しくご紹介します。


やめた方が良いこと1. 周囲の顔色を伺う

他人に気を遣ってばかりいると、自分自身が疲れてしまうどころか、自分の時間を消耗してしまうこともあるものです。

仕事や友人関係などでも、周囲の顔色を伺うのをやめるようにしましょう。

自分のやりたいことを肯定しながら、心の声に耳を傾け続けていく結果、自分自身の本当にやりたいことを行えるようになりますよ。


やめた方が良いこと2. 自己嫌悪をする

日頃から自分のことを責めてしまうと、そもそも自分の考えたりやりたいと思っていることすらも否定してしまうでしょう。

「これも自分らしさなんだ。」と、自己嫌悪に陥るのを意識的に止めてあげると良いですよ。

自分自身の考えることにも自信を持って認められる結果、自分らしい選択肢を常にとれるようになるといえます。


やめた方が良いこと3. 失敗を過度に恐れること

最初から何もかも上手くいく人は、探したとしてもどこにもいないという気持ちを持って臨まないと、失敗した時に心が折れてすぐに挫折してしまうこともあります。

何か挑戦したいと思うことがある時は、失敗を過度に恐れないようにしましょう。

失敗を過度に恐れないようになると、挑戦への最初の一歩が踏み出しやすくなり、自分らしく生きられる道が開けるでしょう。


やめた方が良いこと4. 完璧を求めすぎること

完璧主義的な考えを常に持っている人は、大半のことができていたとしても、残りのできていない部分に目が行ってしまい都度気になってしまうでしょう。

仕事などでも、あまり細かすぎるところは気にせず、完璧を求めすぎないのが吉ですよ。

細かいところで都度立ち止まらないようになるので、大枠を掴みながら飛躍のスピードが上がり、自分自身のやりたいことを遂行できるでしょう。


自分らしく生きるコツを試して自由な人生を楽しもう!

誰しもが自分らしく前向きに生きたいと考えるでしょう。一度きりの人生、幸福度をあげて謳歌したいですよね。

自分らしさが出せず消耗してしまったり、自分らしくナチュラルに生きている人を自分と比べて羨ましく思い、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、ぜひ今回ご紹介した自分らしく生きるコツを実践して、人生の満足度をあげられるよう行動してみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事