口下手な人の性格・特徴とは?相手に伝える力を改善する克服方法4つ

口下手なのを克服したいと思っている方へ。今記事では、口下手な人ならではのデメリットから、口下手な人の特徴や克服するコツまで詳しくご紹介します。素直に話すのが得意じゃないと感じる方は、ぜひ参考にしてみてください!

口下手の意味とは|話し下手との違いも解説

口下手の人の性格とは

口下手とは、自分の気持ちや考えを上手く相手に伝えられないことです。

受け手の気持ちを考えるあまり本当に伝えるべき言葉が見つからず、素直に自分の思いを言葉にできない特徴があります。

一方、似ている言葉として話し下手というものがあります。

話し下手は人見知りなどが原因で、コミュニケーションを取るのが苦手なことを言います。会話をするのが怖いという意識が邪魔をしてしまい、コミュニケーションを取ることから距離を置いてしまうのが話し下手の特徴です。


口下手な人の性格とは?多く見られる共通点を解説

口下手と話し下手の違いがわかったところで、ここからは口下手な人の性格3つを解説していきます。

口下手な人に多く見られる共通点があるのでしっかり読んで、自分にも当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

口下手な人の性格
  1. 極度の照れ屋
  2. 心配性
  3. 自己肯定感が低い
タップすると移動します

口下手な人の性格1. 極度の照れ屋

口下手な人は、自分の気持ちを上手に表現するのが苦手という特徴があり、シャイな一面を持っていることが多いです。

極度な照れ屋さんは普段の会話でも注目を逸らしたり照れ隠しのために話をはぐらかすなど、素直に自分の思いを伝えられない不器用さがあります。そのため、相手に自分の本心を知られないように選んだ言葉が、逆に不快な思いをさせてしまうことも。

極度の照れ屋さんは相手の気をそらすために素直に本心を伝えらず、口下手になってしまう人は多いです。


口下手な人の性格2. 心配性

普段会話をしていて、いちいち言葉に気を付けながら発言している人はあまりいませんよね。ところが、口下手な人は自分の発言に対する周囲の反応を気にしすぎるあまり、言葉を選びながら発言してしまいます。

「こう言ったら傷つくだろうな」「批判されたらどうしよう」と考えている内に、話がどんどん進んでしまい発言する機会が少なくなるのです。

心配性な人は自分の発言が相手にどう思われるかを気にしすぎるため、口下手になる人も多いです。


口下手な人の性格3. 自己肯定感が低い

「自分なんかが意見を言っても仕方ない」などと思ってしまうため、なかなか素直に自分の考えを相手に伝えられないことがありますよね。

口下手な人は自分の意見を聞かれても、周りに同調するような発言をしてしまいがち。何も考えていないと誤解されてしまうことも少なくありません。

自己肯定感が低いため自分の素直な意見を尊重しないので、当たり障りのない無難な会話しかできない人も多いです。


口下手ならではのデメリットは?仕事や恋愛で悩むポイントを解説

口下手な人の性格には、マイナスな要素が共通して多いことがわかりました。それを踏まえて、ここからは口下手ならではのデメリット2つを解説していきます。

仕事や恋愛などの場面で特に気を付けなければならないので、しっかり読んでデメリットで悩むポイントを押さえておきましょう。

口下手なデメリット
  1. 周囲から誤解される
  2. 自己主張ができない
タップすると移動します

口下手なデメリット1. 周囲から誤解される

口下手な人は無口だったり、自分の意見を言わず周りに合わせてしまいがち。

「変なことを言わないようにしよう」「自分の意見なんてどうせ聞いてくれない」などと考えているうちに、結局ほとんど発言せずに終わってしまいます。

すると、周りの人からは「ムスッとしてる」とか「退屈なのかな」と誤解されることも。

口下手な人は上手く自分の言いたいことを伝えられない不器用さがあるため、仕事や恋愛でも周囲の人と関係が築きにくいことが多いので注意が必要です。


口下手なデメリット2. 自己主張ができない

周囲の目を気にして自分の本心を隠してしまうと、重要な場面でも自己主張ができません。

言いたいことがあっても「気分を悪くさせたらどうしよう」と考えてしまい、自己主張ができず周囲の発言に同調し埋もれてしまいがち。周りの人からは、「自分の意見を持ってないダメな人」のレッテルを貼られてしまうことも少なくありません。

口下手な人はうまく本音を伝えられないため、自己アピールが周囲にしにくいのも大きな弱点なので気を付けましょう。


口下手なのを克服する方法|改善する効果的な対処法とは?

口下手だと周りからの評価を得られなかったり、自分の気持ちを伝えられないというデメリットがありますが、デメリットの解消こそが口下手を克服する秘訣です。

ここからは口下手を克服する方法4つを解説していくので、じっくり読んで日常の会話で実践してみましょう。


口下手を克服する方法1. 自分の意見を言う習慣をつける

いきなり日頃の会話で自分の意見を主張するのは、尻込みしてしまいますよね。

なので、最初は気心知れた親しい友人などに対して、文章力の有無は考えず少しずつ本心を交えて発言する習慣をつけてみましょう。

多少の失敗なら相手も機嫌を損ねることも少ないですし、どういう時に相手の反応が悪かったかがわかるので対策を考えられます。

親しい人に対して自分の意見を言う習慣がつけられれば、日頃の会話でも自信を持って自分の意見を発言しやすくなりますよ。


口下手を克服する方法2. 会話のネタを事前に用意する

アドリブを利かせて色んな話題についていくのは難しいですよね。自分の知らない話を振られても、適当な相槌を打つのが精一杯になってしまいます。

そんな時は、前もって話す内容を考えておき会話の先手を打つのも口下手を克服する方法の一つ。

知っている内容なら自信を持って話せるので、発言する機会が見違えるほど増えますよ。

日頃からネットニュースなどで話題になりそうなことをチェックし、事前に話題を考えておくと会話がスムーズにできるので、口下手を改善するのに効果的です。


口下手を克服する方法3. 聞き上手な人を目指す

会話を無理に展開しようとしても、内容が薄いとなかなか会話が続きませんよね。

話していてだんだん辛くなってしまうので、積極的に話そうとせずまずは聞き上手な人を目指してみましょう。

会話を広げる役ではなく質問をして話題を掘り下げる役に徹することにより、違和感なく会話に参加できます。話を聞いてほしい人にとって聞き上手は必要な存在。会話を盛り上がる為にも重宝されること間違いなしです。質問力を高め聞き上手になることは、口下手を改善するのに効果的な手段の一つなのでおすすめですよ。


口下手を克服する方法4. 自己肯定感を高める

自分の発言に自信がないと自己肯定感が低くなり、自ずと発言の回数が減ってしまいがち。あまりにも発言しないと、「自分の意見が言えないダメな人」と思われてしまいます。

どんどんネガティブになり更に発言しなくなる負のスパイラルに陥る前に、自己肯定感を高めましょう。

自己肯定感が高まれば自信を持って発言できるので、積極的に会話に参加し発言する回数も自ずと増えていきますよ。

本やネットの記事を読んで会話について知識をつけ、日常の会話で少しずつ実践し成功体験を積み重ねるのがコツです。


口下手な自分を少しだけ変えて克服してみよう。

口下手であることは様々なデメリットがあり、事前準備をして日常の会話で実践し成功体験を積むことを習慣化すれば克服できます。

本来会話は楽しむもの。自信の無さが邪魔して会話ができないのはとても勿体ないことです。

勇気がいりますが、少しずつでも良いのでありのままの気持ちを言葉にして、自分をもっとアピールしてみましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事