年の差恋愛ってアリ?|一回り上の男性と付き合うメリット・デメリットを解説!

年の差恋愛ならではの特徴や長続きさせる秘訣を知りたい女性へ。今記事では、年の差恋愛のメリット/デメリットから、年の差恋愛の特徴や長続きさせる秘訣まで詳しくご紹介します。年齢差のある人と恋愛をしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、年の差恋愛って何歳差から?

年の差恋愛ってあり?

人によって年齢差の定義は様々。

8歳、9歳くらいから年の差を感じる女性が増え、一般的に10歳以上離れていると「年の差がある」と感じやすい女性が多いようです。

ここまで年齢が違うと「恋愛しても良いの?」と感じるかと思いますが、結論から言うと年の差があっても気持ちが通じ合っていれば、年の差恋愛はアリです。

「交際相手がかなり年上で周囲に紹介しにくい」と悩んでいる女性は、最後まで読んでみてくださいね。

7歳差離れたカップル事情

8歳差離れたカップル事情

15歳差離れたカップル事情

20歳差離れたカップル事情


年の差恋愛ならではのメリット|年齢が離れた男性と付き合う魅力って?

何かと話題に上りやすい年の差カップル。

「相手がおじさんだから上手くいくか心配…」そんな不安を抱えている人もいるかもしれません。しかし、年の差があるからこそ楽しいことや面白いこともありますよね。

ここからは、男性が年上の場合の年齢差カップルの女性に対するメリットを詳しくご紹介します。年の差がある相手と真剣に将来を考えている人は必見です。


年の差恋愛のメリット1. リードしてもらえる

年を重ねてきている分、経験や余裕がある年上の彼氏。

2人で一緒にいる時に年上彼氏は「自分がしっかりしないと」という気持ちになりやすく、デートもリーダーシップを取り、スムーズに進むことが多いです

行き先や食事についても率先して提案してくれることが多いため、安心していられるはず。一緒にいて自分を引っ張ってくれることも、年の差恋愛のメリットです。


年の差恋愛のメリット2. 甘えやすい

年下や同年代の彼氏だと「甘え方が分からない…」という女性も中にはいますよね。

しかし、一回り近くも年齢差があれば、不思議と素直な気持ちになりやすいことが特徴です。

「もうちょっと一緒にいてよ~」なんて言葉も、自然に出てくるように。年の差がある相手との恋愛は、甘えさせてもらえて、心地良いと感じやすいのも大きなメリットです。


年の差恋愛のメリット3. 経済力がある

同世代に比べると、職場でも役職についていることが多い年上の恋人。経済的に安定している傾向にあり、デートはワンランク上の内容になりやすいです。

年上彼氏は「彼女を満足させたい」と思い、迷うことなく高級レストランに連れて行ったり、豪華なプレゼントを贈ったり。

経済力があると、一緒にいて贅沢な時間を過ごしやすいのも、年の差恋愛をする上での良い点と言えるでしょう。


年の差恋愛のメリット4. 人生経験が豊富

10歳以上も上の男性であれば、物事を多角的視点から見つめられる方が多くいます。

長続きしない恋愛を繰り返して学んだ人もいれば、離婚を経験した人もいるので、彼女に対しては柔軟に対応する余裕があるのです。

そのため、普通なら喧嘩に発展しそうなやりとりも、落ち着いた意見の交換になりやすいことがポイント。相手の人生経験が豊かなため、その恩恵にあやかれることもメリットの一つです。


年の差恋愛のメリット5. 落ち着いた恋愛が楽しめる

感情の揺れが激しい恋愛は、心身ともに疲れてしまいますよね。

年の差恋愛では相手の男性に包容力が高いことが多いため、干渉や束縛などが少なく、大人な恋愛が楽しみやすいです。

いつも穏やかな気持ちでいられるので、安心できる関係性を築きやすいことも魅力。相手の器の大きさにより、落ち着いた雰囲気でマイペースに恋愛できるのは、年の差カップルの良いところと言えます。


年の差恋愛ならではのデメリット|年齢が離れた男性と付き合う際の悩みとは?

実際に付き合って難しさを感じることもあるのも年の差恋愛の難しさ。

ここからは、年の差恋愛において年下の女性に対するデメリットをいくつか紹介していきます。

メリットと比較して、総合的に年の差恋愛について考えてみましょう。


年の差恋愛のデメリット1. ジェネレーションギャップを感じやすい

生きてきた年代が違うことにより、話が通じなかったり感覚が違ったりすることは、年の差恋愛にあるあるです。

「相手の好きな音楽が理解できない…」「ファッションの感覚がちょっと違う」など、ジェネレーションギャップは生じやすいと言えるでしょう。

共感できる箇所はどうしても少なくなるのが、年の差恋愛のデメリットです。


年の差恋愛のデメリット2. 意見が通りにくい

相手のほうが人生経験も豊富なため、なんでも仕切られてしまうケースがあります。楽に感じる人もいますが、中々自分の意見を取り入れてもらいにくいことも。

「明日は、友達に教えてもらった流行りのお店に行ってみない?」そんな提案をしても、「もう雰囲気のいいレストラン予約しといたよ」なんてこともあるでしょう。

年の差がある人が恋愛相手の場合は、頼りがいがある反面、自分の思うようにいかずにストレスもたまりやすいことが悩ましい点です。


年の差恋愛のデメリット3. 親子に勘違いされてしまう

一緒に道を歩いていても、彼氏と彼女として見られないことも多々ある年の差カップル

親子と勘違いされてしまい「お父さんはこちらにどうぞ~」なんてお店の人に言われた日には、軽くショックを受けてしまいますよね。

外見が若々しい場合は大丈夫でしょうが、なかなか恋人同士としては扱われないのも年の差カップルのデメリットと言えるでしょう。


年の差恋愛のデメリット4. 結婚を反対されやすい

親の視点から言えば、あまりにも年の離れた相手に対しては、抵抗感を抱くケースが多いです。

親からすると、「どちらかと言えば親の自分と相手の年が近い」「結婚して上手くいくのか」といった不安を抱くことがあるでしょう。

付き合うことはもちろん、結婚に反対されるケースもあり、年の差恋愛にとって大きな障害となりやすいです。


年の差恋愛を長続きさせる秘訣|一回り年齢が離れた男性と上手くいくコツとは?

一般的なカップルとは少し違う悩みを抱きやすい、年の差恋愛。「この先も、うまくやっていけるのだろうか?」と不安を感じている人もいるかもしれませんね。

しかし、年の差というハンデを乗り越えて、ゴールインするカップルも多いです。

ここからは、年の差カップルが長続きするコツを詳しくご紹介。年の差という事実を受け止めながら幸せになりたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


年の差恋愛を長続きさせる秘訣1. フェアな関係を築く

年の差恋愛では、年上の人が主導権を握りやすいという特徴がありますが、バランス的にはいいとは言えません。最初はよくても、徐々にその関係性が窮屈だと感じることも。

あくまでもフラットな関係を築いて、対等に意見を交換できるようにしましょう。

年の差をリスペクトしながらも同じ目線でやりとりをすることにより、2人の信頼関係が強まり、長続きをする秘訣に繋がりますよ。


年の差恋愛を長続きさせる秘訣2. 年の差を逆に楽しむ

年が違うからこそ生まれる新たな発見や面白さもある、年の差恋愛

先ほどもお話したように、年の差のメリットを思い切り楽しむことがおすすめです。「年の差があるから分かり合えない…」と思うのではなく、「違う年代の意見を取り入れられて新鮮!」と、ポジティブに考えていきましょう。

「年の差があるから楽しい」そんな気持ちを忘れずにいると、笑顔が増えて良好な関係を築きやすいですよ。


年の差恋愛を長続きさせる秘訣3. 共通の趣味を持つ

興味の対象が同じだと、自然と会話も増え、一緒にできることの幅も広がります。

2人で共通の趣味を作って、休日のプランに取り入れてみるのも一つの手です。テニスや登山といった運動系をはじめ、歌や絵などの芸術系に挑戦してみるのもいいでしょう。

年の差によるギャップに関わらず2人で一緒に目標が楽しめるので、絆が強まり、関係が長続きしやすくなりますよ。


年の差恋愛を長続きさせる秘訣4. お互い若くいる努力をする

年上側に体はもちろん心の老いが目立ち始めると、気持ちのズレが生じる原因になります

年齢差がある年上の彼氏はいつまでも若くいる必要があります。ただし年下の彼女も若くいることを忘れずに。2人でスポーツジムに通って体を鍛えたり、街を頻繁に歩いてファッションセンスを磨いたりしてみましょう。

お互いが同じように若々しく過ごしていれば、片方に「体がしんどい。」など老いを感じさせずに済み、楽しく付き合い続けられますよ。


せっかく出会った魅力的な年上男性。年の差があっても楽しくお付き合いしてみてくださいね。

年の差恋愛の魅力やメリット、デメリットなどを、具体例を出しながら解説してきました。

「5年後や10年後を考えると、心の葛藤がある」そんな悩みを抱える人もいるかもしれませんね。

この記事でお伝えした年の差恋愛を長続きさせるコツを参考にし、年齢差を前向きに考えて、幸せになるための努力をしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事