7歳差カップルの恋愛事情|年上彼氏との結婚に対する女性の意見も解説

7歳差カップルってあり?うまく付き合える?と、彼氏の方が7歳も上だと気になることってありますよね。そこで今回は、7歳差カップルはありかどうかから、あるあるな特徴、年の差ならではの上手な付き合い方を解説!さらに、結婚に対する女性の意見も紹介していきます。

7歳差カップルってどんな感じ?

7歳差カップルの恋愛事情

7歳差カップルの恋愛事情ってどんなものでしょうか。なかなか7歳離れているカップルの話を聞く機会ってないと思います。

もし好きな男性が7歳離れていたり、今の彼氏が7歳差だった時、他の人の恋愛や結婚について気になったりしませんか。

そこで今回は、7歳差カップルの恋愛事情や、年上彼氏との結婚に対する女性の意見を解説します。この記事で年上彼氏との付き合い方について考えてみましょう。


7歳年上の彼氏と付き合うってあり?

7歳年上の彼氏と付き合うのはありでしょうか。基本的に10歳以上から、「年の差」を感じる人が多く、7歳差は特に年の差と思われることはないです。

20歳と27歳だと少し離れているように感じますが、25歳と32歳のカップルの場合、そこまで年の差を感じませんよね。

人は年がいくほど、年齢差をそこまで気にしなくなるからです。そのため7歳年上の彼氏と付き合っても全く気にする必要がないと言えます。


7歳差カップルのあるあるな特徴

7歳離れているカップルのあるあるな特徴をお伝えします。同年代と付き合っているカップルと違い、ある程度年が離れているカップルのあるあるになります。

ちょっとしたジェネレーションギャップもあれば、年上の彼氏だからこそ自慢できる点もあります。

付き合う上では重要なこともあるので、参考にして下さい。


特徴1. 彼氏がデートをリードしてくれる

デートのプランを彼女が考えるのもいいのですが、やっぱり年上の彼氏にリードしてもらいたい女性が多いでしょう。

年上の彼氏だと経験も豊富なことが多いので、デートでは自分から店を決めてくれるなど、年下の彼氏にはない大人のデートが楽しめますよ。

年下の彼氏だとどうしても経験不足なこともあり、満足のいくデートにならないこともあります。年上ならではのデートが楽しめるのは大きな利点ですね。


特徴2. 少しだけジェネレーションギャップがある

昔に流行った曲やドラマ,の話になった時に、話が合わないことがあります。でもそこまで年の差があるわけではないので、聞けばお互いに知っている事でしょう。あまり気にしない人が多いのではないでしょうか。

それにもし知らない話題であれば新しい事を知るチャンスにもなります。多少ジェネレーションギャップがあって話が合わないからといっても、大きな問題にはならないでしょう。


特徴3. 金銭感覚にそこまでズレがない

長く付き合うようになれば、お金の感覚は大事ですよね。7歳差ぐらいなら、同じような金銭感覚の事が多いので安心です。

就職氷河期を経験している30歳の彼女と、バブルを経験した50歳の彼氏だと、金銭感覚にズレが生じることもあるでしょうが、7歳差であれば、あまりズレはないでしょう。

デートの時や同棲してからも同じ金銭感覚なら、今後の生活を共にしていくことも安心ですね。


特徴4. 彼氏に奢ってもらえる

7歳差あれば、相手の方が一回り上なので、ちょっとしたデートの時でも支払ってくれることが多いです。

しかし、年下彼氏や同年代だと、割り勘だったりすることもありますので、これは年上彼氏だからこそできることでしょう。

それに年下彼氏におごってもらうのは、気が引けてしまう女性もいるので、年上彼氏にさっと伝票をもって会計をしてくれる姿はやっぱりかっこいいものです。


特徴5. 少し高価なプレゼントが貰える

例えば新卒の22歳の彼女と29歳の彼氏だと、立場も給料も違います。主任や係長職についていることが多く、ボーナスなどもありますので、同年代の彼氏よりも、誕生日などのプレゼントが少し高価になります。

特に女性にとってプレゼントは嬉しいです。ちょっとした値段の違いでもいいものが手に入りますので、誕生日などがワクワクするでしょう。


特徴6. 少し年が離れているからこそ尊敬できる

7歳年上だと、7年間自分よりも人生経験があるということです。人によるでしょうが、誇れる仕事をする、何かを成し遂げた、考え方が大人など、尊敬できることが多くなります。

恋愛をしていて長続きの秘訣は、相手を尊重できるかどうかです。その要素が詰まっていることも、7歳年上の彼氏ならではの魅力と言えるでしょう。


7歳上の彼氏と長続きする上手な付き合い方

7歳年上の彼氏と長続きする上手な付き合い方はあるのでしょうか。せっかく付き合うことになれば、長く一緒にいたいですよね。

ここでは7歳差の彼氏と上手に付き合う方法について解説します。今まで年上彼氏とうまくいかなかった人も、ぜひ参考にして下さい。


付き合い方1. ジェネレーションギャップがあっても、自分から知ろうとする

どうしても自分の興味のない分野や、知らない分野の場合、興味を持つのは難しいかもしれません。でも、せっかく年上の彼氏と付き合っているのだから、自分の知らないことを教えてくれるチャンスと思いましょう。

恋愛は興味から始まります。話が合わないからといって、興味をなくすことはとっても残念なことです。

まずは知ろうとする姿勢を取りましょう。もしかしたら自分の方がハマってしまうかもしれませんよ。


付き合い方2. 年齢差があることをいちいち気にしない

周りがとやかく言ってくることもあるでしょうが、気にしないのが一番です。気になるのは周りの目を気にしていることが多いです。

幸せになるには、周りの目は関係ないです。まずはお互いがどう思っているかが重要です。

それにもっと年を取ったら、それこそ7歳差なんて気にならなくなりますよ。


付き合い方3. 彼氏の体力を考えてあげる

7歳差は思った以上に離れていると感じることもあります。それは体力です。どうしても人間は年を取ると体力が落ちていきます。

相手の事を考えずに行動をすると、疲弊されてしまい、後悔するかもしれません。

遊園地などでデートをしてもアトラクションを少し控えるなど、相手の体力に気を遣ってあげましょう。疲れたような表情があれば、休憩を挟むことも大事です。


7歳上の彼氏と結婚するのはあり?7歳差夫婦の結婚に対する女性の意見

年上の彼氏と付き合っている女性は、本当にこの年の差でいいのか悩んだことはありませんか。

そんな悩みをお持ちの方のために、7歳差夫婦の結婚に対する女性の意見まとめました。結婚を迷っているのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。


女性の意見1. そこまで年齢差がないと感じるので気にする必要がない

20歳や30歳以上離れていれば、結婚してすぐ介護の問題なども出てくるでしょう。しかし、7歳差であれば、介護の問題はまだ出てこないでしょうから、あまり年齢差を気にする必要はないでしょう。

誰かに言われると気になるものですが、それを判断するのはあくまでも本人です。

また、ジェネレーションギャップもそこまで感じることがなく、見た目によっては同年代に見えるカップルもありますので、気にする必要はありません。


女性の意見2. 互いに大切にし合おうと思える

年の差を気にしてしまう女性にある意見ですが、年の差という不安があるからこそ、お互い大切にしようと思う女性もいます。

これは、年の差を気にするよりも、まずは相手を思いやる気持ちが大切ということ。お互いが互いを思いやることができれば、7歳差なんて問題にならないです。


女性の意見3. 価値観や性格の相性が良ければ7歳差は関係ない

同年代であっても価値観や性格の相性が悪ければ、付き合っても長続きせず後悔します。特にお金の価値観が違うと付き合っている時から大変なことになります。

例えば旦那がブランド好きで散財する人であれば、結婚してから苦労する可能性が高いです。良いものを長く使うタイプならいいのですが、良いものをたくさん買う人や使い捨てる人であれば、貯金はなかなか貯まらないでしょう。

相性は本当に大切で、夫婦になったら、年の差よりもなおさら大事な要因になります。まずは相手の価値観を知ることが大切です。


相手を想う気持ちがあれば、7歳差は特に気にする必要はありません。

7歳差カップルの恋愛事情や年上彼氏との結婚に対する女性の意見も解説してきました。

結局、年上彼氏でも相手を大切にする気持ちがあれば、問題にならないことが多いようです。

せっかく好きになったのであれば、7歳差なんて気にせず結婚に向けて付き合い続けてみましょう。素お互いを思い合える素晴らしいパートナーとなるよう恋を育んでみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事