頼りない男性の特徴8選|仕事や恋愛で頼りがいのある男性になる改善方法とは?

頼りない男性の特徴について詳しく知りたい男性へ。今記事では、頼りない男性の特徴から、改善させる方法まで詳しくご紹介します。仕事や恋愛でしっかりして欲しい男性が身近にいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

頼りない男性の特徴|多くの人に見られる共通点とは?

頼りない男性の特徴

本人は全くその気がなくても知らず知らずのうちに、周囲の人をイライラさせてしまいがちなのが頼りない男性。

では、具体的に、どのような部分にイライラを感じてしまうのでしょうか?

ここからは、頼りない男性の多くに見られる性格や行動の共通点を、一つずつチェックしていきましょう。


頼りない男性に共通しやすい「性格」の特徴

一見、ぐいぐいとみんなを引っ張っていくように見えて、実は頼りない男性っていますよね?

外見からは、なかなか判断できないこともある頼りない男性。

そんな頼りない男性に多く見られる性格の特徴について、まずは、みてみましょう。


頼りない男性に多い性格の特徴1. 何事もネガティブに考えやすい

どんなに些細なことでも、すぐに悪い方向へと想像が広がりやすいのが頼りない男性。

「あ、黒猫歩いてる。黒猫って確か不吉を運ぶんだよな。迷信だろうけど、俺運が悪いからなー。あー、今日はもうだめだ。」

などと、悲観的な発想がとっても豊か。

そのため、誰かと話していても前向きな話ができず「こいつ、悪い方向にばっかり考えてて頼りないヤツだな。」と判断されてしまうのです。


頼りない男性に多い性格の特徴2. 優柔不断

頼りない男性は、自分の意見に自信がないため決断するまでにやたらと時間がかかります。

そのため、周囲の人は、いつもこの頼りない男性を待たなくてはならず、どうしてもイライラとしてしまうのです。

「今日のA定食、鯖の味噌煮かぁ。あんまり好きじゃないんだよなぁ。でも、B定食のハムカツもなぁ。そんなに食べたい気分じゃないし。鯖かハムか、どっちにしよう。」

些細な決定から、大きな決断まで終始優柔不断ではっきりと意見を言えないため、「あいつ、ほんと頼りないよな。」と判断されてしまいます。


頼りない男性に多い性格の特徴3. 周囲に流されやすい

頼りない男性は、自分の意見があまりないため、周囲の人の意見に影響を受けやすいのも特徴です。

また、自分の意見があったとしても、それが本当に良い意見なのかどうか自信が全くないため、よりはっきりと意見を言う人についていこうとしてしまいます。

そのため、「俺はなんでもいいよ。」「僕もそうしようかな。」という言葉が口癖のようになっているでしょう。


頼りない男性に共通しやすい「行動」の特徴

頼りない男性は、仕事やプライベートでの普段の行動にもその特徴がよく現れています。

ここからは、頼りない男性の多くに共通しやすい行動の特徴を一つずつチェックしていきましょう。

「彼氏って、もしかしてすごく頼りないのかも?」と疑問を感じている女性必見ですよ。


頼りない男性に多い行動の特徴1. すぐに謝罪の言葉を口にする

頼りない男性は自分の発言や行動に全く自信がないため、誰かに否定されたり、怪訝そうな顔をされたりするだけで、すぐに謝ってしまいます。

「あ、ごめんね。甘すぎるのは嫌かと思って無糖のコーヒーにしたんだけど、苦すぎるよね。微糖にすれば良かったよね。ほんとごめんね。」

などと、光の速さで謝るだけでなく、ほんの些細なことでも大袈裟なぐらい何度も謝るのも特徴です。


頼りない男性に多い行動の特徴2. 有事の時に動揺する

臨機応変に対応できる柔軟性を持ち合わせていないのも頼りない男性の特徴です。

そのため、例えば職場のサーバーがダウンして同僚がみんな慌てて対応している時でも、ただ動揺して固まってしまうだけ。

上司や隣の席の先輩に指示されても、突然の状況にパニックになってしまっているので、その指示通りにも動けなくなってしまうのです。


頼りない男性に多い行動の特徴3. 何かと周囲に意見を求めてしまう

頼りない男性は、自分の意見に全く自信がないため、どんな決断でもそれが本当に正しい決断なのかどうか不安で仕方がありません。

そのため、周囲の人に意見を求めてしまうのです。

「〇〇先輩、来週の部長の結婚式って、何色のスーツ着てきますか?靴とかってどうします?ネクタイは?俺、何着てったらいいんですかね?」

などと、周囲の意見があればあるほど安心するため、いろんな人に意見を求めてしまいます。


頼りない男性に多い行動の特徴4. メカ(機械)に弱い

テレビの配線やコンピューターの設定など、頼られると逃げたくなるののも頼りない男性の特徴です。

特に、少しでも間違うとすぐにエラーを起こしてしまう機械系の設定などは、自分一人での判断ができない頼りない男性にとってまさに鬼門**。

「あれ?取説通りのはずなんだけど、なんでプリンター動かない?やっぱりどこか押し間違えた?ああ!どうしよう!壊れちゃったのかな!?」

などと、設定に時間がかかるだけでなく、スムーズに動かないだけですぐにパニックになってしまいます。


頼りない男性に多い行動の特徴5. デートプランを立てるのが苦手

自分の意見や行動に自信がない頼りない男性は、女性をエスコートするようなデートがとっても苦手。

そのため、自分がデートプランを立ててしまうと、その日1日ずっと彼女をエスコートしなくてはならなくなるので、できれば避けたいと思っています。

さらに、自分のデートプランを本当に彼女が喜んでくれるか不安しかないため、デートプランを作るのも非常に時間がかかるのです。


頼りない男性を改善させる方法|頼りになる男性になってもらう対処法とは

職場の同僚や彼氏、結婚したばかりの夫などが頼りない男性だからといって、いつも自分が引っ張っていくのはなかなか大変です。

一体、どうしたら、頼りない男性の性格や行動を改善することができるのでしょうか?

必ずしも、頼りない言動を変えられる訳ではありませんが、ここからは、頼りない男性の改善に効果が期待できる対処法を一つずつチェックしていきましょう。


頼りない男性の改善させる方法1. 決断させる機会を増やす

頼りない男性が、自分一人で決断できるようにするためには、決断トレーニングをするのが効果的

職場の同僚が頼りないのであれば、「企画書のチェックしてくれない?オッケーだったら、そのまま部長に提出してくれる?」と、さりげなく最終的な決断を任せてしまいましょう。

また、彼氏が頼りない場合は、デートで入ったレストランなどで「今日は、〇〇君と同じもの食べたい気分だから、〇〇君が決めて。」と、可愛く決断トレーニングに誘い込んでみるのがおすすめですよ。

日頃から、大なり小なり、自分で決断する機会を増やすことで、徐々に自分で意思決定することに迷わなくなっていきます。


頼りない男性の改善させる方法2. 日頃から褒めてあげる

口を開けば、すぐにネガティブなことばかり発言する男性は、自己肯定感が低いために、ネガティブ思考に陥りやすくなっています。

ネガティブで頼りない男性の場合は、ことあるごとに褒めて自己肯定感を高めてあげましょう。

ポイントは、大袈裟すぎず、さらりとスマートに褒めること。

「男の人の一人暮らしって、絶対ゴミだらけだと思ってたけど、掃除も料理も毎日してるなんて〇〇君すごいね。」

などと、こまめに褒めてあげることで、ネガティブ思考から少しずつ抜け出す効果が期待できますよ。


頼りない男性の改善させる方法3. 相手の得意分野を見つけてあげる

頼りない男性でも、自分が得意なことは自信を持って動きやすいもの。

チーム全体をまとめるのが苦手でも、数字を細かく計算していくのが得意なようであれば、予算管理などを一任してしまいましょう。

また、何が得意なのか全然分からないという場合は、「休みの日とか、何してるの?」などと、普段の会話から少しずつ聞き出していくのもおすすめですよ。


彼氏が頼りない場合は、どうしたら男らしくなってもらえるの?

結婚したいほど好きな彼氏が頼りない男性だったら、結婚後の生活に不安を感じてしまいますよね。

そんな時には、日頃から彼を頼ったり、甘えたりして、男らしく振舞えるようにこっそりトレーニングしちゃいましょう。

自分が決断した方が手っ取り早いことでも、彼が自分自身で決断できるまで急かさずじっくり付き合うのもおすすめです。

普段の生活の中で頼られることが多くなると、彼氏も自分で決断したり、彼女をリードしたりすることが多くなるので、自然と頼れる彼氏へと変わる可能性大ですよ。


頼りない男性ではなく、頼りになるモテ男を目指してみて。

頼りない男性は、見た目も優しく草食系に思われることが多いのも特徴です。

しかし、草食系なのが、見た目だけでなく、芯まで頼りない真正の草食系だと分かると、モテからも遠くなってしまいます。

草食系に見えるけど、自分でしっかり決断できる頼りがい溢れる男性へと変化できれば、見た目と中身のギャップでモテること間違いなし!

頼りない男性を頼れる素敵な男性へと変身させたいのであれば、彼の性格に合わせた対処法で、じっくり気長に改善方法を取り組んでいきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事