「付き合う理由が分からない…」恋人を作る意味がわからない人の心理とは?

付き合う理由がわからない男女へ。本記事では、付き合う理由から、付き合っている理由がわからないカップルがやることまで大公開!

そもそも「付き合う」とは?どういう意味?

付き合う」って?

「付き合う」とは、お互いに恋愛のパートナーとして認め合う関係を意味します

つまり、第三者の介入なしで、好きな人同士で相手を独占できる状態と言っても良いでしょう。

彼氏彼女の関係である2人は、異性としての認識を持っていながら、一緒にいて居心地が良かったり、共に支え合える仲にありますよ。


付き合う理由とは?男女がわざわざ恋人同士になるのはなぜ?

「恋人関係を継続させるのがしんどいと感じてしまう…」

「付き合うと束縛されそうでなんだかめんどくさい…」

男女の間で、わざわざ恋人同士になる人の心理ってよくわからないですよね。

恋人関係と友達関係にはどんな違いがあるのでしょうか…

ここでは、男女が付き合う理由について9つ紹介していきます。

それぞれ理由を知って、付き合う人の心理を理解していきましょう!


理由1. 相手を独占したいから

好きな人ができると、「自分以外の異性と関わってほしくない!」などといった独占欲が芽生えますよね。

それが、付き合う関係になれば、「他の異性とは一線を引く」という約束を無条件に交わしたことになります。

友達のままではできなかったことが付き合って恋人同士になるとできるようになるので、大好きな相手のことを独り占めしている感覚を味わえるでしょう。


理由2. 恋人だからこそできることをしたいから

「好きな異性と一緒に特別な日をすごしたい」という願望はあっても、付き合ってもない限り実現させるのは難しいでしょう。

恋人関係になれば、異性とできる範囲が広がります。

例えば、

  • 二人でクリスマスデートする
  • 彼氏彼女の誕生日を祝う

といった、イベントが挙げられますよ。

恋人という特別な存在だからこそ、2人で過ごす時間も長くなるのです。


理由3. 人生のパートナーになれるか確かめたいから

付き合う延長上に結婚を考えている人にとっては、付き合うことで、

「この人と将来家庭を築けるのか…」

相手との相性を確かめられます

  • 性格や価値観が合うかどうか
  • パートナーを信じて大切に思ってくれるか

このような部分が明確になってきますよ。

付き合って一緒にいる頻度が高くなれば、お互いのことも分かってくるでしょう。


理由4. 付き合ってみたら好きになれるかもしれないから

「好きだから付き合う」ではなく、「まだよくわからないけど断る理由もないから付き合う」という人もいます。

このような方々は「交際をしていくうちに好きになるかも…」と考えているケースがほとんど。

「同じ趣味を持っているかもしれない」
「大人しいイメージだけど、話してみたら案外面白いかも」

などといった期待をするでしょう。

とにかく付き合ってみないと何も始まらないし、分からないので、ひとまず付き合ってみようと考える人は一定数いますよ。


理由5. 肉体関係を持つことが許されるから

恋人関係であれば肉体関係を結ぼうとしても自然な流れなので、体目的で付き合う人もいるでしょう。

  • 異性の体に触れたい
  • 思う存分にエッチをしたい

このような下心がある人は、真剣に付き合うというよりも、自分のエッチな欲望を異性と付き合うことによって叶えようとするのです。


理由6. ”愛される幸せ”を実感できるから

恋人であるということは、相手が自分だけを愛している証拠となります。

常に自分のことを好きでいてくれることに、喜びを感じられるでしょう。

  • どちらかというと束縛されたい
  • 離れた場所からでも自分のことを思っていて欲しい

などといった心理がありますよ。

恋人という存在が、自分の原動力になっていくのです。


理由7. 辛い時に支え合えるから

辛い状況や、悲しい出来事を目の当たりすると気持ちが沈んでしまいますよね。

恋人であれば、パートナーを気にかけているので、落ち込んでいる姿を見ては励ましてくれるはず。

例えば、

  • 仕事で上司に怒られた
  • 試合で思うような結果をだせなかった

などといった際は、恋人がフォローに入ってくれるでしょう。

恋人がそばにいてくれることで、自分だけの味方ができるのです。


理由8. 喜びを共有できるから

交際を続ければ、共に過ごす時間も長くなり、どんどん親密になっていきます。

親密になると、恋人が嬉しい時に、どれほど嬉しいのか実感できるので、より相手の喜びに共感できますよ。

例えば、

  • 相手が頑張って勉強している姿を見てきた試験に合格した

といった他人の体験に喜べるのは、交際期間が長い時間を共有したからと言えるでしょう。

一緒に喜びを分かち合えるパートナーがいれば、相乗効果でさらに喜びが引き出されるのです。


付き合う理由が分からなくなったカップルがすべき3つのこと

「今の彼氏彼女となんで付き合うことになったかわからない…」

「付き合うデメリットばかり考えてしまい疲れる…」

付き合うメリットが感じられないと、恋愛がしんどいと感じてしますよね。

そんな時はどんな方法で切り抜けられるのでしょうか。

ここからは、付き合う理由がわからなくなった時にカップルがやることを3つ紹介していきます。


やること1. 相手に興味を持ってみる

興味をもって相手の身の回りについて知ろうとすれば、相手の状況を理解しやすくなります。

相手に何かあった時でも、すぐに状況を把握できるので、恋人関係を維持するための適切な行動がとれたり、言葉をかけられるのです。

例えば、

  • 一番幸せだと感じること
  • 今ハマっているもの
  • されて嬉しいこと
  • されたら嫌なこと

といった情報を改めて考えてみて。

相手のことを知れば知るほど、恋人としてどう接していけば良いかわかってきますよ。


やること2. 二人きりで過ごす時間を増やす

2人でいる時間を増やすことで、今まで気づかなかった共通点や、魅力を発見できるかも知れません。

日常の出来事を一緒に笑ったり、驚いたりと共有し合えることで、カップルにとって幸せな時間だと実感するのです。

次のようにして、2人の時間を確保してみましょう。

  • 2人っきりでデートする
  • 期間を設けて共同生活をしてみる

他人にはばかることなく過ごせば、集中できるので、相手への関心が高まりますよ。


やること3. 愛する気持ちは素直に伝える

付き合っているからこそ、愛の言葉をささやき合うことができます。

恥ずかしがらずに、愛情をストレートに伝えることで、相手との絆も深まり、関係もより親密になるでしょう。

次のような方法で相手に伝えてみてくださいね。

  • 「愛してるよ」と言葉で伝える
  • LINEで愛のメッセージを送信

世間話や相談事などの会話がずっと続いてしまうと、友達と接しているような感じになってしまうので注意が必要です。


付き合ってから付き合う理由が見えてくることもある。

付き合う理由は、男女によっても考え方が違い、人それぞれ。

「どうせ別れる恋愛をしても疲れるだけ」と考える人も多いはず…

付き合う前からメリット、デメリットを深く考えすぎてしまうと、疲れる一方です。

実際に付き合ってから見えてくることもたくさんあります

最初からめんどくさいと思わずに、付き合うことを前向きに考えて素敵な人と出会ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事