好きな人を忘れる方法とは?過去の恋愛や未練を断ち切るコツを解説

好きな人を忘れる方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、好きな人を引きずってしまう原因から、忘れる方法まで詳しくご紹介します。未練を断ち切るコツも解説するので、過去の恋愛を忘れられない人はぜひ参考にしてみてください!

好きな人を忘れられない主な原因とは?

好きな人を忘れる方法

一方的に好きな人に振られると、二人の思い出を美化してしまう人が多いです。「別れる前日まで、仲良くしていたのに…」突然の別れが受け入れられずに、あの頃に戻りたいという心境になります。

また、昔の恋人よりも素敵な異性に巡り会えていないことも、忘れられない原因と言えます。過去の恋愛に依存し、新たな恋愛のチャンスもないため、前に進むことができません。


好きな人を忘れる方法|未練を断ち切るコツとは?

失恋や片思いの切なさを乗り越えるためには、好きな人を忘れることが一番です。しかし、「簡単に忘れられる想いなら、どんなに楽だろう…」そんな気持ちで、辛い日々を過ごしている人も少なくありません。

ただ、自分の意識の持ち方によっては、今よりも楽な気持ちで過去の恋愛と向き合えるはず。

今回は、好きな人を忘れる方法を詳しく紹介していきます。未練を断ち切るためにはどうすべきかを知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


好きな人を忘れる方法1. 仕事や趣味に没頭する

暇な時間が多い人ほど、妄想にふけってしまうことが多いと言えます。元カノや元彼について考える時間が少なくなるように、恋愛以外の私生活を充実させてみてはどうでしょうか。

テニスやバトミントンなどのスポーツサークルに参加するのも一つの手。また、ビジネスに役立つ資格や趣味関連の試験を取るために勉強するのもおすすめです。

一生懸命何かに取り組むと、恋愛の優先順位が下がるので、好きな人を忘れる方法として効果的ですよ。


好きな人を忘れる方法2. 好きな人との思い出を処理する

好きな人に関連するモノを見るたびに、楽しかった時間を思い出して感傷的になってしまうことがありますよね。

辛い決断ではありますが、前になかなか進めない場合は、二人の思い出の写真やプレゼント、LINEのやり取りなどを削除しましょう。

昔の恋人との思い出を処分すると、過去への気持ちの整理がついて前を向きやすいですよ。


思い出の場所へ足を運ばないようにするのも効果的

二人でよく一緒に出かけた場所は、ついついふらりと立ち寄ってしまいたくなるもの。しかし、訪れるたびに思い出が鮮明に蘇り、自分を苦しめてしまうことも多いです。

元恋人とよく行っていたカフェやレストラン、デートスポットなどはなるべく避けて行動してみましょう。思い出の場所には行かないようにするのも、早く好きな人を忘れる方法の一つです。


好きな人を忘れる方法3. 周囲に話を聞いてもらう

自分一人で片思いや失恋の辛さに向き合っていると、ポジティブに気持ちを切り替えるのが難しいケースもあります。

気持ちに行き詰まった時は、親友や家族、仲のいい会社の同僚などに話を聞いてもらいましょう。

「実は既婚者を好きになってしまって、諦められない…」そんな深刻な悩みでも、信頼のおける人に相談すれば、きっと親身になって聞いてくれるはず。

客観的な視点からアドバイスを受けると、自分の状況を冷静に考えられるようになるので、好きな人を忘れる方法として有効ですよ。


好きな人を忘れる方法4. SNSの繋がりを断つ

SNSで好きな人の近況が分かってしまう場合は、相手の様子や変化を確認しては一喜一憂してしまうので、気持ちが安定しない人も多いです。

新たな恋人との写真がSNSでアップされた日には、「辛くて何も手に付かない…」そんな状況に陥る人もいるはず。振られた相手への片思いに悩む男性や女性は、思い切ってSNSの繋がりを断ちましょう。

最初は寂しく感じるかもしれませんが、心を振り回されることがなくなるので、好きな人を忘れる良い方法の一つですよ。


好きな人を忘れる方法5. 時が解決するのを待つ

好きな人を無理に忘れようとしても空回りするばかりで、かえって引きずってしまう場合もあります。そんな時は、特別な行動はせずに時間の経過に身をまかせて、気持ちがゆっくりと変化していく様子を静かに受け止めてみましょう。

好きな人を忘れるために、興味のない人と付き合ったり合コンに参加しまくったりする必要はありません。いつかは「いい思い出だった」と自分の中で気持ちを処理できるタイミングが訪れるため、自然に昔の恋人を忘れる方法としておすすめです。


好きな人を忘れる方法6. 映画やドラマを観て泣いてスッキリする

激しい感情の揺れを、表に出さずに心に閉じ込めてしまう人も多いのではないでしょうか。悲しくて辛い気持ちをずっと発散できな今までいると、好きな人を忘れるどころか思いが募ってしまうはず。

そんな人は、失恋映画やヒューマンドラマを観て、思い切り泣いてみるのも一つの手。主人公と自分の姿を重ね合わせることにより、感情を吐き出すと同時にポジティブな影響を受けるでしょう。

映画やドラマの世界観に浸ってみると、好きな人への気持ちをリセットしやすいので、未練を断ち切る方法として効果的ですよ。


好きな人を忘れる方法7. 自分磨きに打ち込む

自分の気持ちが一方通行の場合は、自信をなくしてしまいがち。「自分に足りないものは何だろう…」そんな気持ちになる人もいるはずです。

しかし、恋愛が上手くいかない時こそ自分の魅力を伸ばすチャンス。髪型を変えてイメチェンしたり、素敵な人間性を身に付けるためのコミュニケーションスキルを勉強したりしましょう。

次に好きな人と会った時に「こんなに素敵な人だったっけ?」と思われるよう自分を高めるのも、前を向いて忘れるのに最適な方法ですよ。

【参考記事】はこちら▽


好きな人を忘れる方法8. 好きな人と会わないようにする

会ってしまうとやっぱり好きと感じてしまい、心が揺らぐケースもありますよね。極力、好きな人とは気持ちを切り替えれらるようになるまで会わないことがおすすめ。

例えば通勤電車の時間帯が同じ場合は少し早めに家を出るなど、会う可能性がある場合は時間をずらしてみましょう。好きな人との接触を避けるのは、未練を断ち切るきっかけとして、おすすめの忘れる方法ですよ。


同じ職場/同じクラスの場合は?

好きな人と必ず顔を合わせてしまうという状況に、悩んでいる人も少なくありません。

相手がクラスメイトや職場が同じという場合は、会話は必要最低限にとどめ、忘れるまではなるべく距離を置いてみましょう。

自分からは目を合わせないようにして、共同作業はできれば他の人に変わってもらうなど工夫してみてください。以前よりも距離感が遠くなれば、徐々に気持ちを整理できるはずです。


好きな人を忘れる方法9. 旅行へ出かけて気分転換をする

自分の訪れたことがない場所に出かけてみると、心身ともにフレッシュな気持ちになり、失恋の痛手から立ち直りやすいです。

ずっと行ってみたかった場所に一人旅をしたり、仲の良い友達と一緒に温泉旅行に出かけたりするのもおすすめ。

豊かな自然やおしゃれな街並み、旅先での人との触れ合いなどが、価値観にポジティブな影響を与えてくれるはず。

「旅行が終わったら気持ちが切り替えよう」そんな決意が生まれ、好きな人を忘れて前を向けるようになるでしょう。


好きな人を忘れる方法10. 新しい恋を探す

次の恋愛を見つけることで、過去の恋人や好きな人への未練から解き放たれる人は多くいます。

友達からいい人を紹介してもらう他、マッチングアプリを利用して自分に合う人をリサーチしてみるのも一つの手でしょう。

新しい恋や可能性を見つけると、今まで苦しかった気持ちがだんだん薄れていき、希望の光へと変わるはず。

自分を無理に追い込む必要はありませんが、ストレスにならない範囲で次の恋を探してみるのも、効果的な忘れる方法ですよ。


好きな人を忘れる方法11. 失恋の名言を読む

落ち込んでいる時ほど、人の言葉は心に刺さるものです。恋愛の失敗から気づかされることは実に多くあります。

反省や激励など多くの意味が込められている失恋の名言を読んで、言葉の奥に隠された意味を考え、自分の気持ちと正面から向き合ってみましょう。人間として成長できる良い機会になるはず。

過去の先駆者も同じ道を通ってきたことに共感でき、「今日から気持ちを切り替えて生きていこう」そんなふうに心が軽くなる方法ですよ。

【参考記事】はこちら▽


好きな人を忘れる方法12. 失恋ソングに浸る

失恋の悲しさや切なさを表現した歌に、自分の気持ちを重ね合わせて浄化させる人は多いです。名曲と言われる失恋ソングを調べて、片っ端から聴いてみましょう。

長く付き合った恋人に振られた歌や禁断の恋を描いた歌、好きな人への片思いの切ない歌など、自分の状況に近い歌がきっと見つかるはず。

今流行りの曲だけではなく、昔の曲でもジーンと心を打たれる失恋ソングはありますよ。歌詞に共感しながら何度も聴くうちに気持ちがすっきりする、おすすめの忘れる方法です。


過去の恋愛にとらわれず、前を向いて新しい恋を探してみよう。

失恋や片思いで辛い想いをしている人のために、好きな人を忘れる具体的な方法を12個紹介してきました。

「なるべく早く気持ちの整理をして、新たな一歩を踏み出したい」をう心に願いつつも、なかなか行動に移せない場合もありますよね。

この記事の中から自分に合った忘れる方法を参考にし、納得のいく形で気持ちを清算して、心地良い日常を取り戻しましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事