好きすぎて辛い時の原因&対処法|心の痛みを楽にする方法とは

好きすぎて辛くて何もできない人へ。今記事では好きすぎえ辛いと感じる瞬間や、恋煩いの時の症状、辛い時の対処法についてご紹介します。恋愛で辛いのは片思いはもちろん、付き合っている最中、失恋してしまった時など、様々なケースに合わせてご紹介していきます。

好きすぎて辛い。恋愛に翻弄される人達の苦悩とは?

好きすぎて辛い

恋愛ってドキドキする瞬間があって心が満たされる時もあれば、その分辛く心が張り裂ける時もありますよね。

その症状が起きる時って、実は相手のことがかなり好きだったりかなり恋愛に入れ込んでいる時。「好きすぎて辛い」という言葉がしっくりきます。

そこで今回は好きすぎて辛いと恋愛に翻弄される男女の心境や状態、最後は対策方法までお送りしていきます。好きすぎて辛いという中毒的な状態から抜け出して健全な恋愛を楽しむコツは?


感情が抑えられない。好きすぎて辛いと感じる6つの瞬間

好きすぎて辛い瞬間

好きすぎて辛い気持ちになる瞬間、そんな恋愛を味わう瞬間って中々出くわさないですよね。

普段恋愛体質じゃない人ですら、そんな時期を味わうことも。どんな瞬間に、人は好きすぎて辛いという感情を抱くのでしょうか。


好きすぎて辛いと感じる瞬間1. 片思い期間が長い時

片思いして1年や2年経過しているのに、自分から積極的に相手を誘ったり行動に移せない時。

「何やってるんだろう」と落ち込むと感情と一緒に、緊張し過ぎていつもの自分らしくないと感じる人もいます。

好きすぎるがゆえに、自分で思った行動が取れなくて辛いと思ってしまうのでしょう。片思い期間が長いと、「他に好きな人や恋人ができるのではないか?」という思考にも落ち入りやすいので色々と辛く感じる場面もありますよね。


好きすぎて辛いと感じる瞬間2. 職場で好きな人が異性と話しているのを見て嫉妬する時

社内で好きな人がいる場合。毎日顔を見合わせられるのが嬉しいですよね。

でも、休憩中に好きな人が他の異性と楽しそうに話している姿を見たり、仲良さそうにしているのも見るとつい嫉妬して感情がかき乱されることも。

「仕事中だから気持ちを切り替えよう」と頑張るのですが、それでも気になってしまう時もあります。それくらい相手のことを好きだからこそ、辛いんですよね。


好きすぎて辛いと感じる瞬間3. 恋人のことばかり考えている時

好きすぎて辛いのは恋人の事ばかり考える

友達と遊んでいる時、部屋で過ごしている時につい恋人のことが浮かんでしまう時もあるでしょう。

最近、恋人とマンネリ気味の人や遠距離恋愛中の人は考える時間が増えますね。「今、何してるんだろう?」とか「自分のことを本当に好きなのかな?」と頭の中でグルグル考えることも。

恋人のことを考える時に、「次会えるの楽しみ」とポジティブな気持ちではなく「自分のことどう思ってるんだろう?」と不安に矛先が向きやすい時は「好き過ぎて辛い」という感情に浸りやすくなりますね。


好きすぎて辛いと感じる瞬間4. 好きな人から返信がこなくて落ち込んでいる時

恋愛初期のドキドキと言えば、好きな人から返信を待つ瞬間。

すぐにLINEの通知が鳴ると、テンションが高まりますよね。でも、待ち受けとずっと睨めっこして返信を待っている時は、とてつもなくテンションがガタ落ちしますね。

「返信来ないから興味持たれてないのかな?」と不安に感じと思ったら、返信が来てテンションが上がるなど。一喜一憂する瞬間は、恋愛の醍醐味ではありますが好きすぎるがゆえに感情の振れ幅が大きくなりますよね。

【参考記事】はこちら▽


好きすぎて辛いと感じる瞬間5. 今の関係が壊れてしまうと怖いと感じた時

異性として好きだけど、友達として仲良くて今の関係も居心地が良い。もしくはラブラブで仲良く付き合っているけれど、いつか別れが来るのではないかと咄嗟に不安になってしまうなど。

前者の場合は、もし告白したら気まずくなる恐れがあります。

後者の場合は、いつかこの幸せが崩れるのではないかと怖くなっています。どちらも好きすぎるから

当の本人は「辛いな」と感じるかもしれませんが、逆に言えばそれほど相手のことを大切に思っている証拠でもありますよね。


好きすぎて辛いと感じる瞬間6. 相手が既婚者で叶わぬ恋をしている時

好きすぎて辛いのは叶わぬ恋をしている時

既に相手は結婚していて、叶わない片思いをしている。

恋愛で最も辛い出来事かもしれません。相手のことを好きだけれど、周りには決して言えないし先が見えない恋愛ほどしんどいものはないですからね。

何度も「好きでいるのを辞めよう」と思っても余計に考えてしまう人も多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


好きすぎて辛い時の症状|恋煩いの一歩手前?

好きすぎて辛い時の症状

人によっては、好きすぎて辛いという感情にすら、中々気がつかない人もいます。

普段から感情を抑えやすい人ほど、気づきにくい場合が多いです。どんな症状が出たら、好きすぎて辛いって状況なのか。なぜそんな症状になってしまうのか理由も添えて解説していきます。


好きすぎて辛いと感じる症状1. 夜眠れず好きな人が頭から離れない

「好きな人が言った言葉」や「印象的だった姿」が頭にこびりついて寝付けない時は、完全に好きすぎて辛い時の症状です。

理想はもっと近づきたいけれど、現実的にまだ距離があって「どうしたら良いのか?」と考えて込んでしまうから、つい眠れなくなってしまうのでしょう。

どうやったらこの恋愛が上手くいくのか、策を練ろうとするけれど好きの感情が暴走してグルグル考えてしまっている可能性もありますね。


好きすぎて辛いと感じる症状2. 急に訳もなく泣きたくなる

これは女性に見られる症状です。好きな人や彼氏の態度がつれない時や思ったように自分を表現できず後々思い出して、訳もなく泣く人も中にはいます。

この場合は恋愛に対して一喜一憂が激し過ぎて、情緒不安定になっていることも考えられます。涙が出てしまうほど、感情の波が抑えきれないのでしょう。

普段生活をしている時やなんてことない時に、思わず涙が出る女性も。


好きすぎて辛いと感じる症状3. 「もしかして」とネガティブ思考が出てしまう

好きすぎて辛い時はネガティヴになる

彼氏 or 彼女からLINEの返信が遅いと「まさか浮気?」と疑う、一緒に居ても楽しそうに見えなくて「飽きられた?」とネガティブ思考の連鎖が止まらない時。

これは、完全に相手に惚れ込んでしまって我を忘れています。好きというよりも独占欲に近いかもしれません。

「自分は愛されてるか」常に気を張って、思った通りの行動が見られないと「もしかして」と落胆してネガティブ思考が止まらないのでしょう。相手に期待し過ぎてしまっているとも考えられますね。

【参考記事】はこちら▽


好きすぎて辛いと感じる症状4. 他のことが手に付かずボーっと考えてしまう

仕事でミスが増える、お風呂に入っている時にボーっと考えてしまって逆上せてるなど。

好きな人のことを考えることに集中し過ぎて、他のことが手に付かない状態になっています。

好きな人や恋人のことがつい気になって気になって仕方がなく、考える余地がない状態だからボーっとしてしまうのでしょう。恋煩いとも言えますが、さすがにボーっとする時間が増えたら恋愛依存の可能性も考えられます。

【参考記事】はこちら▽


好きすぎて辛い時の7つの対処法|感情を和らげる方法とは

辛い時の対処法

最後に、好きすぎて辛い感情から抜け出したい人 or 本来の自分に戻りたいと改善余地を望む人に向けて対処法をレクチャーしていきます。

相手に対してどう振る舞っていけば良いのか、自分に対してどんなケアをしたら良いのか7つに分けてお送りしていきます。恋心が少しでも楽になりますように。


好きすぎて辛い時の対処法1. 相手に期待を押し付けない

「自分はこれだけ好きだから、相手も同じくらい好きで居て欲しい」、「すぐにLINEの返信を返して欲しい」など。

好きすぎて辛くなると、つい相手に要求したらい期待することも増えてきます。しかし、相手にも自分の時間があります。

「恋人だから当然」ともしかしたら心の中で、理想が高くなっているのかもしれません。相手を恋人だからと扱う前に“1人の人間”として自由を尊重してあげて下さいね。自分だけの物ではないですよ。


好きすぎて辛い時の対処法2. 1人で考える時間を意図的に作らない

1人いる時につい好きな人や恋人のことを考えてしまう日々が続くなら、それは恋煩いが続いている証拠。

他のことが手に付かないレベルなら、ぼーっとする時間をなくすために常に誰かと行動したり、1人で考える時間を意図的に減らしましょう。

相手のことを考えれば考えるほど、自分の憶測やマイナス感情も生まれて余計に辛くなるだけです

仕事をわざと忙しくする、友達との予定を入れる、身体を動かすなど徹底的にスケジュールを組んで1人時間を無くしましょう。


好きすぎて辛い時の対処法3. 相手の気持ちばかり考えず、“何をしたら喜ぶか”を考える

好きすぎて辛い時は何をしたら喜ぶか考える

好きすぎて辛い時って、実は「相手が自分をどう思ってるか」というベクトルになってるんですよね。もっと言うと、自分にしか矢印が向いてないんです。

相手のことを考えているようで、考えてない状態なので1人で色々と考えてしまうんですよね。もし本当に相手を思うなら、相手が何をしたら喜ぶのか利他の視点を持ちましょう。

例えば、どんな言葉をかけたら嬉しいと感じるのか。次会った時に何をしたら喜んでくれるかなど。好きすぎるくらい相手のことを思うなら、相手に何ができるかgive精神を磨いみて。ただし、見返りを求めずに。


好きすぎて辛い時の対処法4. スマホを“フルシカト”する時間を作る

好きすぎて辛い時って、相手のSNSをつい覗いて他の異性と絡んでいないかチェックしたり、LINEの画面を何度も見ることもありますよね。

そうしている時って、モヤモヤ沢山の感情が浮かんでくるので良い発想もポジティブな気持ちも出にくいですよね。いっそのこと、SNSもLINEもフルシカトする勢いでスマホに触れない時間を作るのも1つの手。

画面の前でボタンを触ってぼーっとするルーティンが出来あがってるので、その時間を短縮してテレビを見る or 睡眠時間にあてるなど工夫していきましょう。電源を落としてしまうのもいいでしょう◎。


好きすぎて辛い時の対処法5. 好きすぎる自分を否定しない

好きすぎて辛いと感じる当人は、この感情から抜け出したいとすら思うかもしれません。

既婚者を好きになったり、恋人がいる人を好きになった時は特に辛いでしょう。

でも、長い人生で見たらそういう時期もあって良いのではないでしょうか。無理に自分の心に蓋をしたり、「これじゃダメ」と否定すると余計苦しくなります

それだけ相手のことを考える自分に許可を出しちゃいましょう。これだけ他人を好きになれた自分を認めると、気持ち的に楽になりますよ。

時間が経てば冷静になって、好きの度合いも落ち着くかもしれません。その時まで自分の気持ちを粗末に扱わず、しっかりと味わいきりましょう。


好きすぎて辛い時の対処法6. 片思いで辛い場合は、告白するまでの作戦を具体的に練る

好きすぎて辛い時は作戦を練る

長年の片思いをしている人、思いきって当たって砕ける精神で告白を視野に入れてみましょう。

「好きすぎて辛い」という感情に浸るのではなく、好きな人と両思いになったり恋人になりたいのが本音のはずです。

期間を決めてこの日までに告白をしようとカウントダウンを始めましょう。その間に、ミッションを立てて「この日までに2人きりで出かける」、「自分から誘ってみる」と具体的なアクションを。

いつまで待っていても相手は思うように動かないので、もう自分で動いて少しでも可能性を広げましょう。勝敗があるかないかは、関係ないので思い悩むよりも行動した方がイキイキするはず。


好きすぎて辛い時の対処法7. 自分のケアを怠らず自分磨きをする

好きな人のことを考える時間も大切ですが、結構自分のことを後回しにしている人が多いのではないでしょうか。「相手が」「相手が」とつい考え癖がつくと、感情に振り回されて疲れてしまいます。そこでもう一度自分自身を見直して、外見や内面を磨いてスッキリできる時間を作ると◎。運動したり、料理をしたり、本を読んで自分の感情を上手く整理したり。自分磨きの時間を作っていくと新たな発見もあって恋愛に対する向き合いか方も変わるかもしれませんよ。


好きすぎて辛い感情は、人間らしい感情。時間をかけてゆっくり向き合って見て。

好きすぎて辛い時は時間をかけて考えよう

好きすぎて辛い感情を持つ人の状況や対処法についてお届けしました。早くこの感情をどうにかしたいとあがく人もいるかと思いますが、人の感情はそう簡単に意識で変えられたら苦労しないです。

なるべく早くとあがかず、ゆっくり時間をかけて丁寧に自分の感情と向き合ってみて下さい。

ゆっくり自分の感情に寄り添っていけば、「そーいえばそんなこともあった」といつかふと思い出す日も来るでしょう。人間らしい感情をどうぞ大切に。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事