失恋が辛い理由と心理│苦しい失恋から復縁する方法&立ち直り方とは

大切な人との失恋は辛いし苦しいですよね…。今記事では片思いはもちろん、元彼・元カノと別れて失恋した時の辛い原因や理由はもちろん、苦しい時にやるべきことをご紹介します。辛い時期を乗り越えるために男性&女性ができることをお届けします。

「失恋」って辛いですよね…。

失恋が辛いときの心理

どんな形であれ、“失恋は辛い”もの。失恋してから立ち直るのは、そう簡単ではありません。付き合っていて「別れよう」と言われたのか、片思い相手に告白して玉砕してしまったのか、失恋の仕方は人それぞれ。

しかし、片思いだったとしても両思いだったとしても、「好きな人に振られた」という事実をすぐに受け入れるのは難しいですよね。

今回は、失恋がどうして辛いのか、そして苦しい失恋から立ち直る方法をご紹介します。失恋から少しでも一歩踏み出したい方、必見です。


失恋はなぜ辛いのか?失恋が悲しくなる理由や心理を解説

まずは簡単なメカニズムから紹介。初めて失恋した方なら、どうしてこんなに胸が苦しいんだろ?と感じることもがあると思います。まずは簡単な心のメカニズムをご説明致します。


辛い理由1. 現実を受け入れられずパニック状態になってる

まずは、心が現実に追いついておらず、「失恋した」という事実を受けられていないので、パニック状態になっている心理です。

自分では、片思い相手や元恋人と連絡を取ったり遊んだりできると思っていても、現実を見るともう連絡を取れる距離感ではなかった。そんな頭の中と現実とのギャップに心が攻撃されて辛くなっています。

特に初めての彼女や彼氏との失恋した時に起きやすい症状の一つになります。


辛い理由2. 相手から拒絶されたと思い、自身の存在価値を見失う

片思い相手・元恋人に振られたことがショックで、「振られた=相手に拒絶された」と感じることも、失恋が辛い理由です。

好きな人に振られることで、自分が「いらない」と言われているように感じ、自身の存在価値を見失ってしまうのです。

片思い相手・元恋人に認められたり、必要とされたりすることに意味を見出していると、この状態に陥りやすくなるでしょう。一時的なものですが、落ち着くまでゆっくり過ごしましょう。


辛い理由3. 思い出を美化してしまい、今との落差に落ち込む

今の状況と幸せだった頃とを比べることで落ち込んでしまうのも、失恋が辛い理由。

幸せだった頃の記憶がとても美しく見えるのは、付き合っている頃や、片思いをしていた頃の記憶や思い出を、美化してしまっているのが原因。人間は、嫌な思い出はすぐ忘れるようにできているので、いい思い出ばかり覚えています。

片思い相手・元恋人との美しい思い出と現実との落差に衝撃を受けて、余計に「辛い」と感じてしまうわけです。


辛い理由4. 「あのときこうしていれば」という後悔からの自己嫌悪

片思い相手に振られた、または元恋人と別れたあとに「後悔」をすることで、辛い気持ちが増すこともあり得ます。

「あのとき、こう言っていれば別れなくて済んだのかもしれない」「あのとき、あんな行動を取らなければ、振られなかったかもしれない」と次から次へと後悔が押し寄せ、自分を責めてしまうのです。

後悔が自己嫌悪を強め、辛い気持ちを強めてしまっています。


失恋して辛く苦しい時に、やるべき5つのこと

ここからは現段階で辛い…と思っている時にやるべきことを紹介します。立ち直れる方法から、一時的に辛い気持ちを消す方法までお届けします。

辛い気持ちを対処する方法を知っておくだけで、失恋後の心の痛みが軽くなりますよ。


1. 1つのことに没頭してみる

まず立ち直る方法の一つ目は、1つのことに没頭してみること。

仕事や趣味に時間をかけて熱中すると、好きな人や失恋のことを思い出す暇がないので、いつの間にか好きな人のことを忘れられますよ。

時間をかけることで、やっただけ結果がついてくる可能性が高まります。仕事や趣味で結果を出して、あなたを振った好きな人を見返してはいかがですか。


2. 美味しいものを食べる

辛いときは、美味しいごはんを食べにいきましょう。美味しいものを食べると、お腹だけではなく心まで満たされますよね。

反対に、お腹が空いてイライラした経験はありませんか?「辛いから食欲がない」とごはんを食べないと、余計に精神状態を悪化させてしまうことに繋がります。

大好きな友達とでも、ひとりででも、美味しいごはんを食べて幸せな気持ちで心を満たしてあげましょう


3. 信頼できる友人に、すべてを吐き出させてもらう

辛い気持ちをひとりで抱え込んでいると、心が壊れてしまいます。誰かに吐き出すだけで楽になる場合がほとんどです。

だからといって、誰彼かまわず失恋のことを話す気にはなれませんよね。

失恋してしまったらまず、信頼できる友達とのごはんの約束を取り付けることがおすすめ。美味しいごはんを食べて元気をつけつつ、友達にすべてを吐き出させてもらって、気持ちを落ち着けましょう。


4. 相手のツイッターやインスタのフォローを外す

連絡を取らない時間が長くなればなるほど、片思い相手や元恋人は自然と「過去の人」になっていきます。しかし、現代で厄介なのが、SNSで簡単に繋がれてしまうということ。

SNSで片思い相手や元恋人の近況が流れてきたら、嫌でも思い出してしまうし、気になってしまいます。忘れたはずのことを思い出してしまうのは苦しいですよね。

また、SNSで片思い相手や元恋人の現在の恋愛を知ってしまうのは、相当な打撃です。「結婚報告」が目に入ったら、しばらく立ち直れなくなるでしょう。

TwitterやInstagramなど、相手とつながっているSNSのフォローを外すことをおすすめします。片思い相手・元恋人のノロケや結婚報告であなたが傷つくことを避けられますよ。


5. 自分の良いところを褒めてあげる

自分を1番褒めてあげられるのは自分です。片思い相手や恋人から認められることでしか、自分の存在価値を感じられないタイプの人は、失恋後は自己肯定感をあげることからはじめるのがおすすめ。

自分のいいところを、小さいことでもいいから褒めてあげると、自分に自信がついてきます。

自分に自信がつくと、より魅力的な人になれます。また、積極的に行動できるようになるので、次の恋愛というチャンスをつかむ速度も早まりますよ。

【参考記事】はこちら▽


「もう一度やり直したい。」復縁したいと思っている方へ

大好きだった恋人に振られても、簡単に忘れられませんよね。どうしても忘れられず、「復縁したい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは片思いではなく、元彼・元カノと復縁を考えている人に向けた項目になります。どうすれば復縁が可能なのかを一つ一つ紹介していきます。


大前提!「なぜ振られてしまったのか」の原因を明確にする

まずは、振られた原因を明確にする必要があります。振られるということは、付き合い続けられない原因があったということ。自分でこれまでのことを振り返ってみて、原因を探ってみましょう。

復縁したいからといって、「いきなり告白」と行動に移すのはナンセンス。反対の立場になってみてください。別れるほどの原因がある相手が、何も変わらない状態で告白してきて「もう一回お付き合いしようか」とはならないですよね。

復縁したいと考えたら最初に、原因を突き止める努力をすることをおすすめします。


【実践編】復縁の可能性を上げる5つのこと

復縁の可能性を高めるためには、あなた自身の行動が鍵を握っています。別れた後、相手に振ったことを後悔させるように仕向ければいいのです。

「別れたくない」と駄々をこねたり、他の男性と仲良くする姿を見せつけたり、相手に頻繁に連絡をするのは、実は逆効果。ここからは、復縁の可能性をあげるためにするべき5つのことをご紹介します。


復縁の準備① 距離をおき、冷却期間をつくる

ひとつの恋愛が終わったあとは、振った側も振られた側も冷静ではいられません。距離をおいて冷却期間をつくることで、冷静な気持ちを取り戻せます。

あなた自身はそこで、「相手のことを本当に好きなのか」「冷静になってもやはり復縁がしたいのか」を考えましょう。相手も同じように、冷静になることであなたとの恋愛について振り返っているはずです。


復縁の準備② 別れた原因になったことをすべて直す

復縁したいと思ったときに、まずは振られた原因を明確にすることが大切だとお伝えしました。

原因があったから振られた。ということは、別れる原因となったことをすべて直す努力をすれば、もう一度あなたのことを好きになってくれる可能性が高まるということです。

原因をすべて直して、より魅力的になったあなたを、元恋人に見せてはいかがでしょう。


復縁の準備③ 相手に感謝を伝える

恋人同士の別れ際は、どうしてもお互いの嫌なところを伝えたり、喧嘩したり、悪い空気になってしまいがちです。そのため、悪い印象のまま関係が終わってしまうことが多いのです。

そして、相手に対して、「今までありがとう。あなたと一緒にいられてとても楽しかった」という感謝の気持ちを伝え忘れてしまう場合が多くあります。

感謝の気持ちを伝えることは大切。もしあなたが伝え忘れていた場合は、しっかり伝えることをおすすめします。


復縁の準備④ 自然に接し、未練を見せない

未練タラタラな様子が相手に伝わると、引かれてしまう可能性が高いのです。向こうから別れを切り出してきているのは、あなたに対する気持ちが冷めているということ。

たとえば、興味がない相手から「好き」という気持ちを伝えられても、迷惑だと感じますよね。

今は、あなたがいくら好意を示しても、相手の気持ちは揺れ動きません。馴れ馴れしくならないように自然に接し、未練を見せないことが大切です。


復縁の準備法⑤ 自分磨きをして、振られたときとは違う自分を演出する

自分磨きをして、変わった自分を片思い相手や元恋人に見せつけるのも、おすすめの方法です。

片思い相手・元恋人に「振るんじゃなかった」と思わせたら勝ちです。復縁できる確率がグンと高まりますよ。

自分のことを好きだった相手が、いつの間にかカッコよく・可愛く変貌していたら、ドキっとするはずです。もう一度自分のことを好きになってほしいと感じるかもしれませんよ。

【参考記事】実際に復縁する方法についてはこちら▽


失恋は人生に大きなインパクトを与える

失恋は辛いもの。ずっと片思いをしていた相手に振られたら、生きていく目的を失ってしまうことも。ましてや、結婚など、相手との未来を真剣に考えていた人に振られたら、簡単に立ち直れませんよね。

しかし、誰かが助けてくれるわけもなく、失恋からは自力で立ち直るしかないのです。

仕事や趣味に没頭して時間が解決してくれるのを待つもよし、復縁するために自分を変えるのもよし、新しい恋愛をして上書きするもよし。苦しさから抜け出す方法を、ぜひ試してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事