「朗らか」とはどんな意味?朗らかな人の特徴&なるための方法を解説

朗らかな人は、普段から明るいため、魅力的に見えますよね。では、どのようにして朗らかさを身につけられるのでしょうか。本記事では、朗らかの詳しい意味から、朗らかな人の特徴や、朗らかな人になる方法まで解説!また、朗らかになることで周囲に与える良い影響も紹介していきます。

いい事尽くし!朗らかな人の特徴を徹底解説

朗らかな人の特徴&なるための方法

いつもニコニコとしていて、落ち着いた雰囲気を持っていて朗らかな人っていますよね。優しい空気感に癒されることも多いでしょう。

本記事では、朗らかとはどういう意味かということや性格の特徴、朗らかになる方法までを詳しく解説します。

朗らかになることで、周囲に与える好影響も紹介しますので、こちらを参考に、周りから愛される人になってくださいね。


朗らか(ほがらか)とは?意味をわかりやすく解説!

朗らかとは、「穏やかで晴れ晴れとしていて、ゆったりと落ち着いている」状態の性格や人柄を指します。

朗らかは、明るくスッキリと晴れた天気や気候のことも形容する言葉で、そんな「気持ちのいい性格をしている」という意味合いを持つことも多いです。

嫌味や暑苦しさがない、爽やかな優しさを持っている人」というイメージで理解しておくといいでしょう。


どんな人なの?朗らかな人の特徴9選

朗らかになるためには、まずは朗らかな人にどんな特徴があって、毎日生きる上で何を考えているのかを知る必要があります。

ここでは、朗らかな人の長所となる特徴を、「人柄」「性格」「行動」にわけてご紹介します。


朗らかな人の「人柄」の特徴

朗らかな人は、いつも明るい空気を身に纏っており、見ただけで接しやすく話しかけやすい雰囲気を持っていることが多いです。

ここでは、そんな朗らかな人の「人柄」について、3つの観点から具体的に解説します。


人柄の特徴1. どんな人でも平等に接する

朗らかな人は、温かさや優しさを持っており、他人に対する愛情を忘れません。

相手が誰であっても、差別や区別をして態度や言葉使いを変えることなく、平等に接するという特徴があります。

「この人に恩を売っておけば後々自分に有利になる」といった打算的な考えなく、無償の優しさを持っていて、人柄に表れています。


人柄の特徴2. 常に笑顔でいる

何か嫌なことやストレスを感じているような場面においても、それを他人にぶつけることがないのも、朗らかな人の魅了的な長所の一つ。

他人と会話している時など、常に人目を意識して、優しく笑うことを忘れません。

そのため、困っている人や弱い立場の人でも話しかけやすく、あらゆる人から愛されるという傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


人柄の特徴3. 周りに人が集まってくる

朗らかな人は、表情や話し方といった普段の態度から、知らない人でも親しみを感じやすいという特徴があります。

そのため、いつも誰かに相談されたり、同僚や友人と他愛もない会話を楽しんだりしていることが多いです。

明るいポジティブな空気感を持っているため、人が自然と朗らかな人に集まってくる傾向があります。


朗らかな人の「性格」の特徴

朗らかな人の魅力的な行動や態度は、作られたものでなく、素晴らしい性格から自然と出ていることが多いです。

ここでは、そんな朗らかな人の「性格」について、代表的な特徴を3パターンご紹介しますので参考にしてください。


性格の特徴1. 穏やかで優しい

原因なくむしゃくしゃしたり、イライラしたりしてしまう時は誰にでもあります。

しかし、朗らかな人は、誰もが怒ってしまいがちな他人の失敗で被害を受けたような時でも、穏やかで優しい態度を崩しません。

急なトラブルやハプニングにも落ち着いた対応ができ、その上でその原因を作ってしまった人を許せるほどの優しさをもっています。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. プラス思考である

朗らかな人は、むやみに他人を傷つけたり、場の雰囲気を悪くする発言などはしません。

何か悪いことが起きたときでも、「どうしたら改善できるか」という風に何事もプラス思考に考えられます。

いつも自分と仲間が成長するための方法をワクワクしながら考えているので、穏やかで明るい表情をキープできているのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 自分に自信がある

困難な状況に置かれても、イライラしたりナーバスになりにくいのも朗らかな人の特徴。

過去の経歴や自分の能力に適度な自信を持っており、不安になったりネガティブになりにくいです。

そのため、自分や周りを応援したり鼓舞したりすることができる余裕があり、明るいチャレンジングな雰囲気を作り出すことができます。


朗らかな人の「行動」の特徴

朗らかになるのであれば、その人の行動を観察して、少しずつ真似ていくことが効果的です。

ここでは、朗らかな人の「行動」の中で、よく見られる代表的な特徴を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


行動の特徴1. 場の雰囲気を和ませられる

いつも朗らかな人は、他人を思いやる気持ちがつよく、それによって周りからも愛される傾向があります。

明るい性格をしているからこそ、笑顔でいられて、周りは居心地のいい印象を持つことが多いです。

穏やかな態度で笑うため、話している人も自然と楽しい気持ちになり、その場全体が癒される雰囲気につつまれます。


行動の特徴2. 人のことを気遣える

明るいポジティブさを持って生きることを忘れませんが、決して暑苦しい感じがないのも、朗らかな人の特徴。

他人を気遣ってその人の立場や心情に合わせ、自分の気持ちを押し付けることなく、最適な距離感で接します。

そんな思いやりを忘れない考え方によって、周りの人は頼りがいがある印象を持つことも多いでしょう。


行動の特徴3. 夢や目標を立てて行動している

朗らかな人は、なにがあっても焦らず慌てず、冷静な考え方や言動を維持します。

それは、夢や目標をしっかり立てていて、自分の中に具体的なビジョンがあるため、俯瞰して物事を見られるからです。

トラブルに際しても、行き当たりばったりの判断をすることがなく、気持ちが落ち着いていて、明るく朗らかでいられます。


どうすればいいの?朗らかな人になる7つの方法

朗らかでいることの魅力的な点に触れ、朗らかになるための方法が気になってきた人も多いでしょう。

ここでは、朗らかに生きるための具体的な方法を7パターンご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。


方法1. 前向きに考える癖を身につける

朗らかな人は、多少のトラブルが起きてもブレない穏やかな態度で、周囲の人たちを安心させることができます。

それは前向きに考える習慣によって、心が曇ることがない明るい性格をしているためです。

気持ちをいつもポジティブに保っておき、何でもプラス思考に考えることで、優しく笑うことが増えていき、朗らかさを身につけられます。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 心にゆとりを作る

いつも切羽詰まっていて、何かに追われている時は人は、どうしてもそちらに意識が向くもの。

そのため、「休む時はしっかり休む」といった風にメリハリをつけて物事に取り組み、心にゆとりや遊びを作りましょう。

俯瞰した考え方を持つことで、自分の気持ちに整理がつき、穏やかで優しい人柄を維持することができます。


方法3. 自分に厳しく、他人に優しく接する

自分を甘やかすと、ついつい他人のミスが許せなくなったり、思い通りに動いてくれないことに腹が立ったりするものです。

反対に、きちんと自分を持って、他人には寛容にすることで、自然と気持ちに余裕が生まれてくるでしょう。

素晴らしい能力や人柄があるのに加え、自分を律することができる人は、さらに周りから信頼されやすくなります。


方法4. いつでも自分を磨くことを意識する

朗らかな人は、「自分ならどんなことにも対処できる」という揺るぎない自信を持っています。

それは、常に自分の能力を向上させるための努力を忘れず、コツコツと成長し続けているからです。

そんな毎日の自分磨きによって、「ここまでやりきった」という自信を持つことでき、他人に優しくできるという実感を得られるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 自分の時間を作って、楽しいと思えることを行う

どんな人でも、仕事だけ、努力だけの毎日だと、いつかは限界が来て折れてしまいます。

そのため、自分の時間を意図的に設けるようにして、楽しくリフレッシュする機会を増やすこともおすすめ。

ワクワクして好きなことに熱中できている時は、心も表情も自然と明るくなるため、朗らかな人柄に変わりやすくなります。


方法6. 感謝の言葉を口にする習慣を身につける

他人に対する褒め言葉や、感謝の言葉は、相手のためでもありますが、自分の気持ちも晴れ晴れとします。

そんなポジティブな感情を体感することで、朗らかになりやすくなるので、些細なことでも感謝を忘れないようにしましょう。

褒め言葉を言われて相手も嬉しい気持ちになり、自分も心地いい感情に包まれるため、一石二鳥の習慣になります。


方法7. 他人を許すように心がける

よくない結果が起きてしまった時、明らかに「他人の責任だった」と思ってしまいそうな時もあるでしょう。

そんな時、他人の長所や、「一生懸命取り組んでいた」といった、良かった点に着目する癖をつけるのがおすすめです。

そうなることでその人のことが、好意的に思えてきて、優しく寛容に接することができる朗らかさが身につきます。


朗らかになると起こる周りへの良い影響4つ

朗らかな人柄を手に入れると、自分が心理的に安定するだけでなく、周囲にも好影響を及ぼすこともたくさんあります。最後に、朗らかに生きることで手に入る、周りに対するメリットを4つご紹介します。


影響1. 自然と笑みがこぼれる

誰かが誰かに優しく接しているのを見て、ついつい微笑んでしまったことは誰にでも経験があるはずです。

職場や友人関係の中に、一人でも朗らかな人がいれば、そんな気遣いから生まれる優しい笑顔がたくさん生まれます。

その場の空気全体が穏やかで、落ち着いたものになって、そこにいる人の気持ちも温かいものになることが多いです。


影響2. 幸せな気持ちになれる

朗らかな人は、いつも幸せで前向きな生き方をしていそうな表情をしています。

どんな状況に立たされていてもいつも笑顔を忘れず、自分よりも他人を優先して動いている姿は、見ているだけで幸せな気分になるものです。

気遣いをしてもらった人は嬉しくなり、周りはそのやりとりに安らぐという波及効果があるといえるでしょう。


影響3. 安心感が得られる

程良いプラス思考と前向きな考え方で、相談されたり、悩み事を話されたりするのも、朗らかな人によくある傾向です。

そのため、周りの人はどんな出来事があっても、「大きい器でどっしり受け止めてくれる」と思うことができます。

朗らかな人の、雰囲気を和ませる力によって、ゆったりとした安心感を感じるケースも多いでしょう。


影響4. 周りにトラブルがあった時、円満に解決される

朗らかな人のいつでも冷静で落ち着いた考え方は、トラブルに巻き込まれた人にとって、とても頼りになるものです。

トラブルの当事者同士の仲をとりもつことができ、それぞれの対立した感情にうまく折り合いをつけて円満解決することができます。

穏やかな話し方と態度で接することで、ヒートアップした気持ちを沈める手助けになっているのでしょう。


周りに好かれる朗らかな人になりましょう。

朗らかとはどんな意味か、また朗らかになるためにはどうすればいいかについて、解説しました。

みんなから愛される朗らかな人柄は、できることなら手に入れたいものですよね。

もし「朗らかだね」と他人から言われることがあれば、最高の褒め言葉になるでしょう。こちらを参考に、明るく穏やかな印象を与えられる人を目指してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事