遠距離の不倫が起きやすい理由とは?不倫のデメリットから関係を終える方法まで徹底解説

遠距離での不倫関係になりそうとお悩みの方へ。今記事では、遠距離の不倫が起きやすい原因から、不倫関係を終える方法まで詳しくご紹介します。近場じゃないから大丈夫と考える人も多いため、ぜひ参考にして、上手に関係を断ち切りましょう!

遠距離での不倫が起こりやすい主な原因とは?

遠距離での不倫が起こりやすい主な原因とは

物理的な隔たりがあることで燃え上がる遠距離不倫。いけないことと分かっていながら、多くの人が熱を上げています。

離れている時間が多いと、会った時の喜びもひとしおで、不倫相手への気持ちが高まるばかりですね。

でも、何故こんなに遠距離不倫が盛り上がるのか不思議に思う方も多いでしょう。

そんな疑問にお答えするために、遠距離不倫が発生するメカニズムを解明します。大人の関係の疑問解消にお役立てくださいね。


遠距離不倫の原因1. 割り切った関係になりやすいから

会えない状態が当たり前になると、遊びや体の関係など恋人らしい営みを会える日に集中して行う様になるため、割り切った関係を築きやすいです。

同棲など恋人と常に一緒にいる環境では、ただダラダラしたり家事にいそしんだりする日常感が恋愛要素を薄めますが、遠距離恋愛ではそんな暇はありません。普段会えない寂しさを解消するために、お互いに向き合うことを優先するでしょう。

二人の間に生活感がなくなると恋愛要素が強まるため、そのまま遠距離不倫に至ることが多いです。


遠距離不倫の原因2. お互いバレないと思いやすいから

遠距離不倫では物理的な接触機会が少ないため、浮気現場を目撃されにくいでしょう。

また、二人の間の距離を利用して、お互いの住まいの中間地点で会えば、身内や仕事仲間などに見つかる可能性が極めて低くなります

このように物理的な距離があることで、秘密の関係がばれないと安易な考えを持ってしまい、遠距離不倫へ繋がります。


遠距離不倫の原因3. 関係がマンネリ化しにくいから

久しぶりに会う人へ新鮮さを覚えるように、会えない時間は関係性をフレッシュにしてくれます。

家庭持ちだったり同棲したり、常に相手と一緒にいる環境だと日常感が出て生まれるマンネリ。しかし、会えない日々が当たり前だと会える日は非日常へと昇華されます。

会える日に特別感を覚えるようになると、二人の関係が冷めにくくなり、そのまま不倫関係に発展してしまうでしょう。


遠距離不倫の原因4. 罪悪感を覚えにくいから

自分の生活圏から離れると、罪を咎める知り合いがいなくなり、男性でも女性でも開放感を覚えるでしょう。

出先では「誰かに見つかるかもしれない」と言う不安から解放され、「街中でイチャイチャする」など大胆な行動に至ることも。

開放的な気分でいることで罪悪感を覚えにくくなるため、安易に不倫関係を結んでしまいます。


遠距離不倫の原因5. 離れてから親しくなるケースも多いから

一緒に働いている時は話せなかったけど、お互いの距離が離れた後に再会すると視点が変わり親しく話せるようになることも。

たまたま出張で昔の仕事仲間に遭遇したことをきっかけに、浮気心が芽生えるのも良くあるケースです。

一度、お互いを見直し繋がりを持てば、再び離れてもLINEなどでやり取りを継続できるため、ズルズル遠距離不倫に陥ることも珍しくありません。


遠距離での不倫をするデメリット|危険な恋と言われているのはどうして?

二人の距離が刺激となる遠距離不倫。

日常と完全に切り離した恋愛で、男性であることの喜び、女性であることの喜びに没頭できるのでしょう。

しかし、どちらかが必ず既婚者となる遠距離不倫は、ただの浮気で済まされないデメリットがあります。

ここでは、遠距離不倫ならではのデメリットをご紹介します。

自分の行動に責任が取れるよう、しっかりリスクを確認しておきましょう。


遠距離不倫のデメリット1. 執着しやすい

会えない時間を埋めるように行うマメな連絡は、執着への入り口です。

毎日電話を掛け、仕事中にも頻繁にLINEをすることが当たり前になると、連絡していない時間に不安を覚えるようになるでしょう。

電話越しの態度や返信頻度まで気になるようだと、もはや不倫相手への依存状態だと言えます。

不倫相手へ依存心が高まることで、純粋な愛情は執着へと姿を変えてしまいます。


遠距離不倫のデメリット2. 関係を終わらせにくい

距離があるから「会わなければ自然消滅するだろう」と安易に考えがちなのが遠距離不倫。

しかし、不倫相手が自分の思う通りに別れてくれるとは限りません。 事情があるにしても、真剣な態度で臨まない限り、遠距離でも続いた繋がりは解消できないはずです。

深く考えずに別れを切り出しても、相手が別れを受け入れてくれないため、不倫関係がずるずると長引いてしまうでしょう。


遠距離不倫を断ち切る方法とは?関係を終えるコツを解説

家庭生活に影を落とす不倫関係を清算するには、別れに向かって積極的に行動しなければなりません。

しかし、遠距離でも途切れなかった絆は、簡単には断ち切れないと考えてしまいますよね。

そんな不安は関係を終えるコツを知ることで解消できます。

ここでは、遠距離不倫を上手に断ち切る方法を詳しく解説します。

男性にも女性にも使える汎用性が高い内容なので、不倫相手との別れを考えている方は参考にしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


遠距離不倫を断ち切るコツ1. 連絡をとらない

自分から音信不通になることで不倫相手は、あなたが別れの意思を抱いていること気付くでしょう。

自分から連絡せず、相手から連絡が来た場合も返答しないことを続けて、間接的に不倫相手に別れの意思表示をしましょう。

徹底して連絡が取れない状況を築けば、不倫相手も葛藤の末、突きつけられた現実を受け止め別れの決断をしてくれますよ。


遠距離不倫を断ち切るコツ2. バレた時のリスクを考え直す

不倫が発覚した時の修羅場を考えるとリスクへの評価が変わります。

不倫が見つかると、温かい家庭を失ったうえ慰謝料の支払いも求められます。 既婚者同士のダブル不倫なら自分と相手のパートナーの両方に慰謝料を請求されることも。

また、妻子持ちの男性なら離婚した際、妻に親権が行くことがほとんどなので、子供の成長を見られなくなりますよ。

このように、バレた時のリスクを具体的に考えてみましょう。

自分の身にふりかかる代償を見つめれば、不倫関係の解消に考えが及ぶはずです。

【参考記事】はこちら▽


遠距離不倫を断ち切るコツ3. 2人では会わない

意図的に二人だけの時間を無くせば、不倫関係の維持が難しくなります。

仕事の関係で顔を合わせることが多いなら、必ず第三者を挟んで二人になる状況を避けましょう。

上手く距離を保てれば、約束の取り付けもできなくなるので、外で会う機会もなくせます。

不倫相手も、意図的に距離を作るあなたに気持ちの変化を感じ、別れを考えてくれるでしょう。


どっぷりハマってしまう遠距離恋愛は早めに別れの選択を。

割り切った大人の関係を続けやすい遠距離不倫は刺激的だけど、バレにくい関係に甘えてズルズル過ごすと人生が破たんします。

そのため、どこかで区切りをつけて、適切に関係を清算する必要があるでしょう。

家庭のため、「後ろめたい気持ちを解消したい」気持ちがある既婚者なら、別れの選択ができるはずです。

自分のとって最も大事な家族のためにリスクを解消し、温かい家庭を築いていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事