夫婦円満の秘訣ランキングTOP10|仲良し夫婦になる方法を紹介!

夫婦円満の秘訣を知って、いつまでも仲の良い家庭であり続けたいですよね。そこで今回は、夫婦円満の秘訣をランキング形式で大公開!さらに、仲良し夫婦でいるためのおすすめの方法から、円満夫婦になるための心得、参考になる名言や芸能界きってのおしどり芸能人夫妻まで紹介します。

夫婦円満の秘訣を知って、おしどり夫婦を目指そう!

夫婦円満の秘訣ランキングTOP10

縁があって夫婦になった二人ですから、いつまでも仲良く円満な関係で過ごしたいと思いますよね。今回は夫婦が仲良くいるために、夫婦円満の秘訣をランキング形式で紹介します。

あわせて、仲良し夫婦であり続けるための方法や、円満夫婦の心得か夫婦円満の参考になる名言など、夫婦円満を築くために役立つ情報をお伝えします。


夫婦円満の秘訣ランキング【TOP10】

夫婦といえど元は他人同士。長年生活しているとお互いに嫌な部分が見えてしまこともあるでしょう。そんな中、いつまでも仲良く円満な関係を築いている夫婦がたくさんいます。

夫婦円満の秘訣には一体どのような理由があるのでしょう?

まずは、ランキング形式で夫婦円満の秘訣をご紹介します。


【第10位】たまに喧嘩をする

夫婦円満になるには、お互いに我慢をせず、意見や考え方を吐き出すことが大事です。たまには喧嘩をすることで、お互いの価値観や考え方、気持ちを認識し合えます。

夫婦の間でも、お互いに意見や考え方が食い違ったり、不満に思うことがあるのは当たり前。たまには喧嘩をしてガス抜きをするのが夫婦円満の秘訣ですよ。

【参考記事】はこちら▽


【第9位】美味しい料理を作り合う

食事は生活の中で欠かせません。美味しい料理を通してお互いに思いやりを表現するのが夫婦円満になるには大切です。

たまには一緒に料理を作ったり、お互いの為に料理を作り合ったりすれば、料理を通して上手くコミュニケーションを取れるでしょう。

食卓での楽しい会話やコミュニケーションは美味しい料理があってこそ。気持ちを込めて作った料理を食べると相手にもその気持ちが伝わるものです。


【第8位】思っていることを素直に言う

夫婦円満でいるためには、お互いに何を考えているのか理解し合える関係であることが大切です。黙っていても分かり合える場合もありますが、お互いに全ての気持ちを察するのは難しい部分もあるでしょう。

思っていることがあれば素直に伝えることで、お互いの気持ちを理解できますよね。家族だからこそ、思っていることを伝えて深く知ってもらうことが夫婦円満の秘訣です。


【第7位】一緒に過ごす時間を増やす

お互いにコミュニケーションをとるためにも、夫婦で一緒に過ごす時間が大切です。

仕事の都合などによって顔を合わせるタイミングがあまりない場合もあるかもしれませんが、長い間会えないとお互いの気持ちまですれ違ってしまう危険性が。

どんなに忙しくても朝食だけは一緒にとったり、休日には2人でくつろぐ時間を作ったりするなど、意識して一緒に過ごす時間を増やすのが夫婦円満で居るために必要です。


【第6位】スキンシップ

夫婦円満でいるためには、お互いに愛情を持って生活することが大切です。スキンシップによって相手が「異性の好きな人」という認識を持ち続けられます。

例えば、出かける前にハグをしたり、一緒に歩くときに腕を組んでみたりするのもいい方法です。

スキンシップを通して相手のぬくもりを感じることで、お互いの存在を意識し、愛情を持って接することができるでしょう。


【第5位】お互いに干渉しすぎない

夫婦とはいえ、プライベートな部分を尊重するのは大切なこと。相手のことが気になるからといって、まるで自分の物であるかのように干渉しすぎるのは良くありません。

干渉すると、自由なことができない窮屈な夫婦生活になってしまうため、次第に夫婦であることに居心地が悪くなってしまう原因にもなるでしょう。相手を信頼して干渉しすぎないことが夫婦円満の秘訣です。


【第4位】お互いを尊敬し合う

夫婦とはいえ元々は他人同士なので、お互いの意見や考え方を尊重し合うことが夫婦円満の秘訣です。

一緒に生活していると、相手の意見を尊重することを忘れ、つい自分の意見を押し通そうとしたくなるのも珍しくありません。

親しい間柄だからこそ、相手の立場に立って考えることを忘れずにお互いを尊敬し合うことが大切です。


【第3位】思いやりの心を持って接する

思いやりは「愛」を間接的に伝える方法です。常に相手への思いやりを持って接していれば、相手は愛を感じ続けられて、夫婦であることの認識を持ち続けられます。

長い夫婦生活での「愛」は、円満で居続けるための重要な要素。相手のために自分は何ができるのかを考えながら、思いやりの心をもって相手に接することが大切です。

【参考記事】はこちら▽


【第2位】感謝の言葉を口にする

長く夫婦で過ごしていると自然と役割分担ができて、それが当たり前のように感じられることも多いでしょう。

それが当たり前になると、相手に対して思いやりのない言葉をかけてしまう可能性があり、ドライな関係になっていきます。

夫婦円満になるには、普段から感謝を言葉として相手に伝えることで、相手の行動を認めていることを示すのが大切です。


【第1位】日頃からのコミュニケーション

たとえ夫婦でも、常に一緒に過ごすのは難しいことですよね。

仕事の都合などお互いの生活もありますし、現実的には顔を会わせる時間がそこまで多いとは言えず、次第に会話が少なくなっていく可能性も高いです。

夫婦は一生を共にしていくので、他愛もない話でも会話ができるような関係性を継続することが、夫婦円満になるには重要なのです。

【参考記事】はこちら▽


仲良し夫婦であり続けるおすすめの方法

結婚してから歳月を重ねても仲良しでいられる夫婦って素敵ですよね。仲良しであり続けるにはどうしたら良いか知りたい人も多いでしょう。

ここでは、仲良し夫婦であり続けるおすすめの方法を9つピックアップして紹介していきます。


方法1. 喧嘩したら、その日のうちに仲直りする

どんなに仲の良い夫婦でも喧嘩をした後はお互いの間に気まずさが残ってしまうもの。それを長引かせるとお互い引くに引けない状況になり、余計に険悪な状態になってしまいます。

その結果、喧嘩が長引いてしまうため、出来るだけ早く円満に解決することが大切です。

仲良し夫婦でいるためには喧嘩をしたら、その日のうちに仲直りして後に引きずらないようにしましょう。


方法2. 忙しくてもデートに出かける

仲良し夫婦は、結婚生活が長くても2人だけでのデートを楽しんでいます。夫婦になるとお互いに忙しくなって一緒に出かける機会が減ってしいまうことも珍しくありません。

とはいえ、愛し合っている夫婦という意識を持つためにも2人だけでのデートは必要なことです。

仲良し夫婦になるためには、どんなに忙しくても、お互いに意識して時間を作り2人きりでデートに出かけるようにしましょう。


方法3. 夫婦で楽しめる趣味や目標を見つける

夫婦で一緒に楽しい時間を共有できれば、それだけ夫婦の間も仲良くなるものです。仲良し夫婦になるためには夫婦で共有できる趣味や目標を見つけると良いでしょう。

同じ趣味や目標があれば、共通の話題にも困りませんし、何より2人で一緒に過ごす時間が自然と長くなります。どんなことでもいいので、夫婦2人で楽しめる趣味や目標を見つけることが、仲良し夫婦でいられる方法です。


方法4. 誕生日や記念日などイベント行事を大切にする

お互いの誕生日や結婚記念日など、夫婦にとって節目となるイベント行事を大切にすることで、相手のことを大切に思っていることを示せます。

結婚して子どもが生まれたりすると、子どもの行事祝っても、夫婦の行事は何もしない場合も少なくありません。

お互いに大切な人だと改めて認識して夫婦仲を良くするためにも、二人ののイベント行事を大切にしましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 「いってらっしゃい」「おはよう」など挨拶を習慣化する

夫婦でいる期間が長くなると、2人の会話が減ってしまうことも珍しくありません。仲良し夫婦は結婚してから歳月がたっても2人の会話が豊富です。

会話が少ないと感じた夫婦は、「いってらっしゃい」や「おはよう」などの挨拶を習慣化してお互いに声かけすることが大切。何気ない挨拶をきっかけに会話につなげられますよ。


方法6. メールやLINEのやり取りをする

仲良し夫婦でいるためには、夫婦感でも些細な連絡をおろそかにしないことが大切です。

「今から帰る」「遅くなるから先寝てて」など、短いメッセージでもこまめにやり取りすれば相手の状況を把握できて夫婦円満にも繋がります。

特に、単身赴任をしている場合はメールやLINEでやり取りすれば、離れていても心は繋がっているという意識が持てるでしょう。


方法7. 良いところは褒め合う

お互いを認め合うことは仲良し夫婦になるために大切なポイントの一つ。どんな人でも褒められて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

夫婦間でも、些細なことでも相手の良い部分を見つけて褒め合うことで、お互いを認めることになります。

信頼関係を築くためにも、良いところを褒め合うのは仲良し夫婦になるために大切なことです。

【参考記事】はこちら▽


方法8. なるべく食事を一緒に食べる

食卓では自然と会話が交わしやすく、絶好のコミュニケーションの場になります。どんなに忙しい日が続いたとしても、夫婦一緒に食事をする時間を意識して作ることが大切です。

例えば「この料理美味しいね」という他愛のない会話でも、食事をしながら自然に会話が生まれてくることもありますよね。

なるべく食事を一緒に食べるように心がけることが仲良し夫婦になるためには必要です。


方法9. お互い育児を積極的に行う

子育て中は夫婦のすれ違いが起きやすい時期です。どちらか一方に育児を任せきりにするのではなく、お互い育児を積極的に行うよう心掛けることが大切です。

可愛い我が子のためとはいえ、育児にも適度な息抜きが必要です。

例えば、平日は仕事が忙しくてなかなか育児に関われない場合には、休日はバトンタッチして育児を引き受けるなど、積極的に育児に関わっていく姿勢こそ相手への思いやりです。


覚えておこう!円満夫婦になるための“心得”6箇条

せっかく夫婦になったのであれば、夫婦円満になりたいですよね。歳月を重ねても円満夫婦で居るためには、どんなことを心得ておけば良いのでしょうか。

続いては、円満夫婦になるための心得6箇条を紹介していきます。


心得1. 束縛しないこと

円満夫婦の秘訣は束縛しないで、相手のプライベートを大切にすることです。束縛するよりも相手を一人の人間として尊重しながら、適度な距離感で生活をしていくことが仲良く生活していくコツになります。

お互いのプライベートを大切にできれば、心にも余裕ができるため相手に優しくなれるもの。束縛しないで相手のプライベートを尊重するのが円満夫婦の心得です。


心得2. 相手の仕事への理解を示すこと

仕事が原因で夫婦がすれ違ってしまうことも珍しくありません。円満な夫婦になるためには、お互いの仕事へ理解を示すことを忘れてはいけません。

特に共働きの場合には、仕事を続ける理由を理解し、お互いの価値観を尊重することが大切です。

どちらか一方ばかりに負担がかからないよう、お互いの仕事を理解し協力していきましょう。


心得3. どんなことがあっても、信じ合うこと

円満夫婦になるためには、信頼関係がしっかりしていることが土台になります。信頼関係がなければ相手を信じることもできないでしょう。

例えば、相手が異性と仲良さそうに話していても、浮気ではなく誤解であることもあります。

結婚前であれば「嫌われちゃったのかも…」と心配のあまり浮気を疑ってしまうかもしれませんが、愛し合った夫婦であるからこそ、お互いのことは信じ合うことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


心得4. 異性という意識を持つこと

結婚生活が長くなると、お互いを異性というよりも家族の一員として認識してしまいがち。そうなると夫婦でありながらも異性としてお互いを認識できず、愛情が冷めてしまうことも珍しくありません。

そうならないためにも、お互いに異性という意識を持つことが大事になります。

例えば恋人同士だった頃のように名前で呼び合ったり、適度にスキンシップをするなど、異性という意識を持つことが円満夫婦の秘訣です。


心得5. マンネリ化しないように、新鮮さを求める

夫婦関係も歳月を重ねると、生活や行動パターンが同じようになりマンネリ化します。そうなると夫婦で居ることに退屈さを感じてしまい、時には別の異性に興味を惹かれてしまうことも。

マンネリ化しないように、夫婦関係の中に新鮮さを求めることが円満夫婦の心得

例えば行ったことがない場所へ旅行したり、一緒に運動を始めたりするなど、なにか新しいことに2人で挑戦してみるのもマンネリ化を防ぐため効果的ですよ。

【参考記事】はこちら▽


心得6. 子供ができても、愛情を注ぎ合う

子どもができると、どうしても全てが子ども優先になってしまいます。愛情の矛先も子どもに向いてしまいがちになるため、意識してお互い愛情を注ぎ合うことが円満夫婦の心得です。

例えば日常の中でちょっとしたスキンシップからも愛情を感じられますよね。

外出先では子どもと手を繋ぐだけでなく、夫婦でも手を繋ぐように心掛けるだけでも、お互いに愛情を感じられるはずです。


夫婦円満の秘訣に、参考になるおすすめの名言

夫婦仲を円満にするための秘訣や名言はたくさんあります。次は、夫婦円満の秘訣に参考になるおすすめの名言を3つ紹介していきましょう。

名言をヒントに夫婦円満であることの秘訣を考えてみてはいかがでしょうか。


おすすめの名言1. 『夫婦生活は長い会話である。』フリードリヒ・ニーチェ

ドイツの哲学者であるニーチェの言葉です。会話はお互いの考えを理解するために必要ですよね。

夫婦間もゆっくりと会話をするように、長い時間をかけてお互いを理解し、理想の夫婦像を築いていくものだと教えてくれる名言です。


おすすめの名言2. 『何にもまして幸せなのはかたわらに一人のひとがいて、いつでも好きな時にその手に触れることができるということ』谷川俊太郎

85歳を過ぎた今もなお、精力的に活躍する詩人、谷川俊太郎による「足し算と引き算」という誌の一節です。

好きな人と一緒に過ごせてその手に触れることができる、当たり前のようなささやかな幸せに気がつけるような人でありたいと思わせてくれる名言になります。


おすすめの名言3. 『幸福な結婚というのは、いつでも離婚できる状態でありながら、離婚したくない状態である。』大庭みな子

作家である大庭みな子さんが発表した「女の男性論」の中の名言です。結婚も離婚も自分の意思によるもの。

離婚できる状態でありながらも、お互いにとってベストな選択しを選べる関係が理想の夫婦だと教えてくれる名言です。


ぜひ参考にしたい!オシドリ夫婦で有名な5組の芸能人夫妻

夫婦円満を目指すためには、実際に仲良し夫婦と評判の2人からヒントを得るのも良いですね。ここではオシドリ夫婦で有名な5組の芸能人夫婦をご紹介します。

仲良し夫婦にはどんな秘密があるのか見ていきましょう。


芸能人夫妻1. 藤本敏史さん×木下優樹菜さん夫妻

芸能界きってのオシドリ夫婦として知られるご夫婦。ディズニー好きな木下さんのために、プロポーズはディズニーランドで行ったそうです。

奥さん想いな一面が垣間見える藤本さんの姿からも、憧れの夫婦だと言われる理由がわかります。


芸能人夫妻2. 佐々木健介さん×北斗昌さん夫妻

お互いにプロレスラーとして活躍されていたお二人。テレビでは北斗さんの鬼嫁キャラが話題になりましたね。

頼りがいがあるビジュアルなのに優しい性格の健介さんは、北斗さんのことを「チャコちゃん」と呼んでいるそうですよ。


芸能人夫妻3. 堺雅人さん×菅野美穂さん夫妻

交際からわずか約3ヶ月で結婚したお二人。堺さんの洋服は菅野さんがコーディネートしているそうです。

お子さんを連れて散歩している姿がキャッチされていることもあるなど、メディアを通して仲の良さが伝わってきますね。


芸能人夫妻4. 小栗旬さん×山田優さん夫妻

スラリとスタイル抜群のお二人は、まさに絵になる理想のご夫婦です。ドラマの共演がきっかけでご結婚されたお二人ですが、現在は2人のお子さんに恵まれています。

山田さんのSNSにはご主人の小栗さんが登場していることもあるそうですよ。


芸能人夫妻5. 杉浦太陽さん×辻希美さん夫妻

辻さんが18歳の時に結婚したご夫婦。現在は4人のお子さんに恵まれ、結婚から10年以上経った今でも、ご夫婦それぞれのブログなどから仲の良さが伝わってきます。

夫婦円満の秘訣として「朝昼晩の電話」を欠かせないそうです。


夫婦円満の秘訣をさっそく試してみて。

今回は夫婦円満の秘訣や仲良し夫婦になる方法を紹介しました。縁があって夫婦になれた二人ですから、夫婦としての歳月を重ねても仲良く過ごしていきたいですよね。

時には喧嘩をしたりすれ違いをしたりすることもあるでしょうが、今回紹介した夫婦円満になるコツや仲良し夫婦の方法などを参考に、自分たち夫婦に合った秘訣を見つけてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事